歴史 中国史

(24.12.5) NHK 中国文明の謎 第3集 始皇帝 帝国への野望

___2   
 
 NHKが放送したこの「中国文明の謎」のテーマは「なぜ中国は一時的に分裂してもその後大帝国として復活するのか」と言うことだ。
メソポタミアやインダスやエジプトの文明がその後歴史の闇に消えたのに、中国文明だけは今なお脈々と引き継がれている。
中国と言うまとまりは何に起因するのかをこの番組は追い求めていた。

 第一集では最初の王朝「」が取り上げられ、夏が発明した宮廷儀礼がその最初のノウハウと説明していた。神ではなく皇帝にひざまずかせることによって神なき中国の権威を獲得したのだと言う。

注)詳細は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-57d6.html

 第二集では「」が取り上げられ、ここで漢字を公文書に使用する知恵によって、異なる民族・言語間で共通の理解言語を発明することになったという(漢字そのものは夏の時代に発明されていたがこれは王と神のみ知る神聖文字だった)。
漢字は表意文字だから発音ができなくても意味は分かるので漢字文化圏は広がる。
日本もその中国文化圏の一員だ。

注)詳細は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/241124.html

 そして第三集では秦の始皇帝が中華と言う概念を逆転させることで、中国を作り上げたという。
もともと中華とは中夏と書いて、夏の末裔を意味した。
日本の例で言えば天皇家につながる家柄と言う感じで、源氏も平家もそうして権威を確保したものだ。

 夏・殷・周が都を置いた場所を中原と言ったが、この中原を支配していることが夏の後継者でありすべての権威の根源になっていたと言う。
周が実質的に滅んだのはBC8世紀だが、その後秦による統一がされるBC221年までを(約600年間春秋戦国時代というが、この間中原に覇を唱えた国はすべて自分たちは夏の末裔だと称した(当時は中原にある国だけが中夏であり、中国だった)。

 その頃は中原から西に約500kmも離れた遊牧民族で、夏の末裔国家から見ると野蛮人の住むところ、西戎せいじゅう)と言われていて日本が東夷と言われているのとさして違いがなかったと言う。
しかし秦は名馬の産地で当時の馬は現在の戦車と同じだから、ヒットラーの戦車軍団のように中原の魏やその他の国家を軍馬で一蹴してしまった。

 そしてそのとき以来、秦は実は夏の末裔だと称し、「中原とは秦や南の揚子江沿岸の楚までを含めた広い地域をさす」と中原の意味を拡大解釈した。
もちろんもともと中原に住んでいた人々は不満だったが、何しろ秦は絶対的な軍事国家だし逆らうと殺されるのでそれに従った。
間違いありません。西の西戎も南の南蛮も東の東夷(山東半島当たり)もすべて中原でございます

 こうして中原の地は一挙に拡大したがその領域が中華(中国)だと言うことになった。いわば力ずくで始皇帝が中原を拡大して中原を支配する国中国を作り上げたが、これを中華思想(もともとは夏の後継者の住むところ)と言うのだそうだ。
なるほどね、宮廷儀礼と漢字と中華思想が中国の接着剤か・・・・・・・・・・・・・

 最近の中国はありとあらゆるところが中国の領土だと言って海洋監視船や海軍を派遣しては周辺国家を脅しているがこれも中華思想のようだ。
秦の始皇帝と同じで軍事力で支配したところはすべて中華中国)になる(実際チベットもウイグルもそうして中国になった)。

 中国からすると中国皇帝に拝謁し(小沢氏が民主党の若手議員を引き連れて拝謁していた)、漢字を使用し(本、台湾、ベトナム、韓国は何らかの意味で漢字を使用している)、そして中原の一員になることを望む国家あるいは無理に併合した国家)はすべて中国領にするのが天命だというのだ。
何ともきな臭い話だが、油断すると尖閣諸島も沖縄もそして大和もすべて中国領になってしまいそうだ。

 この3部作を見終わっての印象は中国は本当に「この接着剤さえあれば統一に向かうのか」と言う疑問だ。
ソビエト・ロシアユーゴスラビアスーダンも大分裂し、世界の趨勢は分裂にあるのだが中国のみは統一に向かうと言うこの番組の主張には疑問がある(そんなことを言えば世界全体が中国領になってしまう)。

 やはり現在は中国の拡張期のピークで、そのために拡大に次ぐ拡大をしてきたが、あらゆる帝国にも限界があるようにこのあたりが中国の最大版図だと思ったほうがいいのではなかろうか(だからこれからは分裂の時期に入る可能性が高い)。

注)私から見るとこの番組は1980年代の世界が日本を見ていた見方と同じに見える。当時エズラ・ボーゲルは「ジャパン アズ NO1」と言って日本が次の覇権国家だと言っていた。
この番組を制作したNHKのディレクターもそうした幻覚にとらわれているのではなかろうか。

 

| | コメント (0)

