マラソン ハーフマラソン開催

(26.10.6) 豪雨の中の激走 ちはら台・おゆみ野ハーフの自由走

Img_0436
(Kさん 撮影)

 先ほどまでフラフラになって寝込んでいた。
久方ぶりに雨中のハーフマラソンをしたからだ。
この日台風18号の影響で関東地方に前線が北上し千葉は朝からひどい雨模様になってしまった。
この日は私が長い間準備を進めていた「ちはら台・おゆみ野ハーフマラソン大会」の開催日だが、こんな雨模様の日にはサポート体制がとれない。

 みんなボランティアで協力してくれているのだが、雨の中をレースが終わるまでエイドや交通整理を依頼するわけにいかず、また選手も雨になれていない人は体温が低下して体温低下症になってしまう。
ぎりぎりまで判断を伸ばしていたが大会開催は中止して、雨中でも走りたい人だけの自由走に変更した。

 レースは10時に開催される予定だったし、中止の決定は7時少し前にしたのでそれから出場者への連絡でてんてこ舞いになってしまった。最近は出場者が増えて私が所属している走友会以外のメンバーも多く全体で50名程度の規模になっていた。
事前にメールで申し込みのあった人にはメールを送ればいいのだが、走友会のメンバー経由で申し込みのあった人には直接連絡が取れない。
しまったなー、メールアドレスを確認しておくのだった
それでも走友会のメンバーはとても親切だから中止の連絡を積極的にしてくれたので、8時前までにはすべての出場者に連絡が取れた。

 「ところで自由走に変えたが走る人はいるのだろうか????」今度はそっちが心配になった。
スタート時間30分前にスタート地点に行ってみると、何と2名が雨中ランをするという。雨の中を走るくらいだからこうした人はタフだ。
私と3名でかずさの道をスタートしたが、たちまちのうちに二人に離されてしまった。

 かつて私も相応の走力を持っていた時代があったが年をとり座骨神経痛に悩まされ始めるとすっかりちょこちょこ走りの老人ランナーになってしまいスピードが全くでない。
しかも最近は雨中ランなどする気力がなくなっていたのだが、今回は何しろ主催者だから降りるわけにいかない。
雨はだんだんとひどくなるし、道路はいたるところに水たまりができてなにか川の中を走っているような場所もある。

 先行した二人に3回すれ違う場所があるのだが、そのたびに距離が離れていく。
うぅーん、年寄りにはこうしたランはつらい」最後はフラフラになりながら到着した。
トップの女性は大阪マラソンに出場するのでその準備で走るのだと言っていたが、実に快適な足運びで雨の中を1時間42分で走り切っていた。
しかも信じられないことにこの雨の中を私が到着するまで待ってくれたのだから私は感動してしまった。
寒いのだからさっさと帰ってくれればよかったのに」といったものの本心では嬉しかった。

 家に帰ってからはすぐ風呂に入って温まり、横になるとすっかり寝込んでしまった。
寝込まないと体力が回復しないところがつらい。
だが時にこうした刺激を入れなければ完全に老人になってしまうから無理でも刺激を与えることが大事なのだ。

| | コメント (0)

(26.4.28) ちはら台・おゆみ野ハーフマラソンが開催された

Dscf6525  

  やはり頑張って開催してみるものだと思った。ちはら台・おゆみ野ハーフマラソンのことである。私の住んでいるおゆみ野とちはら台走友会のあるちはら台には四季の道、かずさの道と言った日本でも有数のよく整備された遊歩道があり、私はこの遊歩道を使用した本格的なハーフマラソンを開催する夢を持っている。
何しろこの遊歩道はURがそのノウハウを結集して作成したとりわけ美しい遊歩道で、全国の人にも見てほしいからだ。
街作りの基本は遊歩道だ!!

