個人生活 歩く会

(24.4.4) おゆみ野歩く会の定例散歩 四季の道からかずさの道へ

20120403_122546
(ここだけ桜が咲いていた

 今年の春はやけに遅い。例年ならば3月の終わりにはが咲き誇っているのに、今年はまだつぼみのままでちらほら開花が始まったと言う状況だ。
四季の道を歩いているとそろそろ終わりに近づいたの花が最後の芳香を放っており、本来なら桜の前に咲きそろうもくれんが開花し始めている。
なんということだ、今年は梅と桜ともくれんが競合して咲いている。これではシベリアの春と同じじゃないか・・・・・・」驚きだ。

 しかも先日は大風が吹いたが今日3日)も台風並みの大風が吹くと天気予報が警告を発している。
倒れそうなものは補強して、補強が不可能なものは室内に置くように」と実に親切なアドバイスだが、こんな異常気象は初めてだ。

注)温帯で発生する台風並みのこの低気圧を「爆弾低気圧」と言っていたがあまりいい命名でない。「温帯性台風」のほうがいいのではなかろうか。

 世界中の天候に異状がきたし始めてから久しい。
日本は四季折々の風光明媚な国だったが次第に春と秋がなくなって、冬はめっぽう寒く、夏は猛暑の亜熱帯の国に近づいてきた。
昨年の夏私は北海道でRUNをしていたがあまりの暑さに根をあげた。
ここが北海道だろうか、これでは千葉を走っているのと変わりがない・・・

 それでも春は春だ。今日(3日)はおゆみ野歩く会の定例散歩の日で、桜見学に四季の道からピンクロード、そしてちはら台のかずさの道をめでることにした。
このコースは私のランニングコースだが桜をめでるコースとしても最適だ。

20120403_102112

  日本人がと言えばと思うようになったのは平安時代からで、それ以前は中国にならってだった。今でも奈良朝時代にさかのぼる古い神社仏閣に紅梅・白梅が植えられているのはその時代の名残である。
しかし日本人の感性には梅よりは桜のほうが似合う。
梅の花はいつまでも粘り強く咲き誇っているが、これは中国人のメンタリティーのようだし、さっさと散ってしまい散り際の美しさを求めるのは日本人の感性だ。

 今回散歩に選んだ四季の道は春の道エリアが桜通りになっており、ピンクロード千葉県農業総合研究センターが川沿いに桜を植えている。
またかずさの道はすべてが桜通りだ。
歩くと3時間から4時間程度のコースでとても気持ちがいい。
この近在に住んでいる人にはぜひ勧めたい花ロードだ。

 今回の歩く会もいつもの仏姉さんケヤキ姉さん、それとパイロットおじさん散歩おじさんのメンバーだ。
午前中は天候が安定しているので、朝9時に出発し天気が崩れる前に散歩を切り上げることにした。
食事はちはら台のセンドーさくら弁当を仕入れた。

 風は強かったが気温が高く、吹かれても気持ちがいいくらいだった。午後1時には散歩は終わったが雲の流れはとても早かった。

なお歩く会の記事は以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat46049658/index.html

| | コメント (0)

(24.1.22) 千葉県鋸山(のこぎりやま)登山 千葉のアルペンルート

009

 私はここ千葉に住んですでに20年あまり経つのだが意外と千葉県のことを知っていないと痛感してしまった。
先日(17日おゆみ野歩く会5名のメンバーとこの鋸山の登山をしてみて、このような急峻な山が千葉県にあることに驚いてしまった。

 鋸山は内房の東京湾フェリーの乗り場がある金谷にあり、海に向かって屏風のようにそびえている山塊だが、名前が鋸山と言われているように上部は鋸の歯のようになっている。
高さは329mだからなんということもない高さだが、海から直登しているので登山をするときは329mたっぷり登らなければならない。

 実はこの鋸山にはロープウェイもあり、また道路が頂上付近まで通じているのでほとんどの人が麓から登ることをしない。自動車で乗り付けて頂上付近にある日本寺周辺を周遊して帰ってしまうので、この山の急峻さを知っている人は少ない。

