スポーツ サッカー

(27.5.30) FIFAブラッター個人商店の行方 今回も5選されて頑張っているが・・・

Dscf0028 

 世の中何が起こるか分からないが、今度は国際サッカー連盟FIFAが火を噴いている。
突然アメリカの司法当局からFIFAの副会長を含む14人が逮捕されてしまったからだ。
29日はFIFAの会長選挙が行われブラッター会長の5選が確実と言われたその総会の直前のことである。

 ブラッター会長は1998年からFIFAの会長を務めているが、元はFIFAの事務局長だった。その経営手腕が評価されて会長になり以来20年にわたりFIFAの財政を飛躍的に伸ばしてきた。やり手で昨年のW杯ブラジル大会の収益金は約6000億円と言われている。
放映権料スポンサー料が主な収入だがそれにしてもすさまじい。
企業であれば世界でもまれな高収益企業と言っていい。

 FIFAは非常にこじんまりとした組織で理事会の構成員は25名で、この25名でなんでも決定できる。
ワールド杯の放送権をどこに売却するかとか、スポンサー契約をどこと結ぶかとか、どこでワールドカップを開催するとか言った最重要事項を理事会で決めている。
したがってこの25名の数人を買収するだけでもワールド杯開催ができるようになるので裏取引は枚挙にいとまがない。

 開催されるごとに黒いうわさがでるのだが、ブラッター氏はこうしたうわさをすべて無視してきた。一応調査を行って結論は問題なしとしてきたのだ。
実はブラッター氏にとってもその方が都合が良かった。たとえば放送権を巡ってテレビ局が理事の買収合戦をしてもその結果として放送権が値上がりすればFIFAの財政は潤う。
そしてここが何よりのポイントなのだが、FIFAはブラッター氏の個人商店のようなものだから、ブラッター氏の懐も緩むという流れになる。

 だからいつも問題になるのが買収工作で、何しろ理事の人数が少なくそれに有力者は誰か誰の目にも明らかなので、そうした人物に集中的にわいろ攻勢がかけられてきた。副会長と呼ばれている人たちである。
今回逮捕されたのは副会長ら14人で、ブラッター会長はふくまれていないが本命は間違いなくブラッター会長である。

注)ただしブラッター氏にワイロが渡ったという意味ではない。黒い頭の鼠が暗躍して結果的ブラッター氏の収入になるという実に巧妙なシステムなのだ。

 ブラッター会長は今回5選を目指していたのだが、これに対して欧州サッカー連盟のプラティニ会長が異議を唱えた。
ブラッター会長は金でアフリカやアジアの理事を買収しているが、その資金は収賄によるものだ」というのがプラティニ会長の認識である。

 会長選挙は加盟209か国が一票ずつ持つ選挙によって行われるが、アフリカ連盟が54票、欧州連盟が53票、アジア連盟が46票で欧州が反対してもアフリカとアジアを抑えれば当選できる。
これからのサッカーは世界のサッカーです。アフリカとアジアにFIFAは積極的な支援をいたします」といって事前工作で票をかっさらってきた。

これに対して欧州サッカー連盟が不満を爆発させた。もともとサッカーは欧州のスポーツなのにルール等の改定も世界標準でさせられる。あたかも日本柔道の国際化が進んで日本の一本柔道がポイント柔道になり柔道着もカラフルにさせられたようなものだ。

注)もう一つの本質的な問題は強いヨーロッパの出場枠(13)が厳しく、相対的にアジア(4.5)とアフリカ(5)が優遇されているという不満がヨーロッパにある。

 「もう我慢ならん、なんとかしてブラッターを引きづりおろそう
欧州サッカー連盟はブラッター政権の黒い霧をアメリカの司法当局に流し、強欲者のそろっている副会長の逮捕につなげさせた。
すかさずイギリスのキャメロン首相やフランスのオランド大統領がFIFA会長選挙の延期と辞任を求めたがブラッター氏は馬耳東風で29日の会長選挙に勝利した。
当面はブラッター商店は危機を乗り切った。

 ワールドカップは巨大な利権構造をしており、特に放送権料の売却を巡っては購入側がワイロ攻勢をかけるので理事になれば億万長者になれる。
放送権料の価格はうなぎのぼりになっており、98年のフランス大会時は200億円、2002年の日韓開催時は1200億円、それと最近のブラジル大会では2400億円に跳ね上がっている。
こんなに高くてペイするのだろうか??」私など不思議なのがだが、十分元が取れるらしい。

