評論 世界経済 ミャンマー経済

(27.6.1) ミャンマーの難民ロヒンギャは将来の北朝鮮の難民と同じ

23624_001_2 

 ロヒンギャ族
などと聞いても最初は何のことかさっぱり分からなかった。
ミャンマーから密航船で大量にマレーシアインドネシアに向かって漂流している少数民族である。
イスラム教徒のため仏教徒の国ミャンマーから追い出されている。行く先は同じイスラム教徒のマレーシアとインドネシアだが、両政府とも従来受け入れを拒否してきた。
同じイスラム教徒といっても飢餓難民を受け入れるわけにはいかない!!」

 密航船は直接マレーシアやインドネシアにたどり着くこともあるが、たいていの場合は途中のタイに上陸する。ここから徒歩で山越えをしてマレーシアに密入国するのが最も多いのだが、そこにタイの暗黒社会が結びついた。
マレーシアに行きたかったら10万バーツ(約37万円)支払え!!」
支払うとタイの闇組織がマレーシアに密入国させてくれるが、金がないといつまでもタイの密林の秘密のアジトに隔離されたままになる。
ロヒンギャはほとんどが貧困だから支払う金もなく、そのうちに食料が尽きて次々に死んでしまい、埋葬された墓がタイのジャングルに累々と出来上がる。

 最近になりこうしたロヒンギャ族が集団埋葬された場所がタイの密林で見つかり大問題になった。
タイにはロヒンギャ族を人身売買している組織があり、タイ政府はこれを黙認している」と国際社会からタイが非難されだした。
慌てたタイ政府はこの暗黒組織の摘発に乗り出したが、多くの場合地元の警察がかかわっている。
「とらえてみれば人身売買業者とは警察官や公務員か!!!」タイの闇も深い(本当はタイ政府はこのことを知っていたので黙認してきた)。

 ようやくタイ政府は東南アジアの15か国を集めてこのロヒンギャ問題を解決するための国際会議を主催した。29日のことである。
そもそもミャンマーがロヒンギャ族を弾圧するからボートピュープルになるんだ。おかげでタイが国際的な人身売買を行っていると非難されてしまったではないか・・
何を言うか、ロヒンギャ族はミャンマーの国民ではない。あれはベンガル人でバングラディシュから不法に入国した不法滞在者だ。ミャンマーがこれを追い出すのは当然だ
議論は平行線のままだ。

 ロヒンギャ族が住んでいる場所はミャンマーとバングラディシュの国境付近で約100万人と言われるが、もともとこの地域は国境などあってないようなものだから集団でまとまって住んでいた。丁度イラク北部からトルコにかけて住んでいるクルド人みたいなもので国を持たない民族といえる。
イスラム教徒だがバングラディシュでは異端で、一方ミャンマーは仏教徒の国だからこちらもロヒンギャを認めない。
簡単に言えばどこにも行き場がない。

 それでも従来はミャンマー政府が仕方なしに一時的身分証を発行してミャンマーでの居住を認めていたが、これ幸いとバングラディシュからの不法移民がミャンマーに殺到してこの地域がイスラム教徒ばかりになってきた。
そこにイスラム教徒によるミャンマー人の婦女暴行事件が2012年に発生し、暴動になってしまった。ロヒンギャ族を中心に約200名が殺害され、14万人が家を焼かれたという。

 以来ミャンマー政府とロヒンギャ族の緊張が続いていたが、今年に入ってミャンマー政府が一時的身分証を停止したため、ロヒンギャ族に激震が走った。
危ない、ミャンマー政府による大弾圧が始まる前触れだ!!!」
多くのロヒンギャ族がおんぼろ船に乗ってマレーシアやインドネシアに逃げ出した。
総数は分かっていないが数万人規模だという。

