評論 人類衰亡史 ブラジル

(2.6.11)  人類衰亡史序説 ブラジル その2   あんた感染者数を何とか隠せない!!!

Dsc01920_2

  ブラジルのボルソナロ大統領がブラジルの感染者数が世界第二位、死亡者数が第三位になったのを嫌がって保健省に圧力をかけた。
あんた、これではブラジルが世界の笑いものになってしまう。何とか感染者数と死亡者数を国民の目からそらすことができないか!!
大統領、感染者数と死亡者数の報告はWHO加盟国の義務で我が国もWHOのメンバーです
あんた、大統領とWHOとどちらがえらいと思ってるんだ!!!」

 保健省は仕方なく5日から累計数字の発表はストップして、新規の感染者数と死亡者数の発表だけに変更した。
しかしジョンズ・ホプキンス大学のコロナ感染者数と死亡者数は今までの累計に新規の感染者数等を加えて発表しているから、いくら隠しても足し算の出来る人には効果かがない。
大統領、いくら累計を隠してもブラジル国民は算数ができるので無駄でした。それに足し算ができない国民はジョンズ・ホプキンス大学発表数字をインターネットで検索しています

 さらに大統領に都合の悪いことに最高裁が今までと同じ数字を公表するように保健省に命じた。
馬鹿げた隠ぺいをやめて、正しい数字を今まで通り公表しなさい
大統領はブラジルが三権分立だったことを気付かされて歯ぎしりしたが、ボルソナロ大統領も居直った。
我が国はベネズエラや北朝鮮や中国のような独裁国家ではない。民主主義国家であるブラジルでは大統領権限で隠ぺいしようとしても隠ぺいできないことは(残念ながら)最初からしっていた
9日からもとに戻して累計数字も発表されている。

 ブラジルにはファベーラという貧民街が大都市周辺にあり、そこに約1200万人の貧民が暮らしている。そこの秩序を実質的に牛耳っているのはギャング集団で役人は近寄れないアンタッチャブルだ。
医療などなきに等しくコロナにかかってもただひたすら体力で回復を待つより仕方ない。ギャング団がファベーラの住民の苦境を見て、食糧や医薬品の支給を行っているが、ブラジルの死者の多くはファベーラの住民だ

 ボルソナロ大統領が本気になってコロナ対策をしないのは、ギャング集団がはびこるファベーラ住民がコロナで死に絶えればそれこそ好都合だと考えているからだ。
ファベーラの住民はブラジル国民でなくギャングの手下だ。いつも殺し合いばかりしているのだからコロナで死んでもさして変わりがない。わが愛するブラジル国民の死亡者はほとんどいないのだから、気にせず生産にいそしもう
ボルソナロ大統領の鼻息は荒いままだ。

 

| | コメント (0)

(2.5.7)  人類衰亡史序説 ブラジル その2 大統領と知事の確執

22522_026_2

 コロナウイルスの感染拡大の最前線は、しばらく前まではイタリアやスペインといったヨーロッパだったが、今はアメリカとブラジルとロシアが最前線になっている。この中でアメリカについては感染者数が減少し始めたが、一方ブラジルとロシアは日ごとに感染者が増え、死亡者も増加している。

5月6日の新規の感染者数はアメリカ24,252人、ブラジル11,157人、そしてロシアが10,556人だ。


 感染対策で特に問題なのは大統領とサンパウロ州知事が対立しているブラジルで、感染者数の拡大に危機を覚えたサンパウロ州知事が今以上厳しいロックダウンを主張し、一方ボルソナーロ大統領は「ロックダウンなどとんでもない。どうせ感染するものは感染するんだ。国民の70%が感染すれば自然免疫ができてそこで収まる。だからばかげたロックダウンなどせず働け!!!」と経済中心主義の旗を降ろさない。
市民は二分され、知事と大統領支持者がそれぞれデモを行っており、3密などどこかに吹っ飛んでしまった。

