個人生活 散策

(25.3.21) 瀬又のこいのぼりとトーテンポール

_d  

 私の家から南方に自転車を走らせると5km程度で村田川という川にぶつかる。2級河川で御世辞にも水がきれいだとは言いがたいが、この川に沿って東京湾まで遊歩道が整備されており、格好のJOGや自転車のサイクリングコースになっている。

 この川の上流地区に瀬又という場所があるが、その瀬又清流会ができたのは平成8年で、それ以来この清流会は村田川の土手の草刈を行い、5月には村田川にこいのぼり川渡しを行ってきた。
このあたりではとても有名で私もこいのぼりの時期になると川渡しを楽しみにしてきた。

21419_0101  

 先日村田川をサイクリングしていたら瀬又で実に興味ある作業をしている人に出会った。10m程度の巨大な2本の丸太をくり抜いて、そこにの彫刻を施し色を塗っていたのだ。
これは鯉と熊のトーテンポールですか、どこに立てるのですか?」
こいのぼりの季節に合わせてあの橋のたもとに立てるんだ」  

 橋のたもとにはベンチが設置されており、昔から熊の親子の彫刻が設置されていたが、初めてその製作者にであった。
すべて、お一人で作られているのですか?」
まあ、そうだ。色塗りはこの地区のお母さんがたがしてくれたのだが、一部色の塗りなおしをしているんだ。しかしあまりやるとお母さんがたに申し訳ないので手直し程度だよ

B    

 鯉と熊のトーテンポールがそれぞれ一本ずつ出来上がりつつあり、熊はこの人のテーマのようなものらしい。
なにか地方で活躍する芸術家というような方で、すべてボランティアでトーテンポールを立ててしまおうとしていた。

 実は1ヶ月ほど前からここに丸太が運び込まれたのを知っていた。一人で黙々と丸太の皮剥ぎを行っていたので、すっかりここにログハウスを建てるのだと思っていら、勘違いだった。
来月の第一土曜日にこのポールを立てるから、見にいらっしゃい
時間をとって見に行きたいと思っている。

__   

 瀬又
はこのあたりではとても文化の香りがする地区となっている。それはこうした必ずしも有名ではないが(私が知らないだけかもしれないが)、地区の文化を支えている縁の下の力持ちのような人がいるからだとしみじみ思った。

 この近在の人ならばこの瀬又のこいのぼりとトーテンポールは是非見られることを勧める。遊歩道を散策しても最高だ。

なお、瀬又のこいのぼりについては以下にまとめてある。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat35269360/index.html

PR記事

 私は過去に書いてきたブログを纏めて本にする作業を始めました。月に2冊程度の割合で出版いたします。KindleのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用していますので、電子書籍の端末を持っている方はアマゾンで購入できます(
iPhoneやiPad・iPodでもソフトを入れれば見れます。またアンドロイド系のスマホやタブレットにもソフト対応していますがパソコンは不可)。
なお、蝦夷地探訪記等の値段が200円になりましたが、ボリュームが多いとキンドルの最低価格が上がるので、私の意図的な値上げではありません。


出版済み

・ぼくが生きたとき(山崎書店 NO5)  定価 99円(いじめにどう立ち向かうかを自分の経験から書いてみました)
・ロドリゴ巡礼日誌(
山崎新書 NO1)  定価 200円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)
・ロドリゴ 失敗記(
山崎新書 NO2)  定価 99円(若者が人生に失敗しないための指南書)
・ロドリゴ蝦夷地探訪記(山崎新書 NO3) 定価200円(北海道東部の過疎地帯を放浪したときの記録)
・ロドリゴネパール日誌(山崎新書 NO4) 定価200円(ネパールの明治時代を思わす山村での教育実習の記録)


なお出版の経緯については以下に詳述してあります。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat53203102/index.html

 

 

| | コメント (0)

(24.4.20) 千葉市富田都市農業交流センターの芝桜 今年も行ってきた

Dscf5431

 今年も富田にある都市農業交流センター芝桜を見に行った。
昨年は走っていってみたのだが我が家から15km程度の場所にある。今年は意気地がなくなって歩いていくことにした。
昨年はとても寒かったのだが、今日はとても暖かい散歩日和だ。

 昨年始めて訪問してその美しさに目を見張ったものだが、はっきりとはわからないが2~3haぐらいの丘に芝桜が咲き誇っている。
それも1色でなくピンクと白と紫の芝桜だ。
少し高い場所から見られるように見晴台があって、そこから見るとなんとも色のバランスが美しい。

 私は桜を見るのは好きだが芝桜を見るのはさらに好きだ。
桜の場合はソメイヨシノなどは白一色だが、ここセンターの芝桜は三色旗のような国旗模様だ。
こうした芝桜を咲かせるには種をまくタイミングや施肥や消毒等ずいぶん手間隙のかかる作業が必要だろう。
おそらくこの近くの農家の方だろうが10名近くのおばさんと数人のおじさんが垣根の手入れや草刈をしていた。

