スポーツ リオオリンピック

(28.9.20) 実にパラリンピックは興味深かった。 人間の強さの証明

Cimg5923 

 いやはや驚いた。リオで開催されていたパラリンピックのことである。
従来私はパラリンピックには全く興味がなく、オリンピックが済めばもうおしまいという雰囲気だったのが、今回は全く違っていた。
実にまじめにNHKのパラリンピック放送を見続けたのだ。

 見続けた最大の理由はパラリンピックの競技レベルが格段に上がり、特に陸上や水泳については健常者のそれとさして変わらないようなレベルになってきたからだ。
本当にこれが障害者の記録だろうか・・・・」信じられないような思いだが、おおざっぱにいって一昔前のオリンピックとさして変わらないレベルになっていた。

 障害の程度によってクラス分けされており、私にはそのクラス分けのレベルがわかりずらかったが、知的障害などは運動能力に何の支障もないのでほとんど健常者のレースを見ているような感じがした。
かみさんが「どこに障害があるの」と私に聞いたが私も同様の思いだ。
機能障害の場合も手や足の一部が欠損しているのだが、足についてはカーボン製の義足で100mをやすやすと走り切っていたし、走り幅跳びや走高跳などは実に豪快なジャンプをしている。

 「いやはやこれは驚き以上だ。障害者といってもこれほどのパフォーマンスを示すことができるんだ・・・」感心してしまった。
私の住んでいるおゆみ野の四季の道でも最近カーボン製の義足をつけてジョギングをしている人を見かける。
しばらく前だったら奇異の目で見られていたが、パラリンピックのおかげで全く違和感がなくなった。

 オリンピックでは人間の能力の最高レベルを確認できるが、パラリンピックではたとえ機能障害があってもここまでそれをカバーできるという人間の強さを証明してくれる。
観客席にも多くの観衆がいてオリンピックとほとんど変わらないような応援をしていた。
私など最近は聴力が極度に衰えてまともな会話ができなくなっているし、目は油断すると失明しそうで障害者認定を申請してもよいくらいだから、パラリンピックを見て強く心を動かされたのだろう。

 それにしてもパラリンピックのレベルは向上した。日本はついに金メダルに届かなかったが、次回の東京大会ではパラリンピックの強化について真剣に取り組まなければとても金メダルはとれそうにない。
パラリンピックとオリンピックの差はかつてはサッカーのJ1と中学生レベルのサッカーの差だったが、現在は高校サッカー程度まで向上した。
人間の能力はどこまで維持できるのだろうか。とても興味が持てる。

| | コメント (0)

(28.8.23) 実に楽しめたオリンピックが終わった。日本選手の活躍にびっくりだ!!

Dscf57561 

  ずいぶん楽しませてくれたオリンピックが終わった。私は昔からのスポーツ好きだからこの間はテレビにくぎ付けになる。しかも完全退職者だからいつまで見ててもいいのだが、さすがに日本選手が活躍しない種目は見る気がしない。
今回は日本選手の活躍が目覚ましく私は手に汗握ってテレビを見つめていた。

 当初は体操内村選手が鉄棒から落下したり、柔道はいつまでたっても銅メダルばかりだったので、「これは今回目標の金メダル14個はとても無理でせいぜい7個程度か・・・・」と悲嘆に暮れていたが、女子レスリングが快調に4個の金メダルを量産してくれたので最終的には12個の金メダルになった。
銀・銅を含めたすべてのメダル数は41個でこれは過去最高だという。
よかった、どうにか目標圏内に入った……すべて女子レスラーのおかげだ・・・」満足した。

 今回私がもっとも興奮してみていたのは卓球で、いつもならこうした地味なスポーツを見ることは少ないのだが、女子の福原愛選手や石川佳純選手や男子の水谷隼選手が大活躍していたので熱烈応援をしてしまった。
もともと卓球は中国が抜きんでて強くそのあとを日本とドイツがほぼ同一水準で追っている構図だが、今回の試合を見ていて中国との差がもう一歩まで縮まってきたのを感じた。
よっしゃ、これなら東京オリンピックでは中国を打倒できるかもしれない…・」期待が持てる。
最終的には男子団体で2位、女子団体で3位、個人では水谷選手が銅メダルを獲得したが、内容的にはそれ以上のものがあった。

