評論 人類衰亡史 韓国

(2.7.10) 人類衰亡史序説 韓国 その16  セクハラは人権代議士は許されないのか?

21_970

 韓国の朴ソウル市長が自殺をした。自殺の原因は元私書の女性から「セクハラをされた」と告訴され、ソウル地検が捜査に乗り出したからだという。朴市長はもともとは人権派弁護士で、特に女性のセクハラ問題と従軍慰安婦問題には積極的に関与し、その結果ソウル市長に2011年に当選している。
女性の人権を守り、間違ってもセクハラを許してはならない(ただし自分を除いては)」
日本は韓国女性を奴隷のように扱い人権を無視して性行為を強要した(ただし自分がすることはかまわない)」

 朴市長は文大統領と同じ共に民主党に属しており、文大統領が人権派弁護士出身なのも経歴が全く同じで、次期大統領選挙の有力候補だった。
男性の場合下半身に人格がないのは人間も動物だからで、オットセイやセイウチなどは強いオスがハーレムを形成してセクハラのし放題だ。
女性の人権を守る行動は上半身で行い、秘書に対するセクハラは下半身で行ったのだから、「本件の被告は朴市長の下半身であり、上半身には何ら落ち度がないため、本法廷は下半身のみ被告と認めるべきだ」と居直ればいいものを、韓国人はこうした場合は自殺をする。

 韓国人の自殺率はOECD最高で最近の調査で10万人に対し24.6人だが、日本人は15.2人だから韓国人は突出して多い。
これがフランス人だったら、ミッテラン氏やシラク氏がそうであったように「愛人がいる。それがどうした」と居直るところだが儒教道徳でがんじがらめにされている韓国人は居直れない。
儒教道徳とは形式主義であり形式さえ整っていれば士大夫として評価されるが、間違っても噂の種になることは避けなればならず、この形式が崩れると後は自殺しか手段が残されていない。朴氏としてもこのセクハラ容疑をトランプ大統領のように金で解決しておけばよかったのだが、なまじ人権擁護を標榜してもっぱら上半身だけが自分と思っていたため墓穴を掘った。

 人権派弁護士を二枚舌などと言ってはいけない。本来人間、特にオスは上半身と下半身が分離しているのが普通で、それゆえ種としての人類がここまで永続して生命を保ってきた経緯がある。
特に韓国人のオスは日本人のオスより性欲が激しく、ベトナム戦争に従軍した韓国部隊がベトナム女性を次々に性奴隷にしたのは有名な話だ。

 朴氏は人間というものをよく知らなかったのだろう。もし知っていれば自分を許すこともできただろうが、韓国社会では水に落ちた犬は永遠に石を投げつけられる。日本人はこの韓国人のしつこさをよく知っているが、韓国人は自国民に対しても永遠に恨みを忘れないからこうした種類の自殺は後を絶たない。


 


| | コメント (0)

(2.6.25) 人類衰亡史序説 韓国 その15     再び手のひら返し

Image11

 韓国の日本に対するちゃぶ台返しは日常茶飯事だが、一方北朝鮮の韓国に対する手のひら返しも日常茶飯事だ。
北朝鮮はケソンの共同連絡事務所を爆破し、次は軍事行動に移ると脅していたが、急に「あれはなかったことにしよう」といいだした。
金正恩氏が軍事委員会の席上で「しばらく軍事行動は留保する」といいだしたからだ。
北朝鮮では金正恩氏の言葉がすべてで、たとえ妹の金与正氏が何といおうと鶴の一声ですべてがひっくり返る。

 もともとは妹の金与正氏が「軍事行動を軍にゆだねる」と宣言し、参謀本部は ① ケソン工業団地と金剛山観光施設周辺に再び軍を配置すること(ここに配置する意味はわからないが・・・)② 境界地域での軍事訓練再開 ③ 非武装地帯の監視所の再配置と宣伝用拡声器の再配置 ④ 韓国に対する1200万枚の宣伝ビラの配布(これだけの紙があるとは思われず、印刷もできず、バルーンもないと思われるが・・)を決定していたが、金委員長が「無駄なことはするな」と言って取りやめさせたようだ。