 しかしわれわれ歩く会はそんなやわなハイキングをもっとも忌み嫌う集団だから当然麓から登山することにした。
見上げると長野県にある戸隠を小ぶりにしたような山塊だ。
登山道はかなり整備されてはいるがメインのルートをはづれるといっぺんに荒れた登山道になり、実際に登ってみるとわかるが登山の経験がないと道を間違える。

 数年前にここで中高年の集団の遭難騒ぎがあった。「なんでこんな低い山で遭難なんかがあるのだろうか?」不思議に思ったがその理由がよくわかった。
めちゃくちゃに急峻な道が沢沿いに通じていて、沢を間違えれば登山経験が少ないとリカバリーが相当難かしそうだ。

030


 私はこの鋸山の歴史についてはまったく無知だったが、ここには信じられないような石切り場があって、過去200年にわたって金谷石を生産してきたのだと言う。
正岡子規が「春風や 鋸山を 砕く音」と歌っているのだがから、明治時代も盛んに石を切り出していたのだろう。
金谷石のまちシンポジウムのホームページに以下のように記載してあった。

鋸山の房州石切丁場は、江戸時代後期から採石業が営まれ、平成の直前まで200余年にわたる歴史があります。
その功績は江戸城下の街づくりや横浜港の建設、ひいては石釜などの材料として庶民の生活を支えてきました。同時に、重厚な鋸山の景観は奇景として広く今も親しまれているところです」

 
私たちは関東ふれあい道コースを登って石切り場跡に出、東京湾が一望に見渡せる展望台で景観を堪能し、稜線伝いに鋸山山頂を通過して安兵衛井戸と沢コースと言う道を下ったが、約3時間半程度のコースだった。

 私のようにアルプスを常時登っているものでも結構楽しめたコースだから山好きの人にはお勧めだ。
この日は寒かったためだろうか、私たち以外には登山客はまったくいなかった。
とても静かな山旅ができたので満足している。

なお歩く会の活動については以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat46049658/index.html

 

| | コメント (0)

(23.10.2) 歩く会 外房勝浦・鵜原散策

088

 定例の歩く会の散策は、今回は外房の勝浦・鵜原(うばらであった。歩く会のメンバーは5名で、いづれも歩くことにかけては人後に落ちない。
会のまとめ役の菩薩姉さんは「軟弱者は絶対会には入れない」と豪語しており、その言葉通り四季の道の名物おじさんである散歩おじさんや、鎌取駅の北側に住んでいるケヤキ姉さんは散歩が人生と言うような人だ。

 また最近入ったパイロットおじさんは、飛行機に乗るのが飽きて散歩に人生を見出そうとしている人だし、私は北海道を夏に920km走ったのでかろうじて末席に連なることができた。
山崎君は1100kmを完走できなかったけど、まあ920km走ったのだから、特別に許してあげるわ」と許可をもらった。

 今回のプランはパイロットおじさんが作成した。今まではここおゆみ野から歩いていける場所を散策先にしていたが、今回は勝浦まで自動車で行き勝浦と鵜原を歩くことにした。
この場所はパイロットおじさんの好みの場所で、特に鵜原の理想郷は一見に値すると言う。

061

 私はこの外房がことのほか好きなのは、ここが思い出の地だからだ。
大学生時代私は水泳部に入っていたのだが、水泳部といっても二線級の選手だった。一線級の選手は大会に備えて夏の間中トレーニングをしていたが、二線級選手はアルバイトに借り出される。
夏の臨海学校それも大抵の場合は女子高校)の水泳指導員である。

 ほぼ一月間臨海学校が開催されている間、外房と内房の海水浴場で女子高校生の水泳の指導をして渡り歩いていたが、身体が日本人とは思えないほど真っ黒になったものだ。
アルバイト料は約3割を部に納めて合宿の費用にしており、私はこの合宿の費用を稼ぐ労働者だった。
しかし練習よりよっぽど面白く、この女子高校生に水泳を教えている時ほど青春だと感じたことはない。

