評論 日本の政治 危機管理

(28.7.30) テロルの時代 日本的テロの発生 津久井やまゆり園事件

22615_0221 

 20世紀が世界大戦の時代だとすると、21世紀は大戦争は起こらないがテロが継続的に発生するテロルの時代だといえる。
今や世界中でテロが吹き荒れており、アメリカのフロリダではIS信奉者による銃襲撃事件で50名の生命が奪われたし、フランスのニースではこれまたISの信奉者によるトラック暴走殺人で84名の生命が奪われた。
ドイツのミュンヘンでも銃撃戦で9名が死亡しているし、トルコやイラクやアフガンやパキスタンでは日常的にテロが発生しているのでいちいち数えることが不可能なほどだ。
そしてあまり報道されないがアフリカや中国のウィグルでもテロが頻発している。

 そしてついに日本でもテロが発生した。神奈川県相模原市の津久井やまゆり園で元従業員による障害者に対する無差別殺害事件が発生し、19名の入園者が殺害された。
これほど多量の人命がテロで失われたのはオウム真理教によるテロ以来だ。
まだマスコミではこの事件をテロと見なしておらず、一精神障害者のよる錯乱によって起こった事件としているが、そう捕えるのはとても危険だ。
この事件は世界中で吹き荒れているテロの一種ととらえなければならない。

 植松容疑者は小学校の教職員免許を持っているいわゆるインテリで、今年の2月に衆議院議長公邸に持参した建白書も、文章は論理的に展開されており、「私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、および社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死させる世界を目指すことだ」と述べ、もしこの建白書を無視されるなら「津久井やまゆり園と他の施設を標的として260人を殺傷した後自首する」と述べている。
事件はこの建白書にかかれた筋書き通りに発生しており本人が確信犯的殺害者であることが分かる。
通常こうした犯人は自殺をするのが普通なのだが、植松容疑者は自首をして裁判闘争をするつもりであり、あくまでも日本の社会制度と戦うつもりだ。
俺は正しい。世間が間違っている

 一般にテロというと思想や宗教上の相違を持つ他者を殺害し、そしてそれを正義とする思想だが、テロ犯は自分のした行為に誇りを持っており、絶対に反省などしない。
実際植松容疑者が護送されている時の態度を見たが、意気揚々としておりわるびれるところがなかった。テロ実行者独特の態度だ。
中東やヨーロッパで吹き荒れているテロはジハードと呼ばれており聖戦という意味だが、ISは世界の同調者にテロへ参加を呼び掛けておりその結果世界各地でジハードが発生している。
日本の場合は植松容疑者がそうであるように、宗教的な理由ではなく異質なものへの憎しみからテロを決行している。

 重度の障害者に対して生命権を認めなかった事例は歴史を振り返れば枚挙にいとまがない。
ナチスドイツでは精神障害者を政策として安楽死させていたし、旧ソ連や東欧諸国でもほぼ同じような措置がとられていた。ただしここでは社会主義に反対する思想犯を薬物等で精神障害者にしてしまい、それを抹殺すると言う方法がとられていて、今でも中国や北朝鮮で行われている。

 今世界中で異質なものへの敵意が渦巻いている。アメリカではトランプ氏がイスラム教徒の入国を制限し、メキシコ人を追い返せと叫んでいるし、フランスやドイツでは極右政党が移民排斥運動を熱心に行っている。イギリスも移民嫌いが嵩じてEUから脱退してしまった。
ヨーロッパが右翼政党の手に落ちるのは時間の問題で、そうなるとEUは実質的に崩壊する。

 植松容疑者はそうした世界の潮流を日本に持ち込んだもので、自身はヒットラーの再来と信じており、ナチスドイツが行った身障者の抹殺を自身が行ったものだと確信している。
思えば第二次世界大戦後の約50年間は世界を一つにするグローバリズムの世界で、国連もIMFもEUもそうした潮流の中で生まれてきた。
「人類は一家族」と言うことだが、アメリカの同時多発テロ以降潮目が変わって、異邦人は敵であり抹殺する存在に変わりつつある。

 人々はうちに閉じこもり、異邦人を受け入れず鎖国体制の中で安全を確保しようとするのだが、これをローカリズムの時代、あるいは新しい中世と呼ぶ。
だから今回の植松容疑差のテロは一過性のものではなく、日本で今後次々に起こるテロのさきがけと判断すべきだ。
世界中で、そして日本でもテロがふきすさび、人々は異質なものを魔女と呼んで熱狂し殺害を始めるだろう。

 

 

 

| | コメント (0)

(27.9.12) 鬼怒川大水害 日本の救助体制は実にしっかりしている!!