 今年になって隣のちはら台では「ちはら台マラソン10km」が始まり、多くのランナーが走っているがとても残念なことに遊歩道を使用しているのではなく、一般道を使用している。
遊歩道の入り口は鉄の柵があって、これを取り外さなければ多くのランナーを走らせるわけにいかないのだが、市原市にはそうした予算がないのだという。

 こうした問題は当局と話をしても埒があきそうにないので、私は昨年よりこの二つの遊歩道を使用したハーフマラソン大会を開催している。
一回目はおゆみ野をスタートにしたが、2回目からはちはら台にスタートに変えた。
ちはら台をスタート・ゴールにすると走友会のサポートを得やすいからだ。

 今回の参加人員は34名だったが、走友会からは20名のランナーが参加してくれた。他にボランティアスタッフ6名の参加があったから、計26名がこの大会に参加してくれたことになる。
私はいろいろな組織に参加しているがこのちはら台走友会ほど活発に活動している組織を知らない。

 走友会だからマラソンレースにみんなで出るのは当たり前だが、この走友会はそれだけにとどまらず地区の行事に積極的に参加しサポートしている。
特にマラソン関連は走友会の独断場のような感じだ。トントンエコマラソンちはら台マラソンが主なものだが、それ以外にも地区の行事には必ずと言っていいほどでている。
部員数は約50名で幽霊会員はほとんどいないのだから立派なものだ。

 今日はほぼ快晴で春らしい陽気だったが走るのにはやや暑すぎた。エイドを3か所設置して対応したが、私は給水をしないと熱射病になりそうだった。
信じられないことに私設エイドを設定してくれる人もいてびっくりだ。
全員完走して終わったら宴会をして盛り上がった。

 私個人としては最近は膝の故障でほとんど練習をしていなかったが、このハーフマラソンに備えて1週間だけマラソン練習をして何とかハーフを走り切ることができた。しかし走力の低下は目を覆わんばかりだったから、さすがに私も反省した。
ランナーは走ってなんぼなのだから、せめて週に2回は13km程度走って体にカツを入れておこう
そう決心しただけでも収穫だ。

 なお今回のレース結果(上位20名のみ)は以下の通り(敬称略)

1.高橋    1:32:55
2.坂巻    1:42:55
3.野ケ峯   1:43:50
4.加々美   1:45:29
5.吉永    1:48:02
6.藤田    1:50:30
7.細田    1:50:55
8.岡本    1:51:14
9.嶋田    1:51:26
10.田中   1:52:00
11.安藤   1:53:27
12.松田   1:54:39
13.上杉   1:55:00
14.海原   1:55:21
15.三浦   1:56:30
16.細野   1:56:47
17.岩瀬   1:58:50
18.遠藤   2:00:00
19.清水   2:00:25
20.鈴木   2:05:15


別件) 現在おゆみ野クリーンクラブのカンパを求めております。その資金を基におゆみ野四季の道の清掃活動やベンチの補修を行っております。ご協力をいただければ幸いです

カンパの送付先

・千葉銀行 鎌取支店(092)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)

・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)


なお、おゆみ野クリーンクラブの活動の実態は以下を参照してください。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-9bc7.html 

| | コメント (0)

(26.4.14) かずさの道/四季の道を使用したハーフマラソンの開催 

Dscf5426

 
 このところずっと悩んでいた「かずさの道/四季の道を使用したハーフマラソンを開催することにした。
今全国各地でマラソン大会が花盛りで、地域の町おこしの一環としてはマラソン大会が最も効果がある。
少しでも名の知れた大会なら1万人規模になるし、そうした大会の参加費用はフルの場合ほぼ1万円だからそれだけで1億円のイベント効果がある。

 私はここおゆみ野からちはら台にかけての遊歩道がとても好きで、この遊歩道を利用したハーフマラソンが開催できないか前から期待して待っていたのだが、残念ながら遊歩道を使用しての大会は開催されていない。
今年からちはら台ではちはら台マラソンが始まったが、これは一般道を走ることになっており遊歩道を使用していない。
遊歩道を使用しなければこの素晴らしい環境を理解できない。やはり、自分がイベントを開催しなければだめか!!
昨年からハーフマラソンを実施してきた。

