評論 日本の政治 ノーベル賞

(27.10.8) 素粒子(ニュートリノ)に質量があって良かった。梶田隆章氏の偉大な発見

122 

 ニュートリノ
といわれても本当のところはさっぱり分からない。私が理解できる範囲は原子核と電子のレベルだから、それより小さなニュートリノといわれても分からないのだ。
一番当惑したのは原子核を構成している陽子や中性子は素粒子ニュートリノ)からできているが、ニュートリノには質量がないといわれていたことだ。標準理論というのだそうだが何を言っているのかさっぱり分からなかった。
第一原子には質量があるのに、その構成要素の素粒子にはなんで質量がないんだ。これでは無から有を作るようなものではないか・・・・・・
私は素粒子物理学などといわれるとそれだけで恐れ入ってしまう方だから、「でもまあ標準理論で質量がないといっているのだからそうなんだろう」と思っていた。

 しかし今回ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章氏はそうはおもわなかったようで、スーパーカミオカンデといわれる実験装置を使って、ニュートリノに質量があることを証明してしまった。1998年にその結果の発表をしているからつい最近のことだ。
私などは素粒子に質量がある方が理解しやすいから「ほら見たことか、素粒子だって重さがあるんだ」と納得してしまったが、収まらないのはそれまで物理学の定説といわれた標準理論を信奉していた人々で、当初は喧々諤々の議論があった。

 現在ではニュートリノに質量があることが学会でも確認されているが、それはスーパーカミオカンデの詳細な実験データが反論を許さないほど完全だったからだという。
スーパーカミオカンデといわれても何か大きな水槽を地下に建設して、そこに飛び込んでくるニュートリノを周りのセンサーでとらえる設備ぐらいにしか思っていなかったが、このスーパーカミオカンデがあったおかげで日本は素粒子物理学で世界をリードしているのだそうだ。

 梶田隆章氏がなぜニュートリノに質量があるかと気が付いたかというと、天球から降ってくるニュートリノの量と地球の反対側から地球を貫通してくるニュートリノの量が異なっていたからだという。地球を貫通すると量が4割も減るのだそうだ。
私などは「だから何なの」という感度だが、梶田隆章氏はこれはニュートリノが変身するからだと考えた。
ニュートリノには3つの型があって、地球を貫通してくる間に型が変わってしまい、スーパーカミオカンデではミュー型といわれる一つの型しかとらえられないので、他の型になってしまったために補足できないと考えたわけだ。

 この型が変わることをニュートリノの変身といって、この変身があることが即質量があることの証明になるのだそうだ。
なぜこれがその証明になるのか私などはさっぱり理解できないが、素粒子物理学ではそのように理解されるらしい。
まあ、詳しいことはさっぱりだが、素粒子に質量があったことは喜ばしいことだ
私の常識の範囲にこの理論が入ってきたのでひとまず安心した。

 一般に複雑怪奇な理論はどこか間違っていることが多い。経済評論でも素人にはとても理解できないような難解な言葉を使った評論はほとんどイカサマでコケ脅かしだが、物理学の世界も同じなのだろう。
持って回った素人が金輪際理解できないような理論はどこかおかしく、素粒子物理学の世界だってやはり同じだということを知って私は満足し梶田隆章氏に感謝した。

| | コメント (2)

(27.10.7) 次々にノーベル賞が日本人に贈られている。うれしいじゃないですか!!

080 

 「いやすばらしい」舞い上がってしまった。日本人が次々にノーベル賞を獲得している。
大村智氏が2015年度のノーベル医学生理学賞を受賞したと思ったら、今度は梶田隆章氏がノーベル物理学賞を受賞した。
日本人(米国籍も加える)で24人目の快挙で、大村氏の授賞理由は「寄生虫感染症の薬の開発で人類に計り知れない貢献をした」からで、一方梶田氏の場合は「ニュートリノに質量があることを発見した」からだという。

 こう次々に受賞者が出るとブログの記載が追い付かない。以下は大村氏の快挙を喜んで書いたものだが、梶田氏の件はまた別途記載することにする。

 大村氏が開発した薬の名前はイベルメクチンといい、抗生物質エバーメクチンの分子構造を変えて医薬品にしたものだそうだ。
私はともかく舞い上がったが大村氏の名前もエバーメクチンイベルメクチンも実は初めて聞く名前だった。
イベルメクチンはアフリカの熱帯地方で蔓延している河川盲目症オンコセルカ病)の特効薬で、中部アフリカでは1800万人の患者がいるのだそうだ。

 これは本当に特効薬で一回投与するだけでたちまちのうちに体内にいる病原体を駆除してしまうのだそうで、2025年までには河川盲目症は完全に撲滅できるという。
さらにすごいのは河川盲目症だけでなく、あらゆる寄生虫による病気に効果があり像皮病ダニが媒介する皮膚病にも効果があってペニシリンストレプトマイシンに匹敵する薬なのだそうだ。
それほどの薬のことを知らなかったのは不覚だった」と反省したが考えてみればこうした病気は日本にはないから、私が知らなくても致し方ない面はある。

 今回はじめて大村氏の経歴を見てさらに驚いてしまった。通常日本の研究者はほとんどが一流大学出身者なのだが、大村氏は山梨大学学芸学部出身というから、通常ならば高校や中学の教師として一生を終わってしまう。
実際当初は高校の夜間で化学を教えていたが、教師をしながら理科大の大学院に通いその後北里研究所に勤務している。
どうしても研究者になりたいという熱意を感じさせる経歴だ。
さらにアメリカの大学に留学し71年から73年にかけて研究生活をしているが、ここで花が開いたようだ。

 大村氏は日本の産学共同研究の草分けのような人で、帰国後アメリカの製薬会社メルク社から年間2500万円の研究費を支援してもらいながら、今回ノーベル生理学賞の受賞対象になったエバーメクチンを発見している。1979年のことだという。
しかしこれだけで済まないのが大村氏のすごいところで、さらにメルク社との共同開発でエバーメクチンを基に感染症の特効薬イベルメクチンを作ってしまった。1987年のことだが単なる研究者でないところが異色だ。

 この特許料は大村氏とメルク社が折半で受け取ることになっていたので、大村氏は莫大な特許料を得ることができたが、それを北里大学の病院の建設や故郷韮崎市に美術館を設置して資金を公的に還元している。
まことに人格高潔で日本人の鏡のような人だ。これほどの人のことを知らなかった自分を恥じた。

 テレビで拝見したが80歳とは思われない顔の色つやと脂肪のないすっきりとした体格をしておられた。
こうしたスリムな体型を維持するには、夜の飲食や酒の付き合いはご法度で日常的に何らかの運動をしていないと保つことは不可能だ。日常の生活を律して過ごされているのだろう
80歳でカクシャクとしているのだからまだまだ元気に後輩の指導をし続けられそうだ。

 しかし何ともうれしいことだ。こうして毎年毎年ノーベル賞の授賞者が出ると、「イヤー、日本の科学水準もすてたもんじゃない」と自信を持ってしまう。
私は今高校生と中学生に勉強を教えているが、「君たちもノーベル賞をもらえるように努力しなさい」なんてつい訓示を垂れてしまった。
半分は本気で数学と理科を徹底的に鍛えて将来のノーベル賞受賞者を育ててみたいものだと思っている。

 

 

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害