評論 人類衰亡史

(2.4.8) 人類衰亡史序説 イギリス その2 コロナで政治がストップしている  

22419_043

  コロナウイルスの感染爆発はイタリア、スペインから、今やアメリカ、フランス、イギリスに中心が移ってきた。イタリアやスペインは感染者数も死亡者数も前日を下回ることが多くなったが、反対にアメリカやフランスやイギリスは増大しつつある。

特にイギリスではジョンソン首相やチャールズ皇太子までが感染し、ジョンソン首相は集中治療室で酸素吸入を受けている。
イギリスのコロナの致死率は11%だからイタリア並みであり、イタリアと同様に年寄りが次々に死亡している。
イギリス政府は、現在の外出制限を継続すれば2週間後にはピークを迎えその後は減少するとアナウンスしているがやや希望的観測といえそうだ。

 当初日本でコロナウイルスの感染が見られ東京オリンピックに黄色信号がともっていたころ、イギリスのメディアは「それならロンドンでオリンピックを開催しよう」と盛んに興味本位の記事を書いていたが、今はそれどころでなくなった。
感染者数約6万、死亡者数約6000名だから、日本の死亡者数100名に比較して比較にならないぐらいのオーバーシュートだ。
すべてのスポーツの開催が不可能になり、ウィンブルトンのテニスも中止になった。

 本来ならイギリスはEUとの間で離脱交渉を進めなければならないが、今はそれどころではない。交渉のポイントはアイルランドとの国境のあり方で、以前と同じように国境を開放するかそれとも外国として国境管理を行うかだったが、今は両国とも厳しい外出制限を実施中であり、家に閉じこもったままだから国境問題など吹っ飛んでしまっている。

さらに離脱強硬路線のジョンソン首相が集中治療室で治療している状況で、イギリスの国家としての意思決定が全くなされていない。

 イギリス経済は金融だけが世界に突出しており、それゆえイギリス一国で十分に自立できると主張してきたが、コロナ騒ぎで様相が変わってきた。イギリス自慢のポンドは乱高下し、3月16日には1ポンド126円という価格になったが、その後134円程度にポンド高になっている。最もリーマンショック前は250円程度していたのだから価値は半減しており日本から見ればイギリスポンドは凋落だ。ユーロが117円程度だからそれよりはましというところだ。
また10年物国債利回りは0.405%前後だから日本の0%よりは高いが、アメリカが1%前後だから相対的に低い水準で国債発行でコロナウイルス費用を賄える水準にある。

 EUとの離脱交渉はコロナ対策で頓挫し、ジョンソン首相は集中治療室で治療中で、ポンドの価値は乱高下だからイギリスの将来についてバラ色の夢を語るのは無理だろう。せいぜいフランスやイタリアといった国と同様の痛手を感染症からこうむりその後のリカバリーはかなり大変だというのが妥当なところだろう。

 

| | コメント (0)

(2.4.7) 人類衰亡史序説 ローマ帝国 その1  再来

Dscf5420

 私は昔から帝国の崩壊原因の最有力候補は感染症ではないかと思っていたが、ローマ帝国の衰亡に関してはジェニファー・ライト氏が「世界史を変えた13の病」という本で以下のように記していた。
皇帝マルクス・アウレリウスの時代(165年から180年)の宮廷医師ガレノスによれば、その感染症はメソポタミアからローマに到達し、約1000万人(古代ローマの人口は約6000万人)の生命を奪った。感染症の特色は赤い斑点が全身に出て、その後単純疱瘡になり、そのかさぶたが取れると灰のような跡が残った。人々は黒い便を出し顔が黒くなり、死に至った

 今ではこれは天然痘ではないかと推定されているが、この感染症により最強を誇っていたローマ軍団は内部から崩壊し、ゲルマン民族の侵入を許すようになった。ローマ帝国衰亡史を記載したギボンによれば「古代世界はマルクス・アウレリウスの統治時代に降りかかった疫病によって受けた打撃から二度と回復することはなかった」という。マルクス・アウレリウスもこの天然痘にかかって死亡している。

