評論 世界経済 カンボジア経済

(26.2.9) カンボジア経済の夜明け 日本との連携が未来を切り開く

2023_073_2 

 外は大雪が降っている。千葉で10cm以上積もることはまれだが、今回は30cmを越えそうだ。テレビでは交通機関がマヒしていることを伝えており無理な外出を控えるように言っている。
仕方がないのでソチオリンピックの開会式をテレビで見たり、ビデオを眺めていたら取りだめていたビデオの中にNHKのアジアインサイト紛糾するストライキ カンボジア」という番組があった。

 「へー、なぜカンボジアでストライキが頻発するのだろうか??とても不思議な気がした。
昨年あたりからストライキが頻発するようになり、特に12月に野党が呼びかけて10万人規模のストライキが発生していた。参加したほとんどの労働者は縫製工場の労働者だった。
カンボジアには現在9000社アパレル工場があり、ほとんどが中国、韓国、シンガポールの資本で占められていて日本の工場はほとんどない。
労働条件はお世辞にもいいとは言えないが、それでも工場が全くなく働く場所のなかったカンボジア人にとってはありがたい場所と言えそうだ。

 縫製工場と言えばバングラディッシュが有名だが、今カンボジアにはその低賃金を求めてかつては中国にあった工場が進出ラッシュしている。工場労働者の賃金は平均で1万円だそうだから、確かに中国の4分の1から5分の1の水準だ。
一方カンボジアには多くの小労働組合があって、この組合が互いに覇権を争うように工場争議に介入していた。
なぜカンボジア人の賃金はこんなに低いのか?とアジって労働争議を組織しており、いつまでも低賃金のままでいることはなさそうだ。

 このカンボジアに中国は多額のインフラ投資を行いいわば中国の子分扱いにしているが、カンボジアが中国に接近しているのは隣国ベトナムをひどく嫌っているためである。
カンボジアとベトナムの互いの嫌悪感は日本と韓国のそれと似ていて第3国からは理解不能なところがそっくりだ。

 私などはカンボジアというとポルポト政権約200万人の大虐殺を行ったキリングワールドを思い出してしまう。1975年から約4年間にわたったポルポト政権は1000万人程度しかいない国民のうち200万人を虐殺したが、ほとんどが高等教育を受けた人ばかりだったのでカンボジアはアホばかりになってしまった。
なぜポルポト政権がこうした残虐行為をしたのかいまだに理解不能だが、毛沢東が仕掛けた文化大革命のカンボジア版だというのが一般的な理解だ。一方インテリや上流階層にベトナム系華僑が多かったことからベトナム人排斥運動の側面もあった。

 それ以来先進国はカンボジアを無視するようになっていたので中国だけが支援国になり、結果的にカンボジアは中国のイエスマンになっていた。ところが昨年11月に安倍首相がプノンペンを訪れフンセン首相と会談し、特に医療方面での支援を約束したころからかなり様相が違ってきた。
同時に2000億円の円借款でプノンペン国際空港と市内を結ぶ高架鉄道と地下鉄の建設を約束したので、カンボジアは今までの中国シフトを微妙に修正し始めた。
中国一辺倒では搾取されるだけだから日本との関係を強化しよう!!

注)安倍首相のカンボジア・ラオス訪問の詳細記事は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-7263.html

 カンボジアはまだ十分な電力が確保されていないので重工業の進出は難しく軽工業中心で、しかも中国や華僑資本がほとんどだ。しかし電力事情が改善していけば日本の資本の進出も可能になるだろう。
観光業を除けば今は縫製業ばかりで、あくどい中国資本がカンボジア人を搾取しているというのが実態だが、カンボジアも日本との連携で徐々に近代化が図られそうな雰囲気になってきた。

注)日本の会社は従業員を大事にするので中国資本のようなあくどさがない。

(別件)ちはら台マラソンのご案内

3月15日(土)に第1回市原ちはら台マラソンが行われます。
   種目は10km、5km、2km、1kmです。
   コースはすべて公道を使用して、白バイの先導もあります。

コースは以下のとおりです。

(10km)
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=561210b401f2b16a5c8bdc88ecb
b0880

(5km)
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=52a9cd953c0833d66bc02ab0c21
cf318


