評論 人類衰亡史 スェーデン 

(2.6.4)  人類衰亡史序説 スウェーデン その2 コロナ対策の評価が分かれる

Dscf0038

 コロナ対策において異なる両極端の2つのアプローチがある。一つは多くの国が採用したロックダウン方式でありもう一つはスウェーデンやブラジルが採用している集団免疫方式である。日本はこの両極端のちょうど真ん中のような緩い閉鎖方式だ。
最近までイタリア、スペイン、フランスといったヨーロッパの主要国で爆発的感染が発生し死者数もうなぎのぼりだったので、「せっかくロックダウンを行って国や都市を閉鎖したのにかかわらず、全く何もしないに等しいスウェーデンより効果がないのはなぜか」と多くの感染症学者を悩ましていた。

 ところが夏場になりどこの国も感染者数も死者数も減少し、特にスペインなどはここ数日死亡者がゼロになってくるとロックダウン派がすっかり自信を取り戻した。「新たな感染者は数百人で、死亡者は数十人だ。それに引き換えスウェーデンの感染者数は2000人台で死亡者はイタリアを上回る。集団免疫は失敗したのではないか・・・・」

注)6月4日の感染者数、死亡者数は順に以下の通り。
スペイン 394人 0人、イタリア 321人 71人、ドイツ 242人 39人、イギリス 1878人 359人、 スウェーデン 2214人 74人。

 さらにここにきてスウェーデンの公衆衛生局で感染症対策を指導してきたデグネル氏が「今よりもっとうまくできたはずだ。正解はスウェーデン方式とロックダウン方式の中間にあるだろう」とメディアにコメントを述べたために大騒ぎになってしまった。
ほれ見ろ、デグネルはスウェーデン方式の失敗を認めた」ロックダウン派が溜飲を下げている。それまで「こんなきついロックダウンをしても何もしないスウェーデンと同じじゃないか」と非難され続けてきたからだ。

 実際はデグネル氏は「ウェーデン方式で免疫を獲得すれば第二波が来たときは患者数は少なくなる」とも言っており、別段敗北を認めたわけではないが、スウェーデン方式反対派からは明らかな敗北宣言に聞こえるらしい。

現在ストックフォルムの集団免疫獲得率は7%程度でとても集団免疫の目標の60%からははるかに低い水準だから、第二波が来たときどの程度効果があるかわからない。またロックダウン派にはきのどくだが、ロックダウンが有効だったのか単に夏場になってウイルスの活動が鈍ったの判別もむずかしい。

 ただ言えることはロックダウンを実施した国では夏場になって感染者数が大幅に減少したが、集団免疫派のスウェーデンの感染者数の減少は緩慢で、さらにイギリスのように当初は集団免疫を目指し途中でロックダウンに切り替えて方針がぐらついた国は、いまだに感染者数も死亡者も多いといえそうだ。
最近の100万人当たりの死者の数はスウェーデンが世界最高になっていて、それを根拠に「スウェーデンは失敗した」と声高に述べるメディアや研究者がいるが、この判定はいささかこじつけがましい。
当初から現在までの死者数の100万人当たりの死者数はスウェーデンが約50人、イタリアやスペインやイギリスが約60人だから特別スウェーデンが多いわけではない。

 それよりも興味深いのはデグネル氏が「正解はスウェーデン方式とロックダウン方式の中間あたりにありそうだ」と述べていることで、これはまさに日本が実施した緩やかな感染対策に相当する。
現在どの方式が最も効果的だったかと世界の研究者が懸命に比較対象をしていているものの、現在はまだコロナの収束途中のため結論は出せない。しかし意外に日本方式の有効性について世界の研究者は注目している。

 山崎医学研究所の山崎所長は「コロナで死亡するのは70歳以上の老人であり、その比率は70%から90%に達している。老人は基礎疾患を持っていることが多く、また特に西欧とアメリカの老人は肥満体だらけだから簡単に死亡してしまう。日本の死亡率が低いのは老人でも肥満体の人が少ないからだ」と言っている。またシンガポールや中東諸国の致死率は比較にならないくらい低いが患者のほとんどが出稼ぎ労働者で、若くて免疫力がたかくまた肥満体は全くいないことも知られている。

 コロナ対策はその国の置かれている実情に合わせて行うのがよいが、特に若者については感染しても症状は軽いか全くでないのが普通で、コロナを老人病と認識してそれにふさわしい対応をするのが最も妥当だろうというのが山崎所長の見解だ。

 



 

| | コメント (0)

(2.4.15) 人類衰亡史序説 スゥエーデン その1 人類史上最大の実験 すべての人が感染したら・・・・・

22425_070_2

 全世界的にコロナウイルスが蔓延しすでに感染者数は200万人、死亡者は13万人にのぼっているが、ヨーロッパのほとんどの国がロックダウンを実施しているのに対し、スゥエーデンだけは、ほとんど何もせず自然に任せている。

