ボランティア おゆみ野クリーンクラブ

(29.3.30) 28年度の千葉市へのプレゼントは136万円。 29年度のカンパの依頼を行っています。

Dscf7376

  おゆみ野クリーンクラブ
の活動については日ごろから地区の皆様の支援を得て、28年度28年4月から29年3月)の活動を行いました。

 26年度から始めたベンチ補修事業カーペンター・オクさんと小太郎姐さんとワンさんと私の4名がメンバーとなって実施をした結果、大百池公園17基のベンチの補修が実施できました。
業者に頼むと1基あたり8万円程度かかるそうですので、回の市へのプレゼントは136万円相当になります。

 またいつものように春の道から夏の道にかけてのベンチのペンキ塗りも行っております。
また四季の道の清掃活動はほぼ毎日行っております。

 今回28年度の活動実績報告、28年度カンパおよび 使用状況、および29年度の活動方針について報告をさせてもらいたいと思います。

 
(1) 28年度活動実施報告


① 清掃活動(四季の道6kmおよびその周辺の公園7か所)


  雨の日等でどうしても実施できなかった日を除いて毎日実施しています。当初は自転車で実施していましたが今は通常に歩けるようになったため徒歩で実施しています。

② 塗装活動(四季の道および公園のベンチ およそ50か所)

 10回程度   防腐剤の塗布を上記の古いベンチに塗布いたしました。特にお花見のシーズン前のベンチの塗装を今回も実施しております。


③ ベンチの補修作業  17基
 
 大百池(おうどいけ)公園のベンチの補修が完了しました。今大百池に行きますと実に美しく整備されたベンチを見ることができます。


 現地での作業を行う前に材木の製材や塗装をすべておえて、現地では取り付け作業だけを実施しました。

(2) カンパ状況および使用状況

 このブログでカンパを依頼したところ35名の方から163、000円のカンパを支援していただきました。厚くお礼をもうしあげます。このカンパを利用して以下の木材、防腐剤および燃料、作業用具の購入等をしております。

・前期繰越   84、600円
・収入総額  163,000円

 

・支出総額  213,378円 
・後期繰越    34,222円

支出内訳
:木材等           146,808円
:防腐剤            23,084円       
:作業服等その他備品   43,486円 
      
        

(3) 28年度活動計画(通常作業)

① 清掃活動(四季の道、おゆみ野道、中の道、およびその周辺の公園) 100回程度
② 防腐剤塗装活動(四季の道、おゆみ野道、中の道、およびその周辺の公園) 10回程度   毎年防腐剤を塗布しないとはがれてしまうので今年も実施したします。

(4) ベンチ補修作業

① 27年度は大百池公園のベンチ17基の補修を終了しました。
  28年度は10基程度ベンチの補修をいたします。

② クリーンクラブでは1基1万円で作業を行いますが、業者に頼む場合は約8万円支払うとのことですのでクリーンクラブが行うと7万円ほど安上がりに実施できることになります

注)なお29年度もベンチの補修作業を行うことになった経緯は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/pppp-1.html


「カンパの依頼 」

 市民の財産は市民が守る運動の一環として昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いできないでしょうか。カンパは塗料、ベンチ補修用資材に使用いたします。

  29年度のカンパ目標を10万円とし、ベンチの補修目標を10基にいたします。

 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。

・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)

なお、おゆみ野クリーンクラブの活動状況については以下にまとめてあります。 http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45485858/index.html

| | コメント (0)

(29.3.29) 大変だ、親方が転勤になった!! ベンチの補修作業ができない・・・・・

Dscf7087 

 大ピンチになってきた。3年にわたって実施してきたおゆみ野周辺の公園のベンチの補修作業に赤ランプがともったのだ。
この作業は親方のカーペンター・オクさんと徒弟の私、それに手伝いの小太郎姐さんや最近参加をし始めたワンさんの4人で実施してきたのだが、親方のオクさんが岩手県に転勤になってしまった。

 オクさんはある著名な企業の管理職なのだが何よりも大工仕事が好きでできれば大工になりたかったというほどの人なのだ。
おゆみ野の森のベンチや遊具を片端から作っていたが、3年前から私とコンビを組んで公園のベンチの補修作業に乗り出していた。
ここおゆみ野のベンチは30年ほど前に設置されたままほとんど補修が行き届かなかったため、崩壊の寸前になっていたものを二人で救おうと決心したのだ。

 実をいうとそれ以前から私は一人でもベンチの補修をしたかったのだが、何しろ私は手作業がまったくだめで、仕事ではパソコン程度の器具は扱うがそれ以上の重い器具を持ったことのない純粋のサラリーマン生活を40年近くしていた。
頭を動かすことだけはできるが息子からは「親父はいろいろな国家資格を持っているのに実際の作業には何の役にも立たないのだな」などと馬鹿にされるが実際その通りなのだ。

 だから親方のオクさんが転勤になると徒弟の私だけではとてもベンチの補修作業ができない。
親方、親方が遠方に行ってしまえばこの補修プロジェクトは中止するより仕方ないですね
ところが信じられないことに親方の意見は違っていた。
次郎、俺は夏休みにはまとめて休みが取れるからその時に帰ってくるので、ベンチの補修をやろう。事前作業をしておけ
でも、でも、私は自動車を持っていないから事前の木材のデリバリーの用意ができませんよ
今度徒弟になったワンさんが自動車を持っているだろう。あれを使え!!」

