スポーツ ロンドンオリンピック

(25.2.8) ロンドンオリンピックの敗戦責任と柔道女子日本監督陣の暴力行為 「負けたのに何時まで監督しているの!!」

24226_031  

 日本の女子柔道界はテンヤワンヤの大騒ぎになってしまった。
ロンドンオリンピックの強化選手15名が連盟で園田監督徳野コーチ暴力とパワーハラスメントを訴えた事件で、訴えられた全柔連は当初はこの訴えを握りつぶして園田監督の続投を決めていた。
園田も徳野も良くやっているのに女子選手の甘えじゃないか

 これに反発した女子選手が今度はJOCに訴え、さらに最近の運動部監督による暴力行為反対キャンペーンの波に乗って一躍日本最大のイッシューになってきた。
園田監督は辞任し、全柔連の強化担当理事吉村氏も辞任し、続いて徳野コーチも辞任した。

 徳野コーチは「ある特定の選手をたたいたり蹴ったりした」と述べている。
実際は恒常的に園田監督徳野コーチの暴力行為が行われていたのだろう。
だから15名の強化選手の訴えは正しかったのだが、従来はこうした動きが表面化することはなかった。

 今回動きが表面化したのは、JOC女子スポーツ専門部会の部会長山口香氏のバックアップがあったからだ。
当初選手から相談を受けた山口氏全柔連に調査を要請したが、全柔連園田監督に厳重注意という形で問題を収束しようとしたため、ならばJOCに正式な訴えを出させて事を表面化させることにした。
はっきり言えば今回の問題のフィクサー山口氏である。

 だが事の本質は誰が表面化させたかではなくロンドンオリンピックで女子柔道(男子もだが)が惨敗し、その責任を誰も取らなかったことにある
あの暴力行為を耐えたのはオリンピックで金メダルが取れると思って歯を食いしばって我慢していたのに、実際は金1、銀1、銅1しか取れなかったじゃないか。あの指導は一体なんだったんだ!!!」
女子の前評判は高く史上最強といわれていたのに、園田監督の力量が疑われた。

 だが全柔連はその園田監督の続投を決めたので女子選手が切れてしまった。
あの暴力だけしか能のない園田が監督を継続するなんて信じられない」という気持ちだったのだろう。

 かつて暴力行為を振るいながらも名監督といわれた人はいる。東京オリンピックで女子のバレーチームを世界一にした大松監督などはその典型で、鬼の大松といわれたものだ。
だが大松監督は暴力行為で訴えられることはなく、多くの選手に慕われていたが、その指導が正しくオリンピックの金メダルに結びついたからだ。

 園田監督はその対極にあり、厳しいだけで成果を挙げられない無能な監督と選手からは評価された。
この世界は成果がすべてで勝てない監督は無能なのだ
やはり園田監督はロンドンオリンピックの引責責任を取って早めに辞任すべきだったが、居座ったことによって傷口を深めた。

 それに女性の監督を男性が行う時代はもうすぎた。日本には多くの女子金メダリストがいるし、山口香氏谷亮子氏などはとても高い見識を持っている。
無能な男性監督など百害あって一利なしなのだから、全柔連も頭を切り替えて強化監督やコーチを女性にゆだねるのが一番だろう。

注)今回の問題には男性指導を続けようとする全柔連と、それに異議を唱えた山口氏を含む女性選手との確執があるが、男社会を何時までも続けるのには限界があることを示している。

なおロンドンオリンピックの評価については以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-ab06-1.html

PR記事

私は過去に書いてきたブログを纏めて本にする作業を始めました。月に2冊程度の割合で出版いたします。KindleのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用していますので、電子書籍の端末を持っている方はアマゾンで購入できます(iPhoneやiPad・iPodでもソフトを入れれば見れます。またアンドロイド系のスマホやタブレットにもソフト対応していますがパソコンは不可)。
なお、蝦夷地探訪記等の値段が200円になりましたが、ボリュームが多いとキンドルの最低価格が上がるので、私の意図的な値上げではありません。


出版済み

・ロドリゴ巡礼日誌(山崎新書 NO1)  定価 200円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)
・ロドリゴ 失敗記(
山崎新書 NO2)  定価 99円(若者が人生に失敗しないための指南書)
・ロドリゴ蝦夷地探訪記(
山崎新書 NO3) 定価200円(北海道東部の過疎地帯を放浪したときの記録)
・ロドリゴネパール日誌(
山崎新書 NO4) 定価200円(ネパールの明治時代を思わす山村での教育実習の記録)


なお出版の経緯については以下に詳述してあります。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat53203102/index.html 

 

| | コメント (2)

(24.8.14) ロンドンオリンピックは終ったが柔道の建て直しは可能だろうか?

