評論 人類衰亡史 シンガポール

(2.5.16)  人類衰亡史序説 シンガポール その2 なぜ死者数が少ないか?

Dscf6552

 とても不思議な気がしている。シンガポールのコロナ感染者数が約27000名なのだが死者数が21名と極端に少ないのだ。致死率は0.08%で日本の感染者数16000名、死亡者数713名、致死率4.40%に比較すればどんなに死亡者数が少ないかがわかるだろう。
実はシンガポールの感染者の発生は3月末ごろまでほとんど毎日ゼロに近い数字で推移していたため、WHO のテドロス事務局長が「国を挙げて感染対策を実施している好例だ」と激賞していた。

 武漢でウイルスが発生したのを見てすぐさま国境を閉ざし、自慢の監視システムでクラスターの抑え込みに成功していたからだが、4月に入り突然感染爆発が発生した。毎日の感染者数があれよあれよという間に増大し、4月半ばには一日当たり1500名近くになってしまった。
しかも感染者の約9割がシンガポール人でなく海外からの出稼ぎ労働者だった。
どこの社会にも光と闇があるがシンガポールの驚異的成長を支えてきたのは、インドやバングラディシュやインドネシアといった国からやってきた低賃金の若い出稼ぎ労働者で正式な労働許可書を持ったもので100万人、その他の公式でない出稼ぎ労働者が約70万人程度生活している。

 シンガポール人の人口は570万人だから、国民の約3割相当の外国人が住んでいることになる。問題はその住環境だが特に建築労働者は日本でいう飯場で、一部屋に10名から15名程度押し込められ、トイレも一つで悪臭が漂い典型的な三密環境に置かれていた。
しかもシンガポール政府はこれら外国人に対してはコロナ対策は一切行わず、マスクの配布もされていなかった。
所詮は外国人なのだから、いざとなったら国に送り返そう」程度の感度だったのだろう。

 しかしここでクラスターが発生しあれよあれよという間に、世界の模範といわれていたシンガポールに感染者があふれてしまった。慌てた政府はこの飯場とさして変わらない隔離施設に感染した外国人労働者を押し込めてしまった。
ここまではどこの国でもありそうなコロナ騒動だが、私が本当に驚いているのはそうした劣悪環境に押し込められた外国人労働者にほとんど死者が発生せず、現在までの死亡者がたった21名に過ぎないことだ。

 シンガポールは中国やロシアが行っているような、患者数と死者数の数字操作を実施しておらず、いたって正直な数字を発表している。そこで患者は爆発的に増加しても死者はほとんどでないというのはどうしてだろうか。
日本の事例でもまたイタリア等のヨーロッパの事例でも明確になったことは、死亡者は老人に偏っていて若者はほとんどの場合軽症かあるいは無症状ということだ。
シンガポールにやってきている建設現場ではたらく出稼ぎ労働者のほとんどが、若者で占められている。激務の建設現場だから若者以外は耐えられない労働環境だから当然だが、その結果致死率は極端に低い0.08%になっている。

 一般に致死率の高い国はヨーロッパのような老人の多い先進国と相場が決まっているが、一方低い国はアフリカ等の新興国で人口のほとんどが若者で占められている。

今回のコロナで感染する人は老若男女を問わないが、一方で死亡する人は老人や既往症を持った人で老人はどちらも当てはまるから、これはほとんど老人病と言っていい。
若者については特段の措置をしなくても自身の免疫力で回復してしまうからほぼインフルエンザと同じで、一方重篤な状態になるのは老人と既往症を持った人と決まっている。
だからコロナ対策はがんや脳梗塞と同じ老人病と認識し、今後は主として老人をターゲットに実施していけばそのうちに収まっていくのではなかろうかと思われる。




 

| | コメント (0)

(2.2.11)  人類衰亡史序説 シンガポール その1

Dscf6362

 最近までのシンガポール経済はほとんど順風満帆だったといっていいだろう。17年のGDP成長率は3.7%、18年3.1%と順調に推移し、一人当たりのGDPは6万ドル日本は4万ドル)をこえ、アジアでは際立って裕福な社会といえた。

しかしそのシンガポール経済に激震が走ったのは19年度になってからで、0.5%増とほとんど成長がストップしてしまった。
シンガポールは中継ぎ貿易と金融サービスでいきている都市国家だが、米中の貿易対立や中国経済の停滞の影響を受け輸出が全く振るわなくなり、対前年比でマイナスが続いている。

