評論 世界経済 中国経済 鉄道建設

(28.6.16) 独裁国家中国の誤算 なぜ世界の鉄道投資が次々に破綻するんだ!! インドネシアの事例研究

Dscf7184

 おそらくこれ以上興味深い研究は見つけることは難しそうだ。
中国が行ってきた海外投資、その中でも鉄道投資が次々に破綻し始めたが、その破綻の研究のことだ。

 ベネズエラとの間で取り交わした400kmの高速鉄道は75億ドル約8000億円)の費用をかえて、2012年には開通するはずだったが、いまやさび付いた鉄路が残されているだけだ。
タイとの間で取り交わされたバンコックを起点とする5線の建設では中国からの借款によって費用を賄う予定だったが、ここに来てタイが断った。
金は要りません。その代わりタイが主体的に建設を行います
アメリカのロスとラスベガスを結ぶ高速鉄道の建設は中国とアメリカのエクスプレス・ウエスト社が合弁で行う予定だったが、ウエスト社が合弁を解消した。
連邦政府が車両の建造はアメリカ国内の会社で行うように指示してきたが、それでは中国国内で作るような安価な車両は作れない・・・・・・

 そしてついに真打の登場だが昨年日本を蹴落として受注に成功したインドネシア・ジャワ島の高速鉄道について暗雲が漂っている。
この2月に正式契約を結ぶ予定がご破算になったのは中国が中国語以外の契約書を用意していなかったからだ。
いくら何でも中国語だけではインドネシア人は内容を把握できません。インドネシア語と英語の契約書を用意してください
それにインドネシアは中国と異なり地震国でこれは日本と同様です。地震対策を日本並みの水準で実施してください
契約書の件はともかく地震対策については中国はほとんど経験がない。中国では地震はほとんどなく、特に高速鉄道が通っている場所での地震対策など施した経験がない。
いったいどうすればいいんだ。また日本から技術を盗まなければならないじゃないか・・・・」

注)インドネシアが日本をけって中国の新幹線を導入した経緯は以下参照http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47319618/index.html


 さらにここに来てついに中国が最も恐れていたことが発生し始めた。用地買収が遅々として進まないのだ。インドネシアでは中国や他の独裁国家と異なり選挙が実施され、大統領といえども民心を無視するわけにはいかない。
特に現在のジョコ政権は完全なポピュリズム政権だから国民の人気だけで持っている政権だ。
中国が「軍隊や警察を派遣して用地買収に抵抗する不満分子を建設予定地から追い出せ」とせっついてもそれはできない相談だ。
中国さん、ここは中国でなくインドネシアです。住民が反対すれば話し合いで解決するしか方法はありません

 話し合いとは用地の買収価格引き上げのことだが、土地所有者と鉄道建設会社(中国との合弁だが実際は中国の会社)の間の価格の相違額は会社の提案は、㎡あたり1000円で一方住民の希望価格は10000円と約10倍程度離れていてとても収拾できない。
10倍も土地収用に費用がかかっては当初の建設予定価格がどこまで跳ね上がるか分からないじゃないか。なぜインドネシア政府は中国で行うように反対者を蹴散らして投獄しないのだ!! それが世界の常識だろう!!」

 中国は自国と独裁国家で行ってきた土地収用方式がここインドネシアでも適用できると思っていたが、とんだ誤算になってきた。
まずい、これでは当初約束の2019年の開通など夢のまた夢になってしまうし、費用も7200億では収まりそうもない!!!」
中国はインドネシア政府に対し費用増加部分についてはインドネシア政府の保証をしてほしいと迫ったが、インドネシア政府からはけんもほろろに拒絶された。
中国さん、当初からお宅はインドネシア政府の保証はいらないといっていたはずです。だから日本ではなく中国を選びました。ここに来て保障の話は受け入れられません。費用の増大分は中国さん、あなたが全額支出してください

