評論 日本の経済 宇宙ビジネス

(27.11.26) うれしいじゃござんせんか!! 日本もH2Aロケットで商業衛星の打ち上げに成功

22102_023 

  私のようにロケット工学に無知な人間でも、今回のH2Aロケットによる初めての商業衛星の打ち上げ成功には興奮した。
よくやった、日本のロケット技術もようやく世界に認められるようになったのか・・・」感慨がひとしおだ。

 このH2Aロケット三菱重工業JAXA宇宙航空研究開発機構)が共同で開発してきたものだが、過去打ち上げた衛星はすべて日本国からの受注で国外からの受注はなかった。
今回初めてカナダのテレサット社の通信放送衛星の打ち上げを受注し、その打ち上げに成功した。

 商業衛星の打ち上げではEUのアリアン5が圧倒的なシェアを持っているが、それに続くのがロシアのプロトンMアメリカのファルコン9で、日本もようやくその仲間入りができたことになる。
日本のH2Aロケットはとても優秀なロケットだが、残念なことに打ち上げ費用が約100億円かかり、一方先行しているアリアン5等の打ち上げ費用は約70億円と言われている。

 この費用のギャップがどうしても埋められなかったが、今回はJAXAが費用の一部負担をしてテレサット社の費用負担は他の先行各国の打ち上げ費用と同程度になったようだ。
さらに今回H2Aロケットには改良が加えられており、最大飛行時間が2時間から5時間半にほぼ倍増したのだという

 これがなぜ重要かというと通信放送衛星は地球の赤道上空3万6000kmに打ち上げて地球の自転と同じ速さで回るのだが(地球から見ると静止しているように見える)、日本の種子島からの打ち上げだと従来は赤道上空まで持っていくことができなかったのだそうだ。
そのため人工衛星が自身が持っている燃料を費消しながら赤道上空までたどりつく必要があって、衛星の貴重な燃料を使用してしまい衛星の寿命が短くなってしまう欠点があった。

 EUのアリアン5などは発射基地を赤道直下のギアナにおいてあり、打ち上げればすぐさま赤道上空に到達するため、商業衛星の打ち上げは従来はアリアン5の独壇場だった。
今回H2A型ロケットが長時間飛行可能になり赤道上空の近くまで衛星を運ぶことができるようになり、種子島から打ち上げても人工衛星に燃料の負担をかけないで済むようになったのだという。
いや、いやそれは素晴らしい改良だ・・・・・・」素人だが素直に喜んだ。

注)通信放送衛星や気象衛星は赤道上空に静止させるように打ち上げるが、一方軍事衛星のようなものは北極と南極を結ぶ軌道に打ち上げる。

 飛行問題は解決したが残念なことに打ち上げ費用の問題はまだ未解決だ。JAXAが一部費用を負担しているというが、これは国の組織だから日本国がダンピングして受注していることになる。
現在三菱重工とJAXAは2020年までに次世代ロケットH3を開発する予定だが、このロケットの打ち上げ費用は約50億円になるという。
これなら十分に競争力があるということだが、競合各国も新たなロケットの開発をしているから手放しの楽観はできない。

 また受注が可能か否かは単に打ち上げ費用が安いだけでなく確実性も必要だ。何しろ商業衛星などは一基100億円ぐらいするのもざらにあるから、打ち上げが失敗してチリになってしまえば大損になる。
だから打ち上げの成功率も非常に大事で、トップはアリアン5の98.1%であり、日本のH2Aは96.6%で二位だからなかなかの成功率だ。
一番低いのがロシアのプロトンMで89.1%だからこれだと10回に1回は失敗していることになる。プロトンMで打ち上げるとなると依頼したほうは神様に祈らなくてはならない。

 将来日本のロケットが成功率でアリアン5に並び打ち上げ費用が50億円程度になれば国際競争力抜群になるから打ち上げビジネスも軌道に乗るだろう。
商業衛星は今までは先進国が主として打ち上げてきたが今後は経済力をつけた新興国も打ち上げに参加して需要は伸びる。
日本は昔から鉄腕アトムや鉄人28号の世界だから大いにこの分野でも世界の最先端に立ってもらいたいものだと思う。