 私がなぜ古代ローマの疫病に関心を持つかといえば、今回のコロナウイルスのオーバーシュートをもたらしている地域が、ほぼ古代ローマの版図に一致するからである。
死亡数の多い順に並べるとイタリア(一位 16.523人)、スペイン(二位 13.341人)、フランス(4位 8.926人)、イギリス(5位 5385人)、ドイツ(8位 1.810人)、そして地中海をぐるっと回るとトルコ(649人)、エジプト(85人)、アルジェリア(173人)、モロッコ(80人)という具合で、まだトルコ以下についてはオーバーシュートというのは言い過ぎでほぼ日本並みだが、確実に感染者は増大しており、かつ医療システムが不備のため今後大幅に死者が増えそうだ。
この版図との一致はたまたまかもしれないが、一方現代のローマ帝国といわれているアメリカの死亡者数は10.783人(3位)で、増加人数は最も多く最終的には最大の死亡者数になりそうだ。こちらのほうは本物のローマ帝国の再来になるかもしれない。

帝国は滅びない、タダ衰亡するだけだ」といったのは「大英帝国衰亡史」を書いた中西輝政氏だが、衰亡の原因が戦争でなく感染症だとすれば、現在のローマ帝国アメリカがおかれている立場はまさに古代ローマと全く同じ感染症との戦いになっている。
現在の死亡者数は1万人だが、トランプ大統領は24万人まで拡大する可能性があるとコメントした。
トランプ大統領は約200兆円の資金を投入してこのコロナ戦争に勝利すると演説していたが、勝利しなければ確かにマルクス・アウレリウスの再来になるだろう。
古代ローマの崩壊のあと西洋は長く静かだが面白味にはかける中世になったが、今人類はその瀬戸際に立っている。

 

 

 

| | コメント (0)

(2.4.6)  人類衰亡史序説 コロナウイルス その3  非常事態宣言が発令される

Dscf5421_2

 安倍首相が非常事態宣言を発令する準備に取り掛かった。日本ではアメリカやヨーロッパに比較して感染者数が少なかったが、ここにきて感染爆発の兆候が見えだした。一日当たりの感染者数が全国で300人を越えるようになり、しかも毎日その数が増大している。
欧米では感染者数が毎日1000人を越えているが、日本でも一週間もたたないうちにそうした数になりそうだ。いわゆるオーバーシュートが始まるのだが、感染経路がわからない感染者が増えれば増えるほど状況は悪化する。

 非常事態宣言の対象は首都圏と関西圏になるようで、私の住んでいる千葉も含まれるようだ。期間はとりあえず1か月程度になるようだが欧米の実情を見てみるととても一か月では収まりそうもない。
ながくつらいコロナウイルスとの闘いが今始まろうとしている。

 非常事態宣言が出されると食料品の調達や病院通いのほかは不要不急の外出となるから、毎日がなかなか大変だ。仕事はテレワークが推奨されるが、現場に出向かなければ仕事にならない建設業等もあるので、全員がテレワークというわけにはいかない。
私個人としては自転車でサイクリングをするのが日課になっており、そうした運動も止められると相当程度ストレスがたまりそうだ。一人でする運動は規制の対象外になってほしいと心から願っている。

 現在オーバーシュートの中心はアメリカとイタリアやスペインといったヨーロッパが中心だが、オーバーシュートが起こった場合の問題点は医療崩壊だということがわかっている。現在日本では感染者は重症者も軽症者も同一に病院に隔離されているが、軽症者については病院での治療はなされていない。そもそもコロナウイルスについてはワクチンも治療法もないのだから、ただ病院に隔離されているだけだ。
重傷者については呼吸困難に陥っている場合が多く、人工呼吸器により肺に酸素を送り込むのが唯一の対処療法になっている。そうしておいて病人の体力と免疫力で回復してくれるのを待つことになる。

 小池都知事はこの重症者と軽症者を分離して、軽症者はホテル等で隔離する方針に変更することにしたがそれが最善な措置だろう。隔離するならホテルが最適で、しかも現在は宿泊客がほとんどいないのだからホテル側としても経営に資することは間違いない。
今後あらゆる地方自治体でこの方法が採用され、重傷者だけが病院で人工呼吸器による対処療法を受けることになるだろう。

