システム Twitter

(24.5.15) twitterを1年間使用してみて



Dscf5483

 私はかなり性格が保守的だから新たなことをするときはとても勇気がいる。
たとえばマラソンのレースに出るのもほぼ10年間にわたって逡巡した。
私は30歳代から常に走っていたのに、レースとなるとどうやって申し込むのか、また衣類を盗まれたらどうしようかとか悩みが多く出て、実際にエイヤーとレースに申し込みをしたのは46歳のときだった。

 ブログを書き始めたのも同じだ。前からホームページHP)のことは知っていたので、ホームページなるものを私も作ってみたかったが、システム的な知識が必要でまともなHPが出来なかった。
それに一旦作ってもすぐにメンテナンスが発生し、修正をすると画面の構造が壊れたりしてすっかりいやになっていた。
そのときパソコン教室のサイモン先生から「これからはHPの時代ではなくブログの時代です」と教えられたものの、半年あまり逡巡したものだ。
本当はHPでなければならないのではなかろうか、第一ブログなんてどう操作していいかさっぱり分からん・・・・・

 今私が試行錯誤しているのはtwitterである。
twitterはほぼ1年前から始めたのだが、例によってその使用法がさっぱり分からなかった。
最初の画面で「いまどうしている?」と聞いているので、現在の状況を140文字で記載すればいいのは分かるが、どんな情報を記載すればいいのか分からなかった。
本当にこんなものが役立つのだろうか・・・・・・・文字数が少なすぎて何を言っているのか分からないじゃないか・・・・
実際他の人が書いたtwitterの内容は玉石混交で石に当たると、「何でこんなものを読まなければならないのだ」と腹立たしさを感ずる。

 私は当初140文字の中に有意義な情報を押さえ込もうとするから舌足らずなのだと思っていたが、大阪市長の橋下氏twitterを見て度肝を抜いた。
橋下氏はtwitterを連続的に書き込むことで一つの文章にしており、最初から読むとブログとまったく変わりがない。
これだけ長い文章にするなら最初からブログで書けば良いのに」と私などは思うが、闘争心溢れる橋下氏からすればtwitterでの論争が一番あっているのだろう。

注) 私の経験から言えばブログはパソコンと相性が良く、一方twitterはスマートフォンとの相性がいい。おそらく橋下氏は時間があればスマートフォンを駆使して自己の主張を展開しているのだと思う。

 私のtwitterの使用法はいたってオーソドックスで、自分が行っているイベントマラソン、登山、行事等)など、非日常的な行動をしているときにその内容を発信している。
今から江戸川120kmのスタート」といった様な内容だ。
すると私のtwitterをフォローしてくれているマラソン仲間から、「がんばれ、もう少しだ」といったような激励が飛んでくるので、なにか観衆の中で競技をしているような気持ちになれる。

 思い出してみると私がスマートフォンに興味を持ったのは家から離れたパソコンのない環境でブログの更新をしたかったからだが、これはほとんど不可能なことが分かった。
ブログとスマートフォンの相性が悪く更新画面を開いてもまともな更新環境にない。
文字もHTML文書で書かせられたりして「これなら書かないほうがましだ」と思えるほどだ。

注)ココログには、スマートフォン向けのソフトがあってインストールしてみたが今のところさっぱり効果が見えない。

 一方でtwitterとの相性の良さは抜群だ。私はスマートフォンで長文などどだい書けないから140文字で十分だし、写真の添付が簡単なのが気に入った。
イベントの報告などは140字あれば十分すぎるので大変重宝している。
一方評論のような相手を説得する文章は圧倒的にブログが勝っている。
橋下氏のtwitterを見ても回答部分などは元々のtwitterを追わなければ何のことか分からないので面倒なことこの上ない。

注)橋下氏のtwitterでは文章を最初からつなぎ直しているが、やはりつなぎなおさなければならないのはtwitterの限界だろう。

 やはりtwitterは「いまどうしている?」相互コミュニケーションではなかろうか。橋下氏のように論争の道具にすることも出来るが、140文字の制約は論争向きではない。
所詮はどうしているかを知りたいだけだから、関心のある人のtwitterはフォローするが、それ以外の人のtwitterはフォローしても何もならないし時間の無駄のようだ。

なお「ブログの次はTwitterかfacebookか?」と言う記事を先に記載しましたがその内容は以下のとおり。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/24215-twitterac.html

| | コメント (1)