 従来はタイの海岸にたどり着きここからタイの闇組織が金をもらった人間だけをマレーシアに密入国させていたが、タイ政府が取り締まりを強化したためこの陸路が使えなくなった。
難民船は海上をさまよいその数は数千人に上ったので、マレーシアとインドネシアがなんかしなければならなくなった。
仕方ない一時的な上陸を許可しよう。ただし一時的なものですぐにミャンマーに帰ってもらう
だがミャンマーは帰国を許さない。
もともとわが国の国民でないのになぜ帰国を認める必要があるか

 私はミャンマーにクルド人問題と同じ問題があるのを知らなかったが、今や東南アジアにとって最も複雑な国際問題になっている。
この問題は日本人にとってはほとんど他人事だが、帰趨はよく見定めておいた方が良い。
というのは北朝鮮が崩壊した時のシミュレーションに使えるからだ。

 北朝鮮が崩壊すれば最初は陸続きの中国や韓国に殺到するが両国があまりの数の多さに閉口して国境を閉ざすとあとはおんぼろ船に乗って日本海に漕ぎ出す。
潮流にのればおんぼろ船が日本にたどりつくのは太古の昔から変わりがない。
さてその時日本政府はどのように対処したらいいのだろうか。
国際世論は人道主義が基本だから、簡単に追い返せないのは今回のマレーシアやインドネシアの政府対応を見ても分かる。
だから東南アジアで起こっているロヒンギャ族のボートピュープルは将来の北朝鮮のボートピュープルと同じなのだ。

| | コメント (2)

(25.11.23) ミャンマー支援の本格化 中国の牙城の切り崩しに成功

Dscf6263
(軽井沢 雲場池)

 ミャンマーへの投資合戦が熱をおび始めた。日本政府はミャンマー政府の民主化に呼応して大規模な政府借款を約束し、また日本のメーカーもミャンマー進出を狙っていたが、そのアウトラインが明確になってきた。

 現在ミャンマーには大規模な経済特区が3つあって、その内ティラワは日本、ダウィーはタイと日本、チャオヒューは中国という分担になっている。
民主化以前はもっぱら中国の独壇場で特区の開発も中国が先行して、チャオヒュー経済特区では石油・天然ガス施設の建設が進み、中国との間の石油・天然ガスパイプラインの建設も進んでいる。
中国の戦略はミャンマーのインフラ整備代金の見返りがこの石油と天然ガスだった(ミャンマーは天然ガスの産出が多い)。

 一方日本は安倍首相の肝いりもあり、大都市ヤンゴンの近くのティラワの経済特区を支援することにした。ティラワはヤンゴンから20km程度の場所にあり、日本のイメージでいえば京葉工業地帯と言った位置づけだ。
最も最近までティラワでは立ち退きを要請された住民が保障問題で反対していたが、どうやらめどがついたようだ。

注)従来ミャンマー政府は土地は国家のものだったので強権で住民の立ち退きをさせていたが、民主化以降はそうした強権政治を控えている。おそらくお金で解決したのだろう。

 ティラワの開発は丸紅・三菱商事・住友商事がそれぞれ33.3%の出資で日本連合の開発会社を設立し、さらにティラワ全体のインフラを整備する経済特区会社にミャンマー政府51%、日本商社連合が49%の出資を行うことになっている(インフラ整備には1100億円規模の資金がいる)。
進出会社としてはスズキホンダと言った自動車メーカーが前向きだ。

注)ミャンマーが日本のフロンティアであることは何回もブログ記事を掲載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-aea7-1.html

 最近注目され始めたのはミャンマー政府とタイ政府が共同で開発を予定しているダウィー経済特区で、ここは最初から何もないところに一大生産拠点を築こうとしたものだ。
なぜダウィーがタイかというと、タイのバッコックから300km程度の距離にあり(日本で言えば東京と名古屋程度の距離)、海に面していて海上輸送の便がいいからだ。
ここはタイの経済圏に含まれる。

