評論 人類衰亡史 WHO

(2.4.28) 人類衰亡史序説 WHO その3  なぜ中国のポチか

Dscf5106_2

 国連の各組織がかなり怪しげなもので、世界の平和のためというよりは特定の国の利益の代弁者になっていることは、日本はユネスコの世界遺産登録で嫌と言っていいほど身につまされた。
当時の事務総長は韓国のパン・ギブン氏だったが、自身が韓国大統領選挙に打って出るため、ユネスコ職員をたきつけて日本バッシングを続けさせた。
明治日本の産業革命遺産登録で「韓国の同意がなければ登録は認めない」などと、いちゃもんをつけ韓国国民の喝采を浴びたのは記憶に新しい。もう少しで大統領になれるところを親族を使って国連の事業から甘い汁を吸っていたのがばれて、候補を辞退した。

 今問題になっているのはWHOのテドロス事務局長だが、テドロス氏は中国のバックでアフリカ票をまとめ上げ事務局長にしたのだが、そのために常に中国寄りの言辞が目立ち、口を開けば「中国のコロナ対策は全世界の見本だ」などとおべんちゃらばかり言っている。

もともとは昨年の12月31日までコロナの発生を中国は隠していたのだが、その事実を台湾から指摘されてもテドロス氏は黙殺していた。

台湾のいうことなど聞いたら中国から怒られる」というのがテドロス氏のメンタリティで客観的な事実など中国のまえには風前の灯に過ぎない。


 あまりの中国寄りの態度に業を煮やしたのがトランプ大統領で「分担金と拠出金を凍結し、WHOの改革がなされない限り一銭も出さない」とテドロス氏の辞任を要求した。
WHOの分担金と拠出金の上位はアメリカ、英国、ドイツ、日本の順で、中国は第九位でアメリカの10分の1程度しか資金を出していない。
それでもテドロス氏が中国の代理人になっているのは、中国がいつものように事務局長を買収しているからだ。
中国は正式の分担金や拠出金はほとんど出さず、その代わりトップを金で買収して自国の思い通りの操り人形にしている。トップを買収する資金は大した金額でないが、分担金等は多額だからそうした資金はアメリカや日本に出させるのが常套手段だ。

 国連組織に対して資金をいくら出してもその組織に対する影響力を行使することはできないのは、ユネスコの最大の拠出国は日本だったが韓国にいいようにあしらわれたことでもわかる。

WHOのテドロス氏は中国のポチでいまだに中国のコロナ対策は称賛に値するなどと言っているが、中国が発表する感染者数や死亡者数がいつものようにいかさまなのは世界の常識になっている。

習近平氏が3月10日に武漢でコロナ終結宣言を出したとたん、感染者数も死亡者数も消えてしまった。習近平氏の宣言と実態が相違しては中国共産党のメンツにかかわるので、死亡者は肺炎やインフルエンザに書き換えられていることは世界の常識なのにである。

 

 現在国連とその下部組織の堕落はほとんど目を覆いたくなるような状況で、国連分担金など払って組織を存続させるのが間違いなのではなかろうかと思ってしまう。これに代わる組織が当面ないためやむなく存続させているが、中国が牛耳っている国連改革なしに中国発のコロナを撲滅することは不可能だろう。



 

 

 

 

| | コメント (0)

(2.4.13) 人類衰亡史序説  WHO その2   なぜWHOの統計は採用されないか

22425_099

 とても不思議な感じがする。全世界のコロナウイルス感染者数と死亡者数の統計はWHOの公式特設情報ページの数字が採用されず、もっぱらジョンズ・ホプキンス大学の統計数字があらゆるメディアによって採用されていることだ。
ジョンズ・ホプキンス大学はアメリカのメリーランド州にある私立大学で、医学部が世界最高水準にあることはよく知られていたが、まさかコロナの統計数字の最高権威になるとは思いもしなかった。

 なぜWHOの統計でなくこの大学の数字が全世界で参照されるかといえば、データの更新がリアルタイムで行われているからだ。例えば最新時点でWHOの感染者数は1.696.588名なのに対して大学の数字は1.850.220名となっており大雑把に言って2日ほどWHOの数字は遅れている。ニュースでは最新時点の数字がほしいからすべてジョンズ・ホプキンス大学の数字を参照することになる。
実は私もこの大学の数字を毎日チェックしており、各国別の感染者数と死亡者数が即座にわかり非常に重宝なのだが、一方WHOの数字は大陸別・地域別にまとめられており国別の感染状況分析にはほとんど役立たない。

 この大学では1月22日から大学のシステム科学技術センターが中心になり国家が発表する感染者数と死亡者数のデータを24時間体制で更新をしているようだ。時間を変えてチェックしてみると数字が微妙に変わっているのでそのことがわかる。

このデータを基に日本では「(毎日更新)新型コロナウイルス国別発生状況まとめ」というサイトがあり、このサイトを見ると日別・国別に感染者数と死亡者数と増加数がチェックできるので、どこが今感染爆発になっているかわかるし、また落ち着いてきているのかもわかる。

 

 ただしあくまでも各国が発表する数字をリアルに計表に反映させているだけだから、中国のように統計を意図的に操作している国の数字も含まれており、統計データの正確性を保証するものではない。
一般に低開発国の数字は特に感染者数の把握には失敗しているようだ。何しろ検査キットがないものだから症状だけで判断しているはずで、症状が出ないか軽い患者はほとんど把握がなされない。死亡者だけが突出して多い国が多いが(致死率が高い国が多いが)これは、死亡者だけがかなり正確に把握されているからだと思う。

