評論 人類衰亡史 ロシア

(2.8.20) 人類衰亡史序説 ロシア その5 邪魔者は消せ KGBの伝統

Dscf5555

 ロシアでは反プーチンの政治家や実業家やジャーナリストが信じられないような容疑で逮捕されたり、また暗殺される。
今回発生した事件は極東のハバロフスク知事フルガル氏が約15年前に発生した殺人事件の容疑者として逮捕され、直ちにプーチン氏によって更迭された。
ブルガル氏はプーチン氏の与党統一ロシアに対抗している自由民主党出身の政治家である。

 極東地区はヨーロッパ地区に比較して反プーチン色が強いのだが、それはここが見捨てられた土地だからである。もともとシベリアは帝政ロシアやソビエトロシアの流刑地であり、住民はその子孫が多い。
1991年のソビエト崩壊から約10年の混乱期には、モスクワからは全く無視されほっておかれていたのでその間住民は中国、韓国、日本との貿易でかろうじて生活を維持してきた。
日本との関係は中古自動車、中古自転車、中古電化製品をロシア人船員が大量に買い込み、極東の市場で売りまくっていたが、その結果極東の自動車はほとんどが日本製の中古車になってしまった。

 フルガル氏もそうした事業家の一人で2018年の選挙で統一ロシアの候補を破って当選したのだが、極東の半プーチン感情を反映して「プーチンのイエスマン」にはならなかった。
ロシアではほとんどすべての政治家がプーチンのポチなのだから、このフルガル氏の態度はプーチン氏をいら立たせていたのだろう。

 プーチン政権になってからプーチン氏に反旗を掲げた政治家やジャーナリストは次々に不審死を遂げるのだが、これはロシア自慢のKGB戦術で、ソビエト時代からの伝統である。
すでに700名近い反プーチン派の人々がその犠牲になっていて、警察の捜査は当然のごとくなおざりでほとんどすべてが迷宮入りになっているが、この暗殺はKGB出身のプーチン氏の得意技であることは明確だ。

 外国に逃げても必ず毒殺やその他の方法で殺害されてしまい、2006年にはイギリスに亡命していた元スパイのリトビエンコ氏が毒殺され、また2018年にはやはり元スパイのスクリパリ氏が親子とも毒殺されそうになった。イギリス政府は激怒しロシアに厳重抗議をしたが、当然のこととしてロシアは知らぬ顔の半兵衛を決め込んでいる。

 反対派をあらぬ容疑ででっちあげるか、過去の事件をほじくり出して強引に失脚させる手段はこれもロシアの伝統といってよく、中国でも反体制派に対して行っている措置だが、独裁権力の常套手段だ。
特にロシアは現在コロナと原油価格の低迷で経済的に追い詰められており、国民に対するプレゼントは何もない状況のため反体制派の政治家を血祭りにあげて注意をそちらに向ける以外に体制維持の方策はない。
ハバロフスクでは3万人規模のデモが発生しており、「プーチン止めろ」と叫んでいるが、今のところプーチン政権にとって大きな痛手とはなっていない。

 

| | コメント (0)

(2.7.20)  人類衰亡史序説 ロシア その4 シベリアが熱波に襲われている

23618_027

 昨今は災害はダブルで発生する。日本ではコロナと洪水にみまわれたが、ロシアではコロナと熱波に見舞われシベリアの各地で森林火災が発生し、タイガが燃えあがっている。
シベリアの高温は半端ではなくⅠ~6月の気温は1981年から2010年の平均気温に比較して5度も高くなってしまった.
ベルホヤンスクといえばシベリアの中でも極寒の地として知られているが、そこで過去最高の38度Cを記録してしまった。日本並みの高温だ。
シベリアでは市民が川で水泳を楽しんでいる映像が映し出されているが、実際はそれほど楽観的な情況でない。

 最も心配なのはこの高温で永久凍土が解けてもはや永久でなくなってしまいつつあることで、凍土が閉じ込めていた二酸化炭素やメタンが空気中に放出され、高くなった気温をさらに高くしつつある。このため北極圏は他の地域に比較すると温度上昇が急激になっており、そのうち北極圏が夏はアフリカ並みの高温に見舞われそうだ。
ベルホヤンスクの38度が常温になってしまうということで、世界の温暖化をさらに加速させるだろう。

 昨年は春の暑さで北極圏の雪が一斉に解けだし、シベリアの各地で過去に例を見ない洪水が発生していたが、今年は熱波による森林火災の年になっている。地球温暖化の影響は特に極地に現れやすく、北極も南極も氷が解けだしており世界の海面上昇が日々懸念される状況になっている。
シロクマもセイウチもオットセイも生育環境が急速に狭められており、こうした動物が地球から消滅する日も近そうだ。

 地球温暖化は地球上に生息する種にとって限界を越える影響を及ぼしており、ロシアがアフリカになる日が近づいている。一方アフリカをはじめとする熱帯地方は熱波どころではなく灼熱のフライパンの上のような状況になって、生物が生息する環境でなくなってしまうだろう。
日本でも毎年のように風水害に見舞われ今は懸命な復旧作業が続けれているが、毎年毎年過去に例を見ない風水害に見舞われてしまえば、川の堤防を高くして頑張る気力も失われる。
どうせ、過去に例を見ない災害が来るのだからどんなに頑張っても無駄だ・・・・・