(24.11.24) NHK 中国文明の謎 第2集 漢字誕生 王朝交代の秘密

191112_030

 私は小学校以来漢字に悩まされてきたので、「この漢字さえなければ勉強がどんなに楽しかったかわからない・・・・アルファベットだったら良かったのに・・・」思ってきたが、どうやらそれほど単純ではなかった。

 今回の中国文明の謎のテーマは「漢字誕生 王朝交代の秘密」だったが、そもそも漢字が誕生したのは今から3600年前から始まった殷の時代だと言う。
殷王朝はその前の夏王朝を滅ぼして約500年に渡って栄えた軍事大国で、その政治は神聖政治だったと言う。

 王は神の信託を受けて政治や軍事をつかさどるのだが、神と王との会話は甲骨文字という漢字を使って行われた。
漢字は主として亀の甲羅に書かれたのだが内容は「今度の戦争に勝てるか」「私の最愛の姫は病気から回復するか」「今年は豊作か」とかもっぱら神に吉凶を尋ねる手段だったという(卑弥呼の政治はこれを真似たのだろうか?)。

 亀の甲羅に神託を記載しそれに熱した青銅器の棒を甲羅に押し付けると、裂け目ができその裂け目の形で王が吉凶を判断した。
これは王と神だけが知るメッセージだから、一般人民に見せてはならずすべて王が管理していた倉庫にそっとしまわれていたという。
その甲骨文字殷墟から大量に発見され中国古代の政治が明らかになってきた(殷王朝の500年間、漢字は門外不出だった)。

 番組で強調されていたのはこの甲骨文字が現在の漢字とよく似ているためすぐに解読ができ、今ではほとんどの甲骨文字の解読が済んでいると言う。
これは他の古代文字に比べると信じられないような特色で、たとえばエジプトのヒエログリフやメソポタミアの楔形文字は長く解読ができなかった。

 
 ところが漢字を独占していた殷王朝が今から3000年前殷と周との関が原の戦い牧野の戦いという。両軍あわせて100万以上の軍勢が戦った)で、殷は一日で周の軍門に下ってしまった

注)このあたりになると中国の歴史の深さを感じる。この頃日本は縄文時代の初期の頃で日本全体の人口も数十万人程度だったから、牧野の戦いに動員された兵士より少なかったことになる。

 この戦闘の記述は司馬遷史記に記載されていて「殷の兵士は戦わずして敗走した」となっている。
司馬遷が生きたのはBC2世紀からBC1世紀にかけてだから牧野の戦いから900年近く経過しているのに、どうしてそのときの戦況が分かったかというと漢字で記録されていたからだ。

 実はからに政権が移ったときに漢字の使用法に革命的な変化が起こった。殷ではもっぱら神との会話に使用されていたのだが、周ではそれを契約や命令や記録等の現在われわれが漢字を使用する方式に変えた。
なぜ周が漢字を使ってコミュニケーションをとろうとしたかは、その統治形態が封建制度だったからだという。

注)周は殷を打倒するために多くの部族を結集して殷と戦った。そのため戦後は周王朝は部族連合の長の形をとらざる得なかった。これが封建制度である。なお殷は独裁国家だったので他の部族を武力で支配していただけだった。

 周は日本の徳川幕府と同じような多くの部族(藩)との共同統治だったので、その部族に領土の保全を約束し一方で周に軍事協力をさせる契約が必要だった。
それを周では殷でもっぱら神託に使用していた漢字を利用して記載した(言葉ではなく文字で明示した)。

 漢字は表意文字でアルファベットのような表音文字ではない。だから意味さえ分かれば言葉が異なっても内容を理解できる。
これは私たち日本人が今でも漢文を書き下し文で読んでいるのと同じで、異なる部族相互間でも十分意思疎通ができた。

 実はこのことが中国が多民族国家であるにもかかわらず統一王朝ができる理由だと言う。
漢字さえ分かれば発音を無視してコミュニケーションを図れるので漢字文化圏ができてしまう。
日本人も明治期までは自由に漢文を駆使していたので宮崎滔天孫文と筆談で自由に会話を交わしていた(私も最近おゆみ野で中国人と漢字でコミュニケーションをした)。

 「漢字のあるところ中華ができる」と言うことだが、確かに漢字を媒介して多民族を束ねることができるので、分裂しても中国は常に統一王朝に向かってベクトルが働くことになる。
この番組のテーマもこの統一へのベクトルだが、それなら統一王朝が末期に農民反乱によって分裂して行った歴史をどうとえらえたらいいのだろうか。
統一王朝は分裂しても漢字を媒体に再び統一文化圏の再構築に成功すると言うことだろうか。

 12月の第3話は秦王朝の登場だ。興味を持ってみることにしたい。

なお第一話は以下に記載してあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-57d6.html

別件)現在おゆみ野近郊の苅田郷で陶芸展が開催されております。開催日や場所は以下のパンフレットを参考にしてください。
A4


| | コメント (0)

