評論 日本の経済 エルピーダメモリ

(24.3.1) なぜ日の丸半導体は撃墜されたのか? エルピーダの会社更生法申請

252

  日の丸半導体メーカーのエルピーダメモリが倒産した。
普通の人はエルピーダと聞いてもなじみがないが、NEC日立三菱電気と言う日本のトップ企業が連合しDRAM(ディーラムと読む)の市場奪回を狙った会社だ。しかし、韓国のサムスンの前に会社更生法を申請し、あえなく倒産してしまった。

 負債総額は約4480億円、うち社債は1385億円だという。リーマンショック後のDRAMの供給過剰で急速に業績が悪化して、09年6月には政策投資銀行を通じて政府資金300億円の導入を図ったが、この程度ではすずめの涙だったようだ。
エルピーダが今回会社更生法を申請したのは、この政府資金の返済と金融機関への770億円の返済が迫ったものの、その資金手当ができなかったからである。

 
 かつて日本の半導体のシェアは圧倒的で一時は世界の約80%を占めており、NECがいまのサムスンのように世界を席巻した時代もあった。
その地位が脅かされたのは85年のプラザ合意後の円高に加え、日本の半導体メーカーが大型汎用コンピュータの半導体の生産にこだわり、95年ウィンドウズ95の成功によるパソコン市場の急成長と言う時代の流れを読みそこなったことによる。

 その頃の状況は良く覚えている。私は当時システム部門にいたが使用されていたコンピュータはNECや富士通やIBMの汎用コンピュータで、一方ユーザが導入していたパソコンを馬鹿にしていたものだ。
あんなものはおもちゃで、まともな仕事に利用できるわけがない

 一般に半導体といっても3種類あって、DRAMフラッシュメモリシステムLSIに分かれる。
このうちDRAMといわれているものはパソコンのメモリーに使用されているもので、見ると黒いムカデのような格好をしておりかつては非常に高価なものだった。
しかしDRAM構造が単純なのと集積技術が向上したためあれよあれよと言う間に価格が低下し、今は一体どこまで低下するのか分からないような状況になっている。

注)たとえば現在主流の2GbitのDRAMは昨年前半は約2ドルだったが、後半には約1ドルになり半値になってしまった。
日本の場合はこの価格低下に加えて円高が追い討ちをかけている。

 このためDRAM部門はどこの企業も大赤字で特にエルピーダの様なDRAM専業企業は他の製品を持たないためほとんど生き残ることができなくなってしまった。
世界のDRAMシェアは韓国のサムスンが約5割、同じく韓国のハイニックスが約2割、そして日本のエルピーダが約1割だが、この中でDRAM専業メーカーはエルピーダだけだ。

注)サムスンは半導体以外に携帯電話等のウェイトが大きい。またハイニックスはDRAM以外にフラッシュメモリーを生産している。

 会社更生法を申請し4500億の債務をチャラにしたとしてもDRAM専用メーカーとしてのエルピーダの未来は暗い。
コスト競争ではとてもサムスンに対抗できないので、安価なパソコン用DRAMから撤退してスマートフォンやタブレット型端末のDRAM生産に生産を移すことや、フラッシュメモリーの生産会社東芝と合併して、DRAM専業メーカーからの脱皮を図ることが検討されているが、その程度ではとても再生できそうにない。

 一番大きな問題は日本に工場がある限り円高の影響が避けられず、ライバルの韓国企業がウォン安のメッリトを生かして世界市場を席巻することを阻止できない。

注)リーマン・ショック後ウォンは円に対して約4割程度減価しているので、その分生産性の向上で対抗しなければならないが、実際はサムスンのほうが生産性が高い。

 世界シェア4位のアメリカのメーカーとの合併も検討しているが、これでは弱者連合に過ぎない。
エルピーダの坂本社長が会見で「シェアが30%程度ないと生き残ることが難しい」と述べていたが、30%確保するには韓国のハイニックスの軍門にくだり、その連合体としてサムスンに対抗するぐらいだろう。

 経済産業省はエルピーダを救うことに及び腰だ。政府資金300億ではまったく効果がなかったが、それならいくらあれば救えるのか見当もつかないからだ。
DRAMを購入するなら韓国から購入すればいいのではないか・・・・」と言うのが経済産業省の本音だろう。

 もはやパソコン用DRAMはサムスンの一人勝ちでエルピーダの未来はない
スマートフォンやタブレット型端末のDRAMの市場は急拡大するが、ここもサムスンがいくらでも設備投資を増やして増産体制を整えている。

 円高が続く限り韓国製品の安値攻勢は続き、DRAMをいくら生産しても無駄ではないかと言う状況になってきている。

なお韓国経済の現状については以下にまとめてあります
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44234699/index.html

 

 

 