 今や世界中で非常事態宣言が出されるか、実質的に非常事態になっており、多くの国の国境が閉ざされている。人々は家に閉じこもりどこにも行かないようにしているので航空会社は飛行機を飛ばす相手先がなくなってしまった。全日空でも外国航路は約9割が休止しており、国内でも6割が休止している。

 私が生まれて73年たったが、こうした全世界を巻き込んだ鎖国状態は初めの経験だ。国連のグテーレス事務総長も第二次世界大戦後最大の試練だといっているが、確かに人の移動が途絶え、娯楽が制限され、飛行機や列車に乗る人が加速度的に減少し、特に消費が圧倒的に縮小する現状を見ると、何か時代が変わってしまったようにも感じる。
政治家はコロナに打ち勝った後は経済はV字回復すると盛んにアナウンスメントしているが、そうした期待がだんだんとしぼんでいく可能性のほうが高い。
何しろこの戦いは全世界を巻き込んでほぼ1年以上はかかるはずだから、終わった後の世界はちょうど第二次世界大戦後の世界のようになっているのではなかろうか。

 

 

 

| | コメント (0)

(2.4.5)  人類衰亡史序説  トルコ その1 薄氷を踏む経済情勢

Dscf5436

 トルコ経済は慢性的に経常収支の赤字と財政収支の赤字に陥っているが、それでもどうにか経済を維持できたのは海外からの資金の導入で赤字分をファイナンスできていたからだ。特にリーマンショック後の世界的な資金の量的緩和のおかげで、トルコに十分な資金が集まっていたため2018年までは特に問題は発生しなかった。

トルコに激震が走ったのは2018年7月で急激にトルコリラが1ドル対比7トルコリラまで低下した。それまで4トルコリラ程度だったのだからリラの価格が約半分に落ちてしまった。


 理由はアメリカやEUが量的緩和をやめて資金を引き揚げたからである。トルコは政策金利を25%まで上げ懸命に通貨リラの防衛を図った結果、19年度になってようやくリラの暴落は落ち着いて現在は1ドル6トルコリラ程度になっている。政策金利も10%前後まで落ち着いてきたが、トルコ国債の信認はいまだ得られているとは言えず10~15%の間で推移している。日本の国債利回りがほぼ0%であるのと好対照だ。
また経済も順調とはお世辞にも言えず2012年以降完全な停滞局面に陥っており、一人当たりのGDPもほぼ1万ドルと中国並みの中進国経済を抜け出せない。

 エルドアン大統領(当初は首相)は2003年からの長期政権を維持しているが、2010年には一部軍人によるクーデタが発生し、さらに上記の2018年の通貨ショックを何とか切り抜けてきたが、今度はコロナウイルスによるコロナショックがエルドアン政権を襲っている。

現在感染者数は24000名、死亡者数は501名で日本の感染者数3000名、死亡者数77名に比較すると相当程度状況は厳しく、さらに医療体制が貧弱なため今後死亡者数が激増することが予想される。

 さらに問題を複雑にしているのがシリア情勢で、シリアを後押ししているロシア軍との間でしばしば戦闘が行われ、そのたびにエルドアン大統領とプーチン大統領がさしで協議を行い何とか紛争の拡大を抑えている。 しかし現地のロシア軍とシリアに派遣されたトルコ軍は互いに一歩も引かず一触即発の状態が続いているので、いつ何時戦闘が再開されるかわからない。

 経済情勢は展望が持てず、コロナ対策では緊急事態が続いており、さらにシリア情勢ではロシアとの間でにらみ合いが続いており、何もいいことがないのだが、エルドアン大統領は相変わらず強気だ。
2003年以降すでに18年も政権を維持しており、こうした長期政権はプーチン大統領とそっくりだが、プライドの塊と言っていいところもプーチン大統領にそっくりだ。

 クーデタも通貨危機も何とか乗り越えてきたエルドアン大統領だが、今回のコロナ戦争で果たして勝利できるかどうかはわからない。誇り高きオスマントルコの栄光を再び取り戻そうと努力してきたが、エルドアン大統領にも黄昏が訪れているといえそうだ。

 

| | コメント (0)

