評論 日本の経済 イオン

(27.4.16) イオン大改装の目的は何か? 売れ筋だけを残す戦略は成功するか?

22425_099 

 私が食料品の買い物をするのはイオン鎌取店がほとんどだが昨年の年末からずうっと店内の改装が続いている。四季の道の途中にこの鎌取店があるので、疲れると立ち寄って栗まんじゅうと500mlのミルク紅茶を購入するのだが、ここ数か月売り場が毎回のように変わってどこにおいてあるのか分からず往生した。
イオン本体は改装中も営業を続けているので、改装場所を玉突きのように移すので売り場をそのたびに移設している。

 「一体イオンはなぜこのような改装をするのだろうか」とても不思議だった。
改装済みの場所を見てみると入口のエントランスがタイル張りから木質に変わったり、またトイレも木質になってとても柔らかな雰囲気になっているが、その他の場所は前とさして変わりがない。大々的な改装と銘打っているがなにか古くなった部分をメンテナンスをしただけのようにも見える。

  イオンのようなGMS(総合スーパー)が低迷して久しい。平成10年を境に若干の上下はあったが毎年のように売り上げが減少してきたし、特に昨年4月の消費税増税8%)以降毎月のように売上高が激しく落ち込んでいる。
イオン連結の15年2期の最終損益420億円の黒字だが、GMS部門は赤字だ。
イオンの主要事業といえばこのGMSなのだからその基幹産業が赤字では確かに問題だろう。

 GMSが低迷する原因は構造的なもので、かつてGMSは家電や家具やスポーツ用品や紳士服を大々的に扱っていたがこうした部門は専門店の攻勢が激しく販売競争に負けて毎年のように規模を縮小してきた。
かつてあって高級家具などはどこにもないし、家電は液晶テレビとDVD以外は見当たらなくなった。スポーツ用品は衣料品売り場の片隅に追いやられているし、衣料品もユニクロに比べると見劣りがする。紳士服の売り場からは高級品が消えてかつてあったダーバンのようなブランド品はおいていない。
現在競争力を残しているのは食料品売り場だけというのが実態だ。

 だからイオンが15年度に国内スーパーの立て直しのために1600億円の投資をして店内改装をすると発表したのには驚いた。
店内を改装するだけで果たして競争力は回復するのだろうか・・・・・・・・・
イオンの説明ではこの改装を機会にシニア向けやファミリー向けの売り場を拡大し、専門店は惣菜やスイートや美容等の売れ筋部門に入れ替えをするのだそうだ。

 イオン鎌取店を見ているとかつて専門店があった場所にイオン本体の食料品売り場ができていて、何か専門店を追い出しているように見える。
改装そのものは本来の目的ではなく、改装を理由に売れ筋から外れた専門店を追い出し、総入れ替えをしている。

 来年度の売り上げ目標を増収増益にイオンはおいているが、黙っていれば減収減益になりそうなのでこうした抜本的な改革が必要なのだろう。
GMSは従来方式に甘んじていてはデパートと同様に長期低落になるので、新規まき直しをして売れ筋部門に特化するというのがこの大改装の目的のようだが、このイオンの決断がどう出るかはしばらく見てみないとわからない。

注)総合スーパーの問題点については前にも記載している
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-1780.html

 


| | コメント (1)

(26.9.26) ダイエー消滅 総合スーパー経営の限界

Dscf5648

 今から40年ほども前だが、当時私は兵庫県西宮市に住んでおり、近くの阪急電鉄西宮北口駅の前にダイエーの店舗があった。
駐車場は狭かったが店舗の前に自転車が列をなして駐輪しており、店舗の中はごった返し歩くのも大変だった。
当時のスーパーはそれまであった小売店を駆逐して破竹の勢いで拡大していた時期で、思えばあれがダイエーが最も華やいでいた時代だった。

 当時のダイエーの拡大方法は一種の不動産投資で必要な土地の約二倍の土地を手当てしてスーパーを開業し、地価を上昇させて残りの半分を売り払うことで投資資金を回収するという方式だった。
日本がバブルに浮かれ不動産価格が右肩上がりに上昇していた時代にマッチした方式だったが、1990年頃に不動産バブルが崩壊しこの方式が適用できなくなるとダイエーの業績も一気に下降局面に入って行ったといえる。

 その後は地道に本業で稼がなくてはならなくなると、専門店の追い上げに太刀打ちできなくなってしまった。通常総合スーパーは衣食住のすべての商品を取り扱っているが、衣類はユニクロの追い上げがあり、家電商品は家電量販店が強く、応接セットなどはニトリにかなわない。
残ったのは食品部門だがここはコンビニとの競合が激しく、お弁当はホット・モットが躍進している。

 デパートがスーパーの追いあげで衰退したように、今はスーパーが専門店の追い上げでシェアが減少している。
時代が変わりスーパーは生き残れるのは日本ではなく人口が増加し所得も増加し、地価が上昇している新興国になってしまい、一方国内の店舗は老朽化したままだから、さらに顧客が遠のいてしまう。

 ダイエーが倒産したのは04年で、この年産業再生機構の支援を受けて再建を図ったが全く時流に乗れなかった。
13年にはイオンが再建に乗り出し発行株式の44%を取得して社長を派遣したが業績は回復せず14年2期も赤字決算だった。
イオンもこのままではどうにもならないと判断したのだろう、15年1月までに今までの連結対象先から完全子会社にすると発表した。
ダイエーは消滅し店舗名はイオンになり、上場も廃止される。

 発表では現在の店舗はそのままのこしてイオン店舗として存続させると言っているが、これは従業員を安心させるためのアナウンスメントで、実際はダイエーとイオンが競合している場所での併存などあり得ない。
基本は店舗を集約して不採算店をつぶすということだ

 スーパーという業態が時代に取り残されて久しい。私の例でいうと私はイオンのファンだから食品の購入は鎌取駅前のイオンにいくが、近くにあるヤオコーやセンドーと言った食品専門スーパーの方が価格は安く、価格に敏感な人はそちらを選ぶ。
食品以外ではイオンを利用することはほとんどなく、家電商品の場合はケーズ電気だし、かつてはイオンでよく買っていた衣類は今ではユニクロでスポーツウエアはカムイだ。
また本はほとんどアマゾンで購入しているから結局イオンで購入しているのは食料品だけになってしまった。

 ダイエーはイオンの完全子会社になっても苦難の営業展開が続きそうだ。総合スーパーというシステムそのものが時代から取り残されているからだが、果たして再生の道はあるのだろうか。日本の輸出産業が日本での生産を諦めたように新興国、特に東南アジアで再生するのだろうか。かつてダイエーホークスを経営し吉野家を救ったりしていたので、私はダイエーが好きだったが、こればかりは私が声援してもどうにもなるものではない。

別件)第4回ちはら台・おゆみ野ハーフマラソンのお知らせ。

以下の日程でハーフマラソンを開催いたします。
① 10月5日(日曜日)
② 午前10時スタート(雨天決行.受付は9時半から)
③ スタート・ゴール ちはら台走友会のかずさの道の集合場所(前回と同じでセンドーのうえ。地図参照)

ルートは以下の地図で確認できます

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=6d18ea2157947c484ad9c4ec04b246ef
④ 費用300円(実費)
⑤ 参加希望者はこのブログのコメントかメール機能を使用して参加希望を連絡してください。

⑥ なお本大会はすべて自己責任です。

 





| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害