 親方は幸田露伴が書いた五重塔の十兵衛のような人で、大工仕事となると妥協を許さない。私など70歳になっても徒弟扱いをされている。
次郎、お前は大工仕事は二流だが金集めの才能はある。資材の材料費をカンパで集めてこい
親方、私は最近目が見えず、耳も聞こえず、まともに歩くこともできないのでこれ以上ベンチの補修作業を行うのは不可能になっていますが・・・・・」
うるせい、ブログをまだ書けるんだから目だって見えるんだろう。耳なんぞなくてもベンチは作れる。つべこべ言わずカンパを集めてこい

 親方とは17年度作業として大百池公園のベンチ17基の補修を行ったが18年もまだするつもりの様だ。
親方、毎年毎年100万円程度の補修をして千葉市にプレゼントしてますが、市からは何の感謝もされていねいんですから、もうそろそろ足を洗ったほうがいいんじゃねえスカ
次郎、そんなこっちゃお天道さまに示しがつかねい。生きている限り恥ずかしくないいき方をするのが大工の使命だ
親方、あっしは元銀行員で大工じゃねいんですが
次郎、俺の徒弟になった以上は甘えは許さねい。つべこべ言うとぶっ飛ばすぞ

 そんな訳で18年度も引き続きベンチの補修作業を継続することになった。そのための資金集めをしなければならない。
オクさんの徒弟になったばかりにひどい試練が続いている。

 

 

| | コメント (0)

(28.10.16) 一般道の清掃はいつ果てるともなく 自転車清掃の毎日!!

018_2 

 いかんともしがたい性格というものがある。自分の性格のことなのだが道路や公園といった公共的な場所がごみで汚れていると気もそぞろになって、すぐさま清掃にとりかかってしまうことだ。その範囲が狭い場合には大したことはないのだが範囲が広がるともう半永久的な作業になる。
登山家の野口健氏の富士清掃登山のミニチュア版のようなものだ。

 私は引退してからの10年間、私が住んでいるおゆみ野にある遊歩道四季の道約6kmの清掃をほぼ毎日行ってきたが、今年の2月に突然両足が動かなくなってから徒歩でなく自転車で清掃を継続している。ここは毎日の日課で行っている遊歩道なので慣れており、またごみが出るといってもたかが知れている。

 問題は私が最近行っている一般の自動車道の清掃のほうだ。歩くことも走ることもままならないため健康維持のため毎日約15km程度自転車に乗っているのだが、このコースの約半分は遊歩道ではなく一般道なのだ。
しかも人家がほとんどなくもっぱら自動車しか通らないような山間の道もあって、こうした場所は道路がごみ捨て場になっている。
ペットボトルやアルミ缶やコンビニ弁当を食べた後のごみが主たるものだが、ときに意図的に家庭ごみが捨てられていたりして気にし始めるとまともに自転車に乗っていられない。
仕方ないこちらも清掃するか・・・・・・・
ひと月ほど前から自転車清掃を始めた。

 30リットルのゴミ袋をもって毎日出かけるのだが、すぐさま一杯になるので気持ち良いサイクリングというわけにはいかない。第一アルミ缶などでいっぱいになるとバランスをとるのも大変で油断するとハンドルを取られ思わぬ場所に突っ込んでしまう。
先日村田川の堤を通るときに強風にあおられて危うく川に突っ込むところだった。

 それでも一か月にわたって清掃を繰り返すと数年来放置されていた空き缶やペットボトルはどうにかかたずけたのだが、新たに毎日ごみが捨てられるので清掃サイクリングをやめるわけにいかない。
落穂ひろいじゃ、落穂ひろいじゃ、頑張れ!!」
相も変わらず清掃サイクリングを行っているが、今では放置されたごみがいつ捨てられたのか分かるようになっている。
このごみまだ新しく昨日捨てられた、インデアン嘘つかない!!」
ごみを見ただけで捨てられた日時をほぼ特定できるほど鑑識眼が肥えてしまった。

 しかし本当に困った性格だ。ごみを見るとめらめらと清掃意欲がわいて清掃しきるまで止めないが、ごみが捨てられることがなくなることはないので、これでは一生続けることになってしまう。
先日ちはら台の一般道の清掃をしていたら、おゆみ野の四季の道の清掃時間にいつも会う知り合いに見つかってしまい「山崎さんはどこに行っても清掃ばかりですね」などと笑われてしまった。
全く野口健氏のミニチュア版だ。

| | コメント (0)

(28.4.10) (おそらく)最後のお願い クリーンクラブへのカンパの依頼

Dscf7085 

  今年もクリーンクラブのカンパの依頼をしておりますが、9日現在で4万1千円のカンパが集まりましたが、目標の10万円にはまだ6万円程たりません。

 本年度のクリーンクラブの活動目標は10万円でベンチの資材を10基分購入して、リニューアルする予定です。
1基1万円程度の資材費がかかりますので10基分のベンチの改修ができます。