 こぶしを振り上げたものの、参謀本部の軍事行動の案はいづれも戦闘を目指すものでなくデモンストレーションの範囲をでないが、こうしたデモンストレーションでさえ北朝鮮軍にとって負担が甚大と想定される。
何しろ北朝鮮には十分な食料はどこにもなく、自慢の朝鮮軍は飢えに苦しみ、さらにコロナの感染が蔓延して実際に行動できる兵士はごくわずかだから、大々的な軍の移動などできようはずもない。
あの、移動の前に何か食べさせてください!!」といった状況だ。

 金与正氏は自信満々だったが、南北共同事務所を爆破するのがやっとで、それ以上の軍事行動など全く不能なことは軍幹部は熟知している。
金委員長が「あれはやめた」といったので実にほっとしていることだろう。
金委員長としては餓死寸前の朝鮮人民軍と人民の窮状はさすがに知っているし、軍事行動などしたくてもコロナでうなっている兵士を動員するわけにいかず、ただひたすら文在寅大統領を脅して、食糧援助を引き出すのが目的だからここいらで手を緩めたのだろう。
あんた、戦闘をしたくなかったら食料を送れ!!

 一方文在寅氏にとって、のどから手が出るほど食料援助をしたいのだが、アメリカが目を光らせていて核兵器を完全に放棄するまでだめだといっているため手も出せない。
金チャン、僕ね、本当に食料送りたいのよ、金チャンのためには命も惜しくないのだから・・・・・
北朝鮮こそ心のふるさとと信じている文在寅氏としてはジレンマで胃がきりきり痛んでいるだろう。
一日も早く、韓国を北朝鮮に売り渡したいのにそれができないとは、あああああ、苦しい!!!」呻吟している。



 

| | コメント (0)

(2.6.23)  人類衰亡史序説 韓国 その14    敵は本能寺

21523_0331

 北朝鮮が16日にケソン工業団地の南北共同事務所を爆破して以来、南北間に緊張が一気に高まっている。
2010年に砲撃戦があった延坪島では北朝鮮軍が砲身のカバーを外し、臨戦態勢に入ったのが確認された。
この矢継ぎ早の北朝鮮に狼狽した文在寅大統領は、実に有効な手段をとった。
敵は本能寺にあり!!

 明治日本の産業遺産登録を抹消させ、日本製鉄に求めている賠償金の支払いのための差し押さえ物件の売却を実施する手続きにはいり、半導体3原料について日本が不当に輸出制限をしているとWTOに提訴を再開した。もし日本がいうことを聞かなければGSOMIAを廃棄するという。
わっはは、これで我が国の安全保障は確保された!!!!
あの、大統領、連絡事務所を爆破したのは北朝鮮で日本ではないのですが・・・・・・
馬鹿者、わからんのか、敵は本能寺だということを北朝鮮にメッセージとして送ったのだ!!日本バッシングだけしかしないことの意思表示よ
しかし北朝鮮の砲撃部隊がすでに砲撃準備に入ったのですが
それなら我が国は日本を徹底的にたたくだけだ

 北朝鮮のポチといわれる文在寅氏にとって、北朝鮮こそわが心の故郷であり、北朝鮮が武力行使すればそのまま韓国を北朝鮮に売り渡そうとしている。
キム・ヨジョン氏文在寅氏の誠を見せるために、日本バッシングを大々的に再開した。
ヨジョンちゃんわかって、僕は北朝鮮に絶対そむかないよ。やっつけるのはにっくきウエノムだけよ!!二人で日本をやっつけようよ!!だから僕の誠を信じて!!

 韓国軍部は在韓米軍の指揮下にあり対北朝鮮の防衛任務に当たっているから、「本当の敵は日本でなく北朝鮮じゃないの」と不思議がっているが、何しろ大統領が敵は本能寺だ、本能寺だと騒いでいるため、どこを相手に戦闘をしたらいいのかわからなくなっている。
指揮系統が混乱し、朝鮮戦争と同様北朝鮮軍が一気に南下すれば現在の韓国軍は持ちこたえることが不可能だ。何しろ文大統領が敵は日本だと騒いでいるので砲身をどちらに向ければいいのかわからない状態だからだ。


| | コメント (0)

(2.6.17) 人類衰亡史序説 韓国 その13  お前はどちらのポチだ!!

