評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉

(27.10.6) 祝TPP大筋合意 21世紀前半の国際秩序はアメリカと日本が決定する!!

201030_005 

 やれやれとホッとしてしまった。これで21世紀前半の世界経済の秩序がほぼ決まったからだ。TPP交渉がようやくまとまって大筋合意に達した。
このTPPがなぜ重要かというと太平洋を挟んだ経済大国でどこがこの地域の貿易とそれに伴うルールを決定するかの権力の争奪戦だったからだ。
本来はこうしたルール作りはWTOで決めてきたが、利害が錯綜してまったく機能しなくなってしまった。WTOに変わる新たな枠組みが求められていた。

 この争奪戦に名乗りを上げたのは中国とアメリカで互いに仲間を増やす裏工作を熾烈に行ってきた。
中国は中国組を立ち上げ、韓国や台湾や東南アジアの諸国を糾合して一時は日の出の勢いだった。
特にAIIB(アジアインフラ投資銀行の設立では世界の主要メンバーを参加させることに成功したので、アメリカ組の劣勢はいかんともしがたかった。
太平洋地域でAIIBに不参加だった主要国はアメリカ、日本、カナダだけだったからだ。

 日本はアメリカ組の主要メンバーで大番頭のようなものだからアメリカ組の衰退は即日本の衰退につながる。だからTPPの締結に成功するか否かは21世紀前半の日本の運命を決するといっても良かった。
安倍総理がなぜこれほどTPP締結にこだわったのかはそうした認識のもとに中国と対峙していたからである。

 もっともTPPの締結までの経緯は難産の連続で、特に紛糾していたのはバイオ医薬品のデータ保護期間を巡る話し合いで、アメリカとオーストラリアが激しく対立していた。データの保護期間というのは一般にわかりにくい話だが、通常の特許以外に新薬開発時のデータも特許並みの扱いにするということで、その期間についてアメリカの主張する12年とオーストラリアの主張する5年のと間に隔たりがあった。
今回その期間を8年で折り合いをつけたようだ。

 もう一つの問題点はニュージーランドが主張する乳製品の輸入拡大枠の問題でアメリカとニュージーランドが対立していたがこれも決着が図られた。
日本が主張していた自動車部品の関税撤廃についても撤廃が図られるという。
こうしてようやくのことでTPPは妥結の方向に舵を切り、各国の批准を持って来年早々には発効される運びになった。

 TPP交渉が難航するのは現在存在している利益団体が反対するからである。アメリカの場合は自動車労組が最も先鋭的に反対していたが、アメリカ市場を日本車が席巻することを恐れたからだ。自動車労組は民主党議員に働きかけて強烈な反対のロビー活動を行っていた。
日本の場合は農産物の輸入に反対する農業団体の圧力が強かった。歴代の自民党政府はこの農業団体と妥協を図ってきたが、一方安倍総理は農業団体の切り崩しに成功した。改正農協法で中央会の政治的活動の牙を抜いたからだ。
これでようやくTPP交渉にはいれる準備ができたといっていい。

 各国ごとにそれぞれ反対の理由はあるのだが、それは短期的なあるいは今現在の問題だが長期的に見るとこのTPPで太平洋を挟んだ貿易とそれに伴うあらゆるルールがアメリカと日本で決めることができる画期的な取り組みといっていい。
大事なのは中国が決めるのではなく、アメリカと日本が決めるということだ。
TPP締結国が目指すルールの中に国営企業に対する規制と自然破壊を許す生産活動の制限と経済活動を汚職で行うことの制限がある。
この制限は中国のような新興国が勝手気ままな経済活動をすることに対する国際的なルールの枠組みを制定するものだ。

 これによって中国の凋落は決定したといっていい。中国経済は今青息吐息でひところの威勢の良さは全くなくなっているが、それでもAIIBやBRICS銀行というフレームワークで太平洋経済を牛耳ようとしていた。
しかしTPPが締結してしまったら万事休すで、中国も中国組ももはや太平洋の覇権を握ることは不可能になった。
韓国などは中国と心中するつもりになってすり寄っていたが、本当に心中しか残された選択肢はない。

 台湾も国民党政権になってから露骨な中国シフトを引いていたが、この戦略は完全に行き詰り政権交代による中国離れが唯一の生き残り策になっている。
オーストラリアはTPPの有力メンバーだが、しばらく前までは労働党政権が露骨な中国シフトを引いていた。何しろオーストラリアの主要輸出品の鉄鉱石と石炭の最大の顧客が中国だったからだ。
しかし中国経済の大失速によって鉄鉱石も石炭も値段が半分になり、それでも購入者がいなくなったので鉱山は次々に閉鎖されている。
オーストラリアは再びアメリカ組に戻る決意をしたようだ。

 21世紀は中国の時代と言っていた評論家は、20世紀後半に「ジャパン アズNO1」といって日本がアメリカを追い抜かすと公言していた評論家と同じように恥を千載にかきそうだ。
21世紀前半はアメリカと日本の時代で、中国の影響力は日に日に低下していくことは間違いない。
TPPによって潮目は完全に変わる。安倍総理は勝利したのだ。

| | コメント (0)

(27.8.2) 漂流するTPP交渉 アメリカ組の再結集が今回も失敗した!!