 実は私は本年度の作業を持ってボランティア活動を終了しようと考えております。
前からこのブログで記載してきましたが目の具合が非常に悪く再発を繰り返していて、本当はブログを記載するにも難渋しております。
また原因不明の足のトラブルで左足には異常に水がたまり、右足の付け根に激痛が走るため100m程度しか歩けません。
仕方なく移動はすべて自転車でおこなっています。

 この年になると身体に異常が起こるのは当たり前ですが、だんだんと程度がひどくなり回復もままなりません。
そんなわけで退職後10年にわたって行ってきたボランティア活動に今年を持って一旦区切りをつけたいと思います。

 体が動いている間の最後の仕事として、今年はおゆみ野の公園のベンチの修復10基を行いますが、全体で300基はあるベンチの6分の1程度しか修復できないことはとても残念です。
おゆみ野道の毎日の清掃活動や、ベンチのペンキの塗り替え作業や、落書き消しや、草刈はこれも身体が動いている限りは行いますが、必須のボランティア活動としては本年をもって区切りといたします。

 そのようなわけでおそらくは最後のカンパの依頼となりますが、一人当たり3000円のカンパをご支援してくだされば幸いです。

   なぜしのぶ おゆみ野道の さくら花

            ことし限りの  春にあらねど


注)予想に反して体力が回復した場合は来年もボランティア活動を継続いたします。その時は「話が違う」ことになりますがご容赦ください。


 
「カンパの依頼 」

 市民の財産は市民が守る運動の一環として昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いできないでしょうか。カンパは塗料、草刈のガソリン代、ベンチ補修用資材に使用いたします。

  28年度のカンパ目標を10万円とし、ベンチの補修目標を10基にいたします。

 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。


・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)


なお、おゆみ野クリーンクラブの活動状況については以下にまとめてあります。 http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45485858/index.html 

 

| | コメント (0)

(28.4.1) おゆみ野クリーンクラブの27年実績と28年の予定 およびカンパの依頼

Dscf7085 
(補修し終わった泉谷公園のベンチ)

Dscf7084
(補修前はこんな感じで、すでに耐用年数を過ぎている)
 
  おゆみ野クリーンクラブ
の活動については日ごろから地区の皆様の支援を得て、27年度27年4月から28年3月)の活動を行いましたが、私が不覚にも眼病を患い入院等をしていたために26年度ほどの活発な活動はできませんでした。

 26年度から始めたベンチ補修事業カーペンター・オクさんと小太郎姐さんと私の3名が主要メンバーとなって実施をした結果、なんとか26年並みの17基のベンチの補修が実施できました。なおこちらは市の補助金を得て資材の購入をしましたので別会計にしております。

 今回27年度の活動実績報告、27年度カンパおよび 使用状況、および28年度の活動方針について報告をさせてもらいたいと思います。

  なお市の補助金は27年度限りですので、28年度は全額皆様方のカンパによる事業になります。
 
(1) 27年度活動実施報告


① 清掃活動(四季の道6kmおよびその周辺の公園7か所)


  雨の日や入院等でどうしても実施できなかった日を除いて毎日実施しています。なお最近は両足が動かないため自転車に乗って行っています

② 塗装活動(四季の道および公園のベンチ およそ50か所)

 10回程度   防腐剤の塗布を上記の古いベンチに塗布いたしました。特にお花見のシーズン前のベンチの塗装を今回も実施しております。

③ 草刈り活動(四季の道の夏の道と秋の道)

 眼病の入院や足の骨折により、今回は十分な草刈作業ができませんでした。前年は50回程度しましたが27年度は10回程度でした。

④ ベンチの補修作業  17基
 
 春の道公園 1基、泉谷公園 4基、はちまんがた公園 4基、六通公園 8基


 現地での作業を行う前に材木の製材や塗装をすべておえて、現地では取り付け作業だけを実施しました。

(2) カンパ状況および使用状況

 このブログでカンパを依頼したところ188、000円のカンパを支援していただきました。厚くお礼をもうしあげます。このカンパを利用して以下のガソリン代、防腐剤および燃料、作業用具の購入等をしております。

・前期繰越    6、360円
・収入総額  188,024円(24円は利息)

・支出総額  109,784円 
・後期繰越    84,600円

内訳

:草刈機           29,386(従来使用していた草刈機が壊れたため新調した)
:防腐剤           24,277        
:ガソリン            1,300       
:ナイロンカッター等備品 28,110 
:作業服等          26,711

注1)ベンチの補修費用は市の補助金20万円を当てていて別会計です。一基あたりの木材とねじの費用が約1万円、17基で17万円、残りの3万円は塗料代でした。

注2)市の補助金は27年度で終了したため28年度は一切補助金はありません。このため28年度のベンチの補修費はすべてカンパで賄うことにします。

注3)27年度の残高が8万円余りあるのは、28年度は補助金がないためできるだけ残高を残して28年度の費用としたためです。


(3) 28年度活動計画(通常作業)

① 清掃活動(四季の道、おゆみ野道、中の道、およびその周辺の公園) 100回程度
② 防腐剤塗装活動(四季の道、おゆみ野道、中の道、およびその周辺の公園) 10回程度   毎年防腐剤を塗布しないとはがれてしまうので今年も実施したします。
③ 草刈り活動(四季の道全体)  体力が回復した場合実施