(2.4.4)  人類衰亡史序説 世界経済 その1 被害はリーマンショックを上回る

22419_013

 コロナウイルスのパンデミックは収まる気配がなく、現在はアメリカとヨーロッパで猛威を振るっているが、次はアフリカと南アメリカで患者数が爆発的に増加しそうだ。

すでに感染者数は100万人を越え、死亡者数は5万人を越えているが、このパンデミックが収束した時点で集計した数字はおそらく桁数がそれぞれ一桁違っているだろう。現在の段階はまだまだ始まりだったことを悲しみをもって振り返るはずだ。

 コロナウイルス蔓延による経済損失はどう考えてもリーマンショックを上回ることが確実だ。
リーマンショックの時は投資会社のリーマンブラザーズが倒産し、さらに自動車金融でかろうじて生き延びていたGMが倒産するなど、主として金融セクターだけの経済損失だった。

当時はそれ以外の産業、例えば鉄鋼業やまじめな自動車産業や航空機産業といった第二次産業といわれる部分の被害は全くと言っていいほどなく、飛行機も鉄道もバスも普段通りのスケジュールで運行していた。

またスーパーや百貨店も、ディズニーランド等の娯楽産業も入場者は引きも切らず、外国旅行が制限されてもいなかった。

 それに比べて今回のコロナウイルスに伴う非常事態宣言や外出禁止措置によって、すでに世界人口の約半数が自宅以外に移動することが不可能になっている。娯楽施設も飲食店も、飛行機も電車も全部または一部が営業を停止しており、街から人通りが消えている
日本においても非常事態宣言直前で、東京都は学校の閉鎖を5月連休後まで継続するという。
プロ野球もJリーグも大相撲も開催時期を大幅に延期しているがこの延期措置がいつまで続くかわからない。

 世界中が一斉に鎖国状態になり、日本においては江戸時代、ヨーロッパでは中世に逆戻りしている。このような状態でそもそもGDPがどうなるかを考えること自体が無駄だ。このコロナウイルスが世界中に蔓延し、その後ワクチンや治療法が確立されるまで推定すること自体むなしい作業といえる。

たとえて言えば日本史上の応仁の乱の後のような状況になるはずで、京都は荒れ果て、貴族の屋敷跡は草原になり、ただひばりが鳴いているような状況だろう。


たれや知る 都は野辺の夕ひばり 上がるを見ても おつる涙は

 何度も同じことを言うが、21世紀はGDPが停滞か縮小する時代だ。今回のコロナウイルスのような惨禍が10年単位で中国からもたらされるから、GDPが増大し明日は今より豊かになると考える人はいなくなるはずだ。


 

 

 

| | コメント (0)

(2.4.3)  人類衰亡史序説  ブラジル その1 大波乱

23423_015


 ブラジルはここ10年余り大波乱だったといえよう。GDPのピークは2011年でその後は真っ逆さまに落ち込み、2015年にそこを打ったが、その後は長期低迷が続いている。
2003年から16年まで労働党政権だったが、長期政権下ですっかり腐敗してしまい南米最大の石油掘削会社ペテロブラスをめぐる汚職で時の大統領ルセフ氏が弾劾罷免され政治の混乱が続いた。ようやく2019年1月に現大統領ボルソナロ氏が就任して、今までの社会主義路線を自由経済路線に転換してブラジル経済の立て直しを始めたが、運の悪いことにコロナウイルスがブラジルを襲った。

 ボルソナル氏は経済第一主義者だからコロナによって生産が停滞することは我慢がならない。

コロナなどインフルエンザと同じて、国民の7割程度が感染すれば免疫ができるから少しも怖くない。恐れずに生産を継続しよう」と叫んでいたが、市民と直接向き合っている州知事は納得せずそれぞれ独自に感染症対策を実施するので、ボルソナロ氏は立場がなくなった。

人間いつかは死ぬのだから、コロナ如きに大騒ぎするな」とさらに大声で叫んだが、死ぬのは一般市民だから「代わりにあんた(大統領)が生産現場で働いて死ねばいい」とだれも大統領のいうことを聞かない。

 そうこうしているうちに感染者数は8044名、死者が324名(4月3日現在)になって、特にリオデジャネイロ郊外のスラム街で感染爆発の兆候が見られ始めた。

ここにきてボルソナロ大統領もことの重大性に気が付いてきたようだ。

何しろ南米の大国といっても医療体制はヨーロッパに比較するとなきに等しいような現状で、酸素吸入器などどこにあるのというような状態だし、いったんオーバーシュートが始まると収容する場所などどこにもない。