 中国にとっては思わぬ誤算だ。住民の反対はインドネシア政府が強権で抑えてくれるものと期待したが、実際は中国が金を積んで住民を説得しなければならなくなった。しばらく前までだったら中国はうなるほど金があったが、今やその金は潮をが引いたように中国から逃げ出している。もはや自由に支出できるような余裕はない。
いったいどうしたらいいんだ。インドネシア人は中国人と見ると金持ちだと思って吹っかけてくる。だがわが国には余裕資金などどこにもないのだ。なぜインドネシア政府は不満分子を銃殺しないのだ・・・・・・・

 今や中国の海外での鉄道投資は問題が山積みだ。次から次に失敗して不良債権の山を築きつつある。
ここインドネシアでも鉄道投資は失敗するだろう。その経緯を逐一追っていくと、独裁国家中国が鉄道投資という世界戦略で失敗し衰亡していく経緯が明確に分かる。
だからこの研究は興味が尽きないのだ。

| | コメント (3)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 | NHK クローズアップ現代 | NHK コズミックフロント | NHK BS世界のドキュメンタリー | NHK ミクロの大冒険 | NHK NHK特集 | NHK NHK特集 ヒューマン | NHK NHK特集 病の起源 | NHK ためしてガッテン | NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 | NHK ためしてガッテン 認知症関連 | NHK ハイビジョン特集 | NHK プロジェクトWISDOM | NHK ワールド・ウェーブ | システム facebook | システム Twitter | システム You-Tube | システム ウィニー | システム グリーティングカード | システム サイバー戦争 | システム スマートフォン・タブレット KDP | システム スマートフォン・タブレット・テレビ | システム ネット社会 | システム ブログ ココログ | スポーツ サッカー | スポーツ ロンドンオリンピック | スポーツ 大相撲 | スポーツ 東京オリンピック | スポーツ 野球 | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 | ボランティア おゆみ野クリーンクラブ | ボランティア 地域活動 円卓会議 | ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 | マラソン | マラソン ちはら台走友会  | マラソン ちはら台走友会 登山 | マラソン ウルトラマラソン | マラソン ハーフマラソン開催 | マラソン 四季の道駅伝 | リメイク版 夏休みシリーズ 23年 | リメイク版 夏休みシリーズ 24年 | リメイク版 夏休みシリーズ 25年 | リメイク版 夏休みシリーズ 26年 | リメイク版 夏休みシリーズ 27年 | 事件 中学生誘拐事件 | 個人生活 ヨガ | 個人生活 同窓会 | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家族 | 個人生活 山崎書店 | 個人生活 散策 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学入門 | 個人生活 日本人論 | 個人生活 映画 | 個人生活 映画鑑賞 | 個人生活 樹木剪定問題 | 個人生活 歩く会 | 個人生活 水泳 | 個人生活 演歌 | 個人生活 登山 | 個人生活 私の人生観 | 個人生活 自転車 | 健康 | 健康 坐骨神経痛 | 健康 眼病 | 健康 精神性胃炎 | 健康 老化対策 | 健康 難聴 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 ネパール | 旅行 ロドリゴとイェティ | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 北アルプス縦断 | 旅行 自転車周遊記 | 旅行 蝦夷地周遊記 | 歴史 ローマ史 | 歴史 世界史 | 歴史 中国史 | 歴史 日本史 | 歴史 郷土史 | 災害 東日本大震災 | 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ | 災害 東日本大震災 地震保険 | 災害 東日本大震災 心に与える影響 | 災害 東日本大震災 政治 | 災害 東日本大震災 東電の経営問題 | 災害 東日本大震災 汚染水問題 | 災害 東日本大震災 経済 | 災害 熊本大地震 | 評論 世界 国連 | 評論 世界 地球温暖化 | 評論 世界 水資源問題 | 評論 世界 科学 | 評論 世界 自然保護 | 評論 世界政治 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 アフリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 | 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル | 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 | 評論 世界経済 イギリス経済 | 評論 世界経済 イタリア経済 | 評論 世界経済 インドネシア経済 | 評論 世界経済 インド経済 | 評論 世界経済 ウクライナ経済 | 評論 世界経済 オーストラリア経済 | 評論 世界経済 カナダ経済 | 評論 世界経済 カンボジア経済 | 評論 世界経済 ギリシャ経済 | 評論 世界経済 サウジアラビア経済 | 評論 世界経済 シンガポール経済 | 評論 世界経済 スペイン経済 | 評論 世界経済 タイの政治・経済 | 評論 世界経済 トルコ経済 | 評論 世界経済 ドイツ経済 | 評論 世界経済 ネパール経済 | 評論 世界経済 バングラディシュ経済 | 評論 世界経済 フィリピン経済 | 評論 世界経済 フランス経済 | 評論 世界経済 ブラジル経済 | 評論 世界経済 ベトナム経済 | 評論 世界経済 ポルトガル経済 | 評論 世界経済 ミャンマー経済 | 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン | 評論 世界経済 中国経済 | 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 | 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 | 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 | 評論 世界経済 台湾経済 | 評論 世界経済 外国為替・金 | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 | 評論 世界経済 経済成長 | 評論 世界経済 金融問題 | 評論 世界経済 韓国経済 | 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 | 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 | 評論 世界経済 食糧問題 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト | 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア | 評論 日本の政治  八ツ場ダム | 評論 日本の政治 ノーベル賞 | 評論 日本の政治 人口問題 | 評論 日本の政治 公共事業 | 評論 日本の政治 内部告発者保護法 | 評論 日本の政治 医療行政 | 評論 日本の政治 危機管理 | 評論 日本の政治 原子力行政 | 評論 日本の政治 地方政治 | 評論 日本の政治 地方政治 大阪 | 評論 日本の政治 地方政治 東京 | 評論 日本の政治 大学入試改革 | 評論 日本の政治 学校問題・子育て | 評論 日本の政治 安倍内閣 | 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 | 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 | 評論 日本の政治 小沢裁判 | 評論 日本の政治 年金制度 | 評論 日本の政治 教育問題 | 評論 日本の政治 新聞報道 | 評論 日本の政治 普天間基地 | 評論 日本の政治 東京オリンピック | 評論 日本の政治 生活保護政策 | 評論 日本の政治 石原都知事 | 評論 日本の政治 確定申告 | 評論 日本の政治 航空行政 | 評論 日本の政治 菅内閣 | 評論 日本の政治 著作権法 | 評論 日本の政治 観光行政 | 評論 日本の政治 警察機構 | 評論 日本の政治 農業政策 | 評論 日本の政治 選挙制度 | 評論 日本の政治 野田内閣 | 評論 日本の政治 陸山会事件 | 評論 日本の政治 領土問題 | 評論 日本の政治 食糧問題 | 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の政治・経済 将来像 | 評論 日本の政治・経済 歴史 | 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 | 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 | 評論 日本の経済 JRの経営 | 評論 日本の経済 アクリフーズ | 評論 日本の経済 イオン | 評論 日本の経済 エルピーダメモリ | 評論 日本の経済 オリンパス | 評論 日本の経済 シャープの経営問題 | 評論 日本の経済 ソニー | 評論 日本の経済 ソフトバンク | 評論 日本の経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の経済 マクドナルド | 評論 日本の経済 不動産価格 | 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 | 評論 日本の経済 外食産業 | 評論 日本の経済 宇宙ビジネス | 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 | 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 | 評論 日本の経済 家電業界 | 評論 日本の経済 就職問題 | 評論 日本の経済 日本再生 | 評論 日本の経済 日立製作所 | 評論 日本の経済 旭化成建材 | 評論 日本の経済 東芝の会計処理 | 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 | 評論 日本の経済 為替相場 | 評論 日本の経済 経済成長 | 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 | 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 | 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 | 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 | 評論 日本の経済 自動車産業 | 評論 日本の経済 航空機産業 | 評論 日本の経済 証券市場 | 評論 日本の経済 詐欺 | 評論 日本の経済 財政金融政策 | 評論 日本の経済 野村証券 | 評論 日本の経済 金融機関 | 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害