評論 世界経済 ブラジル経済

(28.3.15) ブラジル ルセフ政権の末路 中国を信じたブラジル経済はまっさかさま

Dscf6433 

 人間落ち目になるとどうにもならなくなるらしい。ブラジルのルセフ政権のことである。
2011年に颯爽と登場したころはまさに我が世の春で、ワールドカップオリンピックもブラジルで開催されることが決まり、当時問題だったギリシャ危機に際し「EUはブラジルに期待してよい」と大見得を切っていたのが今では夢のようだ。

 ブラジル経済が成長していたのは14年の夏ごろまでで、このころを境にブラジル経済は坂道を転げ落ちるように転落し始めた。
14年夏とは中国経済がピークを打ちそれまで湯水のように輸入していた原油や鉄鉱石や銅鉱石や大豆等の食糧の輸入を減少させ始めた時である。

  以来原油や鉄鉱石の価格はピーク時の4分の1、その他の鉱物資源や大豆等の食糧も3分の1から2分の1に価格が低下してしまった。
ブラジルの主要な輸出品目鉄鉱石が15%程度、大豆が10%程度、原油が5%程度で、断トツの輸出先は中国で約20%である。
この中国偏重構造は韓国と全く同じで、中国経済の凋落に伴ってブラジル経済もまっさかさまに落ちてしまった。

 15年度のGDPは▲4%程度で、今年になっても全く改善が見られず16年度も▲3%程度とIMF等の国際機関は推定している。
ルセフ政権労働党政権でいわば弱いものの味方を標榜して貧しい人々にばらまき政治を行ってきたが、それも経済が好調で税収が十分に上がり海外から直接投資が湯水のように入ってきていたあいだだけだ。
経済の失速に伴い財政赤字は2014年から急拡大してこれ以上のばらまきは不可能になってきた。
このためバスや地下鉄等公共料金の値上げに踏み切ると、今までルセフ政権を支持していた貧しい人々がルセフ政権にそっぽを向き始め支持率は急下降して10%を割ってしまった。

注)最近までのルセフ政権の経済と政治の運営の実態は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-ff49.html

 ルセフ政権に追い打ちをかけたのが過去10年に及んだ労働党政権の汚職である。ルセフ氏の前任でルセフ氏の実質的な指名者であるルラ前大統領とルセフ政権の主要な閣僚が汚職疑惑に揺れている。
汚職の方法は労働党政権らしく国営石油企業ペテロブラスを巡る汚職で、ペテロブラスの建設投資に群がった建設会社が積極的か無理やりか不明だが、ルセフ政権の閣僚にワイロを贈ったり請求されたりした。
あんたの会社がペテロブラスの仕事をしたいのなら政治献金をしてくれなきゃ!!」

 原油価格が100ドルを越えていたころは海底油田を含めてペテロブラス は積極的な投資をしていたが、14年夏以降つるべ落としの原油価格の低下を見てすっかり新規の投資をひかえてしまった。
そうなるとワイロを請求された建設会社がおさまらない。
あんた、政治資金を出せば我が社に建設の発注をするといってたのにさっぱりなにもしてくれないじゃないか。おかげで我が社は倒産しそうだ。どうしてくれる
検察庁に恐れながらと垂れ込んだ。

 検察庁は証拠は十分あるとルセフ政権の閣僚等の身柄の拘束の要求を裁判所に出すし、野党はルセフ大統領の弾劾請求を最高裁に出して大騒ぎになっている。
現在ルセフ政権は国会で過半数を維持しているが日本と同じ連立政権で、連立を組んだブラジル民主運動党は場合によってはルセフ氏を見捨てそうだ。
結局ブラジルのルセフ政権も中国あってのものだねで中国経済が崩壊したいま、ルセフ氏に頼るべきものはなにもない。
中国はひどい。毎年7%の大成長をしているはずなのにブラジルからの輸入は激減だ。あの、ペテン野郎、許せない! それとも成長を信じた私がバカだったのかしら・・・・」

 ここでも中国組が崩壊し、最近ではルセフ氏がいつ退任するかがブラジルのマスコミの話題になっている。

 


 

| | コメント (2)