どうせ死ぬのだから死体などほっとけばいい」とはブラジル大統領としては言えないし、そのような措置をとればルセフ元大統領のように弾劾罷免されることは確実だ。

 急に「非常事態宣言」などを出して中国、日本、韓国、ヨーロッパからの入国を禁止したが、今までの言動からは180度の転換であり、さすが南米のトランプといわれるだけあって、変わり身の早さはトランプ大統領にそっくりだ。

ブラジルは南半球にあるからこれから冬を迎えウイルスの感染拡大の時期を迎えるが、すでにおおくの感染者がでており、死者324名は日本の62名をはるかに凌駕しており、本来なら日本以上に真剣に取り組まなければならない状況だ。

 ブラジル経済はもともと資源で持っているのだが、頼みの鉄鉱石価格(輸出の15%)は2011年のピークに比較すると60%程度も値下がりしており、原油価格(輸出の5%)などは比較するのも大変なぐらいの値下がりで、また輸出シェア最大(輸出の20%)の大豆価格も2012年以降長期低迷に陥っている。

経済環境は最悪レベルでしかもコロナウイルスが蔓延したら、ブラジル経済は立つ瀬がなくなる。

感染者の増大とブラジル経済の趨勢は完全に逆相関になっており、再び大波乱が起こる可能性が高くなった。

ボルソナロ大統領にとって正念場を迎えている。

| | コメント (0)

(2.4.2)  人類衰亡史序説 ロシア その2  3大嘘圏 中国、北朝鮮、そしてロシア

 コロナウイルスの感染者や死亡者の発表において3大嘘圏が存在する。3大嘘圏とは中国、北朝鮮、ロシアだ
中国は発生当初から嘘をつきっぱなしだったが、途中でかなり正直な数字を公表し、そして習近平主席が3月10日に武漢市でコロナ終結宣言を出したとたんに、中国国内の新規感染者は皆無になってしまった。
習主席の顔に泥を塗るわけにはいかない」と症状のない感染者はカウントせず、国内の死亡者は急にインフルエンザや肺炎での死亡者に死因が書き換えられている。
香港のメディアがカウントされてない感染者数はおよそ4万5千人だとすっぱ抜いたが、当然中国政府は知らぬ顔の半兵衛だ。

 北朝鮮では金正恩氏が「我が国には感染者が1名もいない」と見栄を切ったため、感染者も死亡者も出すわけにはいかなくなった。
韓国駐留アメリカ軍の司令官が「1か月以上通常の訓練がなされておらず、戦闘機は24日間訓練飛行をしていない」と北朝鮮の実情を公表した。
北朝鮮の軍部はミサイルの発射実験以外は全く沈黙しており、その発射実験を伝えた北朝鮮メディアに掲載された写真は当初、マスクをしない金正恩氏の後ろにマスクで防衛している北朝鮮将官の写真が掲載されていた。
ただの一人も感染者がいないのに、金正恩氏以外は全員マスクか!!!」思わず笑ってしまった。

注)消息筋によると金正恩氏は威厳を示すため、たった一人でマスクなしの写真をとらせ、そのあとに将官が並んだ写真と合成したのだという。

 コロナウイルスの感染者数は独裁者の意向によっていかなる数字にもなるのだが、意外にロシアでも感染者数と死者を過少に操作されていることが明らかになった。これはプーチン大統領が「我が国はコロナ対策が実に効果的に機能している」と自慢したため、正直な数字を出すことができなくなっているようだ。
ドイツのZDFを見ていたら、キャスターが「ロシアでは患者数が少なく死者も少ないがこれを信じている人はいない」といったので思わず耳を疑ったが、ロシアの患者数が過少申告なのはヨーロッパでは常識のようだ。

 注)4月2日現在 ドイツの感染者数77.981人、死者931人に対し、ロシアの感染者数は2.777人、死者24人となっている。

 3月24日にロシア国営テレビはプーチン大統領がモスクワの感染対策病院を訪れ、「我が国のコロナ対策は万全だ」と見栄を切ったのだが、その時、プーチン大統領を案内した病院の責任者プロイセンコ医師がその後コロナに感染していたことが判明した。