 ボルソナーロ大統領が経済第一主義を掲げるのには理由がある。ブラジル経済は長く続いた左翼政権の経済政策失敗によって2011年以降毎年のようにGDPが減少し、かつては中進国レベル(一人当たり13,000ドル)だったのが2019年には8,700ドルになり、最貧国とはいわないが、中国(約1万ドル)より一人当たりのGDPが減少してしまった。
19年1月から大統領に就任したボルソナーロ氏は、大幅な自由経済政策を採用してようやく経済が上向きかけたとたんにコロナに見舞われた。これでロックダウンなどしたらどこまで経済が落ち込むかわからない。

 ブラジルは感染症の宝庫だ。デング熱、黄熱病、マラリア、そして今回のコロナだ。そのような感染症を恐れていてはブラジルに住めない。
ボルソナーロ大統領はいう。「仕事こそが病気に打ち勝つ唯一の方策だ

大統領は非常事態宣言をだしたものの、本心では感染症対策を一切せずに感染するものは感染し、重傷者だけは面倒を見て国民全体の70%程度感染させてしまうのが一番の対処方法だと思っている。実際スゥエーデンが採用している方策はこの感染に任せるという方法だ。


 しかし実際に市民に向き合っているサンパウロ州知事はそれほど鷹揚に構えることができない。何しろ感染者数は毎日のように増加し、その数はアメリカの次でありさらに死亡者数もアメリカの次になってしまった。
ブラジルの医療環境は先進国からははるかに劣っている。実際ブラジル北部のアマゾンの中心都市マナウス市長は国に頼ることができず、世界の27か国の元首(日本も含まれる)に緊急援助を申し込んでいる。
こには何もない。検査キットも呼吸器もそして防護用衣類やマスクも何もかも足りない。アマゾンの原住民はコロナの感染の脅威にさらされている。アマゾンの原生林こそ世界の酸素の供給源なのにそこに住む住民はコロナに感染し次々に死んでいく。だれがアマゾンを守るのだ

 コロナ戦争の最前線は当初は中国、次にヨーロッパに移り、その後アメリカがパンデミック状態になったが、今はそれがブラジルとロシアに移っている。ロシアはまだプーチン大統領を中心に懸命に対応しているが、ブラジルは大統領と知事が互いに反目し、住民はどちらのいうことを聞いていいのかわからず右往左往している。そうしている間にブラジルの感染者数と死亡者数はじりじりと増加し、そのうちアメリカを追い越して世界最大の感染国になってしまいそうだ。コロナで最大の被害を受ける国家の一つがブラジルになる可能性が高い。



 

| | コメント (0)

(2.4.3)  人類衰亡史序説  ブラジル その1 大波乱

 

23423_015


 ブラジルはここ10年余り大波乱だったといえよう。GDPのピークは2011年でその後は真っ逆さまに落ち込み、2015年にそこを打ったが、その後は長期低迷が続いている。
2003年から16年まで労働党政権だったが、長期政権下ですっかり腐敗してしまい南米最大の石油掘削会社ペテロブラスをめぐる汚職で時の大統領ルセフ氏が弾劾罷免され政治の混乱が続いた。ようやく2019年1月に現大統領ボルソナロ氏が就任して、今までの社会主義路線を自由経済路線に転換してブラジル経済の立て直しを始めたが、運の悪いことにコロナウイルスがブラジルを襲った。

 

 ボルソナロ氏は経済第一主義者だからコロナによって生産が停滞することは我慢がならない。

コロナなどインフルエンザと同じて、国民の7割程度が感染すれば免疫ができるから少しも怖くない。恐れずに生産を継続しよう」と叫んでいたが、市民と直接向き合っている州知事は納得せずそれぞれ独自に感染症対策を実施するので、ボルソナロ氏は立場がなくなった。

