評論 日本の政治 石原都知事

(27.5.29) 愚かな愚かな石原都知事の新銀行東京の顛末 金はやくざに流れた!!

 100

 石原元都知事
の残した最悪の負の遺産を東京都も処理する決心をしたらしい。
新銀行東京という金融機関を装った補助金支給機関の整理である。
来年度をめどに新銀行東京は東京TYフィナンシャルグループ東京都民銀行と八千代銀行)に吸収合併されるらしい。
新銀行東京は5年4月に石原知事の肝いりで中小企業向け融資機関として設立され、東京都が1000億、その他が200億の計1200億円で設立された。
資金繰りに苦しむ中小企業に対する融資が目的というのが大義名分だった。

注)新銀行東京の実態については前にのもしばしば記載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/2688-no5-c078.html
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/20223_a7d8.html

 無担保無保証、審査は書類審査だけでいったって簡単というのが当時のキャッチフレーズだったが、実際は融資でなく補助金の支給に等しいものだった。
なぜそれが分かるかというと設立後3年間で累積赤字が1000億円に達し都の出資金1000億円を食いつぶしたからである。
融資ならば回収が図られなければならばいが、回収ができなかったのだ。

 慌てた新銀行東京は都の出資金1000億円のうち約800億円を減資し、さらに都から400億円の追加出資を仰いでこの危機を切り抜けることとした。
ごめん、もう補助金の交付は止めるから許して!!、これからは金融機関らしく振舞う!!」
新銀行東京の融資スタイルは他のどんな金融機関に見られないほど金融常識を無視していた。無担保無保証でかつ審査は決算書だけの書類審査でそれもコンピュータで行うというものである
これを聞いて倒産直前の企業ややくざ組織が動いた。
決算書をでっち上げろ!!!」
でっち上げられた書類は次ぎ次にコンピュータ審査を通過し一時融資金は4000億円を越えた。

 経営実態がなくても決算書などはいくらでも作成できる。最も審査を行う側が実態調査をして事業内容のチェックをすれば決算書が嘘か否かはすぐにわかるのだが、新銀行東京は一切そうした現地調査をしなかった。
決算書だけ問題がなければ無担保無保証で融資をおこないます」これは金融ではなく書類がそろっていれば資金を供給する補助金行政と何ら変わりがない。
役所の仕事と金融機関の仕事が全く異なっていることを理解していなかった。

 08年には約1000億円の焦げ付きが発生し再建に乗り出したとき、都議会の付帯決議で追加するこの400億円は必ず返してもらうことになっていたので新銀行東京としては経営方針を変えた

 「もう無担保無保証は止めよう。都との取引のある会社だけに融資を絞り(都からの支払いを優先的に償還に充てられる)、中小企業に対する融資なんてダメだ。それに400億円は国債投融資に回して絶対毀損させるな!!」
新銀行東京はようやく銀行業に目覚めたのでその後は単年度収支で黒字に転じた。

 15年3月期現在の預金は2715億円、貸出金は1881億円、純利益は15億円だという。
見てみろ、貸出を止めて国債運用に回したら利益が出たではないか。中小企業融資をしていたから失敗していたんだ」経営者は鼻高々だろうが、当初の設立趣旨とは180度反対の経営だ。

 私は石原元都知事の政治的センスは嫌いではない。特に中国と韓国に対する対応については非常に共感している。
しかしこと金融に関しては評価できないどころか最低と言っていい。
石原氏が基本的に間違えていたのは「大銀行が貸し渋りをしている」といった認識だが、金融機関は貸せる相手に対し貸し渋りをすることはない。
貸し渋るのは相手に返済能力がないと判断された場合で、倒産直前の企業ややくざ企業に融資をすることはしないだけだ。

 新銀行東京が創設されると、そうした倒産予備軍とやくざ企業が飛びついた。こうした企業群は本来は自然淘汰されねばならないものだが、それだけが新銀行東京の顧客だったので結局石原氏は東京都の税金を倒産企業を一時的に延命し、そしてやくざに金をばらまいただけに終わった。
すでに減資した800億円のうちどの程度がやくざにわたったかは知らないが、税金の使い道としては最悪だ。
やったぞ、俺は銀行を設立して東京のやくざに金をばらまいた。俺の行政手腕は世界一だ」行政が商売に手を出すとやくざの餌食になるという典型的な事例がこの新銀行東京である。

| | コメント (1)

(24.6.15) 石原都知事の最後の戦い 2020年東京オリンピック招致運動 死んでも死に切れぬ

Dscf5655_2

 私は日ごろ石原都知事経済政策については低い評価をしており、特に新銀行東京の対応が余りにお粗末だったためあきれ返っていたが、最近の都知事の言動には共感することが多い。