プロイセンコ氏とプーチン氏は1時間余り病院内を見て回り、そして固い握手をしていたものだから、大騒ぎになってしまった。
大変だ、大統領が濃厚接触者になってしまった・・・・・・
現在プーチン大統領は毎日コロナ検査を行い、閣議はテレビ会議に変更され実質的に自己隔離を行っている。イギリスのジョンソン首相と同じ状態になってしまった。
モスクワの町は外出禁止令が出され、実質的に封鎖されており違反者は罰金が科せられている。

 ロシアの誇る大病院の院長がコロナに感染し、プーチン大統領が自己隔離をせざる得ないような状況で、患者数も死者も過少だと考えるのはZDFのキャスターだけではないだろう。
簡単に言えば、報告数字は独裁国家では独裁者の意向を反映して数値が書き換えられる。もし独裁者の顔に泥を塗るような報告者が出れば即刻首か銃殺刑にされるのだから当然だ。
こうして現在コロナ患者数と死者数に関して3大嘘圏が形成されている。

 

 

| | コメント (0)

(2.4.1)  人類衰亡史序説 日本 その11 東京厳戒 緊急事態宣言前夜

Dscf5425

 このところ東京都の感染者数は毎日70人前後になっており、感染大爆発の前夜になってきた。小池知事は「カラオケやライブハウス、および接待をともなう深夜の飲食業について外出を控えるように要望」したが、最初接待を伴う深夜の飲食業の意味がよく分からなかった。

接待を伴う深夜の飲食業って・・・えーと、えーと、ああそうか料亭やキャバレーやナイトクラブのことか・・・・
しばらく時間がかかったのは、私がそうした場所にいかなくなって、ほとんど40年近くたっていたからだ。

 東京や大阪といった大都市の感染者は、現在は40歳以下の若者が中心になり、31日の東京の感染者数78人のうち7割がそうした場所の従業員や客が感染者だった。小池知事としては感染の大爆発を抑えるにはそうした場所の出入りをストップさせなければならないとの強い危機感があるようで、安倍総理と会談し、緊急事態宣言の発令を懇願したようだ。
私のような年よりは外出の自粛が叫ばれれば、用がなければ家で静かにするのが普通だが、江戸の昔より歌麿の伝統のある中高年はそうしたことに耐えられないようだ。今や外出自粛の抜け穴が夜の接待文化に移ってきた。

 キャバレーやナイトクラブの環境は確かにコロナウイルスの蔓延にはうってつけの環境といえる。狭い空間にぎっしりと押し込まれ、空調はほとんど効かず、その道の女性に肌を押し付けれれて、鼻の下が伸びた男性はたちまちのうちにコロナの餌食になってしまう。
コロナがなんだ。あれは老人の病気で俺たちはかかっても免疫ができるだけだ」とうそぶいて歌麿をやめないので、小池知事としてはこうした感染者の増加を止めるためには緊急事態宣言によって、キャバレーやナイトクラブの営業を一時ストップさせるより仕方がないと判断しているようだ。

 キャバレーやナイトクラブのことで昔読んだガルブレイスの「豊かな社会」の一章を思い出してしまった。この本は経済学の専門書としてはベストセラーになるほど読まれた本だが、その中に「国防という幻想」という極めて興味深い一章があった。
詳細は忘れたが、イギリス空軍がドイツのハンブルグを空襲して、工場を含む街を焼き払った時のことだが、イギリスとしてはこれでドイツ軍の兵器生産能力が落ちると予測したが、反対に軍事産業の生産力が上がってしまったというパラドックスについて述べた章である。

 理由は戦争中であったがハンブルグの街には多くのバーやキャバレーといった遊興施設があり、戦争とは無関係の多くの男女がこの業界で働いていた。それがイギリス軍の空襲でそうした施設が焼け野原になったため、焼け出された人々が軍需産業で働くようになり、軍需会社の生産力があがって、ナチスドイツの戦争遂行に役立ったという内容だった。
私は思わず笑ってしまったが、この「国防という幻想」という章は第二版で削除されてしまったため(反論が多く出されたのだろう)、今は読むことはできないがとても印象深い内容だった。