(26.10.8) ブラジル経済の低迷 資源と中国頼りの弱さの露呈

22927_139_2 

 今ブラジルが燃えている。ワールドカップオリンピックのことではない。ブラジルでは現在大統領選挙が実施されているが、現政権の労働党ルセフ氏が勝って弱者保護を続けるのか、それとも社会民主党のネベス氏が勝って産業育成策に転ずるかの天王山になっている。

 思えば2010年頃までのブラジルは我が世の春だった。鉄鉱石価格や銅価格の上昇で資源大国ブラジルの未来は洋々たるものと思われていたが、11年頃から失調が始まった。
その後のGDP 伸び率は徐々に下がり現在は2%前後だからさして日本と変わらない。
もはや新興国経済とは言えず先進国と同様の低成長に堕ちいっている。
ワールドカップやオリンピックのためのインフラ投資も経済再活性化の手段にはならなかった。

注)この間のブラジル経済の実態については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-5760.html

 本来なら現職のルセフ氏が悠々当選するところだったが、あまりの経済の失調で福祉政策でなく経済政策ががぜん脚光を浴びたのは日本と同様だ。
ルセフ氏の労働党政権はアマゾン川流域や東北部の貧しい人々への補助金政策で貧困者層の支持を得てきたが、これはタイのタクシン政権と同様の手法であり富裕層や都市部住民の反発を受けていた。

注)ブラジルの選挙は義務だから全員が投票し、ばらまき政策はとても効果がある。

 思えば過去10年の労働党政権は無理をしすぎたのだと思う。ワールドカップに続きオリンピックの誘致に成功したが、そのための財源確保に四苦八苦してしまった。
経済が失速すれば国家収入が減少するので、致し方なくバスや鉄道や地下鉄の運賃を上げることにしたが、このことが貧しい都市市民の怒りを爆発させた。
北部のジャングルに住む住民には福祉予算をあてて、俺たちには公共料金の値上げか!!」
ワールドカップやオリンピックの予算を削って俺たちに飯をくわせろ!!」

 
ブラジル経済のアキレス腱は消費者物価の上昇だが、ここ数年は5~6%程度だから過去のハイパーインフレを思えばまずまずだし、失業率もやはり5~6%程度だから、ルセフ政権はよくやっている方だと私は思う。
しかし国民に夢を与えすぎて失敗したといえそうだ。
21世紀はブラジルの世紀だと言ってワールドカップもオリンピックも招致に成功したが、頼みの資源価格が2012年頃から低下に転じたのが誤算だった。


注)ブラジルの輸出の約16%は鉄鉱石で、この国は資源で持っているのはロシアと同じ。

 資源価格の低下は世界の資源を買いあさっていた中国経済の失調が原因だ。
ブラジル政府としては中国経済は今後も順調に発展し、年8%程度(保八といってこれ以下では新たな職場を確保できないと中国当局が言っていた)の経済成長が続くと踏んでいた。
鉄鉱石さえ売れていれば我が国の経済は順風満帆だ
だが頼みの中国は鉄鋼製品の過剰に悩み、それでも最近まで増産を継続していたが、とうとう生産調整に転じた。
今後とも中国の在庫調整が終わるまでは鉄鉱石や銅価格の上昇は見込めない。

 日本は民主党政権の福祉政策を嫌って安倍政権の経済活性化にかけたが、今ブラジルではそれと同じことが起ころうとしている。
福祉も経済成長も」から「福祉か経済成長か」の選択をブラジル国民は迫られている。

注)日本の安倍政権は経済成長のためには福祉を犠牲にするという政権である。企業を復活し、大学を世界的レベルで復活させ、オリンピックで金メダルを量産し、ノーベル賞受賞者を増やそうとしている政権だ。


 

| | コメント (0)

(25.6.21) ブラジル経済の失速と抗議デモの発生 中国頼み経済のもろさ Occurrence of protests and stall of the Brazilian economy. The exposure of weakness in the economy that is dependent on China

20617_0331

 通常日本人はブラジル経済についてそれほどの関心を示さないが、過去10年にわたって平均で4%台の経済成長を続け、特に2010年は7.5%の成長だったため、ブラジルは中国、インドに並ぶ成長セクターとみなされてきた。