Dscf57561 

 TPP
(環太平洋パートナーシップ協定)が漂流している。
今回の閣僚級会議で最終合意を図る意気込みだったが、合意にはいたらなかった。
乳製品の輸入枠問題と、新薬データの保護期間について最後までもめたからだ。
今回の閣僚級会議ではアメリカと日本が強く合意を図ろうとしたが、各国の利害調整に手間どってしまった。

 乳製品の輸入枠についてはニュージーランドがその拡大を強く迫り、一方新薬データの保護期間についてはアメリカの主張する12年とのオーストラリアの主張する5年との溝が今回の会議でも埋まらなかった。
会議終了後アメリカ代表のフロマン氏が「きな進展があり今後も集中的に交渉を続ける。ただし次回の閣僚級会議の日程は決まっていない」とコメントし、甘利TPP担当大臣は「もう一度会議を開けばすべて決着する」と述べていたが、実際は次回の会議日程も決められなかったという惨状だった。

 今回こそは閣僚級会議で決着を図ろうとした目論見が失敗したのだが、こうした交渉は各国がそれぞれ一定程度の妥協を図らない限り決着するものでないから、自己主張を繰り返すのは実際はTPP交渉をつぶすのと同じ結果になる。
そうした意味では合意を目指したアメリカと日本が大幅な譲歩しない限り決着は難しいだろう。

 現在なぜTPP交渉が大事かというと、世界経済が大きくブロック化しておりその中でアメリカ組の再結集が遅れているからだ
もともとは関税や貿易や為替の世界ルールはGATTという組織(のちWTO)で全世界規模で決めることになっていたが、何を決めようとしても時間ばかりかかるため、現在では各ブロックごとにこうした取り決めを図るようになってきた。

 なにか第二次世界大戦前のブロック経済のようなものだが、実際に世界は大きく3極化しており、ヨーロッパはEUでまとまり、中国はAIIBというインフラ投資銀行を設立することによって中国組を糾合したが、最後に残されていたのがTPPでこれはアメリカ組の再結集を狙ったものだ。
参加国は12か国だが、主なメンバーはアメリカ、日本、カナダ、オーストラリアでこのうちアメリカと日本とカナダはAIIBに参加していない。

 12か国の世界におけるGDPのウェイトは約40%だから設立されればここでの取り決めを世界標準として他のブロックに押し付けることができるのでとても有利な立場になる。
オバマ大統領も安倍首相も今回本気で妥結を図ろうとしていたが、最終合意に至らなかったのは誠に残念なことだ。

 残された時間はわずかで特にアメリカの場合は来年になると大統領選挙が始まり、現役の大統領が重大な決定をすることがはばかられるような状況になるので、ぜひとも本年度中に決着をつけたいと望んできた。
また安倍首相もアメリカと日本が組んで世界のルール作りをし、特に中国に対抗する経済連合体の創設に意欲を持っているので何としても決着を図りたかったというのが本音だろう。

 次回の閣僚級会議の日程調整は8月末のアセアン経済担当相会議と合わせて行う等の案が検討されているようだ。しかし次回に決着がつかないとTPPは完全に漂流してしまい、中国に対抗する経済連合体の創設は半永久的に不可能になってしまう。
甘利TPP担当相が言うように「もう一度会議を開けば決着する」ためには乳製品の輸入枠について日米の譲歩が必要になるだろうし、アメリカは新薬データの保護期間をオーストラリアの主張に近づけなくてはならないだろう。

 各国ともそれぞれ複雑な国内事情を持っているのはお互い様だが、オバマ大統領と安倍首相の政治決断がない限り、TPPという今後半世紀程度は各国を縛るフレームワークの確立は難しそうだ。



 

| | コメント (0)

(25.3.17) 安倍首相のTPP参加表明 経済開放に鍵を切った

20427_021  

 私は安倍首相の政治姿勢はとても好きで、15日のTPP参加表明にあたってもその断固とした対応に好感が持てた。
日本は工業国であり農業国でないので農業重視政策は基本として無理がある。
実際農家の戸数は加速度的に減少しており、GDPに占める農業の割合は1%程度に過ぎない。