 それ以外の公式スポンサー契約でもアディダスとナイキが激しいつばぜり合いをしており、両社から相当規模の資金が出ていることも分かっている。
そして何といっても開催地決定には理事の買収が必要で2022年カタール開催ではカタールが大々的な買収工作を実施して開催権をもぎ取った。

かくして金満で汚職体質のブラッター会長を引きずり落として、FIFAの浄化作用を働かせようとした欧州サッカー連盟のタレこみ工作は5選阻止には役立たなかったが、これからもボディーブローのように効いていくだろう。
FIFAは黒い頭の鼠の巣でこれほど儲かる組織や個人はない。だからブラッター氏が何としてもその地位にとどまろうとした気持ちはよくわかる。
しかしブラッター氏以外の全員の理事が逮捕されるようなことがあればいくらなんでも会長職にとどまるのは無理だろう。

 

| | コメント (0)

(25.1.8) NHK 「時代の開拓者たち」 岡田武史監督の中国での挑戦

__  
(泉谷公園の青サギ 人が近づいても逃げない


 NHKのワールド・ウェーブ・トゥナイト新年スペシャルで放映した「時代の開拓者たち」と言う番組で岡田武史監督が取り上げられていた。
岡田監督は2010年のFIFAワールドカップ南アフリカ大会で日本をベスト16まで引き上げ、あわやベスト8になろうとするところまで行った名監督である。

注)ベスト8をかけたパラグアイ戦ではPK戦までいって3-5で惜しくも敗れた。なおワールドカップ直前までの成績が散々だったので、監督解任の世論が沸きあがっていたがこれを見事に跳ね返した。
私も岡田監督では一勝もできないと思っていたので、深く岡田監督にわびた。そのときの記事は以下参照。

http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/22626-2293.html

 岡田監督は12年度から中国のプロリーグの監督を引き受けているのだが、私はそれまで中国にプロリーグがあることさえ知らなかった。
2004年の設立だから日本に遅れること約10年で、現在一部リーグスーパーリーグと称する)と二部リーグから構成されている。

 岡田氏が監督を引き受けたのは杭州緑城というチームで過去最高は4位(16チーム中)だから、岡田氏を指名したのはスーパーリーグで優勝を果たしたかったからだろう。
岡田監督はあの弱小だった日本をワールドカップでベスト16までした名監督だ。この世界的名監督を招聘しよう

 しかし一年目の成績は期待に反したものだった。最終的にはリーグ11位だったが、一時は最下位まで落ちあわや2部リーグに降格とのピンチに陥っていた。

 なぜ杭州緑城がこれほど低迷したかの原因は、岡田監督の指導スタイルが従来とは異なった自立した選手を前提にした選手起用法にあったからのようだ。
かつて日本でも2002年トルシエ監督の時代は選手の自立は許されず、徹底的にフラットスリーの戦術を叩き込まれ、すこしでも自由な戦術を取る選手はずされていた。

注)私の大好きな柳沢選手が監督の指示どうり動かなかったという理由で5分程度で交代させられていた。

 それが2006年ジーコ監督の頃から選手に自由度を与えて自ら戦術を考えるスタイルに変り、岡田監督も日本代表をそのように指導してきた。
ところが杭州緑城はちょうどトルシエ監督時代の日本の様で、監督やコーチの指示が絶対でそれ以外の行動をする選手は起用からはずされていたという。

 さらに中国特有の問題としてコネ社会があって選手の起用そのものも地区の共産党員の大物とのコネが重要視されていたと言う(番組で正確にそのように言っているわけではないが見ていれば分かる)。
あんた、この選手を使用しないと将来はないぞ」なんて感じだ。

 これでは選手は上の顔色とコネ探しに狂奔するのは無理もない。
それに対し岡田監督はコネを一切無視して、自分で考える選手を起用し続けたという。
今までとの精神的ギャップがあって当初は岡田監督の意思が選手に伝わらなかったが、岡田監督のフェア(日本では当然だが)な選手起用法に、疑問を持っていた選手が少しづつ答えるようになって行ったと言う。

 岡田監督にとっての精神的転機は9月、日本と中国との間で尖閣諸島をめぐり官製デモが吹き荒れていたときに、サポーター30名あまりに取り囲まれたときだという。
岡田監督は「日本に帰れ」と罵声を上げられることを覚悟したが、実際は「ハピーバースデイ」の歌声に囲まれたという。翌日が岡田監督の誕生日だった。

 それまで岡田監督はチームも低迷しているし日中関係はギスギスしているので、「いざとなったら日本に帰ろう」と思っていたが、心に転機が訪れたのだそうだ。
俺は間違っていた。自分のために監督業をしてきたが、本当は選手とサポーターのためにがんばろう」そう思ったのだそうだ。