 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 | NHK クローズアップ現代 | NHK コズミックフロント | NHK BS世界のドキュメンタリー | NHK ミクロの大冒険 | NHK NHK特集 | NHK NHK特集 ヒューマン | NHK NHK特集 病の起源 | NHK ためしてガッテン | NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 | NHK ためしてガッテン 認知症関連 | NHK ハイビジョン特集 | NHK プロジェクトWISDOM | NHK ワールド・ウェーブ | システム facebook | システム Twitter | システム You-Tube | システム ウィニー | システム グリーティングカード | システム サイバー戦争 | システム スマートフォン・タブレット KDP | システム スマートフォン・タブレット・テレビ | システム ネット社会 | システム ブログ ココログ | スポーツ サッカー | スポーツ ロンドンオリンピック | スポーツ 大相撲 | スポーツ 東京オリンピック | スポーツ 野球 | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 | ボランティア おゆみ野クリーンクラブ | ボランティア 地域活動 円卓会議 | ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 | マラソン | マラソン ちはら台走友会  | マラソン ちはら台走友会 登山 | マラソン ウルトラマラソン | マラソン ハーフマラソン開催 | マラソン 四季の道駅伝 | リメイク版 夏休みシリーズ 23年 | リメイク版 夏休みシリーズ 24年 | リメイク版 夏休みシリーズ 25年 | リメイク版 夏休みシリーズ 26年 | リメイク版 夏休みシリーズ 27年 | 個人生活 ヨガ | 個人生活 同窓会 | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家族 | 個人生活 山崎書店 | 個人生活 散策 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学入門 | 個人生活 日本人論 | 個人生活 映画 | 個人生活 映画鑑賞 | 個人生活 樹木剪定問題 | 個人生活 歩く会 | 個人生活 水泳 | 個人生活 演歌 | 個人生活 登山 | 個人生活 私の人生観 | 個人生活 自転車 | 健康 | 健康 坐骨神経痛 | 健康 精神性胃炎 | 健康 老化対策 | 健康 難聴 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 ネパール | 旅行 ロドリゴとイェティ | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 北アルプス縦断 | 旅行 自転車周遊記 | 歴史 ローマ史 | 歴史 世界史 | 歴史 中国史 | 歴史 日本史 | 歴史 郷土史 | 災害 東日本大震災 | 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ | 災害 東日本大震災 地震保険 | 災害 東日本大震災 心に与える影響 | 災害 東日本大震災 政治 | 災害 東日本大震災 東電の経営問題 | 災害 東日本大震災 汚染水問題 | 災害 東日本大震災 経済 | 評論 世界 国連 | 評論 世界 地球温暖化 | 評論 世界 水資源問題 | 評論 世界 科学 | 評論 世界 自然保護 | 評論 世界政治 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 アフリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 | 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル | 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 | 評論 世界経済 イギリス経済 | 評論 世界経済 イタリア経済 | 評論 世界経済 インドネシア経済 | 評論 世界経済 インド経済 | 評論 世界経済 ウクライナ経済 | 評論 世界経済 オーストラリア経済 | 評論 世界経済 カナダ経済 | 評論 世界経済 カンボジア経済 | 評論 世界経済 ギリシャ経済 | 評論 世界経済 サウジアラビア経済 | 評論 世界経済 シンガポール経済 | 評論 世界経済 スペイン経済 | 評論 世界経済 タイの政治・経済 | 評論 世界経済 トルコ経済 | 評論 世界経済 ドイツ経済 | 評論 世界経済 ネパール経済 | 評論 世界経済 バングラディシュ経済 | 評論 世界経済 フィリピン経済 | 評論 世界経済 フランス経済 | 評論 世界経済 ブラジル経済 | 評論 世界経済 ベトナム経済 | 評論 世界経済 ポルトガル経済 | 評論 世界経済 ミャンマー経済 | 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン | 評論 世界経済 中国経済 | 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 | 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 | 評論 世界経済 台湾経済 | 評論 世界経済 外国為替・金 | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 | 評論 世界経済 経済成長 | 評論 世界経済 金融問題 | 評論 世界経済 韓国経済 | 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 | 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 | 評論 世界経済 食糧問題 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト | 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア | 評論 日本の政治  八ツ場ダム | 評論 日本の政治 ノーベル賞 | 評論 日本の政治 人口問題 | 評論 日本の政治 公共事業 | 評論 日本の政治 内部告発者保護法 | 評論 日本の政治 医療行政 | 評論 日本の政治 危機管理 | 評論 日本の政治 原子力行政 | 評論 日本の政治 地方政治 | 評論 日本の政治 地方政治 大阪 | 評論 日本の政治 地方政治 東京 | 評論 日本の政治 学校問題・子育て | 評論 日本の政治 安倍内閣 | 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 | 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 | 評論 日本の政治 小沢裁判 | 評論 日本の政治 年金制度 | 評論 日本の政治 教育問題 | 評論 日本の政治 新聞報道 | 評論 日本の政治 普天間基地 | 評論 日本の政治 東京オリンピック | 評論 日本の政治 生活保護政策 | 評論 日本の政治 石原都知事 | 評論 日本の政治 確定申告 | 評論 日本の政治 航空行政 | 評論 日本の政治 菅内閣 | 評論 日本の政治 著作権法 | 評論 日本の政治 観光行政 | 評論 日本の政治 警察機構 | 評論 日本の政治 農業政策 | 評論 日本の政治 選挙制度 | 評論 日本の政治 野田内閣 | 評論 日本の政治 陸山会事件 | 評論 日本の政治 領土問題 | 評論 日本の政治 食糧問題 | 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の政治・経済 将来像 | 評論 日本の政治・経済 歴史 | 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 | 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 | 評論 日本の経済 JRの経営 | 評論 日本の経済 アクリフーズ | 評論 日本の経済 イオン | 評論 日本の経済 エルピーダメモリ | 評論 日本の経済 オリンパス | 評論 日本の経済 シャープの経営問題 | 評論 日本の経済 ソニー | 評論 日本の経済 ソフトバンク | 評論 日本の経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の経済 マクドナルド | 評論 日本の経済 不動産価格 | 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 | 評論 日本の経済 外食産業 | 評論 日本の経済 宇宙ビジネス | 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 | 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 | 評論 日本の経済 家電業界 | 評論 日本の経済 就職問題 | 評論 日本の経済 日本再生 | 評論 日本の経済 旭化成建材 | 評論 日本の経済 東芝の会計処理 | 評論 日本の経済 為替相場 | 評論 日本の経済 経済成長 | 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 | 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 | 評論 日本の経済 自動車産業 | 評論 日本の経済 航空機産業 | 評論 日本の経済 観光業 | 評論 日本の経済 証券市場 | 評論 日本の経済 詐欺 | 評論 日本の経済 財政金融政策 | 評論 日本の経済 野村証券 | 評論 日本の経済 金融機関 | 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害