 特に福原愛選手が勝って喜びに泣き負けて悔し涙で泣いていたのが印象的で、福原選手が泣くと私も一緒になって泣いてしまった。
この人は本当に懸命に努力している。持てる力の100%以上を出してがんばっている。がんばれあいちゃん、頑張るんだ!!」年を忘れて大興奮してしまった。

 オリンピックでは100%程度の努力ではメダルが取れない。それは相手選手も100%超える力を出しているからで、このときは鬼神に化身して人間を超える必要がある。
かつてマラソンの有森裕子選手は「自分をほめてあげたい」ほどの力走をしてメダルを獲得したが、走っているときの自分は自分であって自分でない存在だったはずだ。

 オリンピックでは0.01秒を競うが0.01秒は水泳ならば1㎝、陸上ならば10cm程度の距離だ。この0.01秒の相違で順位が決まるが、その差はほとんど精神力で決まる。だから勝とうとする意欲が強いものが最終的にメダリストになるのだ。
あいちゃんのように鬼神にならなければ決してメダリストになれない。    

 それにしても今回のオリンピックで私が最も驚いたのは男子400mリレーが銀メダルに輝いたことだ。これはほとんど考えられない快挙だ。柔道や体操や水泳ならば金メダルを取っても驚かないが、陸上400mリレーには心底驚いた。ここはかつても今も黒人ランナーの独壇場で白人系や黄色系のランナーが短距離で決勝に進出することはほとんどない。
実際今回もリレーランナーは誰一人として100m決勝に残らなかったが、バトンタッチの技術が世界最高だったためジャマイカのボルト選手さえ驚愕するような走りだった。
第4走者のボルト選手が走りながら並走する日本のケンブリッジ選手の横顔を見て「なんなんだ、こいつは!!」という顔をしていたのが実に印象的だった。
日本人は体力に劣っても技術力でカバーする典型例がこの400mリレーだったが、日本の将来を暗示させる好適例だと言っていいだろう。

 何しろこんなに楽しませてくれたのだからオリンピックはいいものだと心から思う。


 

 

 

 

| | コメント (0)

(28.8.9) 日本、リオオリンピック不調 体操と柔道がはらはらドキドキだ!!

Cimg73542 

  いやはやひどいことになってきた。リオオリンピックのことである。
当初の目論見では金メダル14個は堅いといわれていたので私などは舞い上がってしまっていた。
そうか、金14個か。女子レスリングで4、体操で3、柔道で3、競泳で3、その他で1個だ。これは絶対に大丈夫だろう

 しかしオリンピックが開催され徐々に結果が判明してくると、予想に反し体操と柔道がさっぱりなのが分かってきた。
体操などは断トツの総合優勝のはずが、予選を4位でかろうじて通過するありさまでエースの内村選手などが鉄棒で落下してさっぱり気勢が上がらない。
これじゃ銅メダルも危ないじゃないか・・・・・・
私などはすっかりしょげて体操競技を見る勇気がなくなった。
また内村の落下など見たら、心臓まひになってしまう・・・・・・・

 柔道は銅メダルはとるが金メダルは「全くお呼びでない」という状況になっている。
なぜだ、なぜ日本柔道は銅メダルばかりなんだ・・・・・・
柔道競技を見る意欲もすっかり失せてしまい、いまは 萩野選手が大活躍している競泳しか見たくない気持ちだ。
だがなぜ日本選手はこれほど本番に弱いのかと、体操と柔道を見ていてしみじみそう思ってしまった。

 かつて日本の選手はメンタル面で弱く本番になると本来の力の半分も出せないといわれていたが、最近では萩野選手や瀬戸選手のような一流選手になればまったく精神面の弱さなど感じられない。
テニスの錦織選手など実に強靭な精神力をしている。
だから日本選手が特に精神面で弱いと思っていなかったが、今回は再びメンタル面の弱点を痛感させられている。
これでは東京オリンピックも散々な結果になりそうだ。