 13年度も岡田監督は杭州緑城の監督を引き続き引き受けることになった。是非スーパーリーグで優勝して岡田監督の手腕を選手とサポーターに見せてもらいたいものだ。
日本と中国の間には越えられない垣根があるが、ことスポーツではそれを乗り越えることが可能だ。
本当に岡田監督のような人を「時代の開拓者」というのだろう。

なお、サッカーに関する記事は以下に纏めてあります。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44914776/index.html

http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat39952473/index.html

| | コメント (0)

(23.7.19) 平成の女性は太陽だった  なでしこジャパン ワールド・カップ優勝

 21_1036

 このような快挙があってよいものだろうか。私が生きているうちに女子ワールド・カップで世界NO1なろうとは思いもしなかった。
それも自他共に世界NO1と認められてきたアメリカの猛攻を防いで、最後はPK戦で勝利してしまうのだからなでしこジャパンの実力は本物だ。

 前半のアメリカの猛攻はすさまじかった。いつ点をとってもおかしくないような状態だったが、これをしのぎきり前半0-0で折り返したのが第一の勝因だ。
ここで離されていては勝利はおぼつかない。

 後半24分にアメリカの誇るストライカー、モーガンに決められたときは天を仰いだ。これで日本の敗北は確実だと思ったからだ。それ以上テレビを見続けることができなくなってテレビを消してしまったが、それでも恐る恐る15分後にテレビをつけて驚いた。
宮間が同点ゴールを決めて1-1になっていたからだ。
なでしこジャパン、やるじゃないか」再び興奮してテレビに釘付けになった。

 延長戦前半に再びアメリカのワンバックが得点を決めて先行されたときは、今度こそ日本は負けたと思ったものである。かつて日本男子のワールドカップの試合で相手に先行されてそれをひっくり返すような試合を見たことがなかったからだ。
なでしこジャパンを慰める言葉を一生懸命考えていたものだ。
よくここまでやった。ドイツに勝った試合など見事なものだった。アメリカは実力が飛びぬけているのだら、ここまで来たのが立派だ・・・・・・・・」

 そんなことを思っていたら、延長後半12分にが足でフリーキックのボールを押込み、同点ゴールしたのには驚きを通り越した。
このチームはなんと粘り強いチームなのだろうか、決して諦めることをしない・・・・
このなでしこジャパンの粘り強さは特筆に値し、これが第二の勝因だ。

 私は女性が特別に粘り強いのは知ってはいる。私の趣味は超長距離走で100km以上のレースによく参加するが、前半は男性が圧倒的に有利だが時間がたつにつれて女性が優位にたってくる。
100kmでは80km程度から男性は歩き出す人が多いのだが、女性は最初から最後までほぼ同じような速度で淡々と走っていき、最後の20kmで男性を軽々と追い抜かす。
そうは知っていたが、世界NO1になるほど粘り強いとは知らなかった

 最後のPK戦は実力と言うより精神力の闘いになる。キーパーとキッカーのどちらが精神力が強いかで勝敗が決まる。
アメリカの一番目のキッカーのボールをGK海堀が足先で防いだのが大きかった。
これで後続のアメリカのキッカーは動揺し3人連続で外してしまった。
海堀の精神力の強さが第三の勝因といえる。

 またこれは女子サッカー全体に言えるのだが、とても試合がフェアだ。男子サッカーでは相手のユニホームを持って引き倒すのが当たり前だったり、わざと後ろから足を引っ掛けたり、相手を挑発したりするのだが女子サッカーにはそうしたことがほとんどなかった。
こんなにフェアに戦うサッカーもあったんだ」感心してしまった。

 そして今回の快挙を見てしみじみと日本女性の優秀さを再認識した。
今年の新春対談で世界の識者が「日本経済は低迷しているが、日本には女性と言う無尽蔵の資源が残されている」と指摘していたが、それが本当だということを世界の舞台で証明してくれた。

 日本社会の基本的な過ちはこれほど優秀な女性にたいし、活躍の場を提供しなかったことだろう。特にビジネスの社会ではその傾向がひどく、私が過去いた会社でも管理職が集まる会議を開催すると出席者のほとんどが男性だった。
私も管理職にさせてもらっていたが、女性と実力で競争すれば私の地位は危なかったに違いない。

 このなでしこジャパンの快挙を機に、公務員や上場会社の管理職の半分は女性に割り当てる法改正をするのが日本再生の切り札になりそうだ。
菅総理が総理を辞める3条件にもう一つ追加して4条件にすればいい。
国債をやたらと発行して不要な道路やダムや飛行場を作るよりは、女性が日本を引っ張っていくのがもっとも効果的な日本再生のプログラムになる。