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 | NHK クローズアップ現代 | NHK コズミックフロント | NHK BS世界のドキュメンタリー | NHK ミクロの大冒険 | NHK NHK特集 | NHK NHK特集 ヒューマン | NHK NHK特集 病の起源 | NHK ためしてガッテン | NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 | NHK ためしてガッテン 認知症関連 | NHK ハイビジョン特集 | NHK プロジェクトWISDOM | NHK ワールド・ウェーブ | システム facebook | システム Twitter | システム You-Tube | システム ウィニー | システム グリーティングカード | システム サイバー戦争 | システム スマートフォン・タブレット KDP | システム スマートフォン・タブレット・テレビ | システム ネット社会 | システム ブログ ココログ | スポーツ サッカー | スポーツ ロンドンオリンピック | スポーツ 大相撲 | スポーツ 東京オリンピック | スポーツ 野球 | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 | ボランティア おゆみ野クリーンクラブ | ボランティア 地域活動 円卓会議 | ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 | マラソン | マラソン ちはら台走友会  | マラソン ちはら台走友会 登山 | マラソン ウルトラマラソン | マラソン ハーフマラソン開催 | マラソン 四季の道駅伝 | リメイク版 夏休みシリーズ 23年 | リメイク版 夏休みシリーズ 24年 | リメイク版 夏休みシリーズ 25年 | リメイク版 夏休みシリーズ 26年 | リメイク版 夏休みシリーズ 27年 | 個人生活 ヨガ | 個人生活 同窓会 | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家族 | 個人生活 山崎書店 | 個人生活 散策 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学入門 | 個人生活 日本人論 | 個人生活 映画 | 個人生活 映画鑑賞 | 個人生活 樹木剪定問題 | 個人生活 歩く会 | 個人生活 水泳 | 個人生活 演歌 | 個人生活 登山 | 個人生活 私の人生観 | 個人生活 自転車 | 健康 | 健康 坐骨神経痛 | 健康 精神性胃炎 | 健康 老化対策 | 健康 難聴 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 ネパール | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 北アルプス縦断 | 旅行 自転車周遊記 | 歴史 ローマ史 | 歴史 世界史 | 歴史 中国史 | 歴史 日本史 | 歴史 郷土史 | 災害 東日本大震災 | 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ | 災害 東日本大震災 地震保険 | 災害 東日本大震災 心に与える影響 | 災害 東日本大震災 政治 | 災害 東日本大震災 東電の経営問題 | 災害 東日本大震災 汚染水問題 | 災害 東日本大震災 経済 | 評論 世界 地球温暖化 | 評論 世界 水資源問題 | 評論 世界 科学 | 評論 世界 自然保護 | 評論 世界政治 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 アフリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 | 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル | 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 | 評論 世界経済 イギリス経済 | 評論 世界経済 イタリア経済 | 評論 世界経済 インドネシア経済 | 評論 世界経済 インド経済 | 評論 世界経済 ウクライナ経済 | 評論 世界経済 オーストラリア経済 | 評論 世界経済 カンボジア経済 | 評論 世界経済 ギリシャ経済 | 評論 世界経済 シンガポール経済 | 評論 世界経済 スペイン経済 | 評論 世界経済 タイの政治・経済 | 評論 世界経済 トルコ経済 | 評論 世界経済 ドイツ経済 | 評論 世界経済 ネパール経済 | 評論 世界経済 バングラディシュ経済 | 評論 世界経済 フィリピン経済 | 評論 世界経済 フランス経済 | 評論 世界経済 ブラジル経済 | 評論 世界経済 ベトナム経済 | 評論 世界経済 ポルトガル経済 | 評論 世界経済 ミャンマー経済 | 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン | 評論 世界経済 中国経済 | 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 | 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 | 評論 世界経済 台湾経済 | 評論 世界経済 外国為替・金 | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 | 評論 世界経済 経済成長 | 評論 世界経済 金融問題 | 評論 世界経済 韓国経済 | 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 | 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 | 評論 世界経済 食糧問題 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト | 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア | 評論 日本の政治  八ツ場ダム | 評論 日本の政治 人口問題 | 評論 日本の政治 公共事業 | 評論 日本の政治 内部告発者保護法 | 評論 日本の政治 医療行政 | 評論 日本の政治 危機管理 | 評論 日本の政治 原子力行政 | 評論 日本の政治 地方政治 | 評論 日本の政治 地方政治 大阪 | 評論 日本の政治 地方政治 東京 | 評論 日本の政治 学校問題・子育て | 評論 日本の政治 安倍内閣 | 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 | 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 | 評論 日本の政治 小沢裁判 | 評論 日本の政治 年金制度 | 評論 日本の政治 教育問題 | 評論 日本の政治 新聞報道 | 評論 日本の政治 普天間基地 | 評論 日本の政治 東京オリンピック | 評論 日本の政治 生活保護政策 | 評論 日本の政治 石原都知事 | 評論 日本の政治 確定申告 | 評論 日本の政治 航空行政 | 評論 日本の政治 菅内閣 | 評論 日本の政治 著作権法 | 評論 日本の政治 観光行政 | 評論 日本の政治 警察機構 | 評論 日本の政治 農業政策 | 評論 日本の政治 選挙制度 | 評論 日本の政治 野田内閣 | 評論 日本の政治 陸山会事件 | 評論 日本の政治 領土問題 | 評論 日本の政治 食糧問題 | 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の政治・経済 将来像 | 評論 日本の政治・経済 歴史 | 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 | 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 | 評論 日本の経済 JRの経営 | 評論 日本の経済 アクリフーズ | 評論 日本の経済 イオン | 評論 日本の経済 エルピーダメモリ | 評論 日本の経済 オリンパス | 評論 日本の経済 シャープの経営問題 | 評論 日本の経済 ソニー | 評論 日本の経済 ソフトバンク | 評論 日本の経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の経済 不動産価格 | 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 | 評論 日本の経済 外食産業 | 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 | 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 | 評論 日本の経済 家電業界 | 評論 日本の経済 就職問題 | 評論 日本の経済 日本再生 | 評論 日本の経済 東芝の会計処理 | 評論 日本の経済 為替相場 | 評論 日本の経済 経済成長 | 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 | 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 | 評論 日本の経済 自動車産業 | 評論 日本の経済 観光業 | 評論 日本の経済 証券市場 | 評論 日本の経済 詐欺 | 評論 日本の経済 財政金融政策 | 評論 日本の経済 野村証券 | 評論 日本の経済 金融機関 | 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害