Dscf5597

 韓国のポチ、文大統領が踏み絵を踏まされている。「あんたは北朝鮮のポチか、それともアメリカのポチか、はっきりしろ」と北朝鮮のNO2,キム・ヨジョン氏から脅迫されている。3日前にキム・ヨジョン氏は「遠くない時期に北南共同連絡事務所は跡形もなく崩れるであろう」と予告していたが、その予告通り共同事務所は爆破された。

北朝鮮の直接の非難内容は、18年の南北首脳会談で「敵対的行為を互いに慎む」ことになっていたのにかかわらず、脱北者による金正恩氏の非難ビラを紙風船で飛ばす行為を取り締まらなかったことだ。


 文大統領は北朝鮮のポチだからこうした行為を苦々しく思ってはいたが、同時にポピュリストであるため韓国の約半数の対北朝鮮強硬派をなだめるためにあえて無視を決め込んでいた。
キム・ヨジョン氏はそこに切り込んで「私は悪事を働くやつ(脱北者)よりも、見ないふりをするやつ(文大統領)が憎い」と非難をエスカレートしたので、文大統領は脱北者団体を「許可なくコメを風船で北朝鮮に送った罪で逮捕する」と喚き散らした。

 北朝鮮としてはポチが動揺したのは予想通りだが、本当の狙いは脱北者の風船ではなく、ケソン工業団地の再開と金剛山観光事業の再開を文大統領が認めるかどうかだから、それが明らかになるまで脅しは継続する。
北朝鮮がここにきてなぜこうした言いがかりをつけてきたかといえば、北朝鮮経済は完全に崩壊しこのままでは北朝鮮が自然消滅する一歩手前だからだ。

 コロナ騒動で国境を閉じたまではよいが、これで中国との正規不正規の貿易が90%近く止まってしまった。北朝鮮にとって中国との貿易は死活問題でこれでかろうじて餓死を免れていたのに飯の種が途絶えている。さらにコロナにより自慢の北朝鮮軍兵士はコロナに感染し、兵舎でうめいていてまともな戦闘力を維持できていない。韓国からの無償援助だけが最後のよりどころだが、文大統領はトランプ大統領のポチでもあるため、一向に再開のめどが立たない。

兄さん、これは韓国を脅しつけてケソン工業団地の再開と金剛山観光事業の再開を実施させましょう。文在寅は何度も北朝鮮への秘密援助を約束してきたじゃない。でもあいつはトランプが怖くて何もできないのよ。だから徹底的に脅しつけて完全に我が国のポチにしてしまいましょう
あまり韓国を脅すとアメリカとの関係が悪化しないかな?
大丈夫心配しないで、私が徹底的に脅して兄さんは先が見えたころ合いで登場して頂戴」

 キム・ヨジョン氏は韓国に踏み絵を踏ませようとしている。「文おじさん、あんたは最高指導者のポチなの、それともトランプのポチなの



 

| | コメント (0)

(2.6.8)  人類衰亡史序説 韓国 その12   北朝鮮スパイ事件に発展

22725_126

 元従軍慰安婦を自称するイ・ヨンス氏が支援団体正義連の元会長ユン・ミシャン氏を「元慰安婦をだますだけだまして、利用するだけ利用した」と告発して韓国中大騒ぎになっている。私は当初従軍慰安婦をかたるイ・ヨンス氏と、正義連という組織を使って金集めをしたユン・ミシャン氏の詐欺集団が金の分け前を巡って争っているのだと思っていたが、ここにきてユン・ミシャン氏は北朝鮮のスパイではないかとの疑惑が持ち上がっている。