 さらにここをアセアンの南部回廊ベトナムのホーチミン市から、ラオス、タイのバンコックを通りダウィーまでつながる高速道路)の終着地点にしようとタイ政府とミャンマー政府は考えた。
最近まで中国のアセアン進出が目覚ましく、中国の昆明からタイのバンコックに向けて南北回廊が建設されていたが、それに対抗するアセアンの中国包囲網がこの南部回廊になる。
アセアンは中国の奴隷にならない」という一種の意思表示のようなものだ。

注)なお中国人がミャンマーで如何に嫌われていたかは以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/231227-92a7.html

 だが、ここダウィーはもともと何もない場所だ(ティラワは道路と港湾が整備されている)。一からインフラを整備しなければならずそのインフラ資金の調達に苦慮していた。そこに三菱商事大型発電所の建設でひと肌脱ぐことにした。
原発7基分に相当する700万kwの発電所で燃料は天然ガスと石炭だ。
この火力発電所の建設はタイ電力会社50%、タイ建設会社20%、三菱商事が30%の出資をし、総工費1兆円の資金調達にあたるという。
この電力の400万kwはタイで使用し、300万kwはミャンマーで使用する計画になっている。

 ミャンマーは東南アジア最後のフロンティアとみられ、今日本だけでなく各国から注目を集めている。民主化以前は中国だけがミャンマーの経済支援を行ってきたが、ここにきて日本とタイが本格的に支援に乗り出し、インフラ整備を始めた。
何か1990年代の中国のような熱気だ。
中国市場は政治的リスクが大きすぎて、いつ日本企業が焼き討ちに合うか分からない。
すべて中国政府のさじ加減ひとつで、尖閣諸島の問題がこじれれば、再び「愛国無罪」の大合唱になる。

 安倍首相の中国包囲網の一環としてのアセアン政策はめざましく、中国の牙城だったミャンマーの切り崩しに成功したようだ。

なお、ミャンマー経済についてのブログ記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47221757/index.html

 


 

| | コメント (0)

(25.3.16) ワールド・ウェーブ・トゥナイト ミャンマーは日本のフロンティア

20427_049  

 私は普段ミャンマーの国境線をまじまじと見たことがなかったが、意外なことにインド中国との国境線は同じぐらいの長さで、タイとの国境線が一番長く、後はラオスバングラディシュに少し接していた。

 長い間ミャンマーは軍事政権が支配していたためアメリカの経済制裁にあい、その間仕方なしにミャンマー中国からの経済・軍事援助を受けることで細々と生きながらえてきた。
中国はこのミャンマーを中国の実質的植民地にして(北朝鮮と同じ)、中国・ミャンマー間の高速道路や発電所、銅鉱山の開発を行い、インド洋を押さえてかつ天然資源を一元的に中国に輸出させる政策をとってきた。

 この情勢が急展開したのは11年12月の軍事政権による民主化宣言である。この民主化宣言はアメリカと軍事政権とアウンサンスーチーさんとのできレースだったが、以来アメリカによる中国の追い落とし作戦が続いている。

注)詳しい経緯は以下の記事に詳述してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/24424-1325.html


 日本はアメリカの経済的先兵として、最大都市ヤンゴンの上下水道事業や、経済特区ティラワの開発に積極的に参加している。
従来は中国一辺倒で、この2年に限っても中国の投資額がダントツに多いが、今急速に日本、韓国、アメリカが投資を増やそうとしている。

注)ここ2年の投資額は日本は中国の100分の1以下

 アメリカの目的は経済的なものより軍事的な側面が強く、ミャンマーを中国に抑えられるとインド洋が中国の内海になってしまう(海軍基地をミャンマーに建設されるとインドが危機に陥りそれをアメリカが支援しなければならない)。
ミャンマーの軍事政権も中国が好きで経済・軍事援助を得ているわけでなく、致し方なしにそうしているので、アメリカの経済制裁解除は願ったりかなったりだった。