この人口1000万人の公衆衛生を指導しているのは、アンデシュ・タグネル氏だが、氏は1995年のザイールでのエボラ出血熱の対策の責任者で、その時の功績が大きく評価されている人だ。

 そのタグネル氏が率いる公衆衛生局の方針は「スゥエーデン国民の57%が抗体を持つようになれば、インフルエンザと同様の恐れる感染症でなくなり、後は重傷者のみの対応で済むはずだ」というもので、基本的には街の活動については何ら制限を設けない方針になっている。
実際街には人があふれ、人々はマスクをせず、カフェやバーはいつもの賑わいになっている。
現在感染者数は約11、000人で死亡者は約1000人だが、これは隣国のノルゥエーやフィンランドに比べれば特に死者で多いが、一方感染爆発をしているイタリアやスペインやイギリス比較すれば感染者数も死者数も圧倒的に少ない。

 現在までのところこのスゥエーデン方式に対する各国の評価は賛否両論であり、一方スゥエーデン国民は概してタグネル氏率いる公衆衛生局を支持している。
どうせかかるなら全員がコロナウイルスに感染して抗体を持つ方が合理的だとの判断で、重症患者が発生した時医療崩壊が起こらずに重傷者の治療ができればそれなりの説得力を持つ方式といえる。
幸いにスゥエーデンの医療福祉体制は世界最高水準で、今のところ医療崩壊も起こらずに推移している。
この方式はスゥエーデン独自でどこの国も採用しておらずまさに世界史的実験だが、その帰趨が注目されている。

 一方で厳重なロックダウンをしてきたスペインやイタリアやフランスやドイツといった国々は、経済に対する悪影響が大きすぎて悲鳴を上げだした。仕事はテレワーク以外を認めず、公共交通機関はすべて運休し、空いている店は食料品店と薬局だけだと、それ以外の職業に従事していた特に日給の貧しい労働者の生活が成り立たなくなってきた
これならコロナで死ぬのと、飢えて死ぬのとさして変わりがないではないか・・・・・・
約8割の経済活動がなされていない状況になってしまい、GDPは一体どこまで落ち込むのかわからなくなっている。
ここにきてスペインもイタリアも建設業者等の一部の業務の再開を始めたが、そうでもしないと社会が完全に窒息してしまい、人々がパンすら手に入らなくなりそうになったからだ。

 一方ロックダウン方式とスゥエーデン方式のちょうど中間あたりにあるのが我が国のコロナ対策になっている。非常事態宣言が出され遊興関連の店や施設は営業を自粛し、学校は小学校から大学まで休止しているが、その他の小売りやスーパーやホームセンターは開いているので、生活に特に支障が出ることはない。
ここ千葉でもまだマクドナルド店すら開いていて、私が個人的に困ったのは一部の本屋が営業を自粛していることぐらいだ。

 この中間をとった日本方式は感染者数の増大を抑えるのにはやや力不足の感はあるが、一方で経済をできる限り通常状態にとどめて経済的パニックを起こさないという点ではそれなりの効果がある。
この方式がうまくいくかはこれも世界史的実験で、ロックダウンを実施している国のメディアからは「感染爆発をとどめることはできない」と手厳しく指摘されているが、一方でスゥエーデン方式といった何もしない国もあるのだからそれなりの実験と言っていい。

 ポイントは死者数を増加させないことで、致死率が2%程度を維持できたならば、医療崩壊を起こさずうまく処理しているということになりそうだ。安倍首相の世紀の実験が好結果をもたらすことを望むが、今のところどうなるかの結論を出すのは早すぎる。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 人類衰亡史 評論 人類衰亡史 EU 評論 人類衰亡史 WHO 評論 人類衰亡史 アパレル業界 評論 人類衰亡史 アメリカ 評論 人類衰亡史 イスラエル 評論 人類衰亡史 インド 評論 人類衰亡史 オーストラリア 評論 人類衰亡史 コロナ 評論 人類衰亡史 コンビニ業界 評論 人類衰亡史 サウジアラビア 評論 人類衰亡史 シンガポール 評論 人類衰亡史 スェーデン  評論 人類衰亡史 ドイツ 評論 人類衰亡史 ブラジル 評論 人類衰亡史 リビア 評論 人類衰亡史 ロシア 評論 人類衰亡史 世界経済 評論 人類衰亡史 中国 評論 人類衰亡史 北朝鮮 評論 人類衰亡史 医学業界 評論 人類衰亡史 地球温暖化 評論 人類衰亡史 日本 評論 人類衰亡史 業界 ソフトバンク 評論 人類衰亡史 業界 自動車業界 評論 人類衰亡史 業界 航空業界 評論 人類衰亡史 石油業界 評論 人類衰亡史 砂漠とびバッタ 評論 人類衰亡史 鉄鋼業界 評論 人類衰亡史 韓国 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害