  今問題になっているのはユン・ミシャン氏の夫とその妹が1993年に兄妹スパイ事件で逮捕された前歴があることと、ユン氏がかかわっている正義連の欧州支部にフランス人で高級官僚だったブノワ・ケネディ氏が出入りをしており、ケネディ氏はフランス当局から「北朝鮮に核関連情報を流失した疑い」で逮捕されている。
また正義連の幹部は統合進歩党の元幹部がなっているが、この政党は前のパク・クネ大統領時代に韓国政府の転覆をはかる革命政党として最高裁で活動停止を言い渡され解散を命じられている。
ユン・ミシャン氏の周辺はすべて北朝鮮人脈で固められている。

 イ・ヨンス氏の告発は韓国企業や個人から集めた支援金を元慰安婦には渡さず、ユン氏が勝手に流用していたということだが、流用先が北朝鮮でないかと韓国の保守派や保守系新聞が連日報道しており、一大スキャンダルに発展してきた。

最も文政権は明確な容共政権であり、おりあらば北朝鮮の支援に乗り出そうとしているから、正義連が文政権に代わって北朝鮮支援をしていることは願ったりかなったりでユン氏と正義連を懸命に擁護している。

 しかし問題の本質は元慰安婦を使って従軍慰安婦問題をでっちあげ、韓国の大企業から支援金をむしり取ってはひそかに北朝鮮に送金していたことになると、正義連の正義は一体どこにあるのだということになる。
金を出すほうが甘いのよ」とユン氏はほくそ笑んでいるだろうし、キム・ジョンウン氏は北朝鮮のスパイ網が韓国国内で素晴らしい実績を上げたことを称賛しているだろうし、文大統領は北朝鮮スパイ網を使って北朝鮮の支援ができたことに満足しているだろう。

 韓国では労働運動が過激になのも、北朝鮮のエージェントが労働組合の幹部になって意図的に争議をあおっているからで、文政権はそれを後押ししていて、いずれ韓国を北朝鮮に売り渡そうとチャンスを狙っている。

私は韓国が容共路線になっても少しも驚かないが、韓国がすでに北朝鮮によって内部から切り崩されていることは正確に認識しておく必要がある。今や韓国は日米韓連合の一員でなく、中北韓連合の一員で、日本に対しては常に敵対していることを忘れてはならない。

 

| | コメント (0)

(2.6.5) 人類衰亡史序説 韓国 その11  日本にPCR検査キットを売るな

Dscf6546_2

 韓国のPCR検査キットが世界を席巻しそうな勢いだったが、ここにきて急ブレーキがかかっている。韓国の検査キットの輸出額は3月 0.2億ドル、4月 2億ドル、5月 1.3億ドルとなって5月は4月より30%減少した。
ひところは無限に拡大するような雰囲気で50社余りが生産拡大競争をしていたが、今は生産調整に入っている。
最大の理由は夏場になってヨーロッパやアメリカの感染者数が急激に減少してきたからで、「もう検査をする対象者が限られましたな・・」なんてどこの国も安堵の声だが、韓国のキット生産会社は当て込んだ需要が急激に消えて蒼白だ。

 このためキットの値段もひところは1個当たり12ドルから14ドルしたのに、今はその半分程度で相手によっては5ドルでないと購入しないといいだしている。キットの原材料の試薬やチューブはほとんど中国等からの輸入であり、韓国は最終加工をして製品にしているがその試薬は値上がりが激しい。韓国以外の国で自国生産に乗り出し調達競争があるからだ。
さらに韓国製品の評判を落としたのは4月のピーク時に自社製品でなく中国からキットを輸入しそれに韓国ラベルを張って販売したが、中国製品の品質はかなり悪く、「韓国さん、これでは使い物になりませんわ!!」と突き返されたりしている。
思えば4月ごろまでは韓国の鼻息は最高潮に達していて、「韓国のコロナキットは世界を救うが、悪辣な輸出規制をしている日本には絶対に売ってはならない。輸出規制だ」とネットでは文大統領の尻をたたいていたが、その日本でもタカラバイオ等が検査キットの量産に入ったため日本が購入する必要性がなくなっている。