(23.5.2) 萩往還250km報告 Twitter

23429_006

 5月2日から4日は山口県で「萩往還250km」のレースに出ています。
スタートは2日の午後6時、制限時間は4日の午後6時です。
この3日間はTwitterでのレースの模様の報告をします。以下のURLをクリックすると見ることができます。


http://twitter.com/#!/yamazakijirou


注1)右欄の「他のアカウント」 Twitterからも入れます。

注2) Twitterの登録をしていない方は登録が必要になります。上記のURLをクリックすると画面の下(スクロールが必要)に登録方法がでます。
まず本人確認のからメールを送付すると、折り返し登録画面が送られてきて、そこで登録します。

注3) なお私のアカウントは@yamazakijirou です。

| | コメント (0)

(23.4.19) Twitterの利用方法がようやく分かってきた

23416_027

 私の生活態度は非常に保守的で学生時代から今までほとんど変わっていない。
起きる時間も寝る時間もほぼ一定で、現在は朝4時に起き、早朝四季の道の清掃活動を2時間程度行い、午前中にブログを書き上げ、午後からはジョグと他に何か一つぐらいの作業を行い、夕方7時半ごろには寝てしまう。

 変化が起こることが嫌いで、今回の東日本大震災のような突発的な災害が発生するとすっかり気持ちがナーバスになり落ち着かなくなる。
この生活の保守性は技術の習得についても言え、いわゆる近代的なナウな技術群にはなかなか飛びつかない。新し物屋ではないのだ。

 私が長い間ブログTwitterをしなかったのはそのせいで、また他の人が携帯スマートフォンを操っているのを見ても、なかなかその気になれなかった。
しかしこの保守性は一旦その技術を習得すると反対にちょっとやそっとのことでは止めることがないと言う持続性を持つ。
そして習得した技術体系についてはいつの間にか専門家みたいになってくる。

 このブログがそれで、私がブログを始めたのは約4年以上前で、その時以来システム障害で1日だけブログを書けなかった以外は毎日のように記載している。おかげでこのココログの世界についてはほとんど知悉してしまった。

 今私がようやく始めだし今後とも生活の一部になりそうなのがTwitterである。この2月からTwitterを始めてみたのはスマートフォンを購入したからである。
元々スマートフォンを購入したのは海外からブログの更新ができないかと思って購入したのだが、実際にやってみるとブログ(ココログとの相性の問題があって、なかなかうまく行かない。

注)当初この4月の初めにオーストラリアに観光に行く予定(結果的には取りやめ)で、そのときに海外からブログの更新がしたかった。

 文字入力がパソコンより難しいのはともかく、ココログのある画面が開かないのには愕然とした。
とくに更新の画面操作が難しく、またアクセス解析などは深い画面に入り込むことができない。
これじゃ無理だ。スマートフォンでのブログ更新は諦めよう

 しかしこれでは何のためにスマートフォンを購入したのか訳が分からなくなってしまった。携帯の時と同じようにパソコンの脇においてあるだけだから固定電話となんら変わらず、ブログ更新もインターネット検索もパソコンのほうがはるかに楽だからスマートフォンの使い道がない。

 ところが最近になってスマートフォンとTwitterが非常に相性が良いことに気がついた。
Twitter140文字という文字制限があり、これならスマートフォンでも打ち込んでもイライラしないで済む。
しかも撮った写真を添付する機能があるので、短文+写真で情報提供できる。

 それにそもそも私がTwitterに乗り気でなかった最大の原因がスマートフォンを携帯しないことで、これではスマートフォンは機能の悪いパソコンとなんら変わりがない。
そうか、スマートフォンを携帯してそのときのイベント情報を発信すればいいのか」ようやく閃いた。

注)私は以前携帯電話を持っていたのだが、まったく携帯せず馬鹿馬鹿しいので止めてしまった経緯が有る。

 この5月の連休に私は山口県で萩往還250kmと言うレースに出場する。このあまりに長いレースを完走するために、ポイントポイントでツイートし、それをブログに掲載したURLで見てもらうことにした。
そうでもしない限り気持ちが途中でなえてリタイアしそうだからだ。

注)Twitterはこうしたイベントの時に使用するもので、普段の生活では使用する機会がない。ツイートする内容がないからだ。

 途中中継をすると見た人が応援してくれるので走る気力が維持できる。
よっしゃ、Twitterで萩往還を征服だ」気分が高揚してきた。
今後はスマートフォンをツイート専用で使用してみることに集中することにした。

注)なお、ブログに掲載されたURLでTwitterを見るためには、事前登録が必要です。画面を開くとIDとパスワードを要求されますが、まだ登録していない人はその下に画面をスクロールすると登録方法が出てきますので、そこから登録することになります。

 

 

 

 


 

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害