(4) ベンチ補修作業

① 27年度は六通公園等のベンチ17基の補修を終了しました。
  28年度は大百池公園のベンチの補修をいたします。

② クリーンクラブでは1基1万円で作業を行いますが、業者に頼む場合は約7万5千円支払うとのことですのでクリーンクラブが行うと6万5千円ほど安上がりに実施できることになります

「カンパの依頼 」

 市民の財産は市民が守る運動の一環として昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いできないでしょうか。カンパは塗料、草刈のガソリン代、ベンチ補修用資材に使用いたします。

  28年度のカンパ目標を10万円とし、ベンチの補修目標を10基にいたします。

 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。

・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)

なお、おゆみ野クリーンクラブの活動状況については以下にまとめてあります。 http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45485858/index.html

| | コメント (1)

(28.2.1) ベンチ補修のボランティア活動は懸命にしているけれど・・・体力との勝負になってきた!!

Dscf7087
(補修後)

 今日(31日)は本当にフラフラになってしまった。
久しぶりにベンチの補修作業をしたからだ。
金沢小学校の横にあるはちまんがた公園ベンチ4基の板をすべて新しい板に差し替え、台座にさび止めを塗布しておいた。
 
 私は昨年の5月に急に目が見えなくなってそれ以来今も病院通いをしているが、長期間副腎資質ホルモンの錠剤を呑んでいるせいか、免疫力がなくなってきたようで何かちょっとしたことで疲れてしまう。
本当は年寄りらしくベンチの補修などはやめて家でのんびりしていたいのだが、何しろおゆみ野界隈の公園のベンチをすべて新規に取り換える決心をした手前、休んでいるわけにいかなくなってしまった。

 ここおゆみ野は開発されてから40年近く経つのだが、その間ベンチは壊れた時だけ補修をしてきたものの、それ以外はそのままのため木の板が腐ってきたりして哀れな状況になっている。
2年前からおゆみ野クリーンクラブと緑の会議の共同事業としてこのベンチの補修を手掛けてきた。

Dscf7084
(補修前)

 だが実際に始めてみると技術的にはかなりハイレベルな作業になり、1年間に実施できる作業量は15基前後が限界で、周辺の公園のベンチすべてを交換するには何年かかるかわからないような状況になっている。
公園の数は20以上はあるから、こりゃベンチよりも私の寿命が先に尽きてしまいそうだ・・・

 実際の作業は緑の会議のカーペンターオクさんとクリーンクラブの私と小太郎姉さん3名で実施している。
ときどき他のメンバーが加わるときもあるがレギュラーはこの3名だ。
ベンチの板の大きさはそれぞれ異なる場合が多いため、おゆみ野の森であらかじめ購入した木材を製材し防腐剤を塗布して準備をし、当日は公園で古い材木を外し用意した新しい木材に変えている。

 作業としたらその程度のことなのだが実際に始めるとトラブルが必ず出てくる。留めてあったねじが外れないため新たにねじ穴を作らなければならなくなったり、ねじがスカスカになっていてどうにもならない場合もある。
今回は朝の10時から午後の4時までかかってようやくのことで4基の補修が完了した。
真新しいベンチはとても美しく今までの朽ち果てたベンチ比較すれば格段の差があるが、そうしたことを認識しているのは我々だけで、一般の市民はただベンチがあるので腰かけているといった状況だ。

 体力がなくなり今でも目がしょぼしょぼしているので肉体作業は実に疲労感がたまる。
家に帰ってからは中学生と高校生に勉強を教えたのだが、この日は眩暈がした。
こりゃたまらん、カラダが悲鳴を上げている
今年は70歳になる。体力限界に近づき神様からお呼ばれになる日も近そうだ。

 

| | コメント (2)

(27.11.28) ベンチ修復活動報告 カーペンター・オクさん 頑張る

Dscf7085
(修復し終わった泉谷公園のあずま屋周辺のベンチ.なおベンチ上の白く見えるものは落ち葉

 私の友人には特異なキャラクターを持った人が多いが、カーペンター・オクさんもその一人だ。オクさんはある日本でも大手の企業のサラリーマンで管理職もしているのだが、本職は大工という人である。
正確に言うと休みのたびに大工仕事をしているのだがいつのまにか趣味がこうじて大工が本職になってしまった。

 私はおゆみ野の森の活動でオクさんと知り合ったのだが、この森にあるベンチや遊具はすべてオクさんの手作りだし、仮設の倉庫もオクさんが作ったものだ。
時間がある限り大工仕事をするので、オクさんのことをあまり知らないおゆみ野の森のメンバーはオクさんのことを大工さんだと思っている。

 このオクさんと私がおゆみ野四季の道に隣接する公園のベンチをすべてつくりかえようと活動し始めたのは昨年のことだ。
ここおゆみ野は開発されてから30年以上たっており、30年間ベンチはそのままに放置されていたのでひどく腐ってきており、見るからにみすぼらしくなっている。
あまりのひどさに私は数年前から防腐剤を塗って少しでも長持ちさせようとしてきたがそれにも限界があり、木が腐ってしまうとどうにもならない。
たまたまオクさんと知り合って意気投合し、ベンチの本格的な修復を開始した

