評論 日本の政治 加計学園

(29.6.21) 左翼メディア最後の戦い 加計学園問題で勝利しなければ明日がない!!

22619_009 

 左翼メディア
の最後の戦いが続いている。朝日や毎日やNHKの一部報道部門に存在する左翼人士による必死のキャンペーンといっていい。
今回は加計学園に関する文部科学省の新文書が発見され、内閣府の萩生田官房副長官が「総理は30年までに開学をするように指示している」と文部科学省担当者に述べたとの記載があったとするものだ。

 萩生田氏本人はそうした言動を否定しており、また記載した文部科学省の職員も記憶があいまいだと述べているが、交渉経緯の報告書ではしばしばこうした問題が発生する。
明確でないことを上司に報告するわけにいかないので、それなりに整合性を持たせた報告書にしないと「一体何を言っているんだ」と叱責を受けるので、不明個所をあたかも明確なものと報告するからだ。
私も現役のころ報告書で首尾一貫性がないことをできるだけ避けるようにしたが、簡単に言えば脚色したものだ。

 左翼メディアにとって共謀罪阻止に失敗し、さらに民進党や共産党に情報をリークして安倍首相に対する国会での追及を懸命に後押ししたが後者も不発に終わり左翼メディアの限界を露呈した。かつてのような力強さが左翼メディアにはない。
朝日や毎日やNHKの報道を常に見ている人は加計学園問題が政治の最大のイシューだと思っているが、実際はこうした左翼メディアの影響力は時代を追って弱くなっており、実際は左翼メディアを読んだり見たりしている人は加速度的に少なくなっている。

 私が毎日新聞を定期購読しているのは毎日新聞の主張に賛成しているからではなくむしろ反対なのだが、販売店の主人が定期的にやってきて「の辺りで毎日新聞をとってくれているのはお宅だけで、お宅がいなくなったらどうしようかと思っている」などと述べて目いっぱいの洗剤を置いていくので、とても断り切れないからだ。
おかげで左翼メディアを時系列的に観測できるのだが、今や犬の遠吠えになりつつあり、今回の共謀罪阻止の失敗でわかるようにいくらキャンペーンを張っても影響力は限定的である。

 何度も言うが政治とは武器を持たない戦争だから相手の弱点は徹底的に攻撃しあうのが当然で、左翼メディアの安倍内閣に対する反対キャンペーンがし烈なのは当然のことだ。
だがそれはほとんど最後のあがきのような状態で、加計学園問題でも左翼メディアが勝利するとは思われない。
問題の文書はすべて文部科学省の文書で文部科学省の担当者がそう理解したという文書だが、内閣府の萩生田氏の文書でないから「そうした意図はなかった」と萩生田氏が反論するのも当然だ。
戦争なのだから何が正しいかではなくどうしたら勝てるかが戦略になる。

 いくら左翼メディアが追及を繰り返しても文部科学省の文書であるところが決定的な弱点になっている。そして内閣府では萩生田氏が担当していたとしても安倍首相の言動でないから二重の意味で内閣府の防御は固い。
大阪城のイメージでいえば二重の堀がある間は幕府軍の攻撃に耐えられるといったイメージに近い。
大変興味深い論争だが、左翼メディは力不足によって21世紀まで続いた最後の戦いに敗北すると予測しておく。

 

 
 

 

| | コメント (0)

(29.6.4) 左派と右派の最後の戦い 前川幸村は大阪城を救えるか!!

Dscf7218 

 左派系メディア
が最後の戦いをしている。左派とはマルキシズムという思想を掲げて20世紀を席巻した思想集団だが、21世紀になってほとんどその存在意義を失った。
すでに社会党社民党)が心の故郷としていたソビエトロシアは1990年前後に崩壊し、後に残された左翼国家は赤い資本主義の中国と世界を核兵器で攻撃しようとしている北朝鮮といった何ともグロテスクな集団だけになっている。

 日本では社民党はすでに絶滅危惧種になり、社会党の生き残りを多く吸収した民進党も選挙のたびに議席が漸減している。
自民党は単独過半数に達し、公明党や日本維新の会と合わせると憲法改正に必要な3分の2を優に超え、安倍首相は2020年までに憲法を改正し自衛隊を正式に憲法に明記すると公約した。