注)新銀行東京の問題点については以下の記事を参照。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat16092088/index.html


 最近はもっぱら2020年の東京オリンピック誘致活動と、尖閣諸島を都が購入すると言う案件で、前者については都民がしらけており、後者については国民があきれている。
しかし私には石原都知事焦燥感がなんとなく分かるのだ。
このままでは日本がつぶれる。俺が何とかしなければ・・・

 東京オリンピックについてはライバルのイスタンブールマドリードの市民が燃えているのに、東京都民がさっぱり燃えないのに石原都知事は怒りを爆発させた。
オリンピックが実現したら都民は来なくていい!!
都民や国民の支持がなければ前回と同様に東京オリンピックの目はない。
おそらくイスラム最初のオリンピックとしてイスタンブールに決まるだろう。

 
 現在東京の売りは震災復興記念で全世界の人に支援を感謝し復興した日本を見てもらいたいということだが、石原都知事の本音は日本、特に東京の復活にある。
思えば東京が世界の東京から滑り落ちて、ローカルな一都市になって久しい。
東京がローカル都市だとの兆候はいくらでもある。

 銀座から世界の一流ブランドが消えてしまい、代わりに入ってきたのはユニクロだ。
アメリカやヨーロッパの金融機関や証券会社は当の昔に店をたたんで撤退してしまった。残っているのは個人営業に活路を見出そうとしているCITI BANKぐらいなものだ。
東京証券取引所はかつては世界最大規模の取扱量を誇っていたが、今では3位で上海や香港に追い上げられている。
そして不動産価格は傾向的に低下をしており、人口は停滞したままだ。
このままでは東京がつぶれる。東京がつぶれると言うことは日本がつぶれると言うことだ。俺ががんばらなければ誰ががんばるのだ・・・・

 そうした思いで東京活性化に取り組んだ成果が都知事が開催にこぎつけた東京マラソンだ。
東京マラソンは2007年から開催されたのだが、それまで日本の大都市でのマラソン大会は警察の反対が強く開催できなかった。
大都市の交通を数時間も止めたら経済界からひどい突き上げが来ます。とてもできません

 その反対を突き破ったのは石原都知事だが、可能になった最大の理由は日本経済の停滞でそもそも止めて支障が出るような物流がなくなってきたからだ。
東京は経済都市でもなくなったのか・・・・・
そうした危機感で始まった東京マラソンだが、開催してみて驚いた。
レースに参加する人数は3万5千名前後だが、それと同規模の大会役員関係者が動員され、さらに沿道には途切れることのない200万人の大観衆が集まった。
試算では経済効果は400億円だと言う。

注)東京マラソンの成果については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-1920.html

東京マラソンでこれだけの効果があったのなら東京オリンピックがもし開催されれば数兆円だ。東京をイベント都市として再生できる」石原都知事がそう確信したのは無理も無い。
東京オリンピックが開催されればその直接の経済効果は1兆円、波及効果を含めると3兆円規模と試算されている。

 もっともこうした試算はしばしば過大になるので、特に波及効果については怪しい。出来上がった施設などは波及効果どころかお荷物になるのが普通だ。
だから東京のような都市でのオリンピックは既往の施設を最大限に利用して無駄な施設を作らないことがコツで、経済効果はもっぱら観光客が落としてくれる交通費やホテル代等の直接効果に期待するのが妥当だ。

 それにしても1兆円は大きい。石原都知事は東京マラソンで成功したノウハウで東京にオリンピックを誘致しイベント都市として再生させようとしている。
しかし都民はさめたままだ。
東京がローカルな地方都市でも良いじゃないか・・・」と言う感じだ。

 そうした都民を石原都知事は罵倒する。
都民は贅沢だ。自分のことしか考えない。ほかの日本人とは違う人種になってしまった
都市は何らかの特色がなくては世界都市にならない。ワシントンのような政治都市かニューヨークのような経済都市か、パリのような文化都市か、あるいはローマのような観光都市というような特色である。
かつての東京は経済都市であったが、今は経済の中心から滑り落ちてしまった。


 衰えつつある東京の再生には確かにイベントは効果的だ。イベント都市として東京を再生しようとする石原氏の手腕は東京マラソンで実証されている。ここは私も石原都知事を応援して東京再生のためのオリンピック誘致に賛成することにした。
そうでもしないと東京もそして日本も世界に埋没するだけだからだ。

なお2016年の東京オリンピック誘致運動に関する記事は以下に纏めてあります。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat16092088/index.html



 

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害