runnetの参加申し込み締め切りは 2月17日までです
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 | NHK クローズアップ現代 | NHK コズミックフロント | NHK BS世界のドキュメンタリー | NHK ミクロの大冒険 | NHK NHK特集 | NHK NHK特集 ヒューマン | NHK NHK特集 病の起源 | NHK ためしてガッテン | NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 | NHK ためしてガッテン 認知症関連 | NHK ハイビジョン特集 | NHK プロジェクトWISDOM | NHK ワールド・ウェーブ | システム facebook | システム Twitter | システム You-Tube | システム ウィニー | システム グリーティングカード | システム サイバー戦争 | システム スマートフォン・タブレット KDP | システム スマートフォン・タブレット・テレビ | システム ネット社会 | システム ブログ ココログ | スポーツ サッカー | スポーツ ロンドンオリンピック | スポーツ 大相撲 | スポーツ 東京オリンピック | スポーツ 野球 | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 | ボランティア おゆみ野クリーンクラブ | ボランティア 地域活動 円卓会議 | ボランティア 数学・英語 | マラソン | マラソン ちはら台走友会  | マラソン ちはら台走友会 登山 | マラソン ウルトラマラソン | マラソン ハーフマラソン開催 | マラソン 四季の道駅伝 | リメイク版 夏休みシリーズ 23年 | リメイク版 夏休みシリーズ 24年 | リメイク版 夏休みシリーズ 25年 | リメイク版 夏休みシリーズ 26年 | 個人生活 ヨガ | 個人生活 同窓会 | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家族 | 個人生活 山崎書店 | 個人生活 散策 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学入門 | 個人生活 日本人論 | 個人生活 映画 | 個人生活 映画鑑賞 | 個人生活 樹木剪定問題 | 個人生活 歩く会 | 個人生活 水泳 | 個人生活 演歌 | 個人生活 登山 | 個人生活 私の人生観 | 個人生活 自転車 | 健康 | 健康 坐骨神経痛 | 健康 精神性胃炎 | 健康 老化対策 | 健康 難聴 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 ネパール | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 北アルプス縦断 | 旅行 自転車周遊記 | 歴史 ローマ史 | 歴史 世界史 | 歴史 中国史 | 歴史 日本史 | 歴史 郷土史 | 災害 東日本大震災 | 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ | 災害 東日本大震災 地震保険 | 災害 東日本大震災 心に与える影響 | 災害 東日本大震災 政治 | 災害 東日本大震災 東電の経営問題 | 災害 東日本大震災 汚染水問題 | 災害 東日本大震災 経済 | 評論 世界 地球温暖化 | 評論 世界 水資源問題 | 評論 世界 科学 | 評論 世界 自然保護 | 評論 世界政治 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 アフリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 | 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル | 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 | 評論 世界経済 イタリア経済 | 評論 世界経済 インドネシア経済 | 評論 世界経済 インド経済 | 評論 世界経済 ウクライナ経済 | 評論 世界経済 オーストラリア経済 | 評論 世界経済 カンボジア経済 | 評論 世界経済 ギリシャ経済 | 評論 世界経済 シンガポール経済 | 評論 世界経済 スペイン経済 | 評論 世界経済 タイの政治・経済 | 評論 世界経済 トルコ経済 | 評論 世界経済 ドイツ経済 | 評論 世界経済 ネパール経済 | 評論 世界経済 バングラディシュ経済 | 評論 世界経済 フィリピン経済 | 評論 世界経済 フランス経済 | 評論 世界経済 ブラジル経済 | 評論 世界経済 ベトナム経済 | 評論 世界経済 ポルトガル経済 | 評論 世界経済 ミャンマー経済 | 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン | 評論 世界経済 中国経済 | 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 | 評論 世界経済 台湾経済 | 評論 世界経済 外国為替・金 | 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 | 評論 世界経済 経済成長 | 評論 世界経済 金融問題 | 評論 世界経済 韓国経済 | 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 | 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 | 評論 世界経済 食糧問題 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト | 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア | 評論 日本の政治  八ツ場ダム | 評論 日本の政治 人口問題 | 評論 日本の政治 公共事業 | 評論 日本の政治 内部告発者保護法 | 評論 日本の政治 医療行政 | 評論 日本の政治 危機管理 | 評論 日本の政治 原子力行政 | 評論 日本の政治 地方政治 | 評論 日本の政治 地方政治 大阪 | 評論 日本の政治 地方政治 東京 | 評論 日本の政治 学校問題・子育て | 評論 日本の政治 安倍内閣 | 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 | 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 | 評論 日本の政治 小沢裁判 | 評論 日本の政治 年金制度 | 評論 日本の政治 教育問題 | 評論 日本の政治 新聞報道 | 評論 日本の政治 普天間基地 | 評論 日本の政治 生活保護政策 | 評論 日本の政治 石原都知事 | 評論 日本の政治 確定申告 | 評論 日本の政治 航空行政 | 評論 日本の政治 菅内閣 | 評論 日本の政治 著作権法 | 評論 日本の政治 警察機構 | 評論 日本の政治 農業政策 | 評論 日本の政治 選挙制度 | 評論 日本の政治 野田内閣 | 評論 日本の政治 陸山会事件 | 評論 日本の政治 食糧問題 | 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の政治・経済 将来像 | 評論 日本の政治・経済 歴史 | 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 | 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 | 評論 日本の経済 JRの経営 | 評論 日本の経済 アクリフーズ | 評論 日本の経済 エルピーダメモリ | 評論 日本の経済 オリンパス | 評論 日本の経済 シャープの経営問題 | 評論 日本の経済 ソフトバンク | 評論 日本の経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の経済 不動産価格 | 評論 日本の経済 医療分野 STAP細胞 | 評論 日本の経済 外食産業 | 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 | 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 | 評論 日本の経済 家電業界 | 評論 日本の経済 就職問題 | 評論 日本の経済 日本再生 | 評論 日本の経済 為替相場 | 評論 日本の経済 経済成長 | 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 | 評論 日本の経済 自動車産業 | 評論 日本の経済 証券市場 | 評論 日本の経済 詐欺 | 評論 日本の経済 財政金融政策 | 評論 日本の経済 野村証券 | 評論 日本の経済 金融機関 | 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害