 しかし今そのブラジルの経済成長は終わり、インフレが頭を持ち上げ始め、このところなかったデモが公共料金の値上がりに反発して起こるようになった。
成長率は11年が2.7%、12年が0.9%で13年度も政府見通しは楽観的だが市場の予想はその反対だ。

 ブラジル経済のアキレス腱は物価上昇で、ルセフ大統領はこの物価上昇を抑えることを最優先課題とし、おかげで09年に9%台だった物価上昇率は毎年のように下がり、12年は5.5%まで下がったが、13年に入り再び物価は鎌首を持ち上げ始めた。現在は6%程度だが公共料金を始め、物価上昇要因には事欠かない。

注)中南米諸国は長い間国家予算の不足を紙幣の印刷で賄ってきた経緯があり、ブラジルもそうした国家の仲間だった。

 日本のようにデフレ脱却からあえいでいるような経済からすると、ブラジルの物価上昇は夢のような話だが、これも賃金の上昇が伴った経済成長下の上昇であればこそで、経済が失速すれば物価上昇だけが残ってしまう。

 なぜブラジル経済が好調だったかの最大の理由は石油や銅や鉄鉱石と言った資源価格が中国の驚異的な成長で大幅に上昇したからだ。
しかし中国の経済成長が終わった今、こうした一次産品の需要は急激に落ち込み始めた。

注)鉄鉱石価格の推移は以下参照
http://ecodb.net/pcp/imf_usd_piorecr.html
また銅価格の推移は以下参照
http://ecodb.net/pcp/imf_usd_pcopp.html

 しばらく前まではルセフ大統領は「先進国が金融緩和策を続けるから新興国の物価が上昇する」と言って非難を繰り返し、2年前には金融取引税株式や債券の海外からの購入者に6%の税金をかける)という投資抑制策をとっていたが、ここにきてその金融取引税を撤廃した。
大変だ、金融取引税なんかあるとブラジルから投資資金が逃げ出し株式相場が下落する!!!!」

 結局ブラジル経済も中国経済頼みの成長だったが、その中国が特に鉄鋼生産の過剰になやんで鋼材の投げ売りを始めている状況では、とても中国輸出に頼るわけにいかない。
リーマンショック後の超資金緩和でうなぎのぼりだった鉄鉱石や銅や石油と言った原材料も、頼みの中国が失速しては値下がりに転じるより仕方がない。

注)ブラジルの最大の輸出先は中国で中でも鉄鉱石の輸出の割合が高い。ブラジル全体の輸出に占める鉄鉱石の割合は約16%で、この国は鉄鉱石の輸出で持ってきたと言っていい。

 思えば2010年がブラジル経済のピークだった。当時ブラジルの鉄鋼石会社は超強気で新日本製鉄との交渉を、「ならば中国に販売しますから、新日鉄さん、購入しなくてもいいですよ」とうそぶいていた。
大統領は好調な経済を背景に遅れていたインフラの整備を行い、社会福祉の充実に有り余る国家予算を投じていた。
ワールドカップオリンピックもすべて誘致に成功し、「ブラジルの世紀」とまで言われていたが、中国経済に頼った成長は中国経済の失速に合わせて低迷するのも已むおえないだろう。

注)なお、新日鉄とブラジルの鉄鋼産業との攻防は以下参照。
 http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/2242-0706.html

また中国経済が失速した実態についてはNHKが特集を組んで報告している。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-1cbe.html


Occurrence of protests and stall of the Brazilian economy. The exposure of weakness in the economy that is dependent on China
 

Japanese usually do not show much interest for the Brazilian economy, but continued economic growth of four percent on average over the past decade. In particular, the growth rate of 2010 was 7.5%, Brazil has been considered a growth sector alongside China and India.

But economic growth of the Brazilian end, inflation began to lift the head now. Demonstration that was not extinct is, began to take place in opposition to the rise in utility bills.
Growth rate was 2.7% in the 2011, 2012 is 0.9%. Government outlook is optimistic even in fiscal 2013, but market expectations is the opposite.

Achilles heel of the Brazilian economy is a price increase. Rusefu President, was a top priority that you keep this price increase. As a result, the inflation rate was 9% units in 2009, down to every year, up 5.5 percent dropped in 2012. But prices began to lift the goose-neck again to enter in 2013. Now it is around 6%, but including utility bills, there is no shortage of price increase factor.