  だがしかし個人主催のイベントは本当に苦労がつきない。ちはら台マラソンなどは専門のマラソン請負企業があって、ノウハウは整備されておりまたテントやロープやコーン等の資材もばっちりそろっている。
スタッフは5名程度だが、必要な業者との提携があって実にてきぱきと大会の運営をしていた。
それに比べて手作り大会はすべて主催者が用意しなければならないのでコーン等の資材の調達や配置、距離の測定および参加者の募集等情熱が必要だ。

 実は本年に入ってから体の調子が下り坂で特にRUNができなくなってしまった。ランナーは走れなくなると一気に気持ちがナーバスになる。
今年は私は中学生に勉強を教えるので手いっぱいでいつも疲れているので、今回は休止するかそう思っていた。

 先日私が所属するちはら台走友会の総会があった。走友会には50名弱の会員がいて、実に活発な活動をしており地区のイベントの最も重要な活動部隊になっている。
今年から実施されたちはら台マラソンの手足は実質的には走友会が引き受けた。
その総会で私が「今年はイベントを実施するのが大変だから・・・・・・・」と休止宣言をしようとしたら、「みんなで協力するからしよう」と応援を受けた。
マスさんは前から遊歩道でのハーフマラソンに大賛成だし、情熱家のまっちゃんは「頑張ろうという。
本当に走友会のメンバーの連帯は熱い。

 「そうか、そこまで支援してもらえるのに休止はないだろう」さすがに私も決心した。走友会のメンバーだけの大会だと10名程度になりそうだから、やはり知り合いのランナーに今日から声をかけてみようと決心した。
将来大きな大会になり、地区の大イベントになることを夢見て気持ちをハイにしようと思う。

別件1) 第2回ちはら台・おゆみ野ハーフマラソンのお知らせ

以下の日程でハーフマラソンを開催いたします。
① 4月27日(日曜日)
② 午前10時スタート(雨天決行)
③ スタート・ゴール ちはら台走友会のかずさの道の集合場所(前回と同じでセンドーのうえ)
④ 費用300円(実費)
⑤ 参加希望者はこのブログのコメントかメール機能を使用して参加希望を連絡してください。


*本件はかずさの道や四季の道を使用したハーフマラソンを開催するための準備大会です。


別件2) 現在おゆみ野クリーンクラブのカンパを求めております。その資金を基におゆみ野四季の道の清掃活動やベンチの補修を行っております。ご協力をいただければ幸いです。

カンパの送付先

・千葉銀行 鎌取支店(092)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)

・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)


なお、おゆみ野クリーンクラブの活動の実態は以下を参照してください。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-9bc7.html





 

| | コメント (1)

(25.10.7) ちはら台・おゆみ野ハーフ・フルマラソン大会が実施された

Photo


 この日曜日、ちはら台・おゆみ野ハーフ・フルマラソン大会がここちはら台かずさの道とおゆみ野四季の道を使用して実施された。
この大会は私がおゆみ野とちはら台の遊歩道を使用した正式なハーフマラソンをいつか実現させるために、試行的に実施しているものだ。

 地区の活性化のためには何といってもマラソン大会が一番だ。これは石原前都知事が成功させた東京マラソンを見ればわかる。
東京マラソンは今では日本最大の行事の一つにまでなったが、日本人のマラソン好きは何かDNAに刷り込まれた資質のようで、縄文時代から日本人は野山を走り回っていたのだろう。

 ハーフマラソンを日本でも有数の美しい遊歩道の四季の道とかずさの道を使用して実施するのが私の秘かな計画で、そのために懸命に芝生の再生作業を昨年来より実施してきた。
嬉しいことに四季の道の芝生は昨年より見違えるほど美しくなり準備は着々と進んでいる。

 マラソン大会はこの春はハーフだけだったが、今回はフルも種目に加えた。フルはハーフのコースを2回走るといういたって単純明快なコース設定にしてある。
参加者は私が所属しているちはら台走友会のメンバーがもっとも多いのだが、それ以外に四季の道ランナーズ帝京市原接骨院の先生方や、その他私のブログを見て応募された方や、四季の道で撒いたビラを見て参加された方たちだ。