 さて現在のコロナ対策はどこの国でもコロナ戦争と位置づけ、その抑え込みに躍起となっている。しかし現実にはバーやキャバレーといった遊興施設が数多くあり、ナチスドイツの例でいえばコロナ戦争を遂行するためにははなはだ無用の業界で、ここに出入りする歌麿がいる限りコロナ戦争に勝利できないということがだんだんと分かってきた。
小池都知事としてはこの戦争に勝利するために、感染防止に協力しない歌麿を一掃しない限り勝利の目がないと判断したようで、おそらく感染者が100名に達した段階で、東京都を封鎖することを考えているようだ。



 

| | コメント (0)

(2.3.31)  人類衰亡史序説 自動車業界 その1 そして車が売れなくなった。

Dscf5445

 私はほぼ10年前に自動車を使用することをやめた。移動はもっぱら自転車で半径10km以内ならば他のどの乗り物より早く到着できる。雨が降ったり大きな荷物を運ぶときは確かに自転車では役不足だが、そうした場合は娘に自動車を出してもらっている。
今では自動車の運転方法もすっかり忘れてしまった。

 20世紀は自動車の時代で、だれもがスピードが出ていかにもスタイルがよく、さらに燃費の良い車を求めてモーターショウに大挙しておしよせていた。21世紀に入っても新たに中国市場で爆発的に自動車が売れたため2017年までは右肩上がりだったが、2018年から販売が前年度を割り込むようになった。理由は世界最大の中国市場で自動車が売れなくなったことだが、これは中国経済がピークアウトした年と一致する。
この低迷は19年も続き、そして20年になるとほとんどパニックと言っていいほどの販売台数の低下に見舞われている。

 もちろん原因はコロナウイルスの蔓延で、当初はサプライチェーンが崩壊したため生産台数が減少していたが、今では需要が世界中で冷え込み、武漢ウイルスの発生源である中国では2月が▲80%、1~2月通算で▲42%となっており、ほとんど売れてないといっていい。
またドイツや日本でも2月の販売台数は▲10%、韓国が▲20%でアメリカだけが+8%だったが、3月に入りアメリカでもコロナウイルスが蔓延しているのでとても増加は見込めない。

 3月の統計はまだ出ていないが惨憺たるものになることは確実で、世界が国境線で区切られ、イタリアやスペインでは厳格な外出禁止令が出され、世界中が自国に閉じこもり、さらに家に閉じこもっている現状で自動車を購入しようにも販売店は閉まっている
アメリカのトランプ大統領やブラジルのボルソナロ大統領はウイルスより生産の低下を危惧し、特にボルソナロ大統領は「コロナはインフルエンザと全く変わりがないのだから、外で働け」とはっぱをかけているが、その呼びかけに応ずる国民はいない。
世界平均の致死率が4%程度でワクチンも治療法もなく、唯一有効な処置は酸素吸入器で肺に酸素を送り込むことだけだから、酸素吸入器がほとんど存在しないブラジルで大統領の指示に従うのは死を意味すると国民は思っている。

 もはや生産どころではなくまた食料品と医薬品以外の不必需品は人々は購入を控えるように言われ、一般の販売店が軒並みしまっているのだから必需品以外は購入することもできない。世界中が家に引きこもって静かにコロナが過ぎ去るのを待っているが、この状況はペストに襲われた中世のヨーロッパにそっくりだ。


 自動車産業はどこも生産量を抑え始めており、今後どこまで需要が減少するか見極めることもできず、トヨタでさえ金融機関に1兆円の借入枠を設定し資金が枯渇した時のラストリゾートにしている。
18年より自動車産業は構造不況に陥っていたが、コロナウイルスの世界的蔓延はそれにとどめをさした。経営基盤の弱い自動車メーカーは統合等で生き残りを図るだろうが、多くの最近できたばかりの電気自動車産業はつぶれていきそうだ。
ひところ中国で電気自動車の開発が喧伝せられ、未来の自動車産業は中国がリードするといったような宣伝がなされていたが、今はむなしく響く。