 何しろ中国人は世界の嫌われ者で、それはミャンマー人を奴隷のごとく扱うからだが、これは国内での農民工に対する共産党幹部の取り扱いとまったく同じだ
中国は未だに国内に植民地を持っている帝国主義国家で、対外進出も19世紀のヨーロッパの植民地支配と同じ暴力的支配だから、金の縁さえ切れれば中国とは付き合いたくない国が目白押しだ。

注)なぜ中国人がミャンマーに嫌われているかの理由は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/231227-92a7.html


 日本にとってミャンマーは最後のフロンティアという側面が強い。人口約6000万人天然資源天然ガスや銅)も多く、また日本企業が大挙進出しているタイに国境を接している。
賃金は中国の5分の1程度といわれており、何より日本人排斥運動がない(日本人は世界で最も紳士的な国民だから、中国と韓国以外からは常に進出が喜ばれる)。

 消費市場としてはまだまだだが(ダイソーが進出すると声明しているので100円ショップレベル)、生産拠点としては特区の整備が進めばこれほど魅力的な場所はない。
最も問題がすべてないわけではなく、ティラワ特区を追い出された農民が経済補償を求めて住民運動を行っていた。

注)ミャンマーの土地はすべて国家のものなので住民は使用権を持っているにすぎず、従来は軍事政権によって武力的に追い出されていた。

 問題がないわけではないが、中国人などと比較すると正常な道理が分かる国民だから、日本人とは馬が合いちょうどタイと日本のような関係を築くことが可能だ。
日本にとってミャンマーは実に有望なパートナーと言えそうだ。

PR記事

 私は過去に書いてきたブログを纏めて本にする作業を始めました。月に2冊程度の割合で出版いたします。KindleのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用していますので、電子書籍の端末を持っている方はアマゾンで購入できます(iPhoneやiPad・iPodでもソフトを入れれば見れます。またアンドロイド系のスマホやタブレットにもソフト対応していますがパソコンは不可
)。
なお、蝦夷地探訪記等の値段が200円になりましたが、ボリュームが多いとキンドルの最低価格が上がるので、私の意図的な値上げではありません。


出版済み

・ぼくが生きたとき(山崎書店 NO5)  定価 99円(いじめにどう立ち向かうかを自分の経験から書いてみました)
・ロドリゴ巡礼日誌(
山崎新書 NO1)  定価 200円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)
・ロドリゴ 失敗記(
山崎新書 NO2)  定価 99円(若者が人生に失敗しないための指南書)
・ロドリゴ蝦夷地探訪記(山崎新書 NO3) 定価200円(北海道東部の過疎地帯を放浪したときの記録)
・ロドリゴネパール日誌(山崎新書 NO4) 定価200円(ネパールの明治時代を思わす山村での教育実習の記録)


なお出版の経緯については以下に詳述してあります。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat53203102/index.html

| | コメント (1)

(24.4.24)ミャンマーの経済制裁解除 日本の経済戦略とアメリカの政治戦略

Dscf5414

 日本にはまったく戦略がないものと諦めかけていたが、今回の対ミャンマーに対する経済制裁解除は日本が放った久々の快挙だ。
ながらく中国の半植民地であったミャンマーはさすがに自己が置かれている立場に疑念を持つようになってきた。

 何しろ中国によって北部州に建設予定だった水力発電所の電力は、ほぼ全量中国に輸出されることになっていたため、これではミャンマーの電力不足改善には何の役にも立たない。
テインセイン大統領も考え込んでしまった。
資源はすべて中国に持っていかれる。これではわが国は中国の植民地と同じじゃないか・・・・・・・・
昨年9月この事業を「環境をひどく破壊する」との理由で取りやめたが、このことがアメリカへのシグナルになった。

 アメリカにとってはミャンマーが中国の実質的植民地になると、中国は太平洋とインド洋に面した大海軍大国になりアメリカの石油ライン防衛に直接の脅威になる(アメリカは石油の流通を抑えることによって世界経済を抑えている)。
またアメリカの友好国インドにとっては直接の脅威であり、中国とインドの関係がパキスタンミャンマーの両地域で一気に緊迫している。