 勝浦も鵜原も水泳指導で泳いだはずだが、当時は女子高生の方に興味があったので場所のことは正確には覚えていない。
幸い勝浦にはひな祭りの季節に雛人形が美しく街を彩るので、ここ3年にわたってひな祭りを見に訪問しているのでなじみの場所だ。
またここでは勝浦鳴海マラソンが開催されており、このレースに過去2回出場している。
もっともマラソンは地面ばかり見て走っているので周りの景観はほとんど分からない。

 鵜原に理想郷なるものがあることは今回の散策で初めて知った。ここを理想郷となずけたのは大正末期の実業家後藤杉久で、時の大木鉄道大臣に進言して、ここを一大別荘地として分譲したのだそうだ。
いまも別荘地が点在(あまり多くない)している風光明媚な場所だが、残念ながら軽井沢大磯と言った著名な別荘地にすることには失敗したようだ(私が初めてこの場所を知ったぐらいだから著名とは言いがたい)。
なにかバブル崩壊によって死屍累々になった別荘分譲地の先駆けのような話だが、なぜ失敗したのかは知らない。

076


 しかしこの場所が散策には実に快適なすばらしい場所であることには変わりがなく、近くには勝浦海中展望塔千葉県立海の博物館があって、散策には楽しい場所だった。
ただこの日はとてつもなく海風が強く風速20mから30m程度の突風が海から陸に向かって吹きつけており、風の通り道ではまともに歩くこともできなかった。
登山ではなじみの突風だが平地でこうした突風にあった経験はない。

 また砂浜を歩くとここでは砂が風に巻き上げられて顔にビシビシとあたり、痛いと言ったらありはしなかった。砂が痛いと感じたのも今回が初めての経験だ。
最もこの強風は海岸縁だけで、少し海を離れるとさして強くない風が吹いているだけだったのには驚かされる。
海の風はこんなに強いんだ」あらためて海を見直してしまった。

 今回は海の写真と突風の様子を動画に納めることができた。動画を見ていただくとこの日の風の強さを実感していただけると思う。

なお動画は以下のURLをクリックしてください。
https://picasaweb.google.com/yamazakijirou0/23101?authkey=Gv1sRgCPv__oOXurLzbg#5658472573469274210

過去の歩く会の記事はカテゴリー歩く会を参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat46049658/index.html

 

 

| | コメント (0)

(23.6.12) 青葉の森公園へのジョギングコースと歩く会

23611_003  
 
 青葉の森公園はとても素敵な公園で、最近ここでリレーマラソンが開催されて私も所属しているちはら台走友会も出場している。
私の家から距離的には片道7km程度なのでほんの一走りと言った距離なのだが、あまり行く気がしなかったのは交通量の多い大網街道を走らなければならないからだ。

 この近くの人はよく知っているが大網街道の歩道はほとんどないに等しい幅で、せいぜい50CM程度だ。しかも家屋の出入り口は段差になっているので走りづらいことこの上ない。
一方私の住んでいるおゆみ野周辺は四季の道かずさの道といった、日本でも有数のJOGロードが整備されているので、「わざわざ青葉の森まで行くことはなかろう」と言う気持ちになってしまう。

 ところが先日「里山を歩く会」に参加したのだが思わぬ素敵なルートで青葉の森に行ける事を教えてもらった。
この「里山を歩く会」はおゆみ野周辺に住んでいる60歳以上の健脚な人だけを対象にしたサークルで入会条件がとても厳しい。

死んでも歩き続けることができる人」と言うのが入会条件で、この規約を作ったのはほとけ姉さんである。ほとけ姉さんは民生委員をしているのだが、その経験から「人間として最も大切なことは死ぬまで歩き続けること」だと悟ったらしい。
山崎さん、人間は自分で歩けることが一番幸せで、人の手助けで生きるようになったらそれは不幸せなものよ」と教えてくれた。

