評論 日本の政治 24年度衆議院選挙

(26.3.27) 黄昏のみんなの党 渡辺代表の8億円借入金疑惑

Dscf0019

  人間落ち目になると次々に災厄が降りかかるらしい。みんなの党渡辺代表のことである。
昨年12月にみんなの党は分裂騒ぎを起こしたが、外部からは何がこの分裂を引き起こしたかさっぱり分からなかった。
その後袂を分かった江田氏が「結党の精神を忘れ去った渡辺氏についていけない」といい、さらに「野党再編の中心勢力になる」と言っていたので、この分裂騒ぎが渡辺氏の主導する安倍内閣補完勢力対江田氏の主張する野党結集勢力の対立であることがわかった。

注)なおみんなの党の結党精神とは「小さな政府、日米同盟、脱原発」

 しかしこの分裂騒ぎが世間の注目を浴びなかったのは安倍政権の基盤は盤石でみんなの党がどのように分裂しようが大勢には全く無関係だったからだ。
この分裂騒動で衆参合わせて35名のみんなの党は21名の小所帯に転落しますます政治力を失ったと言っていい。

 その渡辺氏に今度は約8億円の借入金疑惑が持ち上がっていると毎日新聞が(週刊誌に掲載される予定と)報じている。
10年6月に3億円、12年11月に5億円の借り入れを化粧品やサプリメントの企業DHC吉田会長から借り入れたというものだ。
何か猪瀬前東京都知事の借入金と酷似しており、渡辺氏は猪瀬氏が当初言っていたように個人的借り入れで利息も支払っており、うち2億5千万円はすでに返済したと説明している。

注)なお猪瀬氏の件は東京地検特捜部から公選法違反で略式起訴(裁判は開かれず裁判所が罰金を言い渡す)される模様。

 12年11月は衆議院選挙直前だからこの資金が何に使用されたかは誰の目にも明らかだが、渡辺氏は個人的借り入れで押し通すことになるだろう。
何しろ渡辺氏の政治資金報告書には2億5千万円の借入しかないことになっているのだから、間違っても政治資金などと言えば政治資金規正法の網に引っ掛かってしまう。
だから「誰が何といおいうとも借入金だ」と突っぱねる以外に方策はない。

 渡辺氏はもともと安倍首相とは近い関係にあり、特に安倍第一次内閣から福田内閣にかけて行政担当大臣として国家公務員制度改革法案を四面楚歌になりながらも通すのに尽力していた。
行政改革・公務員制度改革に対する姿勢は一貫しており、私は渡辺氏のこうした姿勢を評価しているのだが、弱小政党の領主として資金調達に走らなければならなくなり、墓穴を掘ったようだ。

 政治家にとって常に問題になるのは金と女(男)で、こうした罠をうまく潜り抜けたものだけが総理大臣になれるというのが実態だ。渡辺代表の父親の渡辺美智雄氏も副総理や蔵相を務めた実力者だったがリクルート事件の関与が総理への道を閉ざした。
政治家とは難しい職業だとつくづく思ってしまう。

注)なお小沢氏は政治資金規正法違反で裁判にかけられたがその経緯と結果については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-97f6.html



 

| | コメント (0)

(24.12.18) 何が民主党を惨敗させたか? 鳩山総理と菅総理の大失政

Dscf0105 

 第46回衆議院選挙
は大方の予測どおり自民党の圧勝に終り、民主党は惨敗と言うよりも凋落と言う状況になった。イメージは大阪城落城だ。
自民党と公明党をあわせた国会議員数は325名だから、法案を衆議院で再可決できる3分の2320名)を越えたことになる。
これで衆議院に優勢権のない国会同意人事日銀総裁等)以外で自民党はオールマイティーの力を得たことになる。

注)上記の日銀総裁の人事ではかつて福田政権が参議院民主党の反対で元大蔵官僚を総裁につけることに失敗している。

 今回の衆議院議員選挙はしらけきった選挙になってしまった。なにより小選挙区の得票率が前回より10%あまり下がって59.26%過去最低だったことがそれを示している。

 なぜ国民がこんなにしらけて民主党を見捨てたかというと、鳩山・菅と二代続いた民主党政権の失政のせいだ。
鳩山氏は普天間基地移設問題で、ありえない「国外か県外、最低でも県外と言う夢想を描いて自沈したが、鳩山氏が残した最大の汚点はアメリカとの関係を徹底的に悪化させたことにある。

 おかげでその後中国、韓国、ロシアから領土問題で押しまくられてしまったが、アメリカの核の後ろ盾のない日本は赤子の手をひねるようなものだとみなされたのがその原因だ。
中国との間では現在尖閣諸島をめぐり一触即発の状態になっており、これはすべて鳩山氏の愚かなパフォーマンスのせいだ。

注)しかし鳩山氏は日本が中国から脅されるようになった原因が自分にあることに気がついていない。

 菅氏の場合は東日本大震災の対応でヒステリーを起こし、福島第一原発の水素爆発を誘発した責任がある。
私は長い間システム担当をし、システムトラブルに遭遇したが、そうした場合の上司の一番の心得は、最も優秀でシステムを知悉している人に処理を任せ口出しをしないことにある。