人間いつかは死ぬのだから、コロナ如きに大騒ぎするな」とさらに大声で叫んだが、死ぬのは一般市民だから「代わりにあんた(大統領)が生産現場で働いて死ねばいい」とだれも大統領のいうことを聞かない。

 そうこうしているうちに感染者数は8044名、死者が324名(4月3日現在)になって、特にリオデジャネイロ郊外のスラム街で感染爆発の兆候が見られ始めた。

ここにきてボルソナロ大統領もことの重大性に気が付いてきたようだ。

何しろ南米の大国といっても医療体制はヨーロッパに比較するとなきに等しいような現状で、酸素吸入器などどこにあるのというような状態だし、いったんオーバーシュートが始まると収容する場所などどこにもない。

どうせ死ぬのだから死体などほっとけばいい」とはブラジル大統領としては言えないし、そのような措置をとればルセフ元大統領のように弾劾罷免されることは確実だ。

 

 

 急に「非常事態宣言」などを出して中国、日本、韓国、ヨーロッパからの入国を禁止したが、今までの言動からは180度の転換であり、さすが南米のトランプといわれるだけあって、変わり身の早さはトランプ大統領にそっくりだ。

ブラジルは南半球にあるからこれから冬を迎えウイルスの感染拡大の時期を迎えるが、すでにおおくの感染者がでており、死者324名は日本の62名をはるかに凌駕しており、本来なら日本以上に真剣に取り組まなければならない状況だ。

 

 

 ブラジル経済はもともと資源で持っているのだが、頼みの鉄鉱石価格(輸出の15%)は2011年のピークに比較すると60%程度も値下がりしており、原油価格(輸出の5%)などは比較するのも大変なぐらいの値下がりで、また輸出シェア最大(輸出の20%)の大豆価格も2012年以降長期低迷に陥っている。

経済環境は最悪レベルでしかもコロナウイルスが蔓延したら、ブラジル経済は立つ瀬がなくなる。

感染者の増大とブラジル経済の趨勢は完全に逆相関になっており、再び大波乱が起こる可能性が高くなった。

ボルソナロ大統領にとって正念場を迎えている。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 人類衰亡史 評論 人類衰亡史 EU 評論 人類衰亡史 WHO 評論 人類衰亡史 アパレル業界 評論 人類衰亡史 アメリカ 評論 人類衰亡史 イギリス 評論 人類衰亡史 イスラエル 評論 人類衰亡史 イタリア 評論 人類衰亡史 インド 評論 人類衰亡史 オーストラリア 評論 人類衰亡史 コロナ 評論 人類衰亡史 コンビニ業界 評論 人類衰亡史 サウジアラビア 評論 人類衰亡史 シリア 評論 人類衰亡史 シンガポール 評論 人類衰亡史 スェーデン  評論 人類衰亡史 タイ 評論 人類衰亡史 ドイツ 評論 人類衰亡史 ファーウェイ 評論 人類衰亡史 ブラジル 評論 人類衰亡史 ベラルーシ 評論 人類衰亡史 ベーシック・インカム 評論 人類衰亡史 リビア 評論 人類衰亡史 レバノン 評論 人類衰亡史 ロシア 評論 人類衰亡史 世界経済 評論 人類衰亡史 中国 評論 人類衰亡史 北朝鮮 評論 人類衰亡史 医学業界 評論 人類衰亡史 台湾 評論 人類衰亡史 国連 評論 人類衰亡史 地球温暖化 評論 人類衰亡史 日本 評論 人類衰亡史 森林火災 評論 人類衰亡史 業界 ソフトバンク 評論 人類衰亡史 業界 自動車業界 評論 人類衰亡史 業界 航空業界 評論 人類衰亡史 石油業界 評論 人類衰亡史 砂漠とびバッタ 評論 人類衰亡史 金 評論 人類衰亡史 鉄鋼業界 評論 人類衰亡史 韓国 評論 人類衰亡史 WTO 評論 人類衰亡史序説 アメリカ・中国激突 評論 人類衰亡史序説 エジプト 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害