 こうした情勢下で日本とアメリカ、そしてミャンマー政府とアウンサンスーチーさんの4者が手を組んだ
アメリカがアウンサンスーチーさんを説得して補欠選挙に出させ、スーチーさん率いるNLDを大勝させることによって民主化をアピールし、日本が経済制裁解除に取り組むと言うシナリオである。

 さっそく野田総理は日本で「日本・メコン地域諸国首脳会議」を開催しそこにテインセイン大統領を招き、大胆なミャンマー支援策を表明した。
声明によれば「ミャンマーの民主化改革を高く評価し」以下の対応をとると言う。

① 今までのODAの円借款5000億円(遅延損害金2000億を含む)のうち3000億円を放棄し、残り2000億円については新たな円借款に乗り換える。

注)なおこうした円借款は実質的には返済されることなく新たな融資に乗り換えられるのが普通だから、受けたほうはただで資金を提供されたのと同じ。

② ヤンゴン近辺のティラワ団地(2400ha)を共同で開発をして、日本企業の誘致を行う。

注)共同と言っても資金と機材は日本が提供し、ミャンマーは労働力を提供することになる。できた団地には日本の輸出産業を誘致する。

③ ミャンマーの極端に悪い電力事情を改善するために、日本が中国に変わって電力発電所の建設を行う。

注)ミャンマーの電力事情はヤンゴンでも一日に2~3割り程度しか電力が供給されない。このままでは企業進出もままならない。なおミャンマーは天然ガスの産出国であるのでこれを電力発電に利用できる。

④ 進出する日本企業を守るため投資協定を締結する。

注)独裁政権はえてして自分の都合で外国企業を国有化する。こうしたことが起こらないように投資協定の締結が必要。

 日本にとってはこのミャンマーの開発援助は崩壊した日本経済再生の起爆剤になる可能性が高い。
人口5000万人を越え、性格は温厚で相対的に教育水準は高い国民(アウンサンスーチーサンをみると分かる)だから、日本との馬はぴったりと合う。
すでに100円ショップ大創産業がフランチャイズ店をオープンすると言っていたのには笑ってしまった。
そうか、現在の日本のもっとも進取の気質に富む企業は100円ショップか・・・・
他にもローソンも進出を予定し、全日空は定期便を飛ばすと言う。

 日本は輸出産業が崩壊し、また土建業も不必要な公共工事でかろうじて生き延びている。
従来日本は中国進出に熱心だったが、中国は大市場でも常に政治リスクが高くおまけに賃金上昇は止め処もないので今後の進出先としては適切でない。
東南アジアは日本にとってもっとも最適なパートナーだが、その中でもミャンマーはインフラ整備からはじめると言う日本の土建業界にとって最大のお客様になる可能性が高い(支払いは日本のODAだから安心だ)。
土建業がインフラを整備した後に輸出産業が進出すると言うイメージだ。

 もっとも現在アウンサンスーチーさんが軍事政権が制定した憲法をきらって、「憲法を守る」との宣誓を拒否し国会への登庁を見合わせているトラブルが発生している。
これがもめると厄介なことになるが、おそらくクリントン国務長官が仲介して何らかの妥協点を見出すはずだ。

注)現在の憲法では国会議員は「憲法を守る」との宣誓をしなければ国会議員として正式に承認されない。

 野田首相はミャンマー支援を日本の手で行うことで日本経済再生のかけに出た。日本にとっては実に大きなチャンスと言える。
そして今後の日本企業の大進出を想定すれば、就職にあぶれそうな学生は積極的にビルマ語の学習をするのが就職の近道になりそうだ。

なお、ミャンマーに関する記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47221757/index.html

| | コメント (0)