 地球温暖化対策に目をつぶりGDPこそがすべてだとうそぶいていた中国やアメリカも毎年の利益より損失が大きくなっている。しかも自然をここまで痛めつけてしまえばもとに戻るのにどれほどの時間がかかるかわからない。
ロシアの夏がアフリカ並みになってしまった現実を見てもまだ反省しない中国人やアメリカ人がいる限り地球上の種に未来はない。

 

 

| | コメント (0)

(2.5.2) 人類衰亡史序説 ロシア その3  悪夢が続いている。

2252_002

 ロシアにとってこのところの経済情勢の悪化と感染症対策の遅れは悪夢としか言えない惨状だ。
感染症患者はすでに11万人を越え、世界のベスト8なっている。しかも問題は現在のパンデミックの中心が徐々にロシアに移ってきており、毎日の感染者数の増加はアメリカの次に多くなって8000人規模になっている。一方死者の数は信じられないことに1000人程度で致死率が1.0%なのはどう考えても不合理で、ヨーロッパの主要国が10%を超え、アメリカでも6%なのだからロシアが1%であるはずはない。

 ロシアの医療体制はおせじにも高いとは言えず、ロシア人の男性の平均寿命が長い間65歳だったのは、医療制度の不備とウォッカの飲み過ぎが原因といわれていた。(ただし最近時点の平均寿命は74歳になったとロシア当局が発表したが、ロシアの統計数字は中国ほどでないにしても必ずバイアスがかかっているので注意がいる

プーチン大統領はコロナ対策として人工呼吸器を国内生産に切り替えたが、品質が極端悪く現場からは悲鳴が上がっている。

ロシアの機械を使うぐらいならウォッカを飲んで死んだ方がましだ!!
ロシアの感染者数は3月の初めのころは数名で、プーチン大統領も「我が国のコロナ対策は万全だ」と胸を張っていたが、その後ヨーロッパ経由の感染拡大によって今や世界の最悪の感染国の一つになってしまった。

 さらに問題なのはロシアには庶民を支える資金がないことで、唯一の財源の石油・天然ガス収入はこのところ暴落しており、予算ではバーレル40ドルを見込んでいたが、実質は20ドル程度と半減している。国債を発行しようにも指標金利が5%と完全に市場から足元を見られているので、日本やドイツやアメリカが行うような赤字国債の発行もままならない。
プーチン大統領は思い余って3月30日から1週間の非労働期間を設定したが、一向に感染者数が減少しないため5月11日まで非労働期間を延長した。現状はさらに感染拡大が続いており、5月11日を5月いっぱい程度まで延長する可能性が高い。

 しかしこの非労働期間はどこの国でも経済損失が莫大で、特に経済弱者がこうむる損失が大きい。試算では経済損失は26兆円規模で失業者は1500万人規模になるという。アメリカの失業者が3000万人規模だから人口比ではロシアのほうが失業者が多くなる勘定になる。
プーチン大統領としては国民を救おうにも資金はなく、文句を述べるジャーナリストを強権で抑えることができても、人民の飢えは何としても救わなければ支持基盤がそっぽをむく。

大祖国戦争を勝ち抜いたロシア人は他国の国民よりはるかにがまん強いが、それでも飢え死になりそうになればプーチン大統領を見放してしまう。
今ロシアはソビエトロシア崩壊後の混乱が再び社会を襲う前夜になっている。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 人類衰亡史 評論 人類衰亡史 EU 評論 人類衰亡史 WHO 評論 人類衰亡史 アパレル業界 評論 人類衰亡史 アメリカ 評論 人類衰亡史 イギリス 評論 人類衰亡史 イスラエル 評論 人類衰亡史 イタリア 評論 人類衰亡史 インド 評論 人類衰亡史 オーストラリア 評論 人類衰亡史 コロナ 評論 人類衰亡史 コンビニ業界 評論 人類衰亡史 サウジアラビア 評論 人類衰亡史 シリア 評論 人類衰亡史 シンガポール 評論 人類衰亡史 スェーデン  評論 人類衰亡史 タイ 評論 人類衰亡史 ドイツ 評論 人類衰亡史 ファーウェイ 評論 人類衰亡史 ブラジル 評論 人類衰亡史 ベラルーシ 評論 人類衰亡史 ベーシック・インカム 評論 人類衰亡史 リビア 評論 人類衰亡史 レバノン 評論 人類衰亡史 ロシア 評論 人類衰亡史 世界経済 評論 人類衰亡史 中国 評論 人類衰亡史 北朝鮮 評論 人類衰亡史 医学業界 評論 人類衰亡史 台湾 評論 人類衰亡史 国連 評論 人類衰亡史 地球温暖化 評論 人類衰亡史 日本 評論 人類衰亡史 森林火災 評論 人類衰亡史 業界 ソフトバンク 評論 人類衰亡史 業界 自動車業界 評論 人類衰亡史 業界 航空業界 評論 人類衰亡史 石油業界 評論 人類衰亡史 砂漠とびバッタ 評論 人類衰亡史 金 評論 人類衰亡史 鉄鋼業界 評論 人類衰亡史 韓国 評論 人類衰亡史 WTO 評論 人類衰亡史序説 アメリカ・中国激突 評論 人類衰亡史序説 エジプト 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害