Dscf5441

 この日は暖かかったせいか訪問客がずいぶんと多く100名程度はいたと思う。昨年はとても寒く20名程度だったのとえらい違いだ。
養護老人ホームに入っているお年寄りだろうか、10名くらいの集団で車椅子に乗せられ福祉介護士の若いお兄さんやお姉さんに押されて芝桜を見に来ていた。

 お年よりは見ている限りほとんど表情がなくただ静かに車椅子に座っているだけと言う風情だったが、私も将来こうした立場になるのかも知れない。
いつものように散々写真を撮って、それから詩を書いた。
私が詩を書いたのは中学生以来だから50年ぶりの快挙だ。美しい景色は詩心をくすぐるらしい。

Dscf5435


だから私は芝桜

だから私は芝桜 富田の丘の芝桜
桜の花が舞い降りて 富田の丘に咲くと言う
春のそよ風に流されて 富田の丘に咲くと言う
白とピンクと青紫に変身だ
桜さん どうして地面にまた咲くの
人恋しいからですか 地面がほんのり暖かいからですか
それともさくらの精のインディちゃんにまた会いたいからでしょうか


なお昨年の芝桜の記事は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/23424-d5a8.html



  

| | コメント (0)

(23.4.24) 千葉市富田都市農業交流センターの芝桜

23423_026

 「うぅーん」と唸ってしまった。この富田都市農業交流センターのあまりに美しい芝桜とこの交流センターの位置づけについてである。

 富田都市農業交流センターは私の家から15kmほど離れた若葉区の一角に有る。私は普段若葉区方面に行くことが少ないのだが、その理由は鉄道網がなく、自動車がないと不便だからだ。

 たまたまこの富田都市農業交流センターを訪問することにしたのは、清掃仲間の小太郎姉さんから「芝桜がとっても綺麗ですよ」と教えてもらったからだ。
15km程度なら2時間も走れば着くだろう」先日(21日)走っていってみることにした。

 行って見て驚いたが、確かに芝桜は1haぐらいの土地に一面に咲き誇っており目を見張るほどで、20名前後の観光客が来ていた。そばに池もあってなかなかの散策スポットだ。
私は写真を撮りまくってとても満足したのだが、一方で「この都市農業交流センターとは一体なんだろう」と言う疑問がわいてきた。

23423_034

 見る限りはとても素敵な公園としか思われないのだが、良く見ると研修所が整備されておりそこに事務員もいて、このセンターの一角では作業員が下草刈を行っていた。
とても不思議な気がしたので帰ってからインターネットで調べてみると、千葉県には2箇所都市農業交流センターと言うものが設置されており、都市と農業の交流の場として利用されているのだという。

 具体的には都市の人に農業研修を行ったり、家庭菜園を開放したり、園芸の指導をしたりしているのだという。
実際そういう活動をしているのだろうが、見た限りは素敵な公園そのものだ。

 日本では○○センターとか○○協会と言う組織が乱立し、実際は公務員の天下り先確保と予算消化のための施設が多いので、「もしかしたらこの都市農業交流センターもそのたぐいか?」と疑っている。
研修所に人影はなく、事務所に事務員がいるだけで他に作業員が下草刈をしているだけだった。

注)公園の場合は管理経費と入場者数を調べればその公園の位置づけが分かる。一方都市農業交流センターの場合は管理経費費と実際に行われた研修の回数および人数を調べればセンターの位置づけが分かる。今回HPを見たがそうした資料はなかったので明確な判断ができなかった。

 しかしこの芝桜は間違いなく圧巻で、これが交通の便の良いところに有れば多くの観光客が押し寄せることは間違いない。
しかしここは千葉を代表する農業地帯の一角でバスは1日1便(それも私が行ったときは運休中だった)で、自動車か足で走っていくより仕方がない場所だから、観光スポットとしてはマイナーな場所だ。

23423_035

 私はしみじみ思うのだが日本ほど公共的な施設が整った国はない。日本の地方に行くとすばらしい公園やキャンプ場やスポーツ施設があり、しかし利用する人口が少ないために閑古鳥が鳴いている。
道路も整備されダムなどは何のために建設しているか理由なく建設が推し進められている。
観光地にはかんぽの宿といった公共的な施設が乱立して、利用客がないために最後は二束三文で売却するしか方法がなくなっている。

注)私はよく北海道や長野の地方都市を歩き回っているのでこうした事象を見てきたし、一方でロシアやフランスやタイやフィリッピンの田舎を歩いたが公共的な施設はほとんど整備されていなかった。

 これらは施設の総量と人口とのアンバランスの結果生じている現象といえる。
特に地方は人口減に悩まされているが、一方施設は赤字国債を発行してまでも推進するからますます施設が整ってしまう。

 ここ富田都市農業交流センターも施設の立派さと訪問者(研修の利用者は不明)のアンバランスが見受けられた。もっとも日本いたるところで有る現象だから驚くことはないが、日本と言う国のありようとして問題が有りそうだ。

 

 

 

 

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害