評論 日本の政治 陸山会事件

(23.10.10) 小沢元民主党代表の陸山会事件は推定無罪 

069

 6日から始まった陸山会事件の判決は来年4月に言い渡されるが、私は小沢元代表は無罪になると思っている。
陸山会事件とは「元代表が土地購入代金として陸山会に提供した4億円を、04年収支報告書に貸付金として記載しなかった」ことを理由に政治資金規正法違反(虚偽記載)を問われている事件で、この虚偽記載を小沢元代表と秘書3名が共謀して行ったと言うものである。

 この事件について東京地検特捜部石川知裕被告を含む秘書3名については起訴したが、小沢元代表については共同謀議を認めるに足る証拠がなかったとして不起訴にしていた。
これに対し東京第5検察審査会(検察が不起訴にした内容が妥当かどうかを審査する審査会)が不起訴は不当として「起訴すべき」と2度決議したため強制起訴されたもので検察官は指定された弁護士が勤めている。

 私が小沢元代表の有罪を問えないと思っているのは、証拠がまったくと言っていいほどないからである。あるのは東京地検特捜部が作成した石川知裕被告ら3名の供述調書であるが、地検特捜部の供述調書は前の大阪地検特捜部の厚生労働省村木厚子さんの事件でも分かるように、しばしば検察に都合のいいようにでっち上げられている。

 唯一の物証と言われるものは金融機関から4億円を借り入れたさい、小沢元代表記名捺印した借用証書で「記名捺印していたのだから小沢元代表は隠蔽工作に加担していた」という推定だけである。

注)05年の収支報告書では金融機関から4億円を借り入れ、それを土地購入代金に充当したことになっていた。この際担保として小沢元代表の4億円を金融機関に提供したと言うのが小沢氏側の主張になっている。

 常識的に考えれば、04年にすでに土地を購入していたのだから(登記は05年になっている)、その資金は小沢元代表の4億円の資金を使用したので、これは小沢代表からの借入金に相当し、4年の収支報告書に記載しなければならない
それを金融機関からの借入金(05年に借り入れが実行された)に偽装するため、取引を05年に行ったこととして収支報告書に記載したのだろう。
そしてそのことは小沢代表は知悉していたと私は思っている。

 検察審査会もそのように判断して強制起訴をしたのだが、共同謀議を証明していると言う唯一の物的証拠、借用証書の記名捺印は残念ながら物証にはならない

 金融機関に勤めていた人間は常識的に知っているが、借用証書に記載される記名や捺印は事前に届けられた記名印と届出印を使用するので、反対に言えば記名印届出印を持っていれば誰でも借用証書に記名捺印できる。
こうした作業は第一秘書がすることが多く、小沢元代表の了承がなくてもできる。

 小沢元代表にすれば自分がサインした訳でないので、「秘書に任せてあった」と言う抗弁が可能で、実際そのように主張している。
東京地検特捜部はこの小沢元代表の主張を受け入れ、不起訴処分にした。

 この裁判における唯一の証拠は供述調書で、しかしこれは検察に都合よくでっち上げられた公算が高い。
私は小沢元代表からの4億円が表に出せない金と気付いて(水谷建設からの闇献金ではないかと言われている)、秘書が隠蔽工作として金融機関からの借入を装い、それを小沢元代表も知っていたと確信しているが、だからと言って小沢元代表を有罪にすることはできないと思っている。

 日本では唯一の証拠が供述調書で、しかもその供述調書が検事による誘導が疑われた可能性がある場合は証拠として採用できないからだ(石川知裕被告は誘導が行われたと主張している
だから証拠はまったくないに等しい

 これで小沢元代表を有罪にするなんて、法治国家としてはありえない

 先に行われた石川知裕被告ら秘書3名の政治資金規正法違反については地裁で有罪判決が出ているが、これについても上級審では無罪になると私は思っている。
秘書の裁判では、地裁は4億円を隠すためにマネーロンダリングのために金融機関からの借入を装った」と裁判官が認定したが、この場合も4億円の出所は明らかになっていなかった。

 4億円が隠す金であると証明できなければ、隠蔽工作の必要性を立証できないのだから、裁判官がそこを推定で補ったことは判決の弱点になっている。
上級審ではこの弱点を小沢氏側は徹底的につくだろうから、ここも証拠不十分で無罪になる可能性が高い。

 日本では確実な物証がなく、唯一の証拠が検事の作成した供述調書で有る場合は、でっち上げの可能性が排除できず無罪になるのが普通だ。

なお陸山会事件の経緯等について過去に記載しの記事については以下参照してください。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat37956764/index.html

 

 

 

 