 一方医学界ではPCR検査をどの程度まで実施するのが適切か議論が分かれている。一方では全国民全員を対象にと言うような極端な意見があったが、PCR検査で陽性になってもほとんどの患者が軽い症状か全く症状がないのが実態だ。
これを見つけて病院に隔離をさせると、病室が満杯になりさらに言えば症状が無症状の患者に対してはなんの処理も施せない。ただ病院にいるだけということになり、それならホテルに隔離しても同じだということになる。現在では自宅待機がほとんどになってきた。

 コロナで重症化する人は老人で基礎疾患がありさらに肥満と相場が決まっており、そうした人が呼吸困難になれば必ず救急車を呼ぶのでそうした重症患者を病院に収容し、呼吸器をつないで棄損された肺の機能を補助するのが現状の対処方法になっている。

こうした患者の肺はCTスキャンで見れば真っ白になっているので、別にPCR検査をしなくてもコロナ患者だということはわかる。中国の武漢で患者の検出に使った方法だ。

また重症化しない人間はいくら多くてもほっておけば治ってしまうので、こちらは治療対象外だ。
PCR検査は必要最低限でいいというのは日本の医学界の認識で、これでほとんど問題が起こらないのは、重傷者はすぐにわかり、一方軽症者ははほっておけば治ってしまうからだ。。

 韓国ではPCR検査こそ感染拡大阻止の決め手といった議論がなされており、実際熱心にPCR検査を実施しているがその韓国と日本では人口対比にすれば患者数も死亡者数もほとんど変わりがない。PCR検査を徹底的にしてもしなくても結果が同じではする意欲がそがれるだろう。
だから韓国人が「日本にPCR検査キットを輸出するな」といくら騒いでも、日本ではむやみやたらと検査はしないし、また国産のキットで足りているので韓国人にはきのどくだが、韓国製のキットは必要ないのだ。

 韓国では文大統領が「韓国方式が世界で最も優れている」と国民を鼓舞しているが、ソウル近郊で感染者数が再び増大しており日本とさして変わらないレベルでは「世界最高」というのはいつもの誇大宣伝でしかない。

 

| | コメント (0)

(2.5.20)  人類衰亡史序説 韓国 その10   正義連の正義はどこに

Dscf6121

 韓国が元従軍慰安婦問題で大揺れに揺れている。運動の中心にいた元従軍慰安婦イさんと、この運動の推進母体の正義連元会長のユンさんが怨念の対決を始めたからだ。二人は過去30年にわたって日本政府に謝罪と賠償を求めてともに戦ってきた中心人物だが、ユンさんが先の選挙で国会議員に当選したことから隙間風が吹くようになったらしい。

 イさんに言わせると、正義連は元従軍慰安婦を利用しただけで本人は晴れて国会議員に当選し、自分はただ無駄な30年を付き合わされただけだという。
正義連は韓国中から寄付金を集めて、この寄付金で「元慰安婦の憩いの家」なるものを建設しそこを拠点に活動をしていたそうだが、そこの管理人をユンさんの父親に委託し委託料を支払い、さらにユンさんは憩いの家を私的にペンションとして使用してきたと告発している。
自分は利用され、金銭的には一銭も受け取れずユンさんは自家用ペンションを手に入れ、親父とともに悠々自適の生活をし、国会議員にもなって我々を見捨てた」というものだ。

 従軍慰安婦に関しては日本政府が10億円の拠出をし、47名中35名が受け取り、一方イさんは受け取りを拒否した一人のようだ。
自分は何も受け取らず、ユンさんだけがいい思いをしているイさんはすでに91歳で、年齢的には認知症になってもおかしくない年だが、どうも長年の怨念は晴れないようだ。

 ユンさんが韓国民から集めた寄付金を私的に流用しているのは韓国人ならよくあることで不思議でも何でもないが、ことが正義を振りかざし日本の暴虐を指弾してきた団体の元会長で、毎週水曜日には日本大使館前で糾弾集会を開いてきた張本人だから有言不実行というところだろう。