 その人間が全力を尽くしてもなおトラブルが収束しない場合は他の誰がやっても収束しないのだから、上司がすることは辞任を覚悟で静かに見守って作業に余計なちゃちが入るのを防ぐことだけだ。
菅総理の行ったことはこの反対で福島第一原発の所長が全力でトラブル処理を行っているときに何回も呼び出して説明をさせ、かつ余計な指示をしまくっていた。
私は菅総理が余計な口出しさえしなければ福島第一原発の水素爆発は防げ、チェルノブイリに匹敵する放射能災害が発生することはなかったのではないかと思っている。
福島県の住民を苦しめている全責任は菅総理にある。

注)菅総理の誤った指導は以下のように総括されていた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/231229.html

 鳩山・菅総理に比べれば野田総理はるかに現実的で無難な総理だったが、消費税を上げ日米関係を修復したことは自民党政権とはなんら変りがなかった。これでは自民党野田派と揶揄されるのはいたし方がないところで、「なら民主党でなくて自民党でいいじゃないか」ということになる。

 民主党政権になって3年余り、すっかり民心は民主党から離れてしまい立ち直ることが不可能なほどの大敗北を民主党は喫した。
3年前ありえない幻想をマニフェストに記載して大勝したのだから、幻想であることが分かってしまえば見捨てられるのもいたし方がないところだ。

 今度は安倍政権になるが、安倍氏は安保・外交ではしっかりした定見を持っているものの、経済政策は相当危うい。
私は安倍氏がもくろむ日銀の隷属化と、建設国債の日銀引受はインフレ以外の何ももたらさないので反対だが、そのことが分かるまでには又3年程度の歳月が必要なのだろう。

注)安倍氏の経済政策に反対する理由は以下に記載しておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-23a0.html

 

 

| | コメント (0)

(24.11.23) 日本維新の会を応援しているけれど・・・・・ 国家主義者との野合は成功するのだろうか?

Dscf5934

 橋下氏が率いる日本維新の会の政策が何がなんだか分からなくなってきた。
石原氏太陽の党との合併ですっかり方向性があいまいになっている。
野田首相が「それぞれシャープな路線、色を出していたのに混じってグレーになってしまった」と評価したがその通りだ。

 もともと橋下氏の主張は地方分権経済の再生のための規制の廃止だ。
一方石原氏の目指していたものは国家主権の回復で「シナになめられアメリカの妾に甘んじてきたこの日本を、もっと美しいしたたかな国に仕立て直さなければ私は死んでも死に切れない」から立ち上がったので、もっぱら政策は外交面と国防に偏っている。

 この二つの政党が交わってしまったために野田首相の言う政策にシャープさがなくなってしまった。
日本維新の会は以下のように政策を変更している

① 企業・団体献金の全面廃止 ⇒ 上限と期限を設けて認める
② 脱原発路線 ⇒ 原発の安全基準などルールを構築する
③ TPPへの参加 ⇒ 国益に添えなければ反対


 残された政策は道州制首相公選制の導入、参議院の廃止あたりになってしまった。いわばすぐに対応すべき政策については修正し、将来的な憲法改正や法律改正等が伴う難しい政策案件をそのまま残しただけだ。

将来のことは分からないからいい加減に書いておけ。ただし目先の案件ついては太陽の党に妥協しよう」と言うことだ。

 もともと橋下氏は地方の政治家だから外交についてはほとんど識見を持たない。
尖閣諸島では「この案件を国際司法裁判所に提訴しよう」と言っているのがそれで「共同統治でいいじゃないか」思っている。
しかしこれは国家主義者の石原氏は絶対に妥協できない案件で「軍事的な抑止力を持たない限り外交の発言力はない」と言っており、武力行使をしても尖閣諸島を守ると言っている。
もし石原氏がかつての細川政権のようなかたちで首相になれば、尖閣諸島の領有をめぐる中国との間で、イギリスとアルゼンチンの間で戦われたフォークランド紛争のような紛争が起こることを覚悟する必要があるだろう。

 国内政治が重点で外交と言えばTPPの参加一辺倒との橋下氏と、外交と軍事だけで経済音痴新銀行東京を見れば分かる)の石原氏との合同は野合だ。
もし本当に政権を担当することになれば現在の民主党と同様などたばた劇が発生しそうだ。

 私はこの日本維新の会を応援してきたのになんともさえない状況になってきた。それでも維新の会を応援し続けるのは他の政党があまりに問題含みだからだ。

 民主党は野田政権になってからようやくまともな政党になったがそれまでの政権運営はひどかった。
この選挙で野田首相の政策に反対する人が落選してようやくまともな政党として再出発ができそうだ。

 自民党の安倍総裁は外交と憲法改正については賛成できるが、経済政策についてはまったく賛成できない。
ただインフレを起こそうとしているだけで経済再生のための成長産業を育成することにはまったく無頓着だ。
今は円安になって株価が上がっているが、実際は日本から資金が逃げ出している。
円は安くなる。今のうちに売り払ってしまえ」と言うことだ。