Img_30801
(ブログ 「ちば公園のベンチから」に掲載された利根川河口付近の様子。樹木からこちら側は公園の広場だが水没している) 

 鬼怒川は昔から暴れ川だった、江戸時代にも何回も決壊しているが戦後は鬼怒川水系でいくつもダム建設が行われ、特に川治ダムが昭和58年に建設されると水害の被害がほとんどなくなった。
やれやれ、これで鬼が暴れることはあるまい

 しかしこの予想は甘かったようだ。50年に一度という豪雨が鬼怒川水系に襲い掛かり、2日間で500㎜から600mmの集中豪雨を降らせたが、鬼怒川の堤防はそれを支えきれなかったようだ。
茨城県常総市の新石毛地区の堤防が約140mにわたって決壊し、その近くにあった民家を押し流していた。

NHKがその場面を継続して実況中継していたが、恐ろしいほどの水流で堤防近くにあった民家が次々に押し流されていた。
ある男性は電信柱につかまりかろうじて流されるのを防いでいたし、確実に流失しそうな民家の屋根にも救助を待っている人もいた。

 自衛隊や消防庁や海上保安庁や警察のヘリコプターが次々にそうした人を救助していた。私は救助が間に合わないのではないかと心配したが、実に的確なタイミングで救助が行われその心配は杞憂だった。
しかしこうした民家が林立している場所の救助は本当は難しいのだ。
民家の周辺には電信柱がいくつも立っていてヘリの羽が引っかかったら墜落は免れそうもなかったが、レポーターが「電気は止めているのでヘリが感電することはありません」と説明していた。

 特に危険が迫る新石毛地区の救助は陸上自衛隊のヘリが旋回していたが、その運転技術には驚愕した。実に見事なホバリングでまたレスキュウ隊員の手際もすばらしい。
な、なんて救助が上手なんだ・・・・・」。

 近年日本では過去に例を見ないといわれる災害がやたらと発生している。東日本大震災は特にそうだが、それ以外に昨年の広島市の集中豪雨による住宅の消失や、今回の鬼怒川の堤防決壊や、また異常気象として夏がやたらと暑くなっている。何か日本は亜熱帯になったみたいだ。
今回の台風17号と18号もそうで生まれて数日で日本に襲い掛かった
ここは熱帯じゃないよ・・・・・

 先日NHK でメガ・デザースターという番組をやっていたが、「歴史的に気象を追うと20世紀は相対的な気候の安定期だったが、21世紀は気候が大きく崩れて降水量が増える世紀になる」と研究者が説明していた。
長期的な変動では日本は雨期に入るようだが、それに輪をかけて中国が温暖化ガスを排出しているので「今後信じられないような集中豪雨による災害が発生するとおもわなければならない」と番組が警告していた。
その警告の舌の根が乾かないうちにこの鬼怒川大水害が起こった。

 今回は50年に一度の降雨だそうだが、今後こうした○○年に一度というような降雨量がどこでも降ってもおかしくなくなってきたようだ。
現在の堤防設計はそうした想定外まで備えていないから、今後ますます過去に例を見ない洪水が発生するのだろう。

 今回鬼怒川水域に集中的に雨が降ったが、テレビの気象予報官が「南から北に一直線に積乱雲が次々に発生していますが、これは線状降水滞といって今回はこれが二日間にわたって居座ったために500㎜を越す豪雨になった」と説明していた。
画面を見ると私の住んでいる千葉から茨城、栃木にかけて厚い雨雲が帯状に北上していくのだが、南からすぐ雨雲がわいていつまでも途切れることがなかった。
線状降水滞なんて初めて知った名前だ・・・・・・・・・・
通常線状降水滞は一か所にとどまることなく数時間で東に移動していくものだそうだが、今回はそれが全く場所の移動をしなかったため思わぬ雨量になったのだという。

 今回の大規模水害で死者行方不明者は現在30名程度になっている。私はかつて伊勢湾台風で約5000名の死者が出たのを知っているので「ひどい水害だが死者が少なくて良かった」とほっとしている。
自衛隊や消防庁や海上保安庁や警察の救助も実にしっかりしていたし、NHKも適切な情報を全国に途切れることなく流していた。
そして安倍総理を中心に救助体制がよく整えられていたと私は思う。
それは他の災害対応と比較すると分かるので昨年の韓国のパク・クネ大統領のセウォル号事件の対応や、東日本大震災の時のヒステリーを爆発させていただけの菅直人氏とはえらい違いで、やはり指導者がしっかりしていれば救助体制もしっかりする。