23611_011  

 メンバーは厳選されていて、四季の道の名物男の「散歩おじさん(この人は時間が有る限り四季の道を一日中歩いている」や、世界中をクルージングして残された場所は里山だけだと思っている元パイロットの「パイロットおじさん」や、鎌取駅の北側の里山なら何でも知っている「エノキ姉さん」である。

 私がこの会に入れたのはフランスで巡礼の旅をしたり、北海道で伊能忠敬の足跡をたどったり、熊野の奥駆けをしていたことが評価されてほとけ姉さんの目に止まったからだ。
まあ、山崎さんなら歩けそうだから会にいれてあげるわ
この会は広く知られているわけではないが、一部の散歩好きにはなんとしても会員になりたいような名誉有る会なので、私も感激して涙にむせった。

 今回(9日)はここおゆみ野から調節池を源流とする支線みやこ川を下り、千葉東金道と京葉道路がぶつかる地点にある「都市緑化植物園」で今咲きそろっているバラを鑑賞し、さらに青葉の森まで行って森を一周し、内部の植物園を見て又同じ道を帰ってくコースだった。
案内してくれたのはこの里山なら何でも知っているケヤキ姉さんである。

 私はこの支線みやこ川の両岸に整備されていたJOG道路はよく知っていたが、そこから都市緑化植物園を経由して青葉の森に行けるとは知らなかった。
これはすばらしいJOGロードだ。行って青葉の森を走り、帰ってくれば20km程度の距離になりそうだ」すっかり気に入ってしまった。

 ここおゆみ野周辺は本当に走るのには適した場所だ。高橋尚子選手が現役時代この周辺でトレーニングをしていたし、JOGロードとして四季の道やかずさの道を紹介していた。
私はそれ以外に昭和の森長柄ダムに行く道や村田川の堤を走っていたが、今回青葉の森への道をJOGロードに加えることにした。

 私のようにJOG好きには信じられないようなベストロケーションと言っていい。とても幸せな気持ちになってしまった。

 