注)東日本大震災のときに菅総理がこの日銀引受を提案した経緯がある。それについて私は反対したがその内容は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/2348-34e8.html

 安倍政権ができて政策を実施に移せば急激に国債金利が上昇してギリシャやスペイン並みになる。
日本は政治はまったく評価されていないが、日銀がしっかりしていたので市場では円に対する信任が厚かった
円高とは円を信用すると言うことで、自国の通貨が高いことを嘆くのは世界広しといえども日本だけだ。

注)安倍政権が発足し国債の日銀引受が行われると、国債はたちまちのうちに紙くずになっていくがそのメカニズムは以下のような経緯をたどる。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/2323-db65.html

 民主党にはがっかりし、自民党は経済政策が間違っている。ここは日本維新の会しか応援のし様がないのだが、その維新の会も日和始めたのでなんとも判断が難しい状況だ。

なお24年選挙に関する記事はいかにまとめてあります
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat51951479/index.html


別件)現在おゆみ野近郊の苅田郷で陶芸展が開催されております。開催日や場所は以下のパンフレットを参考にしてください。

A4

| | コメント (2)

(24.11.16) 大手門を開け 最後の決戦じゃ 野田首相の大阪城

Dscf5913_2

 野田首相最後の戦いが始まった。大阪城はすでに包囲されあとは打って出て討ち死にしか残された道はない。外には安倍家康が大軍を率いて総攻撃を始めようとしているし、大阪城内では反野田派の輿石幹事長が首相の寝首をかこうとしていた。

 だが今回「バカ正直な人間」を追い詰めるとどうなるか、民主党常任幹事会のメンバーは思い知っただろう。
輿石幹事長を中心とする解散反対勢力は野田首相が18日から20日に開催されるASEANの会議に出席する間にクーデタを起こし、野田氏を総理の座から引きずり降ろす計画だったが、野田首相に先手を打たれた。

 14日の自民党安倍総裁との党首討論で「次の国会で衆議院定数削減で協力してもらえれば、16日に衆議院を解散する。私は嘘はつかない」と明言したからだ。
野田首相は実に正直な人だ。小学生のときに教師から「野田君は正直の上にバカがつく」と評価されたが、それを父親に「立派な態度だ」とほめられたことを終生の座右の銘にしてきた男だ。
それだけに自民党と公明党から「うそつき」呼ばわりされていたのがひどくこたえていたのだろう。

 さらに民主党内部ではただ議員であることだけにしがみつこうとする野合の衆が、「野田の首をとれ、斬首だ、いや詰め腹を切らせろ!!」と騒いでいたのだから、解散に打って出るのは当然だ。

 野田首相は思い余って伝家の宝刀を抜いたが、私は歴代総理の中で野田氏を高く評価していた。
財政再建は誰が首相になってもやり遂げなければならない重要課題だったが、野田氏は消費税増税法案を通すことに成功し(そのため支持率は急落した)、又衆議院の定数是正にもめどをつけ、TPPに参加をすることの必要性を理解していた。

 現在民主党の支持率は最悪だが、これは歴代の総理の鳩山氏菅氏が余りにひどい政治を行った結果であり、民主党の資産を食い潰したからだ。
鳩山氏は小学生並みの判断力しかなかったし、菅氏は東日本大震災の処理を誤り、福島第一原発の水素爆発を誘発した責任がある。
もし菅氏がヒステリーを起こさず、福島第一原発の所長に処理を全面委任していたら、あのような爆発は防げた可能性が高い。

注1)鳩山氏の幼児性については何度も記載してきたが以下の記事を参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/2365-77fe.html

注2)唯一野田首相の失敗は田中真紀子氏を文部科学相に任命したことだと思っている。

 今総選挙を行えば自民党が第一党に返り咲き、民主党は第二党になって政権から滑り落ちることは確実だ。
それでも野田総理が解散に打って出たのは、よってたかって首をとられるより華々しく打ってでて討ち死にするほうがはるかにましと考えたからだろう。
大阪夏の陣の真田幸村と同じ心境だ。
乾坤一擲、安倍家康の首をとろうぞ!!!!」

 民主党はこの3年余りで政権担当能力がほとんどないことを暴露してきた。もともと寄り合い所帯で単にアンチ自民でしかなく、嘘ばかりのマニフェストで国民をだまし、衆愚政治を行ってきただけだ。
そうした中で野田氏だけは政権担当責任者として現実的で手堅い政治を行ってきた。
消費税を上げたり、TPPに参加を目指したりしたがこれは自民党の政治と同じであり野田政権は自民党政権となんら変りがない

 現実政権は自民党と同様になるのはそれしか国政を運営する方法がないからだ。
国民は民主党政権の3年間でマニフェストにだまされ続けてきたので、今回の選挙でははるかに現実的な選択をする可能性が高い。
現実政党は現実政党としてまとまり衆愚政党に負けないようにすることが大事で、そうした選挙結果になることを心から望んでいる。

注)現状の日本は倒産前夜の企業と同じで、こうした状況下では国民に負担を求める政党が本来の政党で、単に国民を甘やかす政党は衆愚政党だ。

なお野田内閣についての記事は以下に纏めて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45463769/index.html

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害