(24.4.10) ワールド・ウェーブ・スペシャル 世界経済は危機を脱出したのか アジア編

Dsc01945

 ワールド・ウェーブ・トゥナイト
が特集を組んで放送した「世界経済は危機を脱出したのか」のアジア編は「世界を牽引できるか」がテーマだった。
リーマンショック後の世界経済はアジアの一人勝ちのような様相で、特に中国経済の発展が世界の牽引役になってきた。

 問題はこの牽引役だった中国経済にかげりが見え始め、温家宝首相は全人代で本年度のGDP成長率の目標を7.5%に引き下げた。
従来8%の成長がないと中国人民に失業問題等が発生するので、8%が最低目標だと言っていたのが嘘のようだ。

 実際中国経済を見ていると多くのひずみが発生しており、とてもこのままの成長を続けられないことが分かる。
特に大きな問題は労働力不足農民工が安い賃金で働かなくなったのが大きい。
番組では正社員の確保ができなくなった中小企業人材派遣会社から短期の派遣労働者を受け入れている様子を放映していた。

 農民工としては企業が倒産して賃金を踏み倒されるのが怖いので(中国では企業主の夜逃げが日常的に起こる)、確実な賃金を得るのが目的で派遣労働者になっている。
派遣会社がきっちりと賃金を払ってくれるからだ。
さらに派遣会社が企業と賃金交渉をしてくれるのであたかも組合交渉のような形になり、最近の労働力不足を反映して昨年度より20%賃金は上昇している。

 もはやかつてのような低賃金だけを武器にした企業経営は成り立たないため、中国政府は地方政府に産業構造の転換を求めて、高付加価値企業の誘致をするように指示を出している。
江蘇省丹陽市では特に日本の中小企業の誘致に熱心になっていた。

 日本では輸出産業が崩壊しその子会社や関連会社は国内の仕事が加速度的になくなり国内で存立できなくなっている。
しかしこうした中小企業は今までの日本経済を支えてきたバックボーンであり技術力は抜群だ。

 そうした日本の中小企業(特に自動車部品メーカー)を誘致するための工場団地を建設し、そこの管理運営会社の社長に日本人をすえて、その知恵をかりていたのには驚いた。
そこまでやるのかよ」と言う感じだ。
工場はレンタル方式で、この6月までに進出を決めれば3年間はレンタル料を無料にし、さらに仕入・配送は管理運営会社が共同で行うと言うのだから日本の中小企業にとっては願ってもない話だろう。

 もしこうした産業構造の転換に成功すればなお中国の輸出産業はかなりの期間成長を維持できそうだ。
国内では不動産バブルが崩壊し、物価高は解消されず、公害問題は国民の健康を脅かしているが、日本の中小企業の力を借りて立て直そうと言うのだから中国はしたたかだ。

 一方で現在生産拠点としてもっとも注目を浴びているのが、民主化を推し進めてアメリカ等の制裁解除を目前にしたミャンマーである。

 ミャンマーは人口6000万人、賃金水準は中国の約3分の1だから中国に進出して賃金上昇に悩んできる企業にとっては夢のような場所だ。
性格は中国人と比較してはるかに温厚だし、日本に対して「歴史の反省を求める」なんていう人はいないし、教育水準は相応に高い。

 このミャンマーアメリカとの雪解けが急激に進んだのはアメリカとミャンマー相互の理由による。
アメリカにとって21世紀最大の仮想敵国は中国で、かつてのソビエト包囲網と同様に中国包囲網を形成したかったが、今までは中東のイラクアフガン問題で手一杯だった。

 ここにきてようやくイラクやアフガンからの撤退が始まり、今まで手をこまねいていたアジア政策を強化する余裕ができたが、もっとも緊急な課題はミャンマーだった。
ここは経済制裁を行っている間にすっかり中国の植民地のようになってしまい、軍事的にはインド洋を中国が抑えてインドを脅かす拠点になっている(中国がインド洋に進出してくると中東の石油ルートを脅かされる)。
この劣勢をどうにかして挽回する必要があった。

