評論 人類衰亡史 EU

(2.6.1)  人類衰亡史序説 EU その2    最後の同意となるか?

23429_008

 EU委員会フォンデアライエン委員長が提案している欧州経済復興計画書がEUで同意を得られるか否かのせめぎあいをしている。

計画案は欧州委員会が7500億ユーロ(約89兆円)の資金を市場から欧州共同債で調達し、そのうち5000億ユーロを補助金とし残りを融資とするもので、補助金や融資の対象国はイタリアやスペインといったコロナでの経済損失が大きい国に配分されるという。

 この委員長の提案にフランス、ドイツ、イタリア、スペインはもろ手を挙げて賛成したが、一方オランダ、オーストリア、スウェーデン、デンマークといった倹約4か国が大反対をしている。提案は加盟国のすべての賛成を得て初めて実施されるから、一国でも反対があれば承認されない。
倹約4か国が反対しているのは、補助金という返済が不要の資金をイタリア、スペインに渡すのは、財政規律という意味から許せないということだ。EUの一枚看板は財政規律だったからこの主張は正論だ。
ドイツは当初、委員会の提案に反対だったのは、欧州共同債を発行して資金調達をするとドイツが一国で国債を発行するよりもコストが高くなるからで、ドイツはマイナス金利でいつでも市場から資金を調達できる。
しかしここは欧州復興のために折れようメルケル首相が決断した。

 イタリアとスペインは補助金というただの資金を贈与されるのだから反対する理由は全くなく、フランスも贈与を受ける立場だからこちらも大賛成だ。一方贈与のないドイツは大人の判断で欧州全体のことを考えて妥協している。
ここでEUを崩壊させるわけにはいかない・・・・・
しかしオランダやスウェーデンといった国はEUを指導する立場にないから、「やだ、補助金ではEUの基本コンセプトだった財政規律を全く無視しており、到底認められない」と厳重抗議をしている。

 この欧州復興計画書が実施に移されるのは21年からだから、今年いっぱいをかけてEU委員会が倹約4か国を説得できるかにかかってきた。
もし説得に失敗し「補助金でなく全額融資」ということになればイタリアやスペインの財政は大幅に悪化するだろうし、反対にこの案が通ることになればオーストリアやオランダの右翼政党が「EUからの離脱こそが国益にかなう」と騒ぎだすだろう。
すでにイギリスは離脱を決定し、それでなくてもEUの結束が緩んでいるところにコロナという思っても見なかった災厄が飛び込み、EUの存立基盤そのものを揺るがしかねない状況だ。

 今や世界は国益オンリーとなって、最後に残ったEUの理念などどこかにすっ飛んでしまいそうで、あれほどもてはやされたEUも黄昏が訪れている。

 

 
 

| | コメント (1)

(2.4.25)  人類っ衰亡史序説 EU その1 崩壊のはざまで

2344_038

 今回のコロナウイルスの最大の惨禍が及んでいる国は、アメリカを除けばイタリア、スペイン、フランス、ドイツとヨーロッパの主要国ばかりになっている。各国はロックダウンという都市および国家の厳しい封鎖措置をとってきた結果、ようやく新規の感染者数の増加を抑えることに成功したが、一方ロックダウンによる経済的損失は計り知れないものになってしまった。

 例えばドイツの誇るルフトハンザ航空などは保有する路線のほぼ95%が運休になっており、第一四半期の赤字は1400億円になっている。不要になった飛行機の売却を検討しており虎の子のA340を含む40機あまりの売却と、子会社のLCC会社の営業停止、1万人の従業員の馘首、それにドイツ政府に数千億円の支援を要請している。

この航空機産業の危機は他のどこも同じで、同じような国家的支援を各国の航空会社は求めている。


 こうした場合EUが機動的に動くのかと思っていたが、実際の動きはほとんどのような歩みだ。ドイツやオランダやベルギーといった金持ち国は自国産業を自国の予算措置で守ることはできるが、問題はイタリア、スペイン、ギリシャといった貧乏国は支援資金を自国で調達することができない。方法は自国で赤字国債を発行するか、EUからの資金援助に頼ることなるかいずれかだが、貧乏国は国債を発行しようにも投資筋に足元を見られてすぐに利回りが上昇してしまうため、この手は禁じ手だ。

そこでEUからの資金援助に頼ることになるが、EUとても今回のような緊急時の対応資金が潤沢にあるわけでないため、どのように資金手当てを行うかが常に問題になる。

 

 通常の方法はECB(欧州中央銀行)からの借り入れを行ってそれをコロナでひどい損害を被っている各国の支援にあてるのだが,問題はECBからの借り入れはいずれ返済しなければならない点で、イタリアやスペインが求めているのは返済無用の補助金がほしいので、融資金は嫌だということだ。

しかしこの補助金については金持ち国のオランダ等が、返済義務のない資金は財務規律等を麻痺させると大反対だ。

 
 先に行われたEU27か国の財務相会議59兆円規模の緊急支援枠を決めたが、財源確保はいつものように玉虫色であって実際にどのように調達し配分されるのかもよくわからない。日本やアメリカの場合は国家の意思で赤字国債の発行も予算もその配分も自由に決められるが、こうした場合のEUの対応は常に亀の歩みだ。
イギリスはすでにEUからの離脱を決め、EU内では金持ち国と貧乏国の対立で赤字国債の発行(ユーロ債)は棚上げになるし、EU予算には限りがあるし、結局はECBからの借り入れ以外に当面の方法はなさそうだ。

 

 EUの黄昏はギリシャ危機、アフリカからの難民問題、イギリスの離脱、そしてコロナで大被害の弱小国をいかに支えるかでの対立と、もはや昔日の面影はどこを探しても見当たらない。EUの時代は終わったといえそうだ。

 

 

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 人類衰亡史 評論 人類衰亡史 EU 評論 人類衰亡史 WHO 評論 人類衰亡史 アパレル業界 評論 人類衰亡史 アメリカ 評論 人類衰亡史 イギリス 評論 人類衰亡史 イスラエル 評論 人類衰亡史 イタリア 評論 人類衰亡史 インド 評論 人類衰亡史 オーストラリア 評論 人類衰亡史 コロナ 評論 人類衰亡史 コンビニ業界 評論 人類衰亡史 サウジアラビア 評論 人類衰亡史 シリア 評論 人類衰亡史 シンガポール 評論 人類衰亡史 スェーデン  評論 人類衰亡史 タイ 評論 人類衰亡史 ドイツ 評論 人類衰亡史 ファーウェイ 評論 人類衰亡史 ブラジル 評論 人類衰亡史 ベラルーシ 評論 人類衰亡史 ベーシック・インカム 評論 人類衰亡史 リビア 評論 人類衰亡史 レバノン 評論 人類衰亡史 ロシア 評論 人類衰亡史 世界経済 評論 人類衰亡史 中国 評論 人類衰亡史 北朝鮮 評論 人類衰亡史 医学業界 評論 人類衰亡史 台湾 評論 人類衰亡史 国連 評論 人類衰亡史 地球温暖化 評論 人類衰亡史 日本 評論 人類衰亡史 森林火災 評論 人類衰亡史 業界 ソフトバンク 評論 人類衰亡史 業界 自動車業界 評論 人類衰亡史 業界 航空業界 評論 人類衰亡史 石油業界 評論 人類衰亡史 砂漠とびバッタ 評論 人類衰亡史 金 評論 人類衰亡史 鉄鋼業界 評論 人類衰亡史 韓国 評論 人類衰亡史 WTO 評論 人類衰亡史序説 アメリカ・中国激突 評論 人類衰亡史序説 エジプト 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害