評論 日本の政治 天皇制

(29.1.25) 皇室典範の改正ではなく特別立法で 日本は特別立法の国!!

22425_038 

 陛下のご退位問題に関して有識者会議が論点整理を公表したが、退任の手続きに関して恒久的制度改正か、陛下に限っての一代限りの退任かについて両論併記をした内容だった。
しかし詳細を読めばこの論点整理が陛下に限った一代限りの手続きにすることを支持していることはわかる。

 日本では恒久法令を作ることがことのほか難しい実態があり、ほとんどの場合が臨時法令の性格を持つ。
たとえば日本の古代法令は養老律令によって確立されたが、この法令はその後変更されることはなく、明治時期まで特別立法を制定することで現実に対応してきた。

 律令体制では特に令外官という官職が多数新設されそれで時の政治に合わせたが、関白摂政も京都警察にあたる検非違使もすべて令外官である。 
現在でも基本法を変更することは極度に嫌がられ日本国憲法の改正論議が遅々として進まない現状がある。
すでに日本国憲法下で自衛隊という令外官憲法の外の官職)が存在しているが、日本人は性格として基本法を改正するより臨時立法を制定して対応することを好む。

 おそらく原因は基本法の変更になると議論が百出して国論を二分することになるのでそうした混乱を避けたいという気持ちが強いためではなかろうかと思う。
陛下の退任問題にしても皇室典範を変更することになると、女性天皇の皇位継承問題に触れなくてはならなくなり、いつまでたっても結論が出ないからそれでは今上天皇のご意思を尊重することにならない。

 陛下は公的行為として戦没者の慰霊を繰り返し実施されており、日本国内だけでなく海外で散った日本将兵の慰霊に対し深い哀悼の意を表されてきた。これは憲法に定められた国事行為ではないが天皇の深いご意思の表れであることは国民として心に刻まれている。
すでに陛下は83歳の高齢になられ体力的にもこうした公務を遂行することは不可能になられつつある。
比べるのも申し訳ないが、私は70歳だがすでに足腰に支障があり、また目や耳も聞こえなくなりつつあり、外出することもはばかられている。
70歳の私でさえ体力の限界を感じているのに今上天皇はいつまでも公務を遂行が可能とは思われない。

 今陛下のご意思を尊重して退位していただくためにはできるだけ速やかな法的対応が必要で、これを皇室典範の改正で行えばいつまでたっても結論が出なくなってしまう。
民進党や共産党は安倍政権の足を引っ張るだけの目的で皇室典範の改正を主張しているが、陛下の退位問題を政争に使うのは好ましくない。
有識者会議が特別立法で今上天皇に限った法令の制定を提案するのは当然なのだ。
日本では常に特別立法によって対応してきた長い伝統があり、今回もそれに習うということだろう。

| | コメント (0)

(28.8.11) 天皇のお言葉を受け止めよう  生前退位について

22425_038 

 8月8日の天皇のお言葉を聞いて思わず涙が流れた。
次第に身体が衰え全身全霊をもって務めを果たしても勤めが難しくなる」と述べられたが、これは本当のことだと思う。
陛下は82歳になられ、過去に2回の手術を受けられており必ずしも健康とは言えない。
それにもかかわらず公務を全身全霊をもって実行されておられ、さらにフィリピンやサイパンで散っていった元日本将兵の慰霊の旅を続けられ、また頻繁に東日本大震災の被災地等に足を運ばれておられた。
これでは82歳のお体が耐えることは難しい。

注)陛下の慰霊の旅については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/pppp-5.html

 私などまだ70歳だがすでに体のあちこちにガタが来ており、いまは1kmも歩くのが苦痛だし、耳はほとんど聞こえず、目はしょぼしょぼして長時間の読書などまったく不可能になっている。
高齢になれば致し方がない身体の衰えだが、幸いに私のようなサラリーマンには定年があり、60歳で定年退職になったし、一方スポーツマンは体力的に十分なパフォーマンスを維持できなくなればその段階で引退している。
芸術家は相対的に引退時期は遅いが、それでも小説家などは小説を書く体力がなくなったら軽いエッセイぐらいしか書かなくなり、実質的に引退する。