Cimg73481
(トシムネさん撮影

 ロンドンオリンピックが終った。私のようなスポーツ好きにとってこのオリンピックの時期はテレビに釘付けだ。
特に日本選手が活躍したサッカーなんかは何度でもシュートシーンを見て興奮していた。

 今回日本はアテネの金メダル16個以上を目指していたが、結果は金7、銀14、銅17、合計38になった。メダル数だけなら過去最高だが、なんとしても金メダルが少ない。
日本が金メダルが取れなかった最大の要因は、柔道の惨敗である。過去アテネ8個、北京4個の金メダルを取っていた日本柔道は今回松本の金1個に沈んでしまった。
当初の目論見では日本柔道はアテネ以上の金メダルを目指し、16個の約半分は柔道が稼ぐと想定していた。

 なにしろ22年9月の東京での世界選手権では金10個を獲得し、日本柔道は完全に復活してロンドンでは金メダルのラッシュが予測されたからだ。
日本柔道は強い。金メダルラッシュだ!!」
私自身も日本柔道の復活を喜んだが「とんだとらぬ狸の皮算業」に終ってしまった。金1、銀3、銅3だから日本柔道は並以下のレベルだった。

注1)世界選手権はオリンピックと異なり各階級に2名の選手が出場できる。層の厚い日本にとって有利なルールになっている。
注2)ロンドンオリンピックの柔道金メダルはロシア3、フランス2、韓国2で柔道王国はロシアに移った。


 それにしてもなぜこんなに日本柔道は弱くなってしまったのだろうか。
日本には昔から形式美を大事にする伝統があり、柔道も美しくなければ柔道とみなされない傾向がある。
かつて井上康生氏が眼の覚めるような内股で一本をとっていたが、日本人は井上氏のような選手が好きなのだ。

 一方北京オリンピック100kg超級で金メダルを獲得したポイント柔道の石井慧氏は日本柔道界ではまったく評価されなかった。
あいつの柔道は美しさがない。あれは柔道とはいえない
石井選手はすっかり柔道がいやになって北京オリンピックの後格闘家になってしまった。

 私は日本柔道が弱いのではなく、一本柔道はオリンピックでは通用しないのだと思っている。
一本をとるためには袖と襟をがっちり捕まえないと技が決まらないので、日本選手の多くがさし手争いばかりする。
しかしこのさし手争いは観客から見たら実につまらない動作で、審判もすぐに指導の警告を行う。

 解説者がさかんに「これはA選手の組み手ですね。いいところをとりました。技がほしいですね」なんて解説をしていたが、反対に相手選手から技をかけられていた。
日本の技をかけるタイミングが常に一テンポ遅れていたが、完全に袖と襟をつかまないと美しい技にならないからだ

 オリンピックで勝つためには美しさよりも常に相手を圧倒する体力と一本よりポイントを重ねる試合の巧みさのほうが必要だ。
松本選手のように獰猛に相手を攻めまくらなければとても金メダルには届きそうにない。

 篠原男子監督は実に熱心に選手に合宿練習をさせるが、残念ながら戦略性がない。
いくら美しい柔道を練習をさせても一本柔道を目指す限りはオリンピックで1,2回戦で敗退を繰り返すだろう。
合宿をするならオリンピック対策をすべきで、受験生が過去問をときまくるのとおなじように実践的でないと効果がない。

 今必要なのは石井選手のようなポイントで優勢になる柔道家を育てることで、技なんかなくても力で押しきるタイプの選手を育成すべきだろう(力がないとすぐに場外に押し出されてポイントを奪われる)。

 「柔よく豪を制す」時代は終わり世界は「豪よく柔を制す」時代に移った。
もっともこうしたポイント柔道への切りかえは、篠原男子監督をはじめとする日本柔道の指導者が最も嫌う柔道だから、とても頭の切り替えは難しそうだ。
私がいくら言っても無駄だろうから次回のブラジル・リオの大会も日本柔道は惨敗すると思った方が良いだろう。

注)日本柔道に関する過去の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat36935990/index.html

| | コメント (1)

(24.8.8) 似たもの同士のオリンピック。 ロシアと日本は銀メダルの量産国家

 

