評論 日本の政治 大学入試改革

(30.8.8) 私立医大の八百長入試は世の常だけれど・・・・・

19_033_2 

 世の中にはばれてしまえばおしまいという事例が山積している。
大相撲では長い間「八百長はない」と相撲協会が強弁していたが、警視庁に八百長表を抑えられ観念した。
今後は一切八百長は行いません
その後は八百長はほとんどなくなったが、おかげで力士が怪我人だらけになってしまった。
八百長だからこそケガもしないで済んだ大相撲がガチンコになり、しかも相撲協会がけが対策を一切しなかったためだ。このことはこのブログで何回も述べた。

 さて今度は医大の八百長が判明した。文部科学省の前局長に絡んだ情実入試が判明したことから芋ずる式に東京医大の入試の闇が暴かれている。
もともと私学の医大の入試にはいかさまがあることは常識だった。
私が大学を受験したのは今から50年も前のことだが、その当時でも「私立の医大に入るには寄付金の額で点数が上積みされるんだ。だから頭のいい受験生は私立医大を敬遠し、もっぱら国公立の医大を受ける。私立医大はあほばかりが集まっている」とうわさされていた。

 今回その噂の真偽が白日の下にさらされているが、過去2年間で八百長で東京医大に入学した学生数は19名だそうだ。1学年120名が定員だから1割に満たない数で、学生みんながあほというのは言い過ぎだというのは分かったが、やり口はかなりあくどい。
女性を3割以下に抑えるために一律に減点したり、3浪以上は合格しにくく得点調整をしていた。
また卒業生の子弟は優先的に入学させ、その際多額の寄付金をとっていたが、一部は前理事長と前学長がネコババしていた。

 メディアではこうした操作を「信じられない悪行」というスタンスで報じているが、実際はどこにでもある情実人事の一環に過ぎない。私が入社した会社でも関係者の子弟子女が優先して入社していたのを何度も見ているし、主要メディアも同じだ。
今回は東京医大がやり玉に挙がっているが、他の私大でも同様の操作が行われていることは容易に想像がつく。
一旦火が付くと次々に隠されていた悪行が表にさらされてしまうのが常で「実は私の大学でも同様のことがあり、それを理事会で告発したら解雇されてしまいました」などというタレコミ情報が次々にマスコミに寄せられそうだ。

 現在の日本では医者になるのがもっとも裕福になる手段だから誰しも医大にあこがれる。
権力が理事長や学長に集中している私立医大では容易にいかさま入試がはびこる温床がここにある。
当初から入試要項で「女子の定員は○○名、4浪以上は入試させない。寄付金による加点は1000万円で10点とし、文部科学省の局長以上の子弟は最大加点50点とするが見返りがなければ0点とする」と書いておけば少なくとも入試要項との齟齬はなくなる。

 これからしばらく東京医大を含む私立医大のスキャンダルが次々に暴かれるだろう。
知られてしまえばおしまい」という世界で、タレコミがつづけばもはや隠しようがなくなる。
入試を公明正大にすれば寄付金が取れず医大の経営に支障が出るし、一方現行のままの情実入試を続ければ医大の信用がなくなる。
私立医大にとって何とも悩ましい事態が続きそうだ。

 

 

 

| | コメント (0)

(30.2.4) 大学入試試験問題作成では予備校講師が最高という現実

 23126_001

 このところ京都大学や大阪大学といった日本を代表する大学で入試問題の出題ミスが続いている。
最近になって両大学とも試験のミスを認め、京都大学は17名、大阪大学は30名の追加入学を認めて陳謝した。
このミスの出題については昨年の早い段階から予備校の講師や高校教諭から出題ミスの指摘があったが、断固としてそのミスを認めてこなかった。
予備校講師ごときに崇高な大学教授が作成した問題にケチをつけられてたまるか」といったところだろうが、何度も指摘されて1年たった今年になり「どうやっても白を切ることは不可能だ。ミスを認めよう」ということになったようだ。