 いま私は競泳以外の競技を見る勇気はとてもないが、このままいくと日本の金メダル数はとても14個などというわけにはいかず、半分の7個が取れれば御の字ということになりそうだ。
なんとか挽回してもらいたいがなにか手立てはあるのだろうか。

追記)悩んでいたら柔道の大野選手が金メダルをとってくれた。さらに体操の団体総合も優勝した。いや実に素晴らしい。悩んでいた方が間違いだったのだろうか・・・・・

 


 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 | NHK クローズアップ現代 | NHK コズミックフロント | NHK BS世界のドキュメンタリー | NHK ミクロの大冒険 | NHK NHK特集 | NHK NHK特集 ヒューマン | NHK NHK特集 病の起源 | NHK ためしてガッテン | NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 | NHK ためしてガッテン 認知症関連 | NHK ハイビジョン特集 | NHK プロジェクトWISDOM | NHK ワールド・ウェーブ | システム facebook | システム Twitter | システム You-Tube | システム ウィニー | システム グリーティングカード | システム サイバー戦争 | システム スマートフォン・タブレット KDP | システム スマートフォン・タブレット・テレビ | システム ネット社会 | システム ブログ ココログ | シナリオ ぼくが生きた時 | シナリオ 友よ風に向かって走れ | シナリオ 忠助 | スポーツ サッカー | スポーツ リオオリンピック | スポーツ ロンドンオリンピック | スポーツ 大相撲 | スポーツ 東京オリンピック | スポーツ 野球 | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 | ボランティア おゆみ野クリーンクラブ | ボランティア 地域活動 円卓会議 | ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 | マラソン | マラソン ちはら台走友会  | マラソン ちはら台走友会 登山 | マラソン ウルトラマラソン | マラソン ハーフマラソン開催 | マラソン 四季の道駅伝 | リメイク版 夏休みシリーズ 23年 | リメイク版 夏休みシリーズ 24年 | リメイク版 夏休みシリーズ 25年 | リメイク版 夏休みシリーズ 26年 | リメイク版 夏休みシリーズ 27年 | 事件 中学生誘拐事件 | 個人生活 ヨガ | 個人生活 同窓会 | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家族 | 個人生活 山崎書店 | 個人生活 散策 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学入門 | 個人生活 日本人論 | 個人生活 映画 | 個人生活 映画鑑賞 | 個人生活 樹木剪定問題 | 個人生活 歩く会 | 個人生活 水泳 | 個人生活 演歌 | 個人生活 登山 | 個人生活 私の人生観 | 個人生活 自転車 | 個人生活 陸ガメ | 健康 | 健康 坐骨神経痛 | 健康 眼病 | 健康 精神性胃炎 | 健康 老化対策 | 健康 難聴 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 ネパール | 旅行 ロドリゴとイェティ | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 北アルプス縦断 | 旅行 自転車周遊記 | 旅行 蝦夷地周遊記 | 歴史 ローマ史 | 歴史 世界史 | 歴史 中国史 | 歴史 日本史 | 歴史 郷土史 | 災害 東日本大震災 | 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ | 災害 東日本大震災 地震保険 | 災害 東日本大震災 心に与える影響 | 災害 東日本大震災 政治 | 災害 東日本大震災 東電の経営問題 | 災害 東日本大震災 汚染水問題 | 災害 東日本大震災 経済 | 災害 熊本大地震 | 評論 世界 国連 | 評論 世界 地球温暖化 | 評論 世界 水資源問題 | 評論 世界 科学 | 評論 世界 自然保護 | 評論 世界政治 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 アフリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 | 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル | 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 | 評論 世界経済 イギリス経済 | 評論 世界経済 イタリア経済 | 評論 世界経済 インドネシア経済 | 評論 世界経済 インド経済 | 評論 世界経済 ウクライナ経済 | 評論 世界経済 オーストラリア経済 | 評論 世界経済 カナダ経済 | 評論 世界経済 カンボジア経済 | 評論 世界経済 ギリシャ経済 | 評論 世界経済 サウジアラビア経済 | 評論 世界経済 シンガポール経済 | 評論 世界経済 スペイン経済 | 評論 世界経済 タイの政治・経済 | 評論 世界経済 トルコ経済 | 評論 世界経済 ドイツ経済 | 評論 世界経済 ネパール経済 | 評論 世界経済 バングラディシュ経済 | 評論 世界経済 フィリピン経済 | 評論 世界経済 フランス経済 | 評論 世界経済 ブラジル経済 | 評論 世界経済 ベトナム経済 | 