(24.10.23) NHK「中国文明の謎」 中華の源流 幻の王朝を追う

Image1

 このところ中国には虐められっぱなしだから、日本人の間ではすっかり中国嫌いが蔓延している。
そうなると日本人は「坊主にくけりゃ袈裟までにくい」となって、中国製品も中国の文化も、そして歴史についても中国とつくものは何でも無視しようとするが、これは正しい態度ではない。

 第二次世界大戦で日本の軍部はアメリカやイギリスを「鬼畜米英」(鬼や家畜)とヒステリックにわめき、その結果両国の文化や政治姿勢のまともな分析をせずにものの見事に敗戦をした。
相手がにくければにくいほど研究分析するのがアメリカ流なら、存在そのものを無視するのが日本流で、この日本の態度ではいくら戦争を行っても勝てない。

 今回NHKで「中国文明の謎」と言うシリーズ番組を開始したが、中国分析には格好の番組でその第一回目は「中華の源流 幻の王朝を追う」だった。
幻の王朝とは「夏王朝」のことだが、私が学生時代だった半世紀前までは「夏王朝」とは単に伝説上の王朝で実際には存在していなかったと教わった。

注)もともとは「中華」と言う文字は「中夏」だったと言う。夏王朝の子孫が中国人という意味に使う。

 しかし近年中国考古学会の発掘調査で、4000年の昔河南省二里頭の地に、夏王朝の宮殿跡が発掘され、その人口規模は約2万人で当時としては屈指の巨大さを持った都市であることが確認された。
河南省二里頭と言っても日本人にはどこだか分からないと思うが、地図で確認したら黄河の南で現在の洛陽が近い
中国の原点はやはり黄河周辺で揚子江周辺でない。

 この夏王朝が中国と言う4000年の歴史を持った大帝国を支えるソフトウェアを初めて発明したと言う。
なぜ中国はヨーロッパのように分裂国家にならず、統一国家になったかの謎を教えてくれるソフトウェアだ。

注)この番組では中国は統一方向にベクトルが働くとの主張になっていた。もしこの説が正しいと隣国に実に厄介な大国がいつまでも居座ることになる。

 発掘調査の結果二里頭には特別な形態をした宮殿跡が見つかっている。
まず南に大きな門(南大門)があり、そこを入ると広大な広場が広がり、その奥に王の住まいの宮殿がそびえていると言う構造である。
イメージの沸かない人は映画ラストエンペラーで最後の皇帝溥儀(そのときは幼児)の皇帝就任式で群臣が拝謁する儀式があったが、あの紫禁城の広場や宮殿と同じ構造である。

 この場所で行われる儀式を宮廷儀式と言われるが、これこそが中国4000年の統一国家のノウハウという。
ポイントは皇帝と臣下が直に向き合って皇帝の権威を認める儀式で、中国特有のものだ。

 通常神権政治と言われたエジプトメソポタミアそしてヨーロッパのキリスト教国も)では王は神の代理人であり、神から王権を授かっている形式(王権神授説という)をとり、王の権威は神が担保してくれる。
臣下は神に対して拝謁しているので王に拝謁しているのではないが、一方中国は神なき社会であり、人間が人間に向き合い皇帝に対して拝謁をする。
 

 最もそれだけでは権威が高まらないので、夏王朝では当時中国東北部の精霊であった龍を取り入れ、その化身が国王であるとし、すべての文様に龍をあしらった。
衣類や王が座る椅子や手に持ったシャクにもこの龍の文様が描かれている。

注)龍は自然の象徴ではあるが神でないので国王を凌駕する存在ではない。国王が龍と一体化して人間力と自然力を兼ね備えていると言う感じだ。

 中国ではこの宮廷儀式こそが力のシンボルなので、現在の中国政権でも胡 錦濤が皇帝に擬せられ、各国政府要人が胡 錦濤にあうときは拝謁の儀式が強要される。

注) 誰が見ても不思議なのは胡 錦濤は一歩も動かずまた表情を変えず、各国要人は胡 錦濤のところまで行って「拝謁至極」なんて言っている。
他国であれば両者が近づき場合によったら肩を抱き合うのだが、それは中国流でない。


 中国は分裂しては統一を繰り返してきたのだが、ベクトルはあくまでも統一にあり一時的な分裂が終ると再び中央集権国家として力強く蘇るとこの番組は言いたいようだ。

 こうした番組は中国との共同なくしては制作できないから中国的な統一思想を紹介しているが、私にはいささか異議がある。
あまりに中国の覇権主義が眼に余るので、チベットやウイグルや蒙古はソビエト・ロシアと同じように分裂してもう少し静かな国家になってほしいと思っている。
しかし番組ではますます中国は中央集権国家として周辺諸国を飲み込んでいくと言のでは、隣にヤクザが住んでいるのと同じで日本には立つ瀬がない。

 何とか覇権国家中国を分裂させる手段はないだろうか。そうした視点でこの番組をトレースしていくことにした。

なお、世界史の記事は以下に纏めて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat49743035/index.html

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害