As Japan, from the economy such as those suffering from deflation, rising prices of Brazil is a dream come true.
However, this also what if the rise of economic growth under a accompanied by an increase in wages, only price increases may remain if the economy stall.

Why the biggest reason Brazilian economy is what was doing well,
Resource prices, which said iron ore and copper and oil, because increased significantly in the tremendous growth of the country.
But now that China's economic growth is over, the demand for these commodities began to decline rapidly.

Until a while ago, Rusefu president was repeatedly accused of saying, "developed countries continue from the monetary easing policy, prices of emerging rises" he said.
The Brazilian government, was taking measures to curb investment from overseas in that (make a 6% tax for buyers from overseas stocks and bonds) financial transaction tax two years ago. You come here, the government abolished the financial transaction tax.

After all, the Brazilian economy was also a growth of only a Chinese economy. But in a situation where China, has started the dumping of steel distressed excess steel production in particular, Brazil there will not be relying on China export so.
After the Lehman shock, even raw materials said oil and copper and iron ore was skyrocketing in the super fund mitigation, China since stalled, there is no choice but to turn to fall.

2010 was the peak of the Brazilian economy. Iron ore company of Brazil is super strong at that time, iron ore company was promoted in favor negotiations with Nippon Steel.
"If, I'll sell to China, It is good to not have to buy. Nippon Steel's"

Against a backdrop of strong economy, to conduct the development of infrastructure that was delayed, the President had spent the national budget to the improvement of social welfare.
Olympic and World Cup also succeeded in attracting all, it was said to the "century of Brazil," but growth relied on the Chinese economy began to slump to match the slowdown of the Chinese economy.

| | コメント (0)

(23.10.24) ブラジル経済は世界の救世主になるか

152

 ブラジルのルセフ大統領がギリシャ危機が深刻化しているヨーロッパに対し「ヨーロッパのパートナーであるブラジルを頼りにしていい」と言い切ったのには驚いた。
中国が先に「イタリア国債を購入してヨーロッパを助ける用意がある」と言っていたが、ヨーロッパ経済に対する救世主はブラジルや中国のようだ。

 ブラジルは人口約2億の大国で、日本との関係はジーコをはじめとするサッカー選手がJ1やJ2の選手として活躍しているので、サッカーがまず頭に浮かぶが、それ以外では資源大国で特に鉄鉱石の輸出企業ヴァーレが有名だ。

 かつて世界の鉄鉱石価格は新日鉄とヴァーレ間で年一回の価格交渉で決まっていたが、今では中国とヴァーレ間で決めた価格が世界の標準価格になっていて、新日鉄は価格形成者としての立場を奪われてしまった。
鉄鉱石以外ではコーヒー豆やトウモロコシの生産が多いが、日本との関係は中国や韓国やタイ等に比較するとかなり薄いものだ。

 もっともブラジルには戦後多くの日本人が移民をしており(私の父親も失職していた頃移民を検討し「次郎ブラジルに行くか」と言っていた)その子孫が特別ビザで日本の労働力として最近まで働いていた。
しかし東日本大震災の影響や日本経済の低迷もあって、多くのブラジル人が故郷に帰ってしまったが、現在ブラジル経済は絶好調と言ってよい状況で失業率も低くブラジル国内で容易に職を見つけることができる。

 ブラジル経済にとっての悩みはインフレと最近まではレアル高だった。
インフレは国内消費が旺盛なためで、かつての日本のように家電製品や自動車が飛ぶように売れ、また住宅投資も活発に行われている。

 あまりの消費過熱を恐れたブラジル中銀は政策金利を12%程度に引き上げたが、これを見た世界の投資資金が一斉にブラジルに押し寄せてしまった。
ブラジルは経済が堅調なのに金利は12%だ。絶対ぼろもうけできる
このため通貨レアルがドル対比でレアル高に振れ、2009年から2011年8月頃までほぼ40%のレアル高になった(レートが高くかつ通貨高に向かうの通貨が最高の投資先になる)。

注)11年8月頃からギリシャ危機が発生し、ヨーロッパやアメリカの資金がブラジルから引き上げているので現在はレアル安の方向に傾いている。

 ブラジル政府の悩みはもてるものの悩みだ、国内の消費を抑えようと金利を上げたら、外国から怒涛のように資金が入ってきてレアル高になってしまう。
レアル高は輸出商品の価格を引上げ、その結果安価な中国製品に席巻されてしまった。
こりゃだめだ、このまま行くと国内の中小企業が全滅だ