 もっとも木材をベンチの丁度の大きさに製材したり、ねじ山がなくなっているボルトを外したりと言った手間ひまと困難さが伴う作業はすべてオクさんにまかせ、私は塗装や簡単なボルト締めに徹しているが、オクさんと異なり私は手先が不器用なので致し方ない面がある。
見ているとオクさんの作業は非常に繊細でアバウトなところが一切なく手抜きをしない。

 ちょうど幸田露伴が描いた「五重塔」の十兵衛のような人で作った作品には絶対の自信を持っているが、何しろ手抜きをしないので付き合う方は大変だ。
オクさん、もう夕方だからそろそろ作業は手じまいにしないかい
ここの塗料はもう一度塗った方がいいだろう。それに先ほどとめたねじはうまくはいっていないからもう一度打ち直そう

 私など旭化成建材の職員と同じですぐにやっつけ仕事をするが、オクさんは絶対にそれを認めないから、出来上がったベンチは黒光りをした実に立派なもので、どのようなプロにも、負けないレベルに仕上がっている。
いやー、このベンチは傑作だ
普通の人にはベンチのでき具合など全く分からないだろうが、昨年からベンチの修復作業をライフワークのようにしてきた身からは、ベンチの良さが分かるのだ。

 だが今年の作業進捗は今一つだ。最大の理由は私の病気で5月に目が見えなくなって入院したり、8月に北海道旅行の帰りに自転車から転げ落ちて骨折をしたため、まだ6基のベンチの修復しか終わっていない。
昨年は17基の修復をしており。今年も同程度するつもりだったが作業がかなり遅れている。

 おゆみ野四季の道界隈のすべてのベンチを修復すると計画を建てたものの、まだ2か所の公園のベンチの修復がなっただけで、まだ公園としたら20か所程度残っている。
これじゃ、自分が死ぬまで頑張っても終わらないかもしれないじゃないか・・・・・・」呆然としそうだ。
このブログの読者からカンパを頂き懸命に作業をしているものの今年は病気に泣かされている。
だがカーペンター・オクさんがいる限りは何とかなるだろう。いざとなったらオクさんにすべてを託して神様のお迎えを受け入れるつもりだ。

 

 

 

 

| | コメント (0)

(27.4.7) ピンチだ!!助けてほしい。クリーンクラブのカンパが集まらない!!

 
(タナタカさん撮影)

 今年のクリーンクラブのカンパ状況は非常に悪い。現在まで7名の方が32000円のカンマをしてくださっているのだが、目標の7万円には遠く及びそうもない。
なぜ7万円かというと作業用資材やガソリン代やオイルと言った運転資金で4万円、それに草刈機や台車と言った設備投資(更新)に大体3万円程度かかるので、毎年の目標を7万円に置いている。

 しかし今年の見込みはどうもそれからは遠くおよびそうにない。毎年カンパをしてくださっている方もカンパ疲れをされているのかと思っているが、また今年も支援していただけないものだろうか。
おゆみ野クリーンクラブの目的は市民が市民の手で公園や遊歩道を守るということで、草刈やベンチの補修を住民の手で実施してきた。

 大上段にふりかぶって言うと、日本の国家もまた地方自治体も財政は火の車で、それでも成り立っているのは国債や地方債と言った借金でなんとか切り盛りしているのだが、どう見ても健全な姿とは言えない。
住民も国や自治体からサービスを受けるだけではなく、積極的に助けなければ国も地方自治体も崩壊してしまう。
だからおゆみ野クリーンクラブは市民の財産を自分たちで守ることで市の財政の健全化の一助になろうとしているが、こうした取り組みが全国的なレベルにまで発展すれば国や地方自治体は財政の圧迫からかなり解放される。

 たとえば今回クリーンクラブは夏の道公園のベンチ17基をすべて補修したが、業者に頼めば大体7万5千円程度かかるところを約1万円で補修している(この資金はベンチ補修用として市から18万円の補助を受けている)。
だからその差額の約110万円程度を市は他の予算に使用できた勘定になる。
おゆみ野クリーンクラブだけでは大体1~2百万円が限界だが、全国的に浸透すればその金額は莫大なものになる。
これは日本という国柄の変更の一環なのだ。

 大げさに言えば上記の通りだが、実際の作業員としては住民の支援が頼りで「自分だけががんばっているのではなく、みんなが支援してくれているのだ」という手ごたえがほしいのが本音だ。
ベンチの補修も泥まみれの作業で(寝転がってベンチの下側のねじを止めなければならない)、炎天下の草刈はほとんど日射病との戦いといえる。
それでもがんばるのは住民の支援があると思うからだ。

 こうした取り組みに意義を見出してくださる方になんとか支援をお願いしたいと思います。本来はおゆみ野住民の方からの支援が本筋なのですが残念ながらそれだけでは足りそうにありません。私のブログの読者で私たちの活動を支援してくださる方もお願いせざる得ない状況になっています。

 ピンチだ!! 助けてほしい!!