 経済が停滞し始めると人口問題が顔をだす。もともとシンガポール人の出生率は低く1.1程度で日本の1.4よりかなり低い。それでも問題がなかったのは外国人の流入が多かったためで、570万人のうち外国人比率は約30%にもなっている(日本は2%程度)。
特にフィリピン等からのメイドやインドネシアあたりの肉体労働者が多く流入し、低賃金労働に従事してきた。一方シンガポール人は快適で賃金の高い医者や弁護士や投資家等といった職業につき、階層分化がすすんでいた。

 しかしこの分業は高賃金の職場が確保できていることが前提で、いったん経済が不調になり高賃金労働者の馘首などが始まると維持できない。シンガポールの経済不況は19年からだからまだそうした動きがあまり表面化しているわけではないが、不況が深刻化すれば外国人労働者を追い出す政策をとらざる得ない。

さらに中国武漢を震源に世界に蔓延しているコロナウイルスはシンガポール人の心を暗くしている。

シンガポールは開かれた自由貿易を前提に発展してきた国柄で、中国がコロナウイルス拡散防止のため国境を閉ざし、さらに米中貿易戦争で世界貿易が委縮すれば、シンガポールの生き残るすべがなくなる。

 シンガポールはとても不思議な世界だ。町は瀟洒な高層ビルが林立し、ごみは道端に放棄されることなく、一見するとこんな衛生的で素晴らしい社会はないように見える。だがその実は中国にも負けない監視社会でごみやチューインガムを不用意に捨てようものなら、監視員が飛んできて目の玉が飛び出るような罰金をとられる。
私の経験では金融機関が入っている高層ビルの踊り場で外の景色を写真に撮っていたら、怖そうな監視員がやってきてこのビルの監視センターまで連れていかれてしまった。
この男どうしますか!!
まあ、日本人か!!日本人はどこでも写真をとる癖があるが、ここシンガポールでは認められないのだ。まあ、きょうは許してやるが以後注意しろ」などと脅されてしまった。
写真がいいのはマオライオンぐらいで、その他の場所では注意深くしないと危ないことを初めて知った。

 監視社会と経済成長の組み合わせは中国とそっくりだが、経済が急ストップしたことも中国とうり二つだ。シンガポールと中国の結びつきは意外と深く中国の影といわれる華僑ネットワークでつながっている。だからその中国に激震が走ればシンガポールにも津波のように激震が押し寄せてしまうのだ。



 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 人類衰亡史 評論 人類衰亡史 EU 評論 人類衰亡史 WHO 評論 人類衰亡史 アパレル業界 評論 人類衰亡史 アメリカ 評論 人類衰亡史 イギリス 評論 人類衰亡史 イスラエル 評論 人類衰亡史 イタリア 評論 人類衰亡史 インド 評論 人類衰亡史 エチオピア 評論 人類衰亡史 オーストラリア 評論 人類衰亡史 コロナ 評論 人類衰亡史 コンビニ業界 評論 人類衰亡史 サイバー戦争 評論 人類衰亡史 サウジアラビア 評論 人類衰亡史 シリア 評論 人類衰亡史 シンガポール 評論 人類衰亡史 スェーデン  評論 人類衰亡史 タイ 評論 人類衰亡史 トルコ 評論 人類衰亡史 ドイツ 評論 人類衰亡史 バーチャル時代 評論 人類衰亡史 ファーウェイ 評論 人類衰亡史 ブラジル 評論 人類衰亡史 ベラルーシ 評論 人類衰亡史 ベーシック・インカム 評論 人類衰亡史 ヨーロッパ 評論 人類衰亡史 リビア 評論 人類衰亡史 レバノン 評論 人類衰亡史 ロシア 評論 人類衰亡史 世界 評論 人類衰亡史 世界経済 評論 人類衰亡史 中国 評論 人類衰亡史 北朝鮮 評論 人類衰亡史 医学業界 評論 人類衰亡史 台湾 評論 人類衰亡史 国連 評論 人類衰亡史 地球温暖化 評論 人類衰亡史 日本 評論 人類衰亡史 森林火災 評論 人類衰亡史 業界 ソフトバンク 評論 人類衰亡史 業界 自動車業界 評論 人類衰亡史 業界 航空業界 評論 人類衰亡史 民族紛争 評論 人類衰亡史 石油業界 評論 人類衰亡史 砂漠とびバッタ 評論 人類衰亡史 金 評論 人類衰亡史 鉄鋼業界 評論 人類衰亡史 韓国 評論 人類衰亡史 WTO 評論 人類衰亡史序説 アメリカ・中国激突 評論 人類衰亡史序説 エジプト 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害