評論 人類衰亡史 オーストラリア

(2.6.20) 人類衰亡史序説 オーストラリア その3    サイバー攻撃、中国の嫌がらせ

Img_1218

 オーストラリアと中国の間で再び緊張が走っている。オーストラリアがアメリカに同調してコロナウイルスの発生源の調査を第三者機関に任すべきだと発言して以来、中国のオーストラリアに対する嫌がらせはますますエスカレートしている。
牛肉輸入制限、大麦に制裁関税、次に中国人留学生にオーストラリアへの留学をしないように指示していたが、今度は組織的なサイバー攻撃を仕掛けて政府機関や主要な研究所等へのハッキングを強化した。

 もともと中国はアメリカへの継続的なハッキングを行っていたが、オーストラリアへのハッキングは相対的に少なかった。それがここにきてサイバー攻撃を強化したのはオーストラリアへの嫌がらせであって、セキュリティー当局をてんてこ舞いにさせてしまおうという魂胆だ。
モリソン首相は「国家ベースの高度なサイバー攻撃がここ数か月にわたって行われており、その頻度はますます増大している」とメディアを通じて国内外に警告を発した。

 現在サイバー攻撃が国家レベルでできる国は限定されていて、中国、ロシア、アメリカ、北朝鮮、イラン、イスラエルである。このうちオーストラリアに対し敵意を持っている国は中国一国で、後は世界中から金を強奪している北朝鮮がハッキングしているぐらいで、モリソン氏としては「中国からのハッキング」と明確に意識している。

 中国のハッキング部隊は61398部隊と称し、日常的にハッキングを繰り返しており当初はアメリカの公的機関やIT企業を集中的に狙っていた。部隊員は数千名で、それ以外に雇用されているハッカーが5万人いるといわれている。現在世界最強のサイバー部隊でありアメリカもロシアも中国のサイバー部隊に比べれば大人と子供程度の差がある。
このサイバー部隊に狙われて情報を盗まれなかった組織はほとんどおらず、アメリカにとっては最も危険極まりない相手といえる。

 それが現在モリソン政権のオーストラリアに襲い掛かっているのだが、狙いはモリソン氏率いる自由党のスキャンダルで、有効なスキャンダルが見つかれば、次の選挙で労働党に再び政権を奪取させることができる(ロシアがアメリカの大統領選挙に介入した方法が参考になる)。
オーストラリア労働党は中国のポチといえるくらい親密な関係を築いており、一方日本に対しては捕鯨問題等で非常に厳しい態度をとってきた。簡単に言えばシーシェパードのオーナーである。

 現在サイバー空間でのハッキング行為のほぼ4割が中国のサイバー部隊によるもので、この棟梁跋扈を何とか抑えない限り、中国スパイ網によって、自由主義経済体制はずたずたに切り裂かれてしまう。そして今その矛先がオーストラリアに向かっている。

| | コメント (0)

(2.6.13) 人類衰亡史序説 オーストラリア その 2  コロナの発生源を探せ

19815_056

 オーストラリアのモリソン首相がG20各国に「コロナ発生源に関する独立した調査が必要」との書簡を送ったため、中国との間で貿易戦争が発生している。中国はすぐさまオーストラリアからの牛肉輸入を制限し、大麦に制裁関税をかし、さらに中国人学生にオーストラリアへの留学を差し控えるよう勧告した。
オーストラリアのやろう、中国が最大の貿易相手国なのを忘れて恩をあだで返すとはなんだ。許すものか!!
オーストラリアも負けてはいない。
貿易相が「重要な保健衛生上の政策が、経済的脅しに屈して変更することはない」とコメントを述べ、モリソン首相は
豪州は開かれた貿易国で中国に強制されて自分たちの価値観を売り渡したりしない」と非難合戦はますますエスカレートしている。

 なぜオーストラリアがこうした強硬措置をとるかといえば、中国がオーストラリア政界に着々とスパイ網を築き、オーストラリアを中国の衛星国にしようとしていた意図が最近になりあきらかになったからだ。
モリソン氏は自由党政権の首相だが、2013年までは労働党政権の時代で労働党は中国と蜜月関係を築き、中国は労働党を籠絡していればオーストラリアは中国のポチになると安心していた。