もともと従軍慰安婦という言葉は朝日新聞が悪意を込めてでっちあげた言葉で、実際は多くの朝鮮人(ただし当時は日本人)慰安婦がいたのは確かだが、軍が徴用した(したがって従軍させた)慰安婦は存在しなかった。私的な営業に過ぎない。

 ユンさんは存在しなかった従軍慰安婦問題で韓国世論を煽り立て、日本政府の10億円の拠出金を拒否して、一方で韓国民に寄付金を募ってきたのだが、それをねこばばしたとイさんが告発したので韓国内は大騒ぎになって居る。
いかにも韓国人らしい対応で、地位は利権いうことのが韓国人の常識だが、分け前をあずかれなかったイさんが頭にきて内部告発に及んだというのが今回の騒動のようだ。

 韓国の左派系メディアは当惑し、告発合戦などすれば日本に利益を及ぼすだけだと、沈静化に躍起となっているが保守系メディアは格好の攻撃材料として、正義連の会計の透明性を求めている。

韓国では地位を得た人の汚職が絶えないが、これは小中華を自任する中国病で、コロナと同じように韓国中に蔓延しているので、じきにユンさんが公衆の面前で謝罪する姿が見えるだろう。




| | コメント (0)

(2.5.14) 人類衰亡史序説 韓国 その9   自慢の監視網の穴

Dscf6100

 韓国で再びクラスター感染が発生している。ここ数日間感染者は一けた台だったため文大統領は「我が国の感染対策は世界の瞠目を集め、世界中から尊敬されている」といつもの自慢話をしていたのだが、その舌の根の渇かないうちに再び感染が拡大し始めた。
韓国人は自慢をしないと生きている気持ちがしない人々で、日本がクルーズ船で苦しんでいたころ「日本は衛生先進国と言っていたが面目丸つぶれで我が国こそ世界の模範だ」といったとたんに大邱で大量の感染者が発生した。
この大邱の発生者が減少し始めると「我が国はコロナに打ち勝った」と大喜びだったが、その塗炭にソウルのコールセンターでクラスターが発生した。

そして今回文大統領が「世界の模範だ」と自慢したとたんソウルのクラブでクラスターが発生した。

 文大統領や韓国当局が自慢すればその時に合わせたように新たなクラスターが発生するので、何か韓国人は疫病神にとりつかれているのではないかと思う。
今回のクラスターは同性愛者が主として集まるクラブで発生しており、当局はすぐさまクラブに記載されていた5500名の名簿から追跡調査を始めたが、うち約3000名が虚偽の住所と電話番号を記載していた。
韓国でも同性愛者は必ずしも公認されたものではなく、どちらかというとひそやかに活動している集団だ。

 当然のことに他人に大ぴらにそのことが知られるのを防ぎたいから、住所、氏名、電話番号は55%の顧客が虚偽の記載をしたらしい。衛生当局が追跡調査を始めたが本人確認に戸惑っているうちに、感染者はじわじわと拡大している。13日現在の感染者数は119人だが、当局が把握できていない同性愛クラブの顧客がまだ多くいて、これから大邱のような感染爆発が起こるのではないかと当局は恐れている。
なかには塾教師が感染してその塾の生徒が10名弱感染が広がっており、「馬鹿なクラブ通いをするからこうした事態になった」と日ごろ同性愛に対しネガティブな感情を持った人たちから猛烈な抗議が殺到している。

 本人追跡のキーは携帯電話でその位置情報さえ確認できればクラスターを抑えられるというのが韓国当局の自慢だったが、今回のように意図的に携帯情報を隠されるとそれも完全な追跡方法とは言えない。当局が監視のために特に位置情報を重視しているのはわかっているから、位置情報の機能をオフにしておくのが安全にクラブで遊ぶ方法になる。また携帯電話は家に置いておくのがもっと安全な方法で、当局の目をかいくぐる方法はいくらでもある。「世界最高の追跡システムで絶賛を浴びている」などと自慢するとすぐほころびが出るから日本人なら自慢しないが、文大統領は自慢しないと生きている気持ちがしない人だからどうしようもない。