 一方ミャンマーの事情はあまりに中国の影響力が大きくあたかもチベットウイグルと同じような中国の完全支配下に置かれそうになっていることだ。
しかも中国人は権力志向者が多く、ミャンマー人を蔑視してあごで使う。
これではわが国の主権が脅かされる。ここはアウン・サン・スーチーさんと和解して、アメリカの経済制裁を解除してもらおう

 ミャンマーとアメリカはひそかに協議を開始し、スーチーさんの政治参画を条件に手を握った。
スーチーさんもアメリカの説得に応じたので補欠選挙は予想どおりスーチーさん率いるNLDが圧勝し(45議席中43議席を獲得)、制裁解除の条件が整った。

注)なおミャンマーの国会議員の総数は上院224、下院440.

 玄葉外務大臣クリントン国務長官のミャンマー訪問の後を受けてミャンマーに出向きODAの再開を約束したのだが、これは明らかにできレースと言える。
アメリカが制裁解除の地ならしをするから、ミャンマーのインフラは日本の資金で整備せよと言うことである。
アメリカにとってはミャンマーは軍事面で中国の覇権を抑える重要拠点だし、日本にとっては日本国内で崩壊した輸出産業建て直しの拠点になるので利益が一致した。

注)現在は中国や韓国企業が積極的に進出しているが、これを日本の輸出産業の基地に変えるのが日本の戦略でアメリカが後押しをするということ。
なおなぜアメリカが日本の後押しをしているかというと、日本の輸出産業が崩壊して日本はあまりに非弱になってしまい、パートナーとしての役割を演じられなくなっているため。
あまりに弱い日本は戦略的な同盟関係を維持できない。


 こうして中国の植民地支配から逃れたいミャンマー、中国の軍事力がインド洋に及ぶのを防ぎたいアメリカ、輸出産業崩壊を立て直したい日本の3者の思惑が一致して、ミャンマーの制裁解除が始まった。

 アジアは世界を牽引できるか。ヨーロッパ、日本、アメリカといった先進国経済はすでに拡大の極点に達している。

注)ただしアメリカはIT産業でなお成長余力を持っている

 一方でミャンマーのような貧しい国は成長余力が十分すぎるほどあり、日本の資本が入り込めば中国のような急成長は間違いないだろう。
中国自身は今後も成長するとしても中成長の段階に入ってきたので、生産拠点としては多くを望めない。
これからはミャンマーバングラディッシュのような国をテイクオフさせるのが一番効率的だ。

 私の正直な印象は西欧や日本はだからといってこれ以上の成長は望めず今貧しい国がそこそこに成長すると言うところまでではないだろうか。

なお、中国経済については以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43974941/index.html

また、ミャンマー経済についても以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47221757/index.html

| | コメント (0)

(23.12.27) 中国が嫌われだした。 ミャンマーの中国離れ

23126_015

 ほとんど中国の属領のように思われていたミャンマーが中国に距離をとり、西欧社会、特にアメリカと日本との関係改善に動き出した。
昨年11月総選挙を実施し民政移管を図ると表明していた時は、世界はほとんどマユツバだと思っていた。
なにしろ国会議員の4分の1は国軍司令官の任命で、さらにアウンサンスーチーさん率いる国民民主連盟NLD)の選挙の参加を認めていなかったからだ。

 選挙結果は約8割が軍関係者と言う軍事政権とさして代わり映えがしない議席数になったが、今年3月に発足した民生移管政権は驚くべき政策を打ち出してきた。

① アウンサンスーチーさんとの対話
② メディア規制の大幅緩和
③ 政治犯の一部釈放

 これには世界が驚いた。
民政移管といっても形式的なものと思っていたらもしかしたら本気かしら?????」
特に8月アウンサンスウチーさんとティンセイン大統領との会談後、スーチーさんが形式的文民政権と共存していく方針を採ったことが大きく歴史を動かすことになった。