 左翼にとっての心のよりどころは海外ではソビエトロシアだったが、国内では憲法第9条である。世界的にまれな軍隊の保持を否定したこの憲法9条は左翼にとっては「平和憲法」となずけられ護憲こそ左翼の最後の支えになっていた。
その憲法9条を安倍首相は改憲すると表明したので、関が原ソビエトロシア)で敗北した左翼陣営に残された大阪城憲法第9条)まで落城の危機を迎えている。

 追い込まれた朝日や毎日やNHK ニュースウォッチ9といった左翼メディアは憲法第9条を守るために最後の戦いを始める決心をした。
全国から浪人集団をかき集め最初は森友学園の籠池氏だったがこの胡散臭い人間では安倍徳川には到底勝てないことが判明し、今度は前川前文部科学省次官を真田幸村として大阪城に招いた。文部科学省の天下り問題が発覚して責任をとって辞めさせられた人である。

 前川氏としては自らの責任で次官を辞任したことにしているが、実際は「俺がなんで辞めなくてはならない。俺が次官になったのは16年6月で天下りはそのほとんどがその前に発生しているではないか」と辞任を拒否したが、政府からの強い圧力があり8000万円の退職金でしぶしぶ辞任した経緯がある。

 前川氏のライフワークは女性の生態調査で、しばしば新宿の出会い系サイトに通っていたが、前川氏によると「貧困女性の実態を調査するために通った」のだという。
実際一週間に3度の割で通い詰めたほど熱を入れて調査していたのだからさぞかし立派なレポートが作成されるはずだったが、残念なことに文才がないのか時間がないのか発表されずに終わっていた。

 世間からは「あれだけ出会い系に通ってもレポート一つ書けない」と小学生並みの作文能力と揶揄されてしまった。
最も自らレポートを作成しなくても読むことはできるから、文部科学省内部で作成されたとする、加計学園が今治市に建設を予定していた獣医学部の新設について「内閣府からの強い意向」がありそれは「内閣府のトップからの意向」だとの文書は読むことはできた。

 前川氏としてはかけなくても読めることはできて日本の英語教育並みの素養はあることを示すために、この文部科学省の内部文書を朝日新聞と民進党にリークした。「見てみろ。俺は文才はないが文部科学省の文書はちゃんと読めるんだぞ」と小学生並みといわれた国語能力を自慢した。

 前川氏本人としては単に自分の国語能力を自慢したいだけだったが、読んだ左派系メディアと民進党は1強の安倍内閣を倒閣する最後の戦いが迫ったと飛び上がって喜んだ。
2020年までに安倍徳川を葬り去らなければ太閤様が作られた憲法第9条が雲散霧消してしまう。ここは国語の能力が小学生並みの前川を真田幸村にして最後の決戦を挑むべきだ

 私が毎日読んでいる毎日新聞は前川関連の記事が一面トップで掲載されており、4日も「加計学園獣医学部」「プロセス乱暴」「二か月で急展開」という前川氏が述べたという記事が踊っている。
前川氏としては数年に及ぶ歌舞伎町調査でもなおレポートを作成できなかったほど慎重な調査をしていたのに、内閣府からの要請で文部科学省がほぼ2か月で認可したことが異様に映ったのだろう。

 最も文部科学省の最高責任者は前川氏本人だったから、この異様に早い決断は前川氏の責任で行ったものだが、若手官僚が「内閣府の意向」という文書をやすやと2か月で作成してしまったことへの嫉妬がありありと見える。

 果たして左派系メディアの前川真田幸村作戦は成功するだろうか。前川氏としては出会い系サイトの貧困女性問題だけがライフワークでそのレポートを作成できなかったことだけが悔やまれていた。だから自身の国語能力は「書けなくても読むことはまだできる」ことを示したかっただけだが、とんだ左派と右派の戦いの最前列に押し出されてしまった。
国会喚問では「貧困女性の実態の詳細を証言する」と息巻いているが一方政府はそうした馬鹿げたことで国会の時間を浪費することを拒絶している。

| | コメント (0)