 ロシアと日本がそっくりだと言ったら何のことか分かるだろうか。
ロンドンオリンピックの金メダルの取り方である。11日目現在のメダルの獲得数は以下のとおりで、日本とロシアの類似性が際立っている。

      金    銀    銅    合計

ロシア  7    17   18     42
日本   2    12   14     28

 メダルの合計数だけなら中国64、アメリカ63、ロシア42、イギリス40、日本28の順で立派なものだが、なんとしても金メダルが少ない。
北朝鮮なんかはメダルが5個だが、うち金メダルが4個だ。

注)金メダル数 中国31、アメリカ29、英国18、韓国11、フランス8、ロシア7の順。

 かつてロシアはソビエトと称していた頃は世界最大のスポーツ大国で、しばしばアメリカの金メダルを凌駕し、今の中国と同様の立場だった。
それがソビエト崩壊後は普通のスポーツ国になったのは、それまで行っていた国家レベルのドーピングを止めたからである。
正確に言うとロシアの混乱の時期にドーピングを支える資金がなくなってしまった)。

 現在ロシアは本当の実力レベルで戦っているため、金メダルの数では韓国やフランスにも届かない。
なぜ栄光あるロシアのスポーツが韓国やフランスにも劣るのかプーチンが歯軋りをしている。

 日本も同じで期待されていた柔道松本選手を除いて総崩れになり、水泳はがんばったほうだが北島入江も金メダルが取れなかった。
放送を見ていると今一歩で金メダルという場面が多く、結果的に銀メダルの量産を行っている。

 なぜ今一歩なのだろうか。
今一歩で金メダルを逃すのにはそれなりの理由がありそうだ。

 その原因としてロシア人と日本人の性格がありそうで、そっくりなのはひどく諦めがいいことだ
どこでそれが分かるかというと自殺率の高さである。
ロシアを含め旧ソビエト諸国の人々の自殺率の高さは際立っているが、日本も負けていない。

注)韓国も自殺率が高いがこれは高学歴でないと結婚も就職もできず、非常なストレスのある競争社会という特殊事情があるから。
反対に言えば金メダルを量産できるのもこの厳しさによる。
自殺率の国際比較は以下参照
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html

 ロシア人はウォッカを浴びるほど飲んで、「もう俺は生きる望みはない」なんていいながら自殺するのだが、日本人は死の美学の「潔さ」で自殺をする。
三島由紀夫の切腹もそうだが、旧日本軍の万歳突撃なんかはその典型で「○○時をもって本隊は全員突撃を敢行す」なんていいながら散っていった。

 今回柔道を見てつくづく思ったのは、「美学を追求して美しくなければ負けてもいいと心の底で思っている」のではないかと思われたことだ。
日本は美しい間合いを取っての一本柔道をしようとしたが、実際はほとんど通用しなかった。
間合いを取って差し手争いばかりしていると、すぐに指導の判定をされてしまうので、何でも良いから技をかけ続けなければならない。
外国人選手はどこかをつかめば技をかけていたが、日本選手は十分な組み手になるまで技をかけなかった(組み手が不十分だと一本取れない)。

 特に男子100kg級穴井選手はその典型で、金メダルが期待されたものの、二回戦で何もしないうちにチェコのクルバレフ選手に押さえ込まれてしまった。
とても冷静な差し手争いだったが、柔道は美学だけではオリンピックでは勝てないことを穴井選手が教えてくれた様なものだ。

 日本人もロシア人も諦めが早すぎてオリンピックではもうちょっとのところで金メダルに届かない。
特にドーピングをしていない国の選手は中国のようなドーピング国家の選手には手もなく牛耳られてしまう。
後は精神力でがんばるより手はないのだが、日本人もロシア人も韓国人のような強い精神力を持っていないので、いつまでたっても銀メダルの量産に終ってしまいそうだ。

なお、なぜ日本が金メダルを取れないかの記事は以下にも書いてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-ab06.html



 

 

| | コメント (0)

(24.8.2) ロンドンオリンピックでなぜ金メダルが取れないのか? 考えられる2つの理由

 

 ロンドンオリンピック
の日本選手団の成績はいま一つだ。金・銀・銅の合計メダル数は1日現在で17個で、中国、米国に次ぐ3位なのだが、なんとしても金メダルが2個と少ない
このままではとても北京の9個にとどくことはできないし、アテネの16個には遠く及ばないだろう。
金メダルが期待されていた平泳ぎの北島も、柔道女子48kg級の福見も52kg級の中村もメダルを逃してしまい期待はずれに終っている。