カンパ募集中

 市民の財産は市民が守るおゆみ野クリーンクラブの活動の一環として昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いしております。カンパは塗料、草刈のガソリン代、ベンチ補修のテスト用資材に使用いたします。

 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。


・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)


なお、カンパ依頼の具体的な内容は以下を参照してください。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-6213.html

 

| | コメント (1)

(27.3.30) おゆみ野クリーンクラブの活動報告とカンパの依頼

Dscf6849 
(もっとも熱心に行った夏の道の草刈の結果芝生がよみがえった)

「キャッチフレーズ」

市民の財産は市民で守ろう!!!。



 おゆみ野クリーンクラブの活動については日ごろから地区の皆様の支援を得て、26年度(26年4月から27年3月)も順調に活動を実施することができました。
ありがとうございます。 なお26年度からベンチ補修事業を始めましたが、こちらは市の補助金を得て実施しましたので別会計にしております。

 今回26年度の活動実績報告、26年度カンパおよび使用状況、および27年度の活動方針について報告をさせてもらいたいと思います。

(1) 活動実施報告

① 清掃活動(四季の道6kmおよびその周辺の公園7か所)


  年間150日実施    雨天の日や旅行や病気等で実施できなかった日を除いて基本は2日に1回実施いたしました。ごみの量は確実に減ってきております。

② 塗装活動(四季の道および公園のベンチ およそ50か所)

 10回程度   防腐剤の塗布を上記のベンチに塗布いたしました。特にお花見のシーズン前のベンチの塗装を今回も実施しております。

③ 草刈り活動(四季の道の夏の道と秋の道と冬の道)

  50回程度  草刈りを主として夏の道と秋の道と冬の道で実施しました。夏場はほとんど毎日のように実施しました。昨年はこの作業を熱心に行い芝生が再生しております。


(2) カンパ状況および使用状況

① このブログでカンパを依頼したところ68、000円のカンパを支援していただきました。厚くお礼をもうしあげます。このカンパを利用して以下のガソリン代、防腐剤および燃料、作業用具、およびベンチ修理のためのテスト用資材の購入等を購入しております。

・前期繰越   11,933円
・収入総額   68,029円(29円は利息)
・支出総額   73,602円
・後期繰越     6,360円

内訳


 
:防腐剤         15、998        :オイル    5,500       
:ガソリン         7、950        :作業服    6,674                
:ナイロンカッター    7,699        :垂木     18,961 
:その他備品      10,820

注)ガソリン、オイル、ナイロンカッターは草刈用の資材、防腐剤はベンチの塗布、垂木はベンチ補修のためのテスト用資材です。

(3) 27年度活動計画

① 清掃活動(四季の道、おゆみ野道、中の道、およびその周辺の公園) 100回程度
② 防腐剤塗装活動(四季の道、おゆみ野道、中の道、およびその周辺の公園) 10回程度   毎年防腐剤を塗布しないとはがれてしまうので今年も実施したします。
③ 草刈り活動(四季の道全体)  50回程度(今年も全力を上げます)

(4) ベンチ補修作業

① 26年度は夏の道公園のベンチ17基の補修を終了しました。
  27年度は春の道公園の20基のベンチ補修を行います。

② この事業については市からの助成があり、26年度は18万円、27年度は20万円の補助を市から受けております。この費用はすべてベンチの補修に充当します。

注)1基あたり約1万円の木材やねじくぎが必要になります。なお市が業者に頼む場合は約7万5千円支払うとのことですのでクリーンクラブが行うと6万5千円ほど安上がりに実施できることになります。

Dscf6970
(夏の道公園のベンチ17基をすべて補修した)

「カンパの依頼 」

 市民の財産は市民が守る運動の一環として昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いできないでしょうか。カンパは塗料、草刈のガソリン代、ベンチ補修のテスト用資材に使用いたします。

 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。

・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)

なお、おゆみ野クリーンクラブの活動状況については以下にまとめてあります。 http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45485858/index.html

| | コメント (0)

(27.3.12)今年は頑張った! おゆみ野クリーンクラブのベンチ補修作業

P307100325

 今年(14年4月から15年3月)もずいぶん頑張ったと思う。
おゆみ野クリーンクラブベンチ補修事業のことである。今年から従来の防腐剤を塗る作業以外に古くて耐用年数が経過したベンチの台座を交換する作業を始めた。
今年は夏の道公園の17基のベンチの台座をすべて交換した。
今まで行ってきた清掃作業や防腐剤の塗布と違ってこの作業には相応の技術が必要になる。
少なくとも業者が行うレベルでないと公園事務所が許してくれない。

 当初はベンチの板をかえるだけだから何ということもない作業だと思っていたが、実際に始めてみると悪戦苦闘の連続だった。
ベンチなど座っている分には全く分からないが、補修をし始めると構造が微妙に異なっていることに驚く。
この街を整備したUR都市機構の人の話だと、URからは業者に「○○の機能を備えたベンチ」という発注をするのだが、個々の仕様については入札に参加した業者に任せているのだそうだ。

 一番異なっているのはボルトのベンチのとめ方で、大きく分けると背後に鉄板があって鉄板に穴をあけてボルトを通す方式と、背後に鉄パイプあってそこに上から穴をあけて強引にボルトをねじ込む方式がある。細かなバリエーションを言うとさらに多く分かれれる。
従ってベンチの補修を行う場合はボルトのとめ方をチェックして、それに合わせて行わなくてはならない。穴がこちらが用意したボルトより小さい場合は鉄板に大きな穴を開けなくてはならない作業が加わる。