 総勢で35名になって、私は驚いてしまった。せいぜい20名から30名の間でどちらかというと20名に近いのではないかと予想していたからだ。
しかしふたを開けてみるとハーフに30名、フルに5名の応募があった。
この春のハーフマラソン大会では14名の参加だったから2倍強の参加人員になっている。

注)春の大会の模様は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-e6df.html

 個人が主催するマラソン大会では公道は占有できないから、一般のジョガーと同様の条件で遊歩道を走り、信号では交通規則を守る
折り返し地点には三角コーンを設置するが大会が終われば撤去するし、コースを示すためのチョークの矢印は早急に洗い流すつもりだ。

 今回のハーフ・フルマラソンではちはら台走友会のメンバーが全面協力をしてくれて3か所にエイドステーションを設置することができた。
この日は特に暑くはなかったが、それでもエイドがあるとないとでは全く条件が異なる。
いわゆる脱水症状なんかで病院に運ばれたら大変だから、水分は必須だ。
また会長のSさんが1kmごとの表示を設置してくれたので、本格的なレースのようだった。

 私は今回フルを走ったのだが、30kmを超した地点から足がけいれんし始めた。1kmごとに立ち止って足を延ばさないと、今にもつりそうだった。
未だフルを走る足になっていなかったようで、ようやくゴールにたどり着いたときは実にほっとしたものだ。

 今回のような遊歩道を使用した大会は年2回実施するつもりだ。春はおゆみ野四季の道がスタート、秋はちはら台かずさの道がスタートとする。
現在は試行の段階だが、いずれこの四季の道とかずさの道を使用した本格的なマラソン大会を私が生きているうちに開催にこぎつけたいものだと思っている。

(ハーフマラソン結果) 敬称略 また一部漢字が読み取れないところがあります。

1. 高橋 秀明     1:33:44
2. 望月 和美     1:38:00
3. 小倉 文夫     1:38:22
4. 谷本 文       1:40:12
5. 山口 紀人     1:47:04
6. 田中 俊一郎    1:48:47
7. 岩瀬         1:51:35(名前が読み取れません。ごめんなさい)
8. 陣野 正美     1:52:27
9. 井上 貴博     1:56:00
10.山口 夏帆     1:56:28
11.清水 雅夫     1:57:00
12.野口 真司     1:58:46
13.江波戸 成禎    1:59:41
14.山口 謙太郎    1:59:57
15.佐藤 仁俊     2:00:01
16.田中 敬子     2:00:55
17.荒木 富士男    2:00:56
18.三浦 博隆     2:02:58
19.渡辺 晋       2:04:00
20.平田 雅       2:07:58
21.寺崎         2:10:00(名前の漢字変換ができません。ごめんなさい)
22.安富 ひろ子    2:12:00
23.安富 淳       2:20:19
24.池田 三郎     2:21:14
25.吉永 静子     2:24:05
26.石山 洋亮     2:25:20
27.斉藤 誠       2:34:18
28.金子 みどり    2:35:15
29.貫井 文子     2:43:29
30.出山 和彦     記録なし

(フルマラソン結果)
1.小堀 育男      3:50:19
2.島田 弘幸      4:09:39      
3.山崎 次郎      4:35:30
4.嶋田 克三      記録なし
5.村上 和彦      記録なし(33kmで棄権)

注)なおタイム等が間違っていた場合は修正をいたしますので申し出てください。

 

| | コメント (0)

(25.4.28) 第一回おゆみ野・ちはら台ハーフマラソンが開催された。

___2  
  初めてマラソン大会を主催してみた。私が住んでいるおゆみ野四季の道と、ちはら台走友会が練習コースにしているかずさの道をつないだハーフマラソンだ。
コースとしては他に比類ないほど美しい遊歩道が続いていて、ここでハーフマラソンが開催されたらどんなに素晴らしいかと前から思っていた。