注)農家戸数は1960年には606万戸だったが2005年には285万戸に半減し、農業従事者は1196万人から252万人に4分の1に減少している。

 しかし日本では農業関連団体の力は信じられないほど強力で、全中を中心にTPP反対運動が盛り上がっており、農村出身議員はこの農業団体の意向に左右される。
日本の農業を守れ、食の安全を守れ」がスローガンだが、実際は日本の農業の担い手はほぼ崩壊しているといっていい。

 私の住んでいるおゆみ野周辺でも農地は広がっているが、実際は耕作者がいなくなって放置されている農地が散見される。
私の娘の嫁ぎ先は農家だが誰も農業を継ぐ人がおらず、私に「あんた、暇ならば農業をしないか」といつも言われている。

 必要があれば農業実習が受けられ必要な資金が貸与されるという話だが、66歳になってとても農業従事者にはなれない。確かに日曜菜園程度の規模の農地を耕作するのはとても楽しいが、数haの農地を大規模機械を操作して耕作するなんてほとんど不可能だ。

 またこれはほかの例だが、耕作者がいなくなった畑の草刈りを最近頼まれた。
ほっておくと周りの耕作者に迷惑がかかるので、せめて草刈りをしたいのだが山崎さんしてくれないだろうか
この畑は2アール程度だったから気安く引き受けることにしたが、その傍に1ha程度の昨年まで耕作されていた畑があって、「今年から耕作者がいなくなったので山崎さんこちらを耕してもらえないだろうか」と言われた時は絶句した。

注)農業従事者の高齢化は加速度的であり、現在の平均年齢は66歳で私とまったく同じ年齢になっている。

 本来こうした農地は農協に依頼して規模拡大を希望している農家に貸与したり、日曜農園に開放したりするのがいいのだが、所有者はそうしたことは嫌がる。
それは相続問題が発生した時に問題が起こるからで、誰にも貸さずほっておくほうがいいとの判断になる。
それでも草刈り程度はしなければならないので私のような草刈りを趣味としている人間に草刈りが依頼されるのだ。

 「日本の農業を守れ」と言っても実態は守るべき人材が存在しせず、本音は農業ではなく農家を守れということだ。
ほとんどの農家は兼業農家で、農業は自分が食べる野菜やコメを細々と作っているのが実態だが、そうした人は農協の組合員であり農協共済や農協貯金の重要な顧客だ。

 農協は農家がいなくなったら存立基盤がなくなるから、農業そのものの振興よりは農家であってくれることが重要で、そうした意味では規模の小さな農家ほど兼業収入が多いから農協組合員としてふさわしい。
農業なんてどうでもいいから農家であってくれればいい」これが農業団体の本音だ。

注)民主党が実施した農業者戸別所得補償制度は明確に農家を守ろうとした制度。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/21129-d798.html

 こうした状況下で日本の農業が諸外国の生産性の高い農業と対抗できると思うほうがどうかしている。農業団体の既得権をはく奪して農地の流動化を促進し、企業農業を導入すれば農業も世界と対抗できるが、これは農業団体も農水省もそして農村出身の政治家ももっとも嫌がる方法だ。
そんなことをしたら農業生産性が上がって輸出産業にはなるが、農家がなくなってしまうじゃないか

 安倍首相は農業もやり方によって成長産業になると盛んに言っているが、実際は既得権益者が大反対するから企業経営の農業など夢のまた夢だ
TPPに参加した後、仕方がないのでいつものように補助金を農業団体に出して、静かに安楽死させること以外に農業政策はないのだろう。

なお、安倍内閣に関する記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat52551955/index.html

PR記事

 私は過去に書いてきたブログを纏めて本にする作業を始めました。月に2冊程度の割合で出版いたします。KindleのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用していますので、電子書籍の端末を持っている方はアマゾンで購入できます(iPhoneやiPad・iPodでもソフトを入れれば見れます。またアンドロイド系のスマホやタブレットにもソフト対応していますがパソコンは不可
)。
なお、蝦夷地探訪記等の値段が200円になりましたが、ボリュームが多いとキンドルの最低価格が上がるので、私の意図的な値上げではありません。


出版済み

・ぼくが生きたとき(山崎書店 NO5)  定価 99円(いじめにどう立ち向かうかを自分の経験から書いてみました)
・ロドリゴ巡礼日誌(
山崎新書 NO1)  定価 200円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)
・ロドリゴ 失敗記(
山崎新書 NO2)  定価 99円(若者が人生に失敗しないための指南書)
・ロドリゴ蝦夷地探訪記(山崎新書 NO3) 定価200円(北海道東部の過疎地帯を放浪したときの記録)
・ロドリゴネパール日誌(山崎新書 NO4) 定価200円(ネパールの明治時代を思わす山村での教育実習の記録)


なお出版の経緯については以下に詳述してあります。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat53203102/index.html

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害