評論 人類衰亡史 業界 自動車業界

(2.5.13) 人類衰亡史序説 自動車業界 その 2 自動車不要の時代

22524_006

 20世紀は自動車の時代だったが、今やそうした栄光は過去のものになりつつある。今回のコロナウイルスの感染症で世界中で人の移動が制限され、その結果交通機関といわれている自動車や飛行機や電車等の需要がなくなってしまった。
航空機などは90%程度の減便であり、日本の誇る新幹線も95%も乗客が減少した。
そして自動車は全くと言っていいほど売れなくなってきた。

 このたびトヨタ自動車が発表した2021年度の自動車販売見込みは、2020年度より155万台減少し、営業利益は約8割減少して5000億円程度になるという。
トヨタは自動車業界の雄だが、それさえもかろうじて営業黒字を出すといったところで、トヨタ以外の弱小の自動車会社の運命はほぼ定まったといってよい。

 コロナの感染が完全に収まるにはワクチンが開発され、適切な治療法が確立するまで待たなくてはならず、およそ3年程度は見なければならないだろう。それもこの見込みは先進国に限ってであり、新興国や途上国においてはワクチンも治療薬もいきわたらないから、自然感染を待って国民の約7割程度が感染しなければ収束しそうにない。
その間人々は基本的に家に閉じこもり、他府県への移動も遠慮しなくてはならず、外出は必要最低限に限られるから、そもそも自動車を使用する必要性も限られる。

 新車が発売されても「でもそれだれが使うの!!」といった状態になって、不必要なものにだれも見向きもしなくなる。通勤も三密を避けなければならないから、テレワークが推奨され、会社に行く場合も自転車通勤が推奨される。
もはや人々が移動の必要がなくなれば、移動手段の自動車も飛行機もそして公共交通機関もほとんどのものが不要になってきて、20世紀から最近までかけて築いてきた都市インフラのかなりの部分が不要になってしまう。

 現在新しい生活様式という言葉が盛んに述べられているが、それは人の移動を最小限にし業務や学業や医療もできるかぎりネットワークを使用して行い、かつて中世世界がそうであったような自分の属するコミュニティーから一生出ることもなく生活する生活様式が主流になってきそうだ。
14世紀はペストの時代だが、当時のヨーロッパの人口の約3分の1が死に絶えてしまい、残った人々はよそ者が来るとペストを運ぶものとして、その共同体からおいだすか火あぶりにしていた。

 現在においても香川県の一部住民は香川県以外のナンバープレートを付けた車を見ると、わざと車を接近させあおり運転で追い出そうとしている。14世紀から約600年たち、今またペストの時代の精神構造が復活した。
このような時代に自動車を乗り回すことは自殺行為だから、人々は逼塞して静かに自分が所属している共同体の中で過ごす選択をするだろう。
簡単に言えば運輸交通手段が徐々に不要になってきて、新たな航空機の開発も頓挫し、リニア新幹線も不要になり、自動車も乗らないのだから排気ガス問題は解決され電気自動車でさえ不要なものとなっていくだろう。

 

| | コメント (0)

(2.3.31)  人類衰亡史序説 自動車業界 その1 そして車が売れなくなった。

Dscf5445

 私はほぼ10年前に自動車を使用することをやめた。移動はもっぱら自転車で半径10km以内ならば他のどの乗り物より早く到着できる。雨が降ったり大きな荷物を運ぶときは確かに自転車では役不足だが、そうした場合は娘に自動車を出してもらっている。
今では自動車の運転方法もすっかり忘れてしまった。

 20世紀は自動車の時代で、だれもがスピードが出ていかにもスタイルがよく、さらに燃費の良い車を求めてモーターショウに大挙しておしよせていた。21世紀に入っても新たに中国市場で爆発的に自動車が売れたため2017年までは右肩上がりだったが、2018年から販売が前年度を割り込むようになった。理由は世界最大の中国市場で自動車が売れなくなったことだが、これは中国経済がピークアウトした年と一致する。
この低迷は19年も続き、そして20年になるとほとんどパニックと言っていいほどの販売台数の低下に見舞われている。