 しかし本格的な大会だと多くの関係者の協力が必要で、特に道路を占有する場合は警察の許可がいる。
よほどの社会的意義がない限り許可を得ることは難しいので、通常は地方自治体が前面に出て地域おこしを名目に開催することが多い。

 今回私が開催したハーフマラソンはあくまでも私設だから、道路の占有は無理で、一般ランナーと同様の条件で遊歩道を走ることになった。
このコースには一か所四季の道からかずさの道に向かう途中に信号機がある。
通常の大会だと交通規制が行われて信号を無視して走るのだが、私設の大会では通常の住民と同様に信号を守って走ることになる。

 そのため特殊なルールが必要で信号で止められた時間はロス時間としてネット時間に含めないことにした。
こうすれば無理やり信号無視して走る必要はなく、ゆったりと信号が青になるのを待っていられる。

 この日は信じられないような快晴で、しかも気温はそれほど高くなくとても走りやすいコンディションだった。
呼びかけに応じてくれたのは私が所属するちはら台走友会のメンバーと、知り合いの四季の道ランナーズ千葉寺走友会のメンバー、それとブログを見て参加をしてくれたランナーの総勢14名だった。

 大規模大会は数万のランナーが参加するから、そうした大会に比較するとほとんど大会とは言えない規模だが、個人が始める大会は最初はこの程度の人数が普通だ。
大河もいっぺんに大河になるわけでなく最初は高山の水の一滴から始まるのだから、まず始める人がいることが大事だ(萩往還250kmは最初は数人で始めたが、現在は日本を代表する250㎞レースになっている)。

 この大会は毎年一回の割合で開催するつもりだが、やはりいくつかの反省点はある。
一番の反省点は土曜に開催をしたことで、最近は多くの現役が土曜日も働くことが多いのにびっくりした。
また休みであっても学校との行事とバッテングすることが多く、やはりこうした競技は日曜日に開催しなければならない。

 またゼッケンはアマゾンで購入できることを今回初めて知った。ゼッケンがないと一般のジョガーと区別できないのでぜひ必要だが、最初は布を購入して適当な大きさに切ってゼッケンを作成するつもりだった。

 距離の測定でも最初はどうしたらよいか迷ったが、最近は無料の地図上での距離測定ソフトがあって、これで何回か測定を行った。最終的には21.1kmに限りなく近い距離を設定できたので私設の大会としてはまじめな距離設定になった(大きな大会でも陸連が公認していない大会は距離に問題があることが多い

 最初悩んでいたのはエイドで、エイドを設定できないので公園の水道で水を飲んでもらうつもりだった。だがありがたいことに四季の道ランナーズのAさんと、ちはら台走友会のYさんがエイドを設定してくれたので2か所往復4か所)で水の補給をすることができた。
ハーフマラソン程度になると水の補給がないと一種の熱射病のような症状が出てしまう。
これは本当に助かった。

 タイムは走友会の人が走っただけあって一般の大会より相対的にレベルが高い。
優勝した高橋さん1時間23分38秒だから立派なものだ。高橋さんは今回は仕事に差しさわりがないようにセーブして走ったのだから、それでも楽々このタイムで走ってしまう。
記念すべき第一回大会記録を下記に掲載しておく(敬称は略

① 高橋秀明   1:23:38
② 小倉文夫   1:33:25
③ 望月和美   1:35:55
④ 島田弘幸   1:38:13
⑤ 安富ひろ子  1:40:15
⑥ 深見一郎   1:43:00
⑦ 田汲 聡        1:51:53
⑧ 岡本淳司   1:54:37
⑨ 山崎次郎   1:58:50
⑩ 渡邉 普    2:04:00
⑪ 茂手木良平  2:12:00
⑪ 鈴木 蘭    2:12:00
⑬ 池田三郎   2:25:00


なお、ハーフマラソンをはじめる経緯については以下に記載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-24a3.html

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害