 しかし2013年に政変があり労働党から自由党に政権が移行すると、当時のアボット首相は明白にアメリカ組であることを宣言し中国からの影響を排除しようとした。
これに慌てたのが中国で、何とか自由党に足がかりを得ようとスパイを送り込み、特に19年5月の総選挙で中国系オーストラリア人を100万豪州ドル(7400万円)で買収して自由党から立候補させようとした。

ところがこの人物がオーストラリアのCIAに相当するASIOに事の次第を報告したため大騒ぎになってしまった。中国から見たら大失敗で、すぐさまこの人物をホテルで殺害して隠ぺいを図った。証人は消え保護できなかったASIOは中国に出し抜かれてしまったが、中国スパイ網が暗躍していることが明確になった。


 さらにモリソン氏を震撼させたのは中国の大物スパイ王力強氏がオーストラリアに亡命を申請し、今度はASIOも保護に成功したが、王力強氏が香港・台湾で行った秘密活動と現在オーストラリアで秘密裏に行われている秘密工作を暴露してしまった。
中国としては再び大失敗で「王力強はアホでとんまで全く信用できないペテン師だ」と最大限のプロパガンダを行ったが、中国が否定すれば否定するほど王氏のスパイとしての重要性が際立ってしまった。

 王氏のもたらしたオーストラリア政界に対する秘密工作の内容についてはモリソン氏は公表していないが、その後のモリソン氏の中国に対する強硬姿勢を見ると非常に驚愕する内容であったろうことは確かだ。
中国はオーストラリアを自国の経済的植民地にしようとし、さらにコロナウイルスを世界中にばらまいている。許すわけにはいかない

安全保障が危機に陥って経済優位などと言っているわけにいかなくなった。

中国にとってはとんだ誤算続きだが、落ち目の時は得てしてこうした誤算が続くものだ。かくして中国の対オーストラリア工作は完全に失敗に終わってしまった。

 

 

| | コメント (0)

(2.2.12) 人類衰亡史序説 オーストラリア その1

22317_0081

  日本やヨーロッパ各国が人口減少に悩む中で、そうした悩みとは全く関係ない国がある。オーストラリアだ。
現在オーストラリアの人口は2550万人だが、今後50年間でさらに1000万人程度の人口増加を見込んでいる。先進各国が軒並み人口減に悩まされているときに信じられないような強気の数字見込みだが、そのほとんどを移民で賄おうとの計画だ。
オーストラリアの移民政策は紆余曲折をたどって、今は有能な技術を持った移民を積極的に受け入れている。

 私も昔オーストラリアに移民しようかと思ったが、当時は5000万程度の資金をオーストラリアの銀行に預金するのが条件で、私のような貧乏人にはとても手の届く金額でなかったのであきらめた。今は技術者であれば受け入れてくれるが、すでに定年退職者で年金暮らしの老人はおよびでないようだ。

 なぜオーストラリアがこのように移民受け入れに寛容だったかといえば、オーストラリア経済が1991年以降27年近く拡大基調で毎年のようにGDPが増大し、何より人手不足が続いたからだ。
オーストラリアは大変な鉱山資源国であり、埋蔵量一位の鉱物として鉛、ニッケル、ウラン、ボーキサイト、アルミナがあり、さらに鉄鉱石、石炭、天然ガス、石油までふんだんにあるので土地を掘れば資源が出てくるような土地柄だ。

 特に2000年初めの資源ブームではあまりの資源開発の活発さのために、資源を運搬するトラック運転手が足らなくなり、信じられないような高給で運転手を集めていた。
私の息子の嫁さんはオーストラリア人であり手蔓があったので、息子は真剣に日本での仕事をやめ大型トラックの運転手になろうかと悩んでいた。
おやじ、オーストラリアでトラックを運転すると月100万だそうだ。転職したほうがいいかな?」などと相談された。

 輸出の3分の2が鉱物資源で、その3分の1が中国向けだったのだが、ここにきて中国経済の減速が鮮明になり鉱山資源ブームも収束してしまった。18年前半までGDP伸び率は2.5%から3%で推移していたが、18年半ばごろから急激に経済は下り坂になり、現在の伸び率は1%台に落ちてしまい、傾向的にはさらに低下しつつある。
順調な経済を背景に積極的な移民受け入れ策をとってきたオーストラリア政府だが、こうなると人余りが発生する。しかも移民の多くは中国人とインド人であり、オーストラリア中に中華料理屋とインド料理屋が乱立し、ここは一体どこの国だというような状況になってきた。