注)中国の場合は為替管理によって外国資金の流入を食い止められるが、ブラジルははるかに市場が自由なので外国人でも株式や投資信託の購入が自由にできる。

 この8月から政策金利の引下げを始めたら、こんどは消費者物価が従来の6%台から7%台に跳ね上がってしまった。
えー、いったいどうすりゃいいんだ」ブラジル中銀は頭を抱えている。

 しかしGDPの伸び率は昨年は7.5%、本年度はヨーロッパやアメリカの経済が低迷しているため4%程度の伸び率しか期待できないとは言え、日本のようなマイナス成長とはまったく異なる。
輸出はレアル高で苦戦していると言うものの鉄鉱石価格はリーマン・ショック前の価格をはるかに越えているし穀物価格も値上がりしており、さらに国内消費は旺盛そのものだから、ルセフ大統領が「ヨーロッパを助けてやる」と言うほどの余裕があることも事実だ。

 ブラジル経済は世界の救世主になれるだろうか。そうあってほしいが本当の実力はこのヨーロッパに始まった経済危機を乗り切れるかどうかで決まるのだろう。

なお、鉄鉱石価格の決定方法の推移は以下のブログ参照。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/2242-0706.html

 

 

 

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 | NHK クローズアップ現代 | NHK コズミックフロント | NHK BS世界のドキュメンタリー | NHK ミクロの大冒険 | NHK NHK特集 | NHK NHK特集 ヒューマン | NHK NHK特集 病の起源 | NHK ためしてガッテン | NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 | NHK ためしてガッテン 認知症関連 | NHK ハイビジョン特集 | NHK プロジェクトWISDOM | NHK ワールド・ウェーブ | システム facebook | システム Twitter | システム You-Tube | システム ウィニー | システム グリーティングカード | システム サイバー戦争 | システム スマートフォン・タブレット KDP | システム スマートフォン・タブレット・テレビ | システム ネット社会 | システム ブログ ココログ | スポーツ サッカー | スポーツ ロンドンオリンピック | スポーツ 大相撲 | スポーツ 東京オリンピック | スポーツ 野球 | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 | ボランティア おゆみ野クリーンクラブ | ボランティア 地域活動 円卓会議 | ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 | マラソン | マラソン ちはら台走友会  | マラソン ちはら台走友会 登山 | マラソン ウルトラマラソン | マラソン ハーフマラソン開催 | マラソン 四季の道駅伝 | リメイク版 夏休みシリーズ 23年 | リメイク版 夏休みシリーズ 24年 | リメイク版 夏休みシリーズ 25年 | リメイク版 夏休みシリーズ 26年 | リメイク版 夏休みシリーズ 27年 | 個人生活 ヨガ | 個人生活 同窓会 | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家族 | 個人生活 山崎書店 | 個人生活 散策 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学入門 | 個人生活 日本人論 | 個人生活 映画 | 個人生活 映画鑑賞 | 個人生活 樹木剪定問題 | 個人生活 歩く会 | 個人生活 水泳 | 個人生活 演歌 | 個人生活 登山 | 個人生活 私の人生観 | 個人生活 自転車 | 健康 | 健康 坐骨神経痛 | 健康 眼病 | 健康 精神性胃炎 | 健康 老化対策 | 健康 難聴 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 ネパール | 旅行 ロドリゴとイェティ | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 北アルプス縦断 | 旅行 自転車周遊記 | 歴史 ローマ史 | 歴史 世界史 | 歴史 中国史 | 歴史 日本史 | 歴史 郷土史 | 災害 東日本大震災 | 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ | 災害 東日本大震災 地震保険 | 災害 東日本大震災 心に与える影響 | 災害 東日本大震災 政治 | 災害 東日本大震災 東電の経営問題 | 災害 東日本大震災 汚染水問題 | 災害 東日本大震災 経済 | 評論 世界 国連 | 評論 世界 地球温暖化 | 評論 世界 水資源問題 | 評論 世界 科学 | 評論 世界 自然保護 | 評論 世界政治 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 アフリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 | 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル | 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 | 評論 世界経済 イギリス経済 | 評論 世界経済 イタリア経済 | 評論 世界経済 インドネシア経済 | 評論 世界経済 インド経済 | 評論 世界経済 ウクライナ経済 | 評論 世界経済 オーストラリア経済 | 評論 世界経済 カナダ経済 | 評論 世界経済 カンボジア経済 | 評論 世界経済 ギリシャ経済 | 評論 世界経済 サウジアラビア経済 | 評論 世界経済 シンガポール経済 | 評論 世界経済 スペイン経済 | 評論 世界経済 タイの政治・経済 | 評論 世界経済 トルコ経済 | 評論 世界経済 ドイツ経済 | 評論 世界経済 ネパール経済 | 評論 世界経済 バングラディシュ経済 | 評論 世界経済 フィリピン経済 | 評論 世界経済 フランス経済 | 評論 世界経済 ブラジル経済 | 評論 世界経済 ベトナム経済 | 評論 世界経済 ポルトガル経済 | 評論 世界経済 ミャンマー経済 | 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン | 評論 世界経済 中国経済 | 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 | 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 | 評論 世界経済 台湾経済 | 評論 世界経済 外国為替・金 | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 | 評論 世界経済 経済成長 | 評論 世界経済 金融問題 | 評論 世界経済 韓国経済 | 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 | 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 | 評論 世界経済 食糧問題 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト | 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア | 評論 日本の政治  八ツ場ダム | 評論 日本の政治 ノーベル賞 | 評論 日本の政治 人口問題 | 評論 日本の政治 公共事業 | 評論 日本の政治 内部告発者保護法 | 評論 日本の政治 医療行政 | 評論 日本の政治 危機管理 | 評論 日本の政治 原子力行政 | 評論 日本の政治 地方政治 | 評論 日本の政治 地方政治 大阪 | 評論 日本の政治 地方政治 東京 | 評論 日本の政治 学校問題・子育て | 評論 日本の政治 安倍内閣 | 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 | 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 | 評論 日本の政治 小沢裁判 | 評論 日本の政治 年金制度 | 評論 日本の政治 教育問題 | 評論 日本の政治 新聞報道 | 評論 日本の政治 普天間基地 | 評論 日本の政治 東京オリンピック | 評論 日本の政治 生活保護政策 | 評論 日本の政治 石原都知事 | 評論 日本の政治 確定申告 | 評論 日本の政治 航空行政 | 評論 日本の政治 菅内閣 | 評論 日本の政治 著作権法 | 評論 日本の政治 観光行政 | 評論 日本の政治 警察機構 | 評論 日本の政治 農業政策 | 評論 日本の政治 選挙制度 | 評論 日本の政治 野田内閣 | 評論 日本の政治 陸山会事件 | 評論 日本の政治 領土問題 | 評論 日本の政治 食糧問題 | 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の政治・経済 将来像 | 評論 日本の政治・経済 歴史 | 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 | 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 | 評論 日本の経済 JRの経営 | 評論 日本の経済 アクリフーズ | 評論 日本の経済 イオン | 評論 日本の経済 エルピーダメモリ | 評論 日本の経済 オリンパス | 評論 日本の経済 シャープの経営問題 | 評論 日本の経済 ソニー | 評論 日本の経済 ソフトバンク | 評論 日本の経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の経済 マクドナルド | 評論 日本の経済 不動産価格 | 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 | 評論 日本の経済 外食産業 | 評論 日本の経済 宇宙ビジネス | 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 | 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 | 評論 日本の経済 家電業界 | 評論 日本の経済 就職問題 | 評論 日本の経済 日本再生 | 評論 日本の経済 日立製作所 | 評論 日本の経済 旭化成建材 | 評論 日本の経済 東芝の会計処理 | 評論 日本の経済 為替相場 | 評論 日本の経済 経済成長 | 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 | 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 | 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 | 評論 日本の経済 自動車産業 | 評論 日本の経済 航空機産業 | 評論 日本の経済 観光業 | 評論 日本の経済 証券市場 | 評論 日本の経済 詐欺 | 評論 日本の経済 財政金融政策 | 評論 日本の経済 野村証券 | 評論 日本の経済 金融機関 | 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害