 さらに12月にアメリカのクリントン国務長官が首都ネピドーを56年ぶりに訪問し、日本も玄葉外務大臣が訪問して、一気にミャンマーの国際復帰に弾みがつきそうな雰囲気になっている。
最もアメリカは正式に経済制裁を解除したわけでないので日本のミャンマーへのODAの復活や企業進出はしばらく時間がかかるだろうがそれにしても劇的な変化だ。

注)上記は表面的な動きだが、実際は裏でアメリカがスーチーさんと軍事政権の和解を仲介したと私は思っている。そうでなければ軍事政権への協力をかたくなに拒んでいたスーチーさんが妥協するはずがないからだ。アメリカの狙いはアジアシフト(実際は中国の封じ込め)を鮮明にし、とくに中国の牙城であるミャンマーの切り崩しを始めることにある。

 ミャンマーの軍事政権は北朝鮮のような独裁国家と思われているが内実はかなり違う。東南アジアの人は一般に温厚だから、カンボジアのポルポトのように中国にかぶれない限り北朝鮮のような極端な弾圧政治はとらない。
件のアウンサンスーチーさんも自宅軟禁はされていたが生き延びているし(北朝鮮だった銃殺刑だ)、政治犯と言っても1000人単位で北朝鮮のように数百万単位で殺害したり強制収容所に隔離するのとは違う。

 通常意味するアラブの軍事政権に比べてみてもはるかに穏健で、民主主義政権と軍事政権のちょうど中間程度の政権といえる。
しかしこの政権をアメリカが極端に嫌ったためミャンマーは致し方なく中国に政治的経済的援助を頼ってきた。

注)アメリカは自国の利害がない場所では原則的な対応をし、民主主義の伝道者を装う。したがって原則的にアウンサンスーチーさんを支持していた。過去のミャンマーはアメリカにとっては戦略的にどうでもいい場所だった。

 中国から見るとミャンマーはインド洋に出る道で仮想敵国インドののど元に指した棘(アメリカに対するキューバのようなもの)になるし、思いのほか天然資源が豊かで天然ガスが豊富に存在する。
中国は中国ミャンマー間の道路建設や天然資源の開発、それに水力発電所の建設に積極的に携わってきたが、中国のインフラ整備は国家間では感謝されても国民の間ではすこぶる評判が悪い

注)最近ミャンマー政府は中国による水力発電所の建設を周辺住民の反対があると言う理由で断った。

 中国が嫌われる最大の理由はミャンマー人を奴隷のように見なして酷使するからで、これは中国人が国内において官僚層から酷使されていることの裏返しに過ぎない。
アメリカ人であれば契約を結んで契約の履行を求めるが奴隷的酷使はしない。
日本人はもっと優しく人間関係を重視してミャンマー人を大事にする。
しかし中国にはそもそも人権と言う概念はないから、自分以外は奴隷になってしまい血の一滴まで絞り上げるので中国人は世界の嫌われ者になってきた

 さすがにミャンマー政府も反省したようだ。
まずいこのままでは我が国は中国の属領になり、ミャンマー人は中国人の奴隷になる。確かに道路建設や地下資源の開発は上手だが、すべては中国のためにしているのだ。
このあたりでア
メリカや日本と政治的・経済的結びつきを強化しないと北朝鮮のようになってしまう・・・・・・・


 どうやら中国の世界進出も(アメリカが封じ込めを始めたこともありピークアウトし始めた。特に独裁政権は中国だけが支援してくれるので喜んで支援を受け入れてきたが、独裁政権といえども自国民が中国人の奴隷になるまで放っておくことはできない。
中国人に人権を求めるのは猿に微積分を教えるようなものだから、世界各国に躍進してきた中国の進出もこのあたりが限界だということをミャンマーが教えてくれている

なお中国経済の現状は以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43974941/index.html

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害