 大学の中では順番に入学試験問題の作成担当が回ってくるようだが、教授間ではすこぶる評判が悪い。
高校の授業内容なんて知らないし、こちらは研究も授業もしなくてはならないのに、なんで私が問題の作成担当になるんだ
ちょうど町内会の役員のようにみんな逃げ回っているが、「順番であるなら致し方ない」と最後は担当を引き受けているようだ。

 しかしいやいやながらの仕事のためどうしてもミスが出てしまうし、同僚にチェックをしてもらっても同僚もまともなチェックをしてくれないから、自身で10回以上もチェックするのだが自分のミスを自分で発見することは難しい。
しかもミスが判明すれば社会的に袋叩きだし責任問題にもなるので、「なんて俺は運が悪いのだろう」と思いながら問題の作成を行っている。

 私立大学などではとっくに自身で問題作成をすることをあきらめた大学が多く、予備校の講師に問題作成と採点を依頼しているが、さすがに国立大学では 「なんだこの大学は入試問題も作れないのか」などと悪評が立つのを恐れて自身で問題作成をしている。

 しかし大学入試問題の作成では予備校の講師が一番で大学教授など及びもつかないノウハウを持っているからとても競争にならない。
文部科学省も思い余って、「すぐに模範解答例を公表して予備校の講師にチェックしてもらえ」と、大学の権威を逆なでするような通達を出した。

注)国立大学で模範解答例をすぐに出すのは4割程度で京大も阪大も模範解答例を出していない。

 私も高校生に数学を教えているからよくわかるのだが、高校の参考書作成では予備校の講師(あるいは講師経験者)の参考書がもっともすぐれている。
馬場敬之とか坂田アキラとか細野真宏といったスターがいて、こうしたスターが書いた参考書で受験勉強すれば確実に望んだ大学に入れるのだから大したものだ。
書き方には共通の特色があって、誰でも理解できるように細かな注意書きがされていて、数学の低能児でも理解可能なようになっている。
かつては大学教授が作成した参考書が幅を利かしていた時期があったが、こうした参考書の多くは「この程度を知らんでどうする」といった態度で記述されているから高校生からそっぽを向かれるようになった。

 もはや大学受験問題に関しては予備校の講師にかなう大学教授など皆無になりつつある。国立大学も白旗を上げて私立大学のように問題を予備校講師に作ってもらうか、あるいは文部科学省の言うようにすぐに模範解答を公表し、予備校の講師や高校教諭の厳しいチェックを受ける以外に公正な大学入試試験を行えないところまで追い込まれてしまった。 
どこの世界にも下克上というものがあり、権威だけで国立大学の大学入試問題作成を乗り切るには京大も阪大も失敗してしまったようだ。

| | コメント (0)

(28.4.4) 文部科学省の大学入試改革は本当に必要か? 大学が独自に動き出した

 23416_026

 大学入試改革
といわれても、私などはもう50年近く前に大学を卒業していて個人的には全く関係のないことがらと思っていたが、そうも言っていられなくなってきた。
私は今高校生3名と中学生2名を教えているが、中学生のうちの1名が今年から2年になるので、大学改革が目指す2020年の新テスト導入時期に重なる。
したがって新テストなるものがどう言うものか知識がないと子供の指導もできなくなってきた。
やれやれ面倒なことだ。大学入試改革って何のことだろうか・・・・・・

 改革の骨子は現行のセンター試験マークシート方式がもっぱら記憶と知識量を試すテストになっていて、このままでは世界の主要な大学が行っている思考力や判断力重視の入試試験から遅れをとっているからそれを改革するのだろいう。
そこで日本でも世界の流れに後れをとらないためにテストに記述式を入れることが最大の入試改革の眼目になっている。
「記述でないと人間の思考力が分からんだろう!!」ということのようだ。

 さらに当初はこの記述式入試以外に複数回の入試を可能にするという案があったのだが、こちらは見送られてしまった。
複数回は「とてもそんなことをしていられる時間がない」ということだ。