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 | NHK クローズアップ現代 | NHK コズミックフロント | NHK BS世界のドキュメンタリー | NHK ミクロの大冒険 | NHK NHK特集 | NHK NHK特集 ヒューマン | NHK NHK特集 病の起源 | NHK ためしてガッテン | NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 | NHK ためしてガッテン 認知症関連 | NHK ハイビジョン特集 | NHK プロジェクトWISDOM | NHK ワールド・ウェーブ | システム facebook | システム Twitter | システム You-Tube | システム ウィニー | システム グリーティングカード | システム サイバー戦争 | システム スマートフォン・タブレット KDP | システム スマートフォン・タブレット・テレビ | システム ネット社会 | システム ブログ ココログ | スポーツ サッカー | スポーツ ロンドンオリンピック | スポーツ 大相撲 | スポーツ 東京オリンピック | スポーツ 野球 | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 | ボランティア おゆみ野クリーンクラブ | ボランティア 地域活動 円卓会議 | ボランティア 数学・英語 | マラソン | マラソン ちはら台走友会  | マラソン ちはら台走友会 登山 | マラソン ウルトラマラソン | マラソン ハーフマラソン開催 | マラソン 四季の道駅伝 | リメイク版 夏休みシリーズ 23年 | リメイク版 夏休みシリーズ 24年 | リメイク版 夏休みシリーズ 25年 | リメイク版 夏休みシリーズ 26年 | 個人生活 ヨガ | 個人生活 同窓会 | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家族 | 個人生活 山崎書店 | 個人生活 散策 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学入門 | 個人生活 日本人論 | 個人生活 映画 | 個人生活 映画鑑賞 | 個人生活 樹木剪定問題 | 個人生活 歩く会 | 個人生活 水泳 | 個人生活 演歌 | 個人生活 登山 | 個人生活 私の人生観 | 個人生活 自転車 | 健康 | 健康 坐骨神経痛 | 健康 精神性胃炎 | 健康 老化対策 | 健康 難聴 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 ネパール | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 北アルプス縦断 | 旅行 自転車周遊記 | 歴史 ローマ史 | 歴史 世界史 | 歴史 中国史 | 歴史 日本史 | 歴史 郷土史 | 災害 東日本大震災 | 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ | 災害 東日本大震災 地震保険 | 災害 東日本大震災 心に与える影響 | 災害 東日本大震災 政治 | 災害 東日本大震災 東電の経営問題 | 災害 東日本大震災 汚染水問題 | 災害 東日本大震災 経済 | 評論 世界 地球温暖化 | 評論 世界 水資源問題 | 評論 世界 科学 | 評論 世界 自然保護 | 評論 世界政治 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 アフリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 | 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル | 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 | 評論 世界経済 イタリア経済 | 評論 世界経済 インドネシア経済 | 評論 世界経済 インド経済 | 評論 世界経済 ウクライナ経済 | 評論 世界経済 オーストラリア経済 | 評論 世界経済 カンボジア経済 | 評論 世界経済 ギリシャ経済 | 評論 世界経済 シンガポール経済 | 評論 世界経済 スペイン経済 | 評論 世界経済 タイの政治・経済 | 評論 世界経済 トルコ経済 | 評論 世界経済 ドイツ経済 | 評論 世界経済 ネパール経済 | 評論 世界経済 バングラディシュ経済 | 評論 世界経済 フィリピン経済 | 評論 世界経済 フランス経済 | 評論 世界経済 ブラジル経済 | 評論 世界経済 ベトナム経済 | 評論 世界経済 ポルトガル経済 | 評論 世界経済 ミャンマー経済 | 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン | 評論 世界経済 中国経済 | 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 | 評論 世界経済 台湾経済 | 評論 世界経済 外国為替・金 | 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 | 評論 世界経済 経済成長 | 評論 世界経済 金融問題 | 評論 世界経済 韓国経済 | 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 | 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 | 評論 世界経済 食糧問題 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト | 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア | 評論 日本の政治  八ツ場ダム | 評論 日本の政治 人口問題 | 評論 日本の政治 公共事業 | 評論 日本の政治 内部告発者保護法 | 評論 日本の政治 医療行政 | 評論 日本の政治 危機管理 | 評論 日本の政治 原子力行政 | 評論 日本の政治 地方政治 | 評論 日本の政治 地方政治 大阪 | 評論 日本の政治 地方政治 東京 | 評論 日本の政治 学校問題・子育て | 評論 日本の政治 安倍内閣 | 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 | 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 | 評論 日本の政治 小沢裁判 | 評論 日本の政治 年金制度 | 評論 日本の政治 教育問題 | 評論 日本の政治 新聞報道 | 評論 日本の政治 普天間基地 | 評論 日本の政治 生活保護政策 | 評論 日本の政治 石原都知事 | 評論 日本の政治 確定申告 | 評論 日本の政治 航空行政 | 評論 日本の政治 菅内閣 | 評論 日本の政治 著作権法 | 評論 日本の政治 警察機構 | 評論 日本の政治 農業政策 | 評論 日本の政治 選挙制度 | 評論 日本の政治 野田内閣 | 評論 日本の政治 陸山会事件 | 評論 日本の政治 食糧問題 | 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の政治・経済 将来像 | 評論 日本の政治・経済 歴史 | 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 | 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 | 評論 日本の経済 JRの経営 | 評論 日本の経済 アクリフーズ | 評論 日本の経済 エルピーダメモリ | 評論 日本の経済 オリンパス | 評論 日本の経済 シャープの経営問題 | 評論 日本の経済 ソフトバンク | 評論 日本の経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の経済 不動産価格 | 評論 日本の経済 医療分野 STAP細胞 | 評論 日本の経済 外食産業 | 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 | 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 | 評論 日本の経済 家電業界 | 評論 日本の経済 就職問題 | 評論 日本の経済 日本再生 | 評論 日本の経済 為替相場 | 評論 日本の経済 経済成長 | 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 | 評論 日本の経済 自動車産業 | 評論 日本の経済 証券市場 | 評論 日本の経済 詐欺 | 評論 日本の経済 財政金融政策 | 評論 日本の経済 野村証券 | 評論 日本の経済 金融機関 | 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害