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 | NHK クローズアップ現代 | NHK コズミックフロント | NHK BS世界のドキュメンタリー | NHK ミクロの大冒険 | NHK NHK特集 | NHK NHK特集 ヒューマン | NHK NHK特集 病の起源 | NHK ためしてガッテン | NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 | NHK ためしてガッテン 認知症関連 | NHK ハイビジョン特集 | NHK プロジェクトWISDOM | NHK ワールド・ウェーブ | システム facebook | システム Twitter | システム You-Tube | システム ウィニー | システム グリーティングカード | システム サイバー戦争 | システム スマートフォン・タブレット KDP | システム スマートフォン・タブレット・テレビ | システム ネット社会 | システム ブログ ココログ | スポーツ サッカー | スポーツ ロンドンオリンピック | スポーツ 大相撲 | スポーツ 東京オリンピック | スポーツ 野球 | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 | ボランティア おゆみ野クリーンクラブ | ボランティア 地域活動 円卓会議 | ボランティア 数学・英語 | マラソン | マラソン ちはら台走友会  | マラソン ちはら台走友会 登山 | マラソン ウルトラマラソン | マラソン ハーフマラソン開催 | マラソン 四季の道駅伝 | リメイク版 夏休みシリーズ 23年 | リメイク版 夏休みシリーズ 24年 | リメイク版 夏休みシリーズ 25年 | リメイク版 夏休みシリーズ 26年 | 個人生活 ヨガ | 個人生活 同窓会 | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家族 | 個人生活 山崎書店 | 個人生活 散策 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学入門 | 個人生活 日本人論 | 個人生活 映画 | 個人生活 映画鑑賞 | 個人生活 樹木剪定問題 | 個人生活 歩く会 | 個人生活 水泳 | 個人生活 演歌 | 個人生活 登山 | 個人生活 私の人生観 | 個人生活 自転車 | 健康 | 健康 坐骨神経痛 | 健康 精神性胃炎 | 健康 老化対策 | 健康 難聴 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 ネパール | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 北アルプス縦断 | 旅行 自転車周遊記 | 歴史 ローマ史 | 歴史 世界史 | 歴史 中国史 | 歴史 日本史 | 歴史 郷土史 | 災害 東日本大震災 | 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ | 災害 東日本大震災 地震保険 | 災害 東日本大震災 心に与える影響 | 災害 東日本大震災 政治 | 災害 東日本大震災 東電の経営問題 | 災害 東日本大震災 汚染水問題 | 災害 東日本大震災 経済 | 評論 世界 地球温暖化 | 評論 世界 水資源問題 | 評論 世界 科学 | 評論 世界 自然保護 | 評論 世界政治 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 アフリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 | 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル | 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 | 評論 世界経済 イタリア経済 | 評論 世界経済 インドネシア経済 | 評論 世界経済 インド経済 | 評論 世界経済 ウクライナ経済 | 評論 世界経済 オーストラリア経済 | 評論 世界経済 カンボジア経済 | 評論 世界経済 ギリシャ経済 | 評論 世界経済 シンガポール経済 | 評論 世界経済 スペイン経済 | 評論 世界経済 タイの政治・経済 | 評論 世界経済 トルコ経済 | 評論 世界経済 ドイツ経済 | 評論 世界経済 ネパール経済 | 評論 世界経済 バングラディシュ経済 | 評論 世界経済 フィリピン経済 | 評論 世界経済 フランス経済 | 評論 世界経済 ブラジル経済 | 評論 世界経済 ベトナム経済 | 評論 世界経済 ポルトガル経済 | 評論 世界経済 ミャンマー経済 | 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン | 評論 世界経済 中国経済 | 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 | 評論 世界経済 台湾経済 | 評論 世界経済 外国為替・金 | 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 | 評論 世界経済 経済成長 | 評論 世界経済 金融問題 | 評論 世界経済 韓国経済 | 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 | 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 | 評論 世界経済 食糧問題 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト | 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア | 評論 日本の政治  八ツ場ダム | 評論 日本の政治 人口問題 | 評論 日本の政治 公共事業 | 評論 日本の政治 内部告発者保護法 | 評論 日本の政治 医療行政 | 評論 日本の政治 危機管理 | 評論 日本の政治 原子力行政 | 評論 日本の政治 地方政治 | 評論 日本の政治 地方政治 大阪 | 評論 日本の政治 地方政治 東京 | 評論 日本の政治 学校問題・子育て | 評論 日本の政治 安倍内閣 | 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 | 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 | 評論 日本の政治 小沢裁判 | 評論 日本の政治 年金制度 | 評論 日本の政治 教育問題 | 評論 日本の政治 新聞報道 | 評論 日本の政治 普天間基地 | 評論 日本の政治 生活保護政策 | 評論 日本の政治 石原都知事 | 評論 日本の政治 確定申告 | 評論 日本の政治 航空行政 | 評論 日本の政治 菅内閣 | 評論 日本の政治 著作権法 | 評論 日本の政治 警察機構 | 評論 日本の政治 農業政策 | 評論 日本の政治 選挙制度 | 評論 日本の政治 野田内閣 | 評論 日本の政治 陸山会事件 | 評論 日本の政治 食糧問題 | 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の政治・経済 将来像 | 評論 日本の政治・経済 歴史 | 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 | 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 | 評論 日本の経済 JRの経営 | 評論 日本の経済 アクリフーズ | 評論 日本の経済 エルピーダメモリ | 評論 日本の経済 オリンパス | 評論 日本の経済 シャープの経営問題 | 評論 日本の経済 ソフトバンク | 評論 日本の経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の経済 不動産価格 | 評論 日本の経済 医療分野 STAP細胞 | 評論 日本の経済 外食産業 | 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 | 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 | 評論 日本の経済 家電業界 | 評論 日本の経済 就職問題 | 評論 日本の経済 日本再生 | 評論 日本の経済 為替相場 | 評論 日本の経済 経済成長 | 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 | 評論 日本の経済 自動車産業 | 評論 日本の経済 証券市場 | 評論 日本の経済 詐欺 | 評論 日本の経済 財政金融政策 | 評論 日本の経済 野村証券 | 評論 日本の経済 金融機関 | 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害