 そうした中で「一人天皇だけは引退はだめで死ぬまで国事行為をこなさなければならない」などというのはあまりに無謀で無理な考え方だ。
陛下がこのたび生前退位を示唆した発言をされたが、幸い皇太子は56歳になられており、通常の感覚では十分すぎるほどの年齢になられている。
ここはどう考えても皇太子に譲位されるのが妥当だと思わざる得ない。

 陛下はさらにモガリについて述べられておられたが、昭和天皇が崩御されたあと日本は約1年間にわたって喪に服した。
その間は祭りや宴会やそのた派手な行事は一切実施されなかった。そのため飲食業や旅行業等にマイナスのインパクトを与えたのは事実だ。

 安倍総理は天皇のお言葉を深く受け止め、皇室典範等の変更を検討し始めることにしたが、国民の総意も「天皇にこれ以上のご負担をかけるのは忍びない」というところに落ち着いている。
十分すぎるくらい天皇の象徴としてのお勤めをなされてきたのだから、心静かな引退の期間があってしかるべきだと国民の一人として思っている。

 
 

| | コメント (1)

(28.1.29) 天皇・皇后両陛下の慰霊の旅 なぜフィリピンは激戦地になったのか!!

2414_031

 天皇・皇后両陛下
フィリピンを公式訪問し、旧日本軍将兵の慰霊の旅に出られておられる。
太平洋戦争においてフィリピンほど日本兵が無残に戦死した場所はない。1944年10月といえばもう終戦間際で日本軍に は実質戦う余力がなくなっていたが、アメリカ軍は10万の大軍でレイテ島に上陸作戦を開始した。
当時レイテ島に は鈴木宗作中将指揮下に約2万の守備隊がいたが、装備においても兵力においても全くアメリカ軍に歯が立たず、約2か月の戦闘ののちほぼ壊滅状態になった。

 慌てた大本営は急遽約6万の増援部隊を派遣したが、当時制海権も制空権も米軍に奪われていた状態での増援だったため、多くはアメリカ潜水艦の餌食になり、輸送船はレイテ島に到着することなく海底に沈められてしまった。
このレイテ島を巡る戦いでの日本兵の戦死率は約94%程度で、これほど高い死亡率は戦史にも例がないほどの惨状になっている。

 大岡正平氏はその中で生き残ったわずかな兵隊だが、「レイテ戦記」や「野火」という小説でこのフィリピンでの戦いを詳述している。大岡氏としては生き残ったものの使命としてこの無謀な戦争の記録を残しておきたかったのだと思う。
野火という小説はとり残された敗残兵が互いに人肉を食べることによってやっと生きながらえているさまを記述しているが、食料が全く途絶えた状況下でこの時の兵士がどのようにして生きていたかの悲しいまでの報告だ。

注)野火という小説の詳細な内容は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-432f.html

 この時期もう日本軍に は兵士そのものが足らなくなっており、そのため多くの学徒出陣兵がこのフィリピン戦線に投入された。
学徒出陣とはそれまで徴兵が免除されていた大学生のうち、文科系学生を兵士として徴用したもので約13万人が出陣している。
明治神宮外苑で行われた出陣式は勇壮ではあったが実際はほとんど訓練もされないままに戦場に送りこまれ次々と戦死している。
その多くが戦うというよりも輸送船に乗ったまま撃沈されたり、あるいは一方的な戦力の差があるアメリカ軍に単なる鴨うちの鴨のような標的として打ち殺されたからだ。

 私は数年前に長野県の別所温泉にある無名館という美術館を訪問したことがあるが、ここには美大出身の学生で学徒出陣しそのまま帰らぬ人となった多くの大学生の遺作が展示されていた。
おそらく生きていれば日本の画壇に相応の足跡を残したであろう東京芸大等の画学生の絵の、その下に小さく書かれてあった経歴を読んで私は愕然とした。
死亡した時期とその場所が1944年10月以降で、そしてほとんどがフィリピン戦線での死亡になっていたからだ。