たとえどんなに完全に封じ込めたと思っても、韓国の例に見るようにいつクラスターが発生するかわからないのだから、どの国も同じように苦しんでいると素直に思っているのが最も妥当な態度だろう。

| | コメント (0)

(2.3.28) 人類衰亡史序説 韓国 その8  なぜ韓国の世論調査は信頼がないか

Dscf6104

 韓国経済は崩壊の前夜だし、ウイルス対策は中国に気兼ねばかりした結果日本を大きく上回る感染者数と死亡者数になっているが、一方で韓国の世論調査によると文大統領の支持率は最新時点で50%を超え、不支持を上回っているという
やることなすこと大失敗で、最低賃金を日本並みにしようと上げたのはいいが、中小企業が賃金を払えなくなりバタバタと倒産したり営業中止に追い込まれている。

失業率は上昇しているがそれをごまかすために暇な老人を一日1時間程度の閑業につかせ「見てみろ、失業率は劇的に下がった」などと失業統計をねつ造したりして、何も評価することができないのにこの世論調査の結果はどのように考えたらいいのだろうか。


 韓国の主要な世論調査会社は3つあって、韓国ギャラップ、リアルメーター、韓国リサーチだが、いずれの結果も文大統領の支持率が高い結果になっている。
韓国の世論調査は日本のNHKの調査と比較すると回答率で大きな相違がある。NHKの世論調査は毎月実施されており、2000名あまり電話をかけその回答率は大体55%程度になっている。
一方韓国の回答率はNHKと同様な電話での聞き取りを実施している韓国ギャラップが約20%、一方で機械で音声応答を使用しての調査を行っているリアル・メーターでは約5%になっている。韓国人は基本的に世論調査に協力しない。

 したがって世論調査を基に選挙結果を占うと大きな間違いをしてしまい、パク・クネ大統領の時代の国会議員選挙で事前の世論調査ではパク・クネを支持する与党が圧倒的に勝利するはずだったが、選挙結果は野党に軍配が上がった。

 

簡単に言えば世論調査は常に与党が有利に出るように回答がなされているのだが、なぜそうなるかというと回答者は自身の政治信条を明らかにすると不利になると考えているからだと思う。

 

 たとえば与党を支持するのであれば現政権から何らかの不利益を被ることはないが、反対に野党を支持しているのがわかると大学の裏口入学や就職斡旋や、その他政治家や役人をわいろで取り込もうとするとき、政治信条が異なることがばれてしまうと非常に不利になる。

韓国は人と人との結びつきを重視し、家族主義を拡大化したような社会を形成しているため同じ集団に属すると思われれば家族主義の恩恵を得られるがその反対だと徹底的に社会から排除されてしまう。

 

 一番いい例が、大統領は職務を解かれると同時に犯罪者になり、その一族郎党が検察によって投獄させられるが、それは政治的立場が明確なため、権力を失ったとたんかたき討ちをとられるからだ。

だから韓国社会を生き抜く処世術はできるだけ政治的立場を明確にしないことで、特に現政権に反対者は間違っても世論調査に協力などしてはならないことになる。

 かくして大統領と政権与党は世論調査では圧倒的な支持を得ていてもそれが投票結果に結びつくことはほとんどない。韓国では4月15日に総選挙が行われるが、世論調査では与党が圧倒的に有利になっている。しかし結果を開けてみて野党が勝利することが起こっても私は全く驚かない

 

 

| | コメント (0)

(2.3.20) 人類衰亡史序説 韓国 その 7  韓国崩壊の足音

_d

 ついに韓国経済の崩壊の足音が聞こえだした。コロナウイルス対応文大統領は「韓国のコロナ対応は完璧だ」と自慢したとたん大邱で感染者が大量発生し、それをようやく抑えたつもりで、「韓国はコロナに勝った」などといったとたんに今度はソウルで感染者が増大した。

文大統領が勝利宣言をするたびに患者数は増えるので、「あんたもう何も言わず黙っててくれ」というのが韓国民の偽らざる心境だ。
最新時点で韓国の感染者数は8500人余り、死者は91人で、これは日本の感染者数900人余り、死者29人に比較して死者の数で3倍多い。