 もちろん原因はコロナウイルスの蔓延で、当初はサプライチェーンが崩壊したため生産台数が減少していたが、今では需要が世界中で冷え込み、武漢ウイルスの発生源である中国では2月が▲80%、1~2月通算で▲42%となっており、ほとんど売れてないといっていい。
またドイツや日本でも2月の販売台数は▲10%、韓国が▲20%でアメリカだけが+8%だったが、3月に入りアメリカでもコロナウイルスが蔓延しているのでとても増加は見込めない。

 3月の統計はまだ出ていないが惨憺たるものになることは確実で、世界が国境線で区切られ、イタリアやスペインでは厳格な外出禁止令が出され、世界中が自国に閉じこもり、さらに家に閉じこもっている現状で自動車を購入しようにも販売店は閉まっている
アメリカのトランプ大統領やブラジルのボルソナロ大統領はウイルスより生産の低下を危惧し、特にボルソナロ大統領は「コロナはインフルエンザと全く変わりがないのだから、外で働け」とはっぱをかけているが、その呼びかけに応ずる国民はいない。
世界平均の致死率が4%程度でワクチンも治療法もなく、唯一有効な処置は酸素吸入器で肺に酸素を送り込むことだけだから、酸素吸入器がほとんど存在しないブラジルで大統領の指示に従うのは死を意味すると国民は思っている。

 もはや生産どころではなくまた食料品と医薬品以外の不必需品は人々は購入を控えるように言われ、一般の販売店が軒並みしまっているのだから必需品以外は購入することもできない。世界中が家に引きこもって静かにコロナが過ぎ去るのを待っているが、この状況はペストに襲われた中世のヨーロッパにそっくりだ。


 自動車産業はどこも生産量を抑え始めており、今後どこまで需要が減少するか見極めることもできず、トヨタでさえ金融機関に1兆円の借入枠を設定し資金が枯渇した時のラストリゾートにしている。
18年より自動車産業は構造不況に陥っていたが、コロナウイルスの世界的蔓延はそれにとどめをさした。経営基盤の弱い自動車メーカーは統合等で生き残りを図るだろうが、多くの最近できたばかりの電気自動車産業はつぶれていきそうだ。
ひところ中国で電気自動車の開発が喧伝せられ、未来の自動車産業は中国がリードするといったような宣伝がなされていたが、今はむなしく響く。

 自動車産業は世界最大の自動車王国になっていた中国経済が急ストップしたのだから、もはや楽観的な展望を描くことは不可能だ。自動車産業が産業のメインであった時代が今終わりつつある。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 人類衰亡史 評論 人類衰亡史 EU 評論 人類衰亡史 WHO 評論 人類衰亡史 アパレル業界 評論 人類衰亡史 アメリカ 評論 人類衰亡史 イスラエル 評論 人類衰亡史 インド 評論 人類衰亡史 オーストラリア 評論 人類衰亡史 コロナ 評論 人類衰亡史 コンビニ業界 評論 人類衰亡史 サウジアラビア 評論 人類衰亡史 シンガポール 評論 人類衰亡史 スェーデン  評論 人類衰亡史 ドイツ 評論 人類衰亡史 ブラジル 評論 人類衰亡史 リビア 評論 人類衰亡史 ロシア 評論 人類衰亡史 世界経済 評論 人類衰亡史 中国 評論 人類衰亡史 北朝鮮 評論 人類衰亡史 医学業界 評論 人類衰亡史 地球温暖化 評論 人類衰亡史 日本 評論 人類衰亡史 業界 ソフトバンク 評論 人類衰亡史 業界 自動車業界 評論 人類衰亡史 業界 航空業界 評論 人類衰亡史 石油業界 評論 人類衰亡史 砂漠とびバッタ 評論 人類衰亡史 鉄鋼業界 評論 人類衰亡史 韓国 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害