 日本軍はフィリピン戦線で約52万人の戦死者をだしたが、これは中国戦線全体の戦死者よりも多い。負け戦になるとそこに投入される兵士はただ標的になって殺されるだけになる。
日本海軍は1942年6月ミッドウェイ海戦の敗北以来敗北をかさね、陸軍は同じく1942年8月のガダルカナルでの敗戦後こちらも立ち直ることができなかった。
日本軍は開戦後1年もたたないうちにほぼ敗北が決まってしまい、あとの3年間は単にいつ敗戦を受諾するかだけになっていた。
レイテ戦が行われた1944年になるとただ標的になるだけの存在に過ぎなく、ほとんどかなしいほどの惨状で散華した兵士の苦悩がしのばれる。

 天皇・皇后両陛下沖縄、長崎、広島、サイパン、パラオと慰霊の旅を続けられておられるが、このフィリピンは旧日本軍の将兵52万の慰霊と同時に戦場となったフィリピン人の戦死者約100万人の慰霊に対し献花され黙とうされた。

私は両陛下がこうした慰霊の旅を続けられているのを見るたびに感動して涙がとめどもなくながれる。

 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 | NHK クローズアップ現代 | NHK コズミックフロント | NHK BS世界のドキュメンタリー | NHK ミクロの大冒険 | NHK NHK特集 | NHK NHK特集 ヒューマン | NHK NHK特集 病の起源 | NHK ためしてガッテン | NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 | NHK ためしてガッテン 認知症関連 | NHK ハイビジョン特集 | NHK プロジェクトWISDOM | NHK ワールド・ウェーブ | システム facebook | システム Twitter | システム You-Tube | システム ウィニー | システム グリーティングカード | システム サイバー戦争 | システム スマートフォン・タブレット KDP | システム スマートフォン・タブレット・テレビ | システム ネット社会 | システム ブログ ココログ | シナリオ ぼくが生きた時 | シナリオ ハバロフスク | シナリオ 友よ風に向かって走れ | シナリオ 忠助 | シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 | スポーツ サッカー | スポーツ リオオリンピック | スポーツ ロンドンオリンピック | スポーツ 大相撲 | スポーツ 東京オリンピック | スポーツ 野球 | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 | ボランティア おゆみ野クリーンクラブ | ボランティア 地域活動 円卓会議 | ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 | マラソン | マラソン ちはら台走友会  | マラソン ちはら台走友会 登山 | マラソン ウルトラマラソン | マラソン ハーフマラソン開催 | マラソン 四季の道駅伝 | リメイク版 夏休みシリーズ 23年 | リメイク版 夏休みシリーズ 24年 | リメイク版 夏休みシリーズ 25年 | リメイク版 夏休みシリーズ 26年 | リメイク版 夏休みシリーズ 27年 | 事件 中学生誘拐事件 | 個人生活 ヨガ | 個人生活 同窓会 | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家族 | 個人生活 山崎書店 | 個人生活 散策 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学入門 | 個人生活 日本人論 | 個人生活 映画 | 個人生活 映画鑑賞 | 個人生活 樹木剪定問題 | 個人生活 歩く会 | 個人生活 水泳 | 個人生活 演歌 | 個人生活 登山 | 個人生活 私の人生観 | 個人生活 自転車 | 個人生活 陸ガメ | 健康 | 健康 坐骨神経痛 | 健康 眼病 | 健康 精神性胃炎 | 健康 老化対策 | 健康 難聴 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 ネパール | 旅行 ロドリゴとイェティ | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 北アルプス縦断 | 旅行 自転車周遊記 | 旅行 蝦夷地周遊記 | 歴史 ローマ史 | 歴史 世界史 | 歴史 中国史 | 歴史 日本史 | 歴史 郷土史 | 災害 東日本大震災 | 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ | 災害 東日本大震災 地震保険 | 災害 東日本大震災 心に与える影響 | 災害 東日本大震災 政治 | 災害 東日本大震災 東電の経営問題 | 災害 東日本大震災 汚染水問題 | 災害 東日本大震災 経済 | 災害 熊本大地震 | 評論 世界 国連 | 評論 世界 地球温暖化 | 評論 世界 文明論 | 評論 世界 水資源問題 | 評論 世界 科学 | 評論 世界 自然保護 | 評論 世界政治 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 アフリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 | 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル | 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 | 評論 世界経済 イギリス経済 | 評論 世界経済 イタリア経済 | 評論 世界経済 インドネシア経済 | 評論 世界経済 インド経済 | 評論 世界経済 ウクライナ経済 | 評論 世界経済 オーストラリア経済 | 評論 世界経済 カナダ経済 | 評論 世界経済 カンボジア経済 | 評論 世界経済 ギリシャ経済 | 評論 世界経済 サウジアラビア経済 | 評論 世界経済 シンガポール経済 | 評論 世界経済 スペイン経済 | 評論 世界経済 タイの政治・経済 | 評論 世界経済 