 もう一つ消耗する作業に台座をはがす作業があるのだが、30年前にセットしたボルトのねじ山がつぶれていて、ドライバーでは全くはがすことができない場合が多い。
その場合は強引にハンマー等で台座をはがすのだが、体力の消耗は並大抵のことではない。
これは老人の仕事としては体力がついていかん」思わず座り込んでため息が出る。

 ベンチ修理は相棒のカーペンターオクさんと始めた作業で、オクさんは持って生まれた大工のような人だから嬉々として行っているが、私は現役時代パソコン以外に重たいものを持ったことのない身だから体がついていかない。
それでも二人で悪戦苦闘をしてなんとか軌道に乗ってきた。
最近はクリーンクラブの他のメンバーや公園の清掃団体が手伝ってくれており、さらに千葉市が開発した千葉レポというシステムで多くの参加者に参加を呼び掛けるまでになった。

注)正確に言うとこの作業はおゆみ野クリーンクラブと円卓会議から派生した緑の会議との共同作業になっている。

 参加者が増えると現地での試行錯誤が許されなくなって作業手順や道具のディリバリー等事前準備が必要になってくる。そうしないと作業途中で「これは難しいから今日は止めよう」なんてことになってしまうからだ。だから現在は事前にテスト的に対象の場所の台座の張替えを行ってみたりしてフィージビリティチェックを十分に行っている。
オクさん、今度のベンチの構造は複雑で初めての人には無理じゃないかい
そこは、我々二人でなんとかしよう」ほとんどベンチの専門家になってきた。

 ベンチの補修が終わると公園事務所に連絡してチェックをしてもらい問題がなければ一般に使用してもらう仕組みをとっている。
我々が行う場合は資材費で一基約1万円(私たちの経費は市からの住民支援事業費の補助18万円で行っている)で、労務費はゼロで行っているが、業者に頼むと一基7万5千円程度かかるのだそうだ。。
だから今回の17基のベンチを整備したが、この作業で約110万円市の経費の節約になったことになる。
これは住民参画の市へのプレゼントだ。

 将来的にはNPO法人等を立ち上げて市から作業を受託する体制を取れればいいのだが、カーペンターオクさんが定年退職するまではまだ10年程度あり、また私はその時は78歳になっているから生きているかどうかも怪しい。
当面はできる範囲でベンチの台座の張替えを行うこととして来年度は春の道公園の約20基の台座の張替えをしようと計画を立てている。

 こうしたベンチ補修作業は全国的に見てもすくなく、我々の作業は日本全体で見てもパイロット作業のようなものだ。自治体の予算が漸減傾向にある中で、住人の資産は自分たちで補修・維持管理するという仕組みがこれからはどこの自治体でも採用されるだろう。
おゆみ野クリーンクラブの作業はだからそうした動きのさきがけのようなものだ