 そのため現政権になって移民枠がだんだんと絞られている。特に中国人が不動産を買いあさって不動産価格が急騰しオーストラリア人の購入能力を超え始めたことが中国人に対する反発となっており、政府は急きょ中国人の不動産購入の抑制策をとり始めた。
オーストラリアもだんだんと国を閉ざし始めたが、経済的結びつきの強かった中国の経済減速により開放経済のメリットがなくなりつつあるからだ。
資源価格はこの先趨勢的に低下しそうだし、中国は鉄鉱石や石炭を買わなくなるし、もしかしたらオーストラリア経済の拡大も終わったのかもしれない・・・・・・」不安感がよぎる。

 さらにオーストラリア人の気持ちを暗くしているのは毎年のように森林火災が発生しかもその規模がだんだんと拡大していることだ。

オーストラリアの夏は高温でからからに乾き、ユーカリの木が風にあおられると摩擦ですぐに火がついてしまう。昨年の9月に発生した山火事は今年の2月まで沈火しなかったが2月になってようやく大雨が降って収まった。この火災焼失面積はほぼ日本列島分の2分の1の大きさに匹敵し、コアラやカンガルーといった生物が10億匹死んだと推定されている。

問題はこの山火事が一過性ではなく毎年のように襲来しそうで、しかもその規模が拡大しそうなことだ。夏は高温で冬は乾燥、もはやオーストラリアの内陸部は人の住める場所でなく、人々は海岸べりに追いやられている。

 オーストラリアは有り余る鉱山資源を開発し、それを主として中国に販売して成長したが、中国は二酸化炭素をばらまいて地球の環境を悪化させ、環境は毎年毎年荒々しくなり、オーストラリアの国土を襲っている。

中国とのタイアップは国土消失との二人三脚だったわけで、さすがのオーストラリア人もこの結果に慌てふためいている。だが中国人が反省することなどないから相変わらず二酸化炭素の排出は続き、その結果オーストラリアで住める場所が縮小されていくのだが中国という21世紀の悪行国家を商売相手にしている以上仕方のない面もある。










 

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 人類衰亡史 評論 人類衰亡史 EU 評論 人類衰亡史 WHO 評論 人類衰亡史 アパレル業界 評論 人類衰亡史 アメリカ 評論 人類衰亡史 イギリス 評論 人類衰亡史 イスラエル 評論 人類衰亡史 イタリア 評論 人類衰亡史 インド 評論 人類衰亡史 オーストラリア 評論 人類衰亡史 コロナ 評論 人類衰亡史 コンビニ業界 評論 人類衰亡史 サイバー戦争 評論 人類衰亡史 サウジアラビア 評論 人類衰亡史 シリア 評論 人類衰亡史 シンガポール 評論 人類衰亡史 スェーデン  評論 人類衰亡史 タイ 評論 人類衰亡史 ドイツ 評論 人類衰亡史 バーチャル時代 評論 人類衰亡史 ファーウェイ 評論 人類衰亡史 ブラジル 評論 人類衰亡史 ベラルーシ 評論 人類衰亡史 ベーシック・インカム 評論 人類衰亡史 ヨーロッパ 評論 人類衰亡史 リビア 評論 人類衰亡史 レバノン 評論 人類衰亡史 ロシア 評論 人類衰亡史 世界経済 評論 人類衰亡史 中国 評論 人類衰亡史 北朝鮮 評論 人類衰亡史 医学業界 評論 人類衰亡史 台湾 評論 人類衰亡史 国連 評論 人類衰亡史 地球温暖化 評論 人類衰亡史 日本 評論 人類衰亡史 森林火災 評論 人類衰亡史 業界 ソフトバンク 評論 人類衰亡史 業界 自動車業界 評論 人類衰亡史 業界 航空業界 評論 人類衰亡史 民族紛争 評論 人類衰亡史 石油業界 評論 人類衰亡史 砂漠とびバッタ 評論 人類衰亡史 金 評論 人類衰亡史 鉄鋼業界 評論 人類衰亡史 韓国 評論 人類衰亡史 WTO 評論 人類衰亡史序説 アメリカ・中国激突 評論 人類衰亡史序説 エジプト 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害