 かろうじて女子柔道57kg級の松本と男子体操個人で内村が金メダルを取ってくれたのでほっとしたが、このままでは日本柔道は金メダルゼロかと思ったほどだ。
しかしどうしてだろうか、日本女子柔道は今回史上最強メンバーと言われていたのに、これでは史上最弱メンバーになってしまい、男子も健闘しているとはいえ金メダルにとどかない。

 オリンピック放送を見ていてどうやら原因は二つあることに気がついた。
一つは日本選手団の気持ちの問題であり、もう一つは中国と北朝鮮選手をめぐる疑惑、はっきり言えばドーピングの問題である。

 日本選手は金メダルを取った松本以外はなんともおとなしいと言う印象だ(内村はもともと世界最高のプレーヤーだから平常心で望めば勝てる)。
松本選手は闘志丸出しで、眼がらんらんと輝き牙までむき出していた。
この牙をむき出したは誇張ではなく、テレビ画面を見た人は一応にその表情に驚いたはずだ。
何か獲物を狙っている狼のような獰猛さを感じたが、スポーツと言うものは本来そうしたものだ。

 オリンピックの競技は早く走れるか泳げるかであったり、やりや砲丸をどこまで投げれるかだったり、相手をいかに組み伏せられるかであるが、いづれも人間の動物としての能力を競うものだ
もともとは狩りをする能力や子孫を残すための闘争のために必要な能力をスポーツとして昇華させたものだから、特に闘争系の競技は本能むき出しで勝とうとしなければ勝てるはずがない。

 松本選手は狼そのものだったが、北島選手はそうした野性味が消えていたと水泳のヘッドコーチから指摘されていた。
戦う前から動物ではなく人間であっては金メダルはおろかメダルに届かないのは当然だ。

 もう一つの理由は競技がフェアに行われているかに疑問があることだ。
かつてはロシア東ドイツが特に女子選手を中心にドーピングを行って大量の金メダルを獲得していたが、今問題になっているのは中国北朝鮮である。

注)全体主義国家はスポーツを国家が管理しているから国内でのドーピング問題は起こらない。

 中国は1日現在17個の金メダル、北朝鮮は4個の金メダルを獲得している。
中国は過去に陸上競技で馬軍団のドーピング(ただし中国は漢方薬であってドーピングではないと反論している)、中国水泳女子のドーピング問題(中国がドーピングを認め一時世界大会の出場を辞退していた)があったが、今回ロンドン大会では再び葉詩文のドーピング疑惑があがっている。
葉詩文選手400mメドレー4分28秒43の驚異的な世界新記録で優勝したが、最後の50mが28秒93と男子の優勝者ライアン・ロクテの29秒10より早かったなおライアン・ロクテの優勝タイムは4分5秒18)。

最後の50mとはいえ、女子選手の優勝者のタイムが男子選手の優勝者のタイムを上回ることがあるのだろうか・・・・ドーピングテストをすり抜けているだけではないのか・・・・・・
かつての陸上100mのジョイナーに向けられた疑惑と同じ疑惑が葉詩文に向けられている。

 同じく北朝鮮の快進撃にも疑惑だらけだ。前回の北京オリンピックは2つの金メダルだったのに、1日現在で早くも4個の金メダルを獲得している。
柔道52kg級で優勝したアン・グエム選手は2回戦で中村を破っている選手でなんともタフな選手だ。

 今回の日本選手が今一歩で金メダルを逃しているのは、日本選手がおとなしく植物人間化していることと、一方で中国や北朝鮮が秘密裏にドーピングを行っているからだと私は思っている。
特に女子が男子顔負けの記録や力を出すときはステロイド系のドーピングが怪しまれる。

 もっともドーピングについては明確な証拠がなければバレないが、東ドイツやソビエトがそうであったように体制が崩壊すれば秘密のベールがはがされる。それまではこれが実力だと中国も北朝鮮も主張し続けるだろう。

 だから現状で金メダルを獲得する方法は松本選手のように狼になって戦うことしか日本選手に残されていない。
日本全体が植物人間化している現状で、スポーツ選手にだけ狼になれと言うのは酷かも知れないが、松本選手の事例があるのだからがんばってもらいたいものだ。

なお、北京オリンピックの金メダル数等の記事は以下のとおり
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/20827.html

 

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害