評論 世界経済 ポルトガル経済 | 評論 世界経済 ミャンマー経済 | 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン | 評論 世界経済 中国経済 | 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 | 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 | 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 | 評論 世界経済 台湾経済 | 評論 世界経済 外国為替・金 | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 | 評論 世界経済 経済成長 | 評論 世界経済 金融問題 | 評論 世界経済 韓国経済 | 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 | 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 | 評論 世界経済 食糧問題 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト | 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア | 評論 日本の政治  八ツ場ダム | 評論 日本の政治 ノーベル賞 | 評論 日本の政治 人口問題 | 評論 日本の政治 公共事業 | 評論 日本の政治 内部告発者保護法 | 評論 日本の政治 医療行政 | 評論 日本の政治 危機管理 | 評論 日本の政治 原子力行政 | 評論 日本の政治 地方政治 | 評論 日本の政治 地方政治 大阪 | 評論 日本の政治 地方政治 東京 | 評論 日本の政治 大学入試改革 | 評論 日本の政治 天皇制 | 評論 日本の政治 学校問題・子育て | 評論 日本の政治 安倍内閣 | 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 | 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 | 評論 日本の政治 小沢裁判 | 評論 日本の政治 年金制度 | 評論 日本の政治 教育問題 | 評論 日本の政治 新聞報道 | 評論 日本の政治 普天間基地 | 評論 日本の政治 東京オリンピック | 評論 日本の政治 生活保護政策 | 評論 日本の政治 石原都知事 | 評論 日本の政治 確定申告 | 評論 日本の政治 航空行政 | 評論 日本の政治 菅内閣 | 評論 日本の政治 著作権法 | 評論 日本の政治 観光行政 | 評論 日本の政治 警察機構 | 評論 日本の政治 農業政策 | 評論 日本の政治 選挙制度 | 評論 日本の政治 野田内閣 | 評論 日本の政治 陸山会事件 | 評論 日本の政治 領土問題 | 評論 日本の政治 食糧問題 | 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の政治・経済 将来像 | 評論 日本の政治・経済 歴史 | 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 | 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 | 評論 日本の経済 JRの経営 | 評論 日本の経済 アクリフーズ | 評論 日本の経済 イオン | 評論 日本の経済 エルピーダメモリ | 評論 日本の経済 オリンパス | 評論 日本の経済 シャープの経営問題 | 評論 日本の経済 ソニー | 評論 日本の経済 ソフトバンク | 評論 日本の経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の経済 マクドナルド | 評論 日本の経済 不動産価格 | 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 | 評論 日本の経済 外食産業 | 評論 日本の経済 宇宙ビジネス | 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 | 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 | 評論 日本の経済 家電業界 | 評論 日本の経済 就職問題 | 評論 日本の経済 日本再生 | 評論 日本の経済 日立製作所 | 評論 日本の経済 旭化成建材 | 評論 日本の経済 東芝の会計処理 | 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 | 評論 日本の経済 為替相場 | 評論 日本の経済 経済成長 | 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 | 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 | 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 | 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 | 評論 日本の経済 自動車産業 | 評論 日本の経済 航空機産業 | 評論 日本の経済 証券市場 | 評論 日本の経済 詐欺 | 評論 日本の経済 財政金融政策 | 評論 日本の経済 野村証券 | 評論 日本の経済 金融機関 | 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害