トランプ現象 | 評論 世界経済 トルコ経済 | 評論 世界経済 ドイツ経済 | 評論 世界経済 ネパール経済 | 評論 世界経済 バングラディシュ経済 | 評論 世界経済 フィリピン経済 | 評論 世界経済 フランス経済 | 評論 世界経済 ブラジル経済 | 評論 世界経済 ベトナム経済 | 評論 世界経済 ポルトガル経済 | 評論 世界経済 ミャンマー経済 | 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン | 評論 世界経済 中国経済 | 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 | 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 | 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 | 評論 世界経済 台湾経済 | 評論 世界経済 外国為替・金 | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 | 評論 世界経済 経済成長 | 評論 世界経済 金融問題 | 評論 世界経済 韓国経済 | 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 | 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 | 評論 世界経済 食糧問題 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト | 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア | 評論 日本の政治  八ツ場ダム | 評論 日本の政治 ノーベル賞 | 評論 日本の政治 人口問題 | 評論 日本の政治 公共事業 | 評論 日本の政治 内部告発者保護法 | 評論 日本の政治 医療行政 | 評論 日本の政治 危機管理 | 評論 日本の政治 原子力行政 | 評論 日本の政治 地方政治 | 評論 日本の政治 地方政治 大阪 | 評論 日本の政治 地方政治 東京 | 評論 日本の政治 大学入試改革 | 評論 日本の政治 天皇制 | 評論 日本の政治 学校問題・子育て | 評論 日本の政治 安倍内閣 | 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 | 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 | 評論 日本の政治 官僚機構 | 評論 日本の政治 小池都知事 | 評論 日本の政治 小沢裁判 | 評論 日本の政治 年金制度 | 評論 日本の政治 教育問題 | 評論 日本の政治 新聞報道 | 評論 日本の政治 普天間基地 | 評論 日本の政治 東京オリンピック | 評論 日本の政治 生活保護政策 | 評論 日本の政治 石原都知事 | 評論 日本の政治 確定申告 | 評論 日本の政治 航空行政 | 評論 日本の政治 菅内閣 | 評論 日本の政治 著作権法 | 評論 日本の政治 観光行政 | 評論 日本の政治 警察機構 | 評論 日本の政治 農業政策 | 評論 日本の政治 選挙制度 | 評論 日本の政治 野田内閣 | 評論 日本の政治 陸山会事件 | 評論 日本の政治 領土問題 | 評論 日本の政治 食糧問題 | 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の政治・経済 将来像 | 評論 日本の政治・経済 歴史 | 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 | 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 | 評論 日本の経済 JRの経営 | 評論 日本の経済 アクリフーズ | 評論 日本の経済 イオン | 評論 日本の経済 エルピーダメモリ | 評論 日本の経済 オリンパス | 評論 日本の経済 シャープの経営問題 | 評論 日本の経済 ソニー | 評論 日本の経済 ソフトバンク | 評論 日本の経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の経済 マクドナルド | 評論 日本の経済 不動産価格 | 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 | 評論 日本の経済 外食産業 | 評論 日本の経済 宇宙ビジネス | 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 | 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 | 評論 日本の経済 家電業界 | 評論 日本の経済 就職問題 | 評論 日本の経済 日本再生 | 評論 日本の経済 日立製作所 | 評論 日本の経済 旭化成建材 | 評論 日本の経済 東芝 | 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 | 評論 日本の経済 為替相場 | 評論 日本の経済 石油元売り | 評論 日本の経済 経済成長 | 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 | 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 | 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 | 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 | 評論 日本の経済 自動車産業 | 評論 日本の経済 航空機産業 | 評論 日本の経済 証券市場 | 評論 日本の経済 詐欺 | 評論 日本の経済 財政金融政策 | 評論 日本の経済 野村証券 | 評論 日本の経済 金融機関 | 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害