評論 日本の経済 マクドナルド

(27.12.28) 世界のマクドナルドの終焉 日本ではすっかりマックが飽きられた!

Dscf0105 

 「やはりそうなのか」とつくづく思ってしまった。
日本マクドナルドの業績低下に嫌気をさして、本社の米マクドナルドが保有株を放出するという。
米マクドナルドは日本マクドナルドの株式のほぼ半分を保有しているが、保有比率を引き下げ最大33%相当の株式の売却に応じるという。1000億円程度になるそうだ。

 最近の日本マクドナルド業績は散々だ。2014年夏の期限切れ鶏肉の使用問題と、15年1月に集中的に発生した異物混入事件の後、マックに対する需要は減少の一途をたどっている。09年には3500億円だった売上高が15年2000億円に低下し、大げさに言えばほぼ半減だ。利益もここ2期にわたってマイナスが続いている。

注)マクドナルドの業績低迷については先にも記事を記載した
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/ppp-2.html

 日本人がすっかりマックにあいてきたのだが、マックを食べたがる世代が段々と少なくなってきたのが一番大きな原因だ。
あのボルュームたっぷりのジャンクフードを食べて平気なのは子供や若者だが、老人がこんな脂ぎったものを日常的に食べているとすぐに高血圧や高脂血症になってしまう。

 日本の人口構成は加速度的に老人が増えているが、その結果マックを食する人口が段々と少なくなっており、マックは日本では斜陽産業になってきた。
米マックは日本市場に見切りをつけ、まだ若者がわんさかといるインドや東南アジアに拠点を移そうというのが今回日本マックの株式を売却する理由だ。

 私がまだ現役で子供が小学生だったころは食事といえばマックだった。
子供たちはビックマックが好きで口いっぱいほうばって食べていたし、私も子供と同じようにして食べたものだ。
しかし当時から私はマックがおいしいとは一度も思わなかった。
まあ、子供が喜んでいるのだから付き合ってやろう」位の気持ちでつきあっていたのだが、対応がパターン化され「○○も一緒にいかがですか」などと余計なことまで言われてうんざりしたものだ。

 私はマックが売れなくなったのは日本だけかと思っていたら意外とアメリカでも苦戦しているのだという。簡単に言えば先進国では老人が増え健康志向がたかまるので、カロリーたっぷりで牛や豚の餌とさして変わらないこうしたジャンクフードは見向きもされなくなりつつある。
ジャンクフードを日常的に食している人はデブで成人病のオンパレードになってしまうから先進国からは駆逐される運命にあるようだ。

 結局マックは20世紀の食べ物であり人口低減に悩まされ老人比率が高まる先進国では見向きもされなくなりつつある。残ったのはまだ子供たちが多い新興国だけで世界のマックももはや世界中でその隆盛を極めた時代が終わってしまった。

 

 

 

| | コメント (1)

(27.11.24) マクドナルドの業績低迷 二流品では日本では勝負できない!!

211116_016 

  私はもう長い間食べ物については一切文句を言わないようにしており、どんなまずい食べ物でも決してまずいといわず黙って食べることにしている。
もちろんおいしい場合はおいしいというが、出された食べ物には一切文句をつけない。
街で腹がすいたときは近くにあるファーストフード店に入って食事をすることが多く、マクドナルドにも世話になっているが、特別にマクドナルドが好きだからではない。
はっきり言えばどこでもいいのでたまたまマクドナルドの店舗が目の前にあればそこに入っているだけだ。メニューなどは一番先頭にある物を適当に選んでいる。

 私とマクドナルドの関係はそんなものだが、最近マクドナルドの業績が芳しくない。
昨年7月に中国で起きた期限切れ鶏肉問題や今年1月の異物混入問題が尾をひいてしまい、売上高が昨年比20%程度低迷して15年1月~9月の連結決算は223億円の赤字だという。
昨年度も赤字だったので二年連続して赤字決算のようだ。
期限切れ鶏肉問題はどちらかといえばマクドナルドに責任があると思われないが、異物混入問題は調理時に混入した可能性が高くマックの品質管理レベルが落ちてきたことを示している。
マクドナルドの販売店に経年劣化がはじまったようで、かつての一人勝ちのような隆盛期を知っているものからすると「マックがこんなにも低迷するのか!!」と不思議な感じさえするほどだ。

 マクドナルドは不採算店の閉鎖を積極的に進めており、今年は130店舗程度の閉鎖が予定されている。いづれも大都市部の店舗で赤坂見附店、神楽坂店、日本橋店と言った基幹店のような場所の店舗の閉鎖だが、店舗の賃貸料や人件費を考慮するととても採算が合わないのだそうだ。
もっともこうしたマクドナルドが撤退した後に、バーガーキングやファーストキッチンやドトールコーヒーが進出するというから、マクドナルドの損益分岐点は相当高いのだということが分かる。
四半期ベースで見るとマックの収益は改善しているがまだ水面下で黒字になっていない。もう少しで頭を水面上に出せそうだが、今ももがき続けているといった状況だ。

 世界を旅するとマックには実に世話になった思い出がある。外国で見知らぬ食べ物の注文をするのはほとんどくじを引くようなもので何が出てくるか分からないし、レストランなどに入って注文するとあとでいくらの請求書が回ってくるか見当もつかない。
だから私は海外に行った時はまずマックの店を探すことにしているが、嬉しいことにマック店はどこにもあり、さらにメニューは世界共通で価格も分かっているので心置きなく注文できる。
店の店員の言葉も分からなくてもパターン化されておりを何を言っているか想像がつくのでいたって気楽だ。

 だから海外で散々お世話になっているのにこのようなことを言うのは恐縮だが、マクドナルドが日本で苦戦をしている最大の理由は競合品と比較しておいしくないからだと思う
日本は信じられないような食事処の宝庫でどこに行ってもそれなりの料理が出てくるが、マックは世界標準というものの世界のレベルは日本より相当低いのでマックを食べておいしいと思う日本人はそれほどいない。
だから一旦何らかの事情でマックを食べなくなると、他に代替品はいくらでもあるのでマックの店に近づかなくなるのだと思う。
マックも日本というような低価格で世界的水準のメニューが用意してある場所で競争するのだから大変だ。

 マックが日本で隆盛を極めたのは20世紀だったが、そのころはまだ日本に子供が多くいて子供が好んでたべていたが、21世紀になると老人ばかりになりマックを特に食べようとする人がいなくなってしまった。
ビッグマックなど老人が食べればそれだけで高血圧や高脂血症になりそうでとても食べられない。
こうした高カロリーでさしておいしくもない食べ物はもう日本では需要がなくなってきたということのようだ。
 

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害