 今回のコロナウイルスの致死率については二極分化されつつあり、医療崩壊がなされていない国は致死率2%前後、医療崩壊があれば致死率10%程度に集約されつつある。
現在はそうなのだが、低開発国で医療が存在しない場合がだんだんと明らかになってくると、この場合の致死率は20%程度になるのではなかろうかと想定している。

 毎日ジョンズ・ホプキンス大学の統計数字を見ているため、各国別のコロナ発生状況がわかってきて、日本は今大爆発寸前だということもよくわかる。実に便利な統計を提供しているのだが、それに引き換えWHOの統計事務処理能力のなさは目に余る。

中国のお先棒を担いで政治的なことだけを念頭に活動しているとこうした場合全く役に立たないことが証明される。

 

| | コメント (0)

(2.4.11)  人類衰亡史序説  WHO その 2  中国の代理人と台湾との確執

22425_037

 WHOのテドロス事務局長と台湾の祭英文総統が互いに非難の応酬をしている。テドロス氏によれば「ここ3か月間にわたって人種差別的な中傷を台湾からされているが、台湾当局はこれに対し何ら措置をとらない」というものだった。どんな中傷かは不明だがこれが台湾からだとテドロス氏が決めつける理由が今ひとつわからない。インターネットでの中傷はなりすましがいくらでも可能だから、テドロス氏がシステムのプロでもない限り相手を特定することは不可能だろう。

 一方これに対し祭英文総統は「台湾は長年国際組織から排除され、だれよりも差別と孤独の味をわかっている。テドロス事務局長には台湾にきてもらい、差別を受けながらも国際社会に貢献しようとしている姿を見てほしい」と反論した。
テドロス氏が中国よりというより中国の傀儡であることは国際社会の常識であり、トランプ大統領の指摘の通り、1月30日まで緊急事態宣言を出さなかったのは中国の意向を受けてのためで、「これは中国国内問題で必ず解決するから騒ぎを起こすな」と中国から口止めされていたからだ。

 トランプ大統領は国内の感染拡大でアメリカが大被害を受けているから怒り心頭で「中国が長い間武漢でのコロナウイルスの発生を隠していたために国際社会に多大な損害をもたらしている。アメリカはWHOに中国の10倍の資金を拠出しているのにもかかわらず、テドロス事務局長は中国の感染対策を激賞する等信じられないような茶坊主」とこき下ろしている。

 現在国際機関の多くが中国に乗っ取られているのはアメリカが国際機関を無視してきたからだが、今回のような問題が発生するとアメリカとしても無視できなくなった。あまりにアメリカの被害が大きく全世界のコロナ患者の3分の1がアメリカだから責任を追及したくなるのは当然だ。

テドロス氏がなぜ中国よりかといえば、WHOの事務局長になれたのは中国の後押しがあったことと、そもそも母国エチオピアは中国のアフリカにおけるショーウィンドウだからだ。これについては以下に詳細に記載しておいた。


http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-e3fb73.html

 日本人は長い間国際機関、わけても国連とその下部組織は世界人類にとって公平で世界のために献身していると思っていたが、ユネスコが韓国に乗っ取られている現状を見て愕然とした。事務総長が韓国のハン・ギブン氏だったときのことだが、明治日本の産業革命遺産の登録申請をしようとしたとき、ことごとく韓国の言いがかりといっていいような反対にあった。実はハン・ギブン氏が裏で糸を引き自身を韓国大統領選挙で優位に立たせるために、日本を意図的に貶めて韓国民の喝采を得ようとしたからだ。
日本を徹底的にいたぶれ。そうすれば君はユネスコの幹部にしてやる」頭の黒いユネスコのネズミが暗躍した。

 今回は台湾とWHOとの確執になっているが、裏で中国がテドロス氏を買収していることは確実で、中国はどこにおいても買収工作を行うのが中国人のアイデンティティになっている。
台湾が人種差別的な発言を意図的にするはずはなく、おそらく中国のサイバー部隊が暗躍したのだろうが、今や中国はコロナ戦争において反撃を開始しているので、テドロス氏の反撃も中国とタイアップしたものと想定するのが一番妥当だろう。



| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 人類衰亡史 評論 人類衰亡史 EU 評論 人類衰亡史 WHO 評論 人類衰亡史 アパレル業界 評論 人類衰亡史 アメリカ 評論 人類衰亡史 イギリス 評論 人類衰亡史 イスラエル 評論 人類衰亡史 インド 評論 人類衰亡史 オーストラリア 評論 人類衰亡史 コロナ 評論 人類衰亡史 コンビニ業界 評論 人類衰亡史 サウジアラビア 評論 人類衰亡史 シリア 評論 人類衰亡史 シンガポール 評論 人類衰亡史 スェーデン  評論 人類衰亡史 ドイツ 評論 人類衰亡史 ファーウェイ 評論 人類衰亡史 ブラジル 評論 人類衰亡史 リビア 評論 人類衰亡史 ロシア 評論 人類衰亡史 世界経済 評論 人類衰亡史 中国 評論 人類衰亡史 北朝鮮 評論 人類衰亡史 医学業界 評論 人類衰亡史 国連 評論 人類衰亡史 地球温暖化 評論 人類衰亡史 日本 評論 人類衰亡史 業界 ソフトバンク 評論 人類衰亡史 業界 自動車業界 評論 人類衰亡史 業界 航空業界 評論 人類衰亡史 石油業界 評論 人類衰亡史 砂漠とびバッタ 評論 人類衰亡史 金 評論 人類衰亡史 鉄鋼業界 評論 人類衰亡史 韓国 評論 人類衰亡史 WTO 評論 人類衰亡史序説 アメリカ・中国激突 評論 人類衰亡史序説 エジプト 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害