  2020年導入予定の記述式は最初は国語と数学から導入し、順次拡大して行く予定だそうだが、問題点は採点者が少なくとても短時間に採点ができないことだという。
仕方がないので文部科学省の案は記述式の試験は前年の11月ごろ実施し、現在のマークシートと同じような試験と切り離す計画をたてている。
そうでもしないととても採点できません・・・・・・・
センター試験の受験者数は約50万人だから記述式を導入すればどうしても採点に時間がかかる。

注)もともとセンター試験がマークシート方式だったのは受験者数が多いことを想定して短時間で採点できる方式としてマークシートが採用されていた。

 しかしこの試験を2回に分けて行う方法は高校の現場からはすこぶる評判が悪い。
そんなことをすれば受験者にいらない負荷をかけすぎる」というのが反対の理由だ。
文部科学省としたら何としてでも記述式のテストを導入しようとしていて、あらゆる反対を無視しているが、少し考えてみるとこの大学入試改革はおかしな点が多い。

 現在国公立大学受験者にはセンター試験の受験を義務づけており、さらに各大学で独自に2次試験を実施しているが、この2次試験というものはセンター試験のさらに上を行く記憶と知識偏重の試験だ。
センター試験は単なる参考資料で大学入学の決定に は各大学で実施している二次試験で決まる。
「センター試験なんてまあ刺身のツマですな!!」というのが実態だ。

 しかしこれは実に無駄な作業を受験者にしいていることになる。
本来なら知識はセンター試験で確認されているのだから、あとは各大学で思考力や判断力を見るために記述式のテストや論文や面接を行えばよいので、何も2回も知識偏重の試験をする必要はない。
しかし有名大学はどうしても独自の知識偏重型のテストをしなければ気が済まないらしい。

 だからセンター試験でいくら記述式を導入しても大学の2次試験が相変わらず知識偏重型だったら何の改革にもならない。
どうして文部科学省と大学は試験内容を分担して、センター試験では知識を確認し、個別の大学では思考力や判断力を確認するテストをしないのか不思議でならない。

 さすがに大学もこうした大学入試改革が馬鹿馬鹿しくなったのか、個別の大学が入試改革に動き出した。
2020年でなく2016年からAO入試や推薦入試が始まったからだ。
東北大では約20%がAO入試で決まり、九大は10%がAOで決まるという。AOでは論文と面接が主体で知識の確認はセンター試験の結果で判断したのだそうだ。
また名古屋大では20%が推薦入試だという。この場合は小論文が課せられているらしい。
その他東大でも3%程度の推薦枠を設けたし,京大は特別入試だそうだ。

 この動きは文部科学省の入試改革をすでに先取りしており、今後ともこうしたAOや推薦入学が増加していく傾向にある。
いくらセンター試験で記述式を導入しても大学が相変わらずの知識偏重型の試験を行っているのでは何の改革にならない。
はっきり言えばセンター試験を各大学は全く無視して独自に知識偏重型試験を行っているのだから、改革するのは大学の二次試験の方だ。

 大学生なのだから知識が必要なことは当然で数学も英語も一定以上の学力がなくては話にならない。しかしそれは現行のセンター試験でも十分に確認できるのだから、わざわざとてつもなく難しい知識偏重型の試験を各大学が実施してきたことが間違いだと私は思っている。
ここに来て各有名大学でAO入試や推薦入試が始まったことは。センター試験の改革より重要であり、これが本当の大学入試改革といえるだろう。

「カンパの依頼 」

 市民の財産は市民が守る運動の一環として昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いできないでしょうか。カンパは塗料、草刈のガソリン代、ベンチ補修用資材に使用いたします。

  28年度のカンパ目標を10万円とし、ベンチの補修目標を10基にいたします。

 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。


・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)

なお、おゆみ野クリーンクラブの活動状況については以下にまとめてあります。 http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45485858/index.html

 

 

 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害