 自動車産業は世界最大の自動車王国になっていた中国経済が急ストップしたのだから、もはや楽観的な展望を描くことは不可能だ。自動車産業が産業のメインであった時代が今終わりつつある。

| | コメント (0)

(2.3.30)  人類衰亡史序説 日本 その10   公債依存度36%の不思議

Dsc01922

 私が経済学を学んだのは今から50年ほど前であり、当時はサミュエルソンの経済学が一世を風靡していた。彼の書いた経済学という教科書はどこの大学でも採用され、私は夢中でこの分厚い経済学上下(都留重人訳)を読んだものだ。幸いにこの教科書は非常にわかりやすく記載されており1年間も夢中で読めばだれでも近代経済学を理解できた。
だがしかし現在においてはこの近代経済学は凋落し、今やMMT(現代貨幣理論)が経済学の主流になりつつある。

 近代経済学とMMTの最大の相違は財政収入を何に依存するかの相違にある。伝統的な近代経済学においては財政均衡という考え方が主流で、もし何らかの事情で不均衡になり、国債発行(国の借金)で補ったとしても、長期的には税収で返済可能な金額とすべきだとする。

この理論を基礎にEUでは財政規律という規制が導入され、国債発行額がGDPの3%以下か国債残高がGDPの60%のどちらか低いほうとなっている。

一方日本ではこうした縛りがないため、国債発行はほぼ自由にでき最近の国債残高は昨年末で約900兆円、一方GDPは約600兆円だから、GDP対し国債残高比率は150%になっている。

また予算に対する国債依存度日本が36%前後、アメリカが10%、英国が5%、ドイツは2%でこれも圧倒的に日本の比率が高い。


 世界の経済学者にとって驚くべきことは日本が財政規律という面から言えばハチャメチャな国債発行を行っても、国債利回りはほぼ0%に張り付き、アルゼンチンやベネズエラのような10%を越える利回りにならないことだった。
確かにドイツやオランダといった財政規律を厳格に守る国の利回りは現在マイナス金利だが、日本はそうした国とさして変わらない0%水準で、赤字国債の発行が国債利回りを上げないばかりか物価水準もほぼ1%程度で推移している。

この日本経済の現状からみると今までの近代経済学は大きな間違いをしてきたのではなかろうか・・・・・・

そうした反省の下に構築されつつある経済学がMMTである。

 問題はしからばどの程度まで国債発行が許されるのかという問題に移っており、基本的には経常収支が黒字国はその範囲まで赤字国債を発行しても問題ないのではなかろうかというのが第一次接近になっている。
日本の経常黒字は毎年20兆円規模で、一方赤字の新規国債は30兆円規模だから、これだと国債の発行額が約10兆円オーバーしている。
そうなると第二次接近が必要になるが、それは国家の信頼度というかなり抽象的な概念になり、具体的には国債利回りが上昇しなければいいということになっている。

 非常に露骨に言えば、国債を発行しても利回りが0%に張り付いている限り、好きなだけ国債発行ができることになる。あるいはもう少し条件を緩和して利払いが可能な程度の上昇幅ならばその範囲で国債発行は可能だということになる。
現在政府はコロナウイルス対策として60兆円規模の赤字国債発行を計画しているが、この発行によって利回りが若干の上昇にとどまれば、コロナ対策としての資金供給は成功したことになる。

 いまだに新聞紙上では財政規律という言葉が使用されており、プライマリーバランスという言葉で単年度の予算は単年度の税金に見合う額に抑えようとしているが、そうしたことはMMT理論では全く必要ない。そもそもプライマリーバランスにおいては借金は返済するものとの前提に立っているが、実際は借金は返済されない。返済相当額を新たに国債を発行してファイナンスするから、政府が支払うのは利息分だけで、それも昨今は0%だから利息の支払いも必要ない

近代経済学が打ち立てた財政規律という思想は、MMT理論によって日本では実質的に崩壊しており、黒田日銀が無尽蔵に発行された国債を担保に日銀券を供給するという超緩和策が可能となっている。

今回のコロナウイルス対策でもほぼ無尽蔵の赤字国債の発行になりそうだ。しかし世界においては日本国に対する信頼は抜群だから、この難局を乗り切る資金手当てについては心配はなさそうだ。




 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 人類衰亡史 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害