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 | NHK クローズアップ現代 | NHK コズミックフロント | NHK BS世界のドキュメンタリー | NHK ミクロの大冒険 | NHK NHK特集 | NHK NHK特集 ヒューマン | NHK NHK特集 病の起源 | NHK ためしてガッテン | NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 | NHK ためしてガッテン 認知症関連 | NHK ハイビジョン特集 | NHK プロジェクトWISDOM | NHK ワールド・ウェーブ | システム facebook | システム Twitter | システム You-Tube | システム ウィニー | システム グリーティングカード | システム サイバー戦争 | システム スマートフォン・タブレット KDP | システム スマートフォン・タブレット・テレビ | システム ネット社会 | システム ブログ ココログ | シナリオ ぼくが生きた時 | シナリオ ハバロフスク | シナリオ 友よ風に向かって走れ | シナリオ 忠助 | シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 | スポーツ サッカー | スポーツ リオオリンピック | スポーツ ロンドンオリンピック | スポーツ 大相撲 | スポーツ 東京オリンピック | スポーツ 野球 | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 | ボランティア おゆみ野クリーンクラブ | ボランティア 地域活動 円卓会議 | ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 | マラソン | マラソン ちはら台走友会  | マラソン ちはら台走友会 登山 | マラソン ウルトラマラソン | マラソン ハーフマラソン開催 | マラソン 四季の道駅伝 | リメイク版 夏休みシリーズ 23年 | リメイク版 夏休みシリーズ 24年 | リメイク版 夏休みシリーズ 25年 | リメイク版 夏休みシリーズ 26年 | リメイク版 夏休みシリーズ 27年 | 事件 中学生誘拐事件 | 個人生活 ヨガ | 個人生活 同窓会 | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家族 | 個人生活 山崎書店 | 個人生活 散策 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学入門 | 個人生活 日本人論 | 個人生活 映画 | 個人生活 映画鑑賞 | 個人生活 樹木剪定問題 | 個人生活 歩く会 | 個人生活 水泳 | 個人生活 演歌 | 個人生活 登山 | 個人生活 私の人生観 | 個人生活 自転車 | 個人生活 陸ガメ | 健康 | 健康 坐骨神経痛 | 健康 眼病 | 健康 精神性胃炎 | 健康 老化対策 | 健康 難聴 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 ネパール | 旅行 ロドリゴとイェティ | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 北アルプス縦断 | 旅行 自転車周遊記 | 旅行 蝦夷地周遊記 | 歴史 ローマ史 | 歴史 世界史 | 歴史 中国史 | 歴史 日本史 | 歴史 郷土史 | 災害 東日本大震災 | 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ | 災害 東日本大震災 地震保険 | 災害 東日本大震災 心に与える影響 | 災害 東日本大震災 政治 | 災害 東日本大震災 東電の経営問題 | 災害 東日本大震災 汚染水問題 | 災害 東日本大震災 経済 | 災害 熊本大地震 | 評論 世界 国連 | 評論 世界 地球温暖化 | 評論 世界 文明論 | 評論 世界 水資源問題 | 評論 世界 科学 | 評論 世界 自然保護 | 評論 世界政治 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 アフリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 | 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル | 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 | 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 | 評論 世界経済 イギリス経済 | 評論 世界経済 イタリア経済 | 評論 世界経済 インドネシア経済 | 評論 世界経済 インド経済 | 評論 世界経済 ウクライナ経済 | 評論 世界経済 オーストラリア経済 | 評論 世界経済 カナダ経済 | 評論 世界経済 カンボジア経済 | 評論 世界経済 ギリシャ経済 | 評論 世界経済 サウジアラビア経済 | 評論 世界経済 シンガポール経済 | 評論 世界経済 スペイン経済 | 評論 世界経済 タイの政治・経済 | 評論 世界経済 トランプ現象 | 評論 世界経済 トルコ経済 | 評論 世界経済 ドイツ経済 | 評論 世界経済 ネパール経済 | 評論 世界経済 バングラディシュ経済 | 評論 世界経済 フィリピン経済 | 評論 世界経済 フランス経済 | 評論 世界経済 ブラジル経済 | 評論 世界経済 ベトナム経済 | 評論 世界経済 ポルトガル経済 | 評論 世界経済 ミャンマー経済 | 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン | 評論 世界経済 中国経済 | 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 | 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 | 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 | 評論 世界経済 台湾経済 | 評論 世界経済 外国為替・金 | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 | 評論 世界経済 経済成長 | 評論 世界経済 金融問題 | 評論 世界経済 韓国経済 | 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 | 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 | 評論 世界経済 食糧問題 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト | 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア | 評論 日本の政治  八ツ場ダム | 評論 日本の政治 ノーベル賞 | 評論 日本の政治 人口問題 | 評論 日本の政治 公共事業 | 評論 日本の政治 内部告発者保護法 | 評論 日本の政治 医療行政 | 評論 日本の政治 危機管理 | 評論 日本の政治 原子力行政 | 評論 日本の政治 地方政治 | 評論 日本の政治 地方政治 大阪 | 評論 日本の政治 地方政治 東京 | 評論 日本の政治 大学入試改革 | 評論 日本の政治 天皇制 | 評論 日本の政治 学校問題・子育て | 評論 日本の政治 安倍内閣 | 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 | 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 | 評論 日本の政治 官僚機構 | 評論 日本の政治 小池都知事 | 評論 日本の政治 小沢裁判 | 評論 日本の政治 年金制度 | 評論 日本の政治 教育問題 | 評論 日本の政治 新聞報道 | 評論 日本の政治 普天間基地 | 評論 日本の政治 東京オリンピック | 評論 日本の政治 森友学園 | 評論 日本の政治 生活保護政策 | 評論 日本の政治 石原都知事 | 評論 日本の政治 確定申告 | 評論 日本の政治 航空行政 | 評論 日本の政治 菅内閣 | 評論 日本の政治 著作権法 | 評論 日本の政治 観光行政 | 評論 日本の政治 警察機構 | 評論 日本の政治 農業政策 | 評論 日本の政治 選挙制度 | 評論 日本の政治 野田内閣 | 評論 日本の政治 陸山会事件 | 評論 日本の政治 領土問題 | 評論 日本の政治 食糧問題 | 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の政治・経済 将来像 | 評論 日本の政治・経済 歴史 | 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 | 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 | 評論 日本の経済 JRの経営 | 評論 日本の経済 アクリフーズ | 評論 日本の経済 イオン | 評論 日本の経済 エルピーダメモリ | 評論 日本の経済 オリンパス | 評論 日本の経済 シャープの経営問題 | 評論 日本の経済 ソニー | 評論 日本の経済 ソフトバンク | 評論 日本の経済 デパート業界 | 評論 日本の経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の経済 マクドナルド | 評論 日本の経済 不動産価格 | 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 | 評論 日本の経済 外食産業 | 評論 日本の経済 宇宙ビジネス | 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 | 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 | 評論 日本の経済 家電業界 | 評論 日本の経済 就職問題 | 評論 日本の経済 日本再生 | 評論 日本の経済 日立製作所 | 評論 日本の経済 旭化成建材 | 評論 日本の経済 東芝 | 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 | 評論 日本の経済 為替相場 | 評論 日本の経済 石油元売り | 評論 日本の経済 経済成長 | 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 | 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 | 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 | 評論 日本の経済 統計 | 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 | 評論 日本の経済 自動車産業 | 評論 日本の経済 航空機産業 | 評論 日本の経済 証券市場 | 評論 日本の経済 詐欺 | 評論 日本の経済 財政金融政策 | 評論 日本の経済 野村証券 | 評論 日本の経済 金融機関 | 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害