 今回の鬼怒川大水害はそれ自体としてはひどい悲劇だが、一方日本の救助体制が十分整備されて機能したことをみて私はホッとした。
大丈夫だ、メガ・デザースターの時代に日本は生き残れる実力を示している

 



 

| | コメント (2)

(25.10.18) 川島大島町長の大チョンボ 危機管理意識ゼロの悲劇

1984_064
(花火を画像処理した写真)

 政治は結果責任だから、川島大島町長が「夜中の3時前後は真っ暗で避難勧告を出すのは被害の拡大につながるとの認識だった」と釈明しても、60名もの死者と行方不明者(人数は発表のたびに変化している)を出しては責任を逃れることはできない。
川島町長の認識が正しければ、もし避難したら60名以上の死者が出ると予想したので60名で済んでよかったとなるが、そんなことはあり得ないからだ。

 今回の川島町長の判断ミスにはいくつかのミスが積み重なっている。
一番大きなミス過去10年で最大級の台風が接近していた時に、町長と副町長がそろって出張しており、判断は総務課長に任せられていたことだ。
町長や副町長は第一に住民に対して責任を持つ立場だが、総務課長はそうした立場になく町役場の事務の責任者に過ぎない。事務の責任者が住民保護の判断を任せられてはたまらない。

 
 町長は島根県隠岐の島で開催されていたジオパーク全国大会に出席しており、15日の夜は懇親会が行われていた。
災害が発生したのは16日未明の午前3時ごろで、この前後に警察から避難勧告を出すように大島町は要請されていたが(大島署は土石流が発生し始めたのを見て大島町に避難勧告を出すように2回要請した)、真っ暗闇で逃げるとさらに被害が拡大するとの判断で大島町は避難勧告を出さなかったという。

 しかしこのあたりの川島町長の説明をそのまま信じることは難しい。実際は総務課長から電話があった時間帯には酔っぱらって判断ができない状態だった可能性が高い。
総務課長がおたおたして対応ができなかった間に被害が拡大し、そもそも避難勧告の段階でなくなってしまったというのが実態だろう。

 だから川島町長が「なぜ10年に一度の台風」が接近しているときに、危機感が全くなくジオパークの懇親会などに出ていたかが最大の問題になる。
もし少しでも危機感があれば、副町長を東京都の篠原村(ここに出張していた)から呼び戻すか、最初から出張を取りやめさせたはずだが、そうした措置は一切取っていない。
危機管理意識がゼロであったことは明白で、不作為の責任が問われても仕方がない。

 第二のミスは、気象庁が15日の午後6時5分に大島町に対して「土砂災害警戒情報を出した時点で何の対応もとらなかったことだ。
注意深い市町村なら住民に避難勧告を出すはずだが、この重要な情報を無視している。
最近の災害はほとんどが想定外のことが多いので、避難勧告を出そう」と判断してほしかったが、この時点で町民が避難していたらこれほどひどい災害にはならなかった。
16日の真夜中の3時と違って15日の午後6時頃はまだ雨脚も強くなく、避難するのにさして支障がなかったからだ

注)「土砂災害警戒情報」が出たからと言ってすぐさま「避難勧告」に結びつくものでなく、市町村の長の判断にゆだねられるのだが、そもそも町長は判断すらしていない。

 やはり川島町長は油断していたのだ。
10年に一度といっても、大島に台風がやってくることはしょっちゅうだ。だが今まで一度も大被害になったことはない。だいたい元町は地盤がしっかりしているから土石流など発生するはずはない

 しかしその想定外の予想をうわまった雨量によって三原山の斜面が大きく崩れてしまった。
時間に122mm、24時間で800mmは観測史上最高の雨量だが、最近の気象は常に観測史上最高の記録のオンパレードだ。
繰り返すが、川島町長に危機管理のセンスがあったら、すぐさま隠岐の島から引き返すか、最初から出張をキャンセルしただろう。

 なお気象庁は13年8月より「特別警報」という制度を設けている。これは50年に1度の大災害が発生すると予想されるときに出す警報だが、大島町の場合の基準は48時間に419mm以上の雨が降った場合だった。
今回は24時間で800mmだが、この制度は都道府県単位に出す警報であったため、出されていない。
これは気象庁の特別警報制度の欠陥と言えるだろう


 だからすべてが町長の責任というのも気の毒だが、政治は常に結果責任だ。60名もの死者・行方不明者を出した大災害は、川島町長の油断から発生したと指弾されても致し方がないと私は思っている。

注)福島原発事故の危機管理で菅首相は失敗し、原発のメルトダウンを引き起こしたがその時のドタバタ劇とよく似ている。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-c0f8.html

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害