(29.6.1) ネガティブキャンペーンの時代 安倍内閣の倒閣のためならえんやこら

Dscf7223 

 「政治とは武器を持たない戦争」だから最近の与党と野党の攻防はまさにそうした様相を呈している。日本ではいわゆるネガティブキャンペーンは品がないこととして日本を代表する新聞や放送メディアは控えてきたが、アメリカの大統領選挙を見てすっかりそうした気持ちが失せてきたようだ。
加計学園をめぐる左派系メディアと右派系メディアの報道合戦はまさにそうしたものだ。

 朝日や毎日といった左派系メディアは安倍内閣の倒閣のためには何でもあれで、最近は安倍首相が加計学園の監事をして年14万円を得ていたことを最大の攻め口にしている。
安倍首相が監事であったのは2000年ごろまでですでに17年前の話であり、加計学園の獣医学部を新設させるために努力した鳩山内閣が存在した2009年のはるか前のことだ。

いやいやこれは重大事件ですな。首相は17年前の14万円の恩義で、今治市から時価36億円の土地とさらに建設資金の一部64億円を供出させたんですから。なんせ14万円は大金ですから・・・・・」といったキャンペーンを大々的に張っている。
17年前の14万円ではあの貧しい山崎所長でも動きそうもないが、朝日や毎日は「絶対あの顧問料のせいだ」と主張する。
あまりのばかばかしい報道だが、これがネガティブキャンペーンだ。

 さすがに政府も負けてはおらず、右派系メディアの読売を通じて、「総理の意向があった」と主張している文部科学省前次官前川氏のネガティブキャンペーンを始めた。
「前川氏は出会い系バーに頻繁に通うクリントン男で、女性の下半身にしか興味を持っていないゲス男」というものでかなりお下劣な報道だ。
前川氏は「貧しい貧困女性の調査のために通っていたのでもっぱら上半身にしか興味がなかった」と反論したが、店の店長は「頻繁に女の子を外に誘い出しては金を握らせていたが、何を調査していたのでしょうか」と前川氏の調査内容を不審がっている。
 
 政治は武器を持たない戦争だから、互いに相手の弱点と思われることはすべて針小棒大に報道し相手を引きずる落とそうとするのは常識で、トランプ氏とクリントン氏の暴露合戦で日本人も十分になじんできた。
今最大の政治的イシューは前川氏を証人喚問するか否かだが、与党は全く応じる気はない。
民進党は「真実隠し」だと追及しているが、一方与党は「下半身男の証言など聞く耳を持たない」とはねつけている。

  朝日も毎日もそしてどうしたわけかNHKニュースウォッチ9の有馬キャスターも「真実を究明せよ」と叫んでいるが、この場合の真実とは左派系真実であって右派系真実ではないから前川氏の証人喚問に与党が応じないのは当然だ。
もともと加計学園問題は嫌がる文部科学省に獣医学部の新設を認めさせるため内閣府が動いた案件だが、特区を設けて従来からの岩盤勢力を突き崩すのが安倍政権の基本スタンスだから、獣医学部新設を後押ししたのは当然のことだ。

 文部科学省は天下りがない許認可は絶対に認めない方針で鳩山内閣の時もそうした対応をしたが、今回のように内閣府の意向で認可したのでは天下りもできない。
高級官僚がなぜまじめに仕事をするかといえば、最後は天下りによって官僚時代の数倍の給与と退職金が得られるからじゃないか。天下りができない官僚なんてカツの乗ってないカツどんのようなものだ

 文部科学省のOBのあっせんによる天下り問題が次々に暴露され前川氏がその責任をとって次官を止めさせられたのだが、この報復に前川氏が「内閣府の意向」という文部科学省内部の文書を朝日にリークした。
文部科学省がかわいそうだ」というのが前川氏の名セリフで、「出会い系サイトの女性がかわいそうだ」と調和して歴史的名言になっている。

 かつては主要メディアは中立を装ってきたが、ことがひっ迫してくるとそうした第三者的立場がとれなくなって本心を赤裸々にする。
朝日、毎日、そしてNHKのニュースウォッチ9といった左派系メディアは倒閣を目指し、一方読売、産経といった右派系メディアは安倍内閣擁護に立ち上がった。
これをネガティブキャンペーンの時代という。



 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害