 ひところ韓国の医療当局は「日本より感染者数は少なく、日本の対応は実に稚拙だ」などと言って悦に入っていたが、感染者数が日本をはるかに凌駕し始めると「日本は感染者数を隠している」などともっぱら言いがかりをつけることに終始し、さらに、日本が韓国と中国からの入国者に14日間の自宅待機を求めると「日本だけは世界で唯一非科学的な対応をとった」と猛烈なクレームをつけてきた。
実際はどこの国も同様な対応をとっており、韓国に対し国境を閉ざす国や地域が後を絶たないが、「うるせい、非科学的なのは日本だけだ」と相変わらず韓国人以外には絶対に通用しない論理を振りかざしており、世界の笑いものになっている。

 だがそうこうしている間に世界経済は激変し、原油価格は20ドル台まで低下し、ニューヨークダウは2万ドルを割り込み、日経平均も16000円を割り込んでリーマンショック前夜という様相を呈してきた。

韓国株式も防衛ラインと韓国金融当局が言っていた2000を大きく割り込み、現在は1500台になっている。韓国ウォンも値下がりして、これも防衛ラインといわれた1ドル1200ウォンから、1300ウォンに近づいている。

コロナウイルスと同様防衛ラインは崩壊した。

 さらに問題は資金が海外に引き上げられていることで、今年に入って1.5兆円流失してしまった。韓国のアキレス腱は短期外貨債務が多いことで、金融機関の短期外貨債務の割合が35%といわれている。

これが一斉に引き上げられると1997年のアジア危機や2008年のリーマンショックのような外貨資金の流失が始まる。2008年の時はアメリカと日本とのスワップ協定でかろうじて国家倒産を免れたが、今現在アメリカとも日本ともスワップ協定の締結はなされていない。中国とはスワップ協定はあるがとっさのドル資金不足に対応するには、中国元をドルに換えるのに時間がかかり、あれよあれよという間に韓国はドル不足で倒産するだろう。今はその前夜と言っていい。


 こうした状況下で韓国経済を守るべき司令塔はなく、経済担当の副首相はマスクの配布に大わらわで、しかも実際に経済の実態を理解している閣僚は皆無だ。これが左翼政権のアキレス腱で、分配以外の経済政策は何をしてよいか検討がつかない。

金融なんて何のことかさっぱりで、文大統領、どうしたらいいでしょうか・・・」と全員さじを投げているが、文大統領は日本バッシング以外の能力はないから「あのね、日本とのスワップってそんなに大事なの!!」なんて今頃官僚に聞いている。

 

 こうした大統領を選んだのは韓国民だから、今はそのつけを払わされているがもはやどうしようもない。かくして韓国経済の崩壊の足音が聞こえる。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 人類衰亡史 評論 人類衰亡史 EU 評論 人類衰亡史 WHO 評論 人類衰亡史 アパレル業界 評論 人類衰亡史 アメリカ 評論 人類衰亡史 イスラエル 評論 人類衰亡史 インド 評論 人類衰亡史 オーストラリア 評論 人類衰亡史 コロナ 評論 人類衰亡史 コンビニ業界 評論 人類衰亡史 サウジアラビア 評論 人類衰亡史 シンガポール 評論 人類衰亡史 スェーデン  評論 人類衰亡史 ドイツ 評論 人類衰亡史 ブラジル 評論 人類衰亡史 リビア 評論 人類衰亡史 ロシア 評論 人類衰亡史 世界経済 評論 人類衰亡史 中国 評論 人類衰亡史 北朝鮮 評論 人類衰亡史 医学業界 評論 人類衰亡史 地球温暖化 評論 人類衰亡史 日本 評論 人類衰亡史 業界 ソフトバンク 評論 人類衰亡史 業界 自動車業界 評論 人類衰亡史 業界 航空業界 評論 人類衰亡史 石油業界 評論 人類衰亡史 砂漠とびバッタ 評論 人類衰亡史 鉄鋼業界 評論 人類衰亡史 韓国 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害