 日本は原始社会で女性が太陽だっただけでなく、平成の社会でも太陽になることはなでしこジャパンが証明してくれている。日本は天照大神の昔から女性でもつ国なのだ。


 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 | NHK クローズアップ現代 | NHK コズミックフロント | NHK BS世界のドキュメンタリー | NHK ミクロの大冒険 | NHK NHK特集 | NHK NHK特集 ヒューマン | NHK NHK特集 病の起源 | NHK ためしてガッテン | NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 | NHK ためしてガッテン 認知症関連 | NHK ハイビジョン特集 | NHK プロジェクトWISDOM | NHK ワールド・ウェーブ | システム facebook | システム Twitter | システム You-Tube | システム ウィニー | システム グリーティングカード | システム サイバー戦争 | システム スマートフォン・タブレット KDP | システム スマートフォン・タブレット・テレビ | システム ネット社会 | システム ブログ ココログ | スポーツ サッカー | スポーツ ロンドンオリンピック | スポーツ 大相撲 | スポーツ 東京オリンピック | スポーツ 野球 | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 | ボランティア おゆみ野クリーンクラブ | ボランティア 地域活動 円卓会議 | ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 | マラソン | マラソン ちはら台走友会  | マラソン ちはら台走友会 登山 | マラソン ウルトラマラソン | マラソン ハーフマラソン開催 | マラソン 四季の道駅伝 | リメイク版 夏休みシリーズ 23年 | リメイク版 夏休みシリーズ 24年 | リメイク版 夏休みシリーズ 25年 | リメイク版 夏休みシリーズ 26年 | 個人生活 ヨガ | 個人生活 同窓会 | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家族 | 個人生活 山崎書店 | 個人生活 散策 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学入門 | 個人生活 日本人論 | 個人生活 映画 | 個人生活 映画鑑賞 | 個人生活 樹木剪定問題 | 個人生活 歩く会 | 個人生活 水泳 | 個人生活 演歌 | 個人生活 登山 | 個人生活 私の人生観 | 個人生活 自転車 | 健康 | 健康 坐骨神経痛 | 健康 精神性胃炎 | 健康 老化対策 | 健康 難聴 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 ネパール | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 北アルプス縦断 | 旅行 自転車周遊記 | 歴史 ローマ史 | 歴史 世界史 | 歴史 中国史 | 歴史 日本史 | 歴史 郷土史 | 災害 東日本大震災 | 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ | 災害 東日本大震災 地震保険 | 災害 東日本大震災 心に与える影響 | 災害 東日本大震災 政治 | 災害 東日本大震災 東電の経営問題 | 災害 東日本大震災 汚染水問題 | 災害 東日本大震災 経済 | 評論 世界 地球温暖化 | 評論 世界 水資源問題 | 評論 世界 科学 | 評論 世界 自然保護 | 評論 世界政治 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 アフリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 | 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル | 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 | 評論 世界経済 イギリス経済 | 評論 世界経済 イタリア経済 | 評論 世界経済 インドネシア経済 | 評論 世界経済 インド経済 | 評論 世界経済 ウクライナ経済 | 評論 世界経済 オーストラリア経済 | 評論 世界経済 カンボジア経済 | 評論 世界経済 ギリシャ経済 | 評論 世界経済 シンガポール経済 | 評論 世界経済 スペイン経済 | 評論 世界経済 タイの政治・経済 | 評論 世界経済 トルコ経済 | 評論 世界経済 ドイツ経済 | 評論 世界経済 ネパール経済 | 評論 世界経済 バングラディシュ経済 | 評論 世界経済 フィリピン経済 | 評論 世界経済 フランス経済 | 評論 世界経済 ブラジル経済 | 評論 世界経済 ベトナム経済 | 評論 世界経済 ポルトガル経済 | 評論 世界経済 ミャンマー経済 | 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン | 評論 世界経済 中国経済 | 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 | 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 | 評論 世界経済 台湾経済 | 評論 世界経済 外国為替・金 | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 | 評論 世界経済 経済成長 | 評論 世界経済 金融問題 | 評論 世界経済 韓国経済 | 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 | 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 | 評論 世界経済 食糧問題 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト | 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア | 評論 日本の政治  八ツ場ダム | 評論 日本の政治 人口問題 | 評論 日本の政治 公共事業 | 評論 日本の政治 内部告発者保護法 | 評論 日本の政治 医療行政 | 評論 日本の政治 危機管理 | 評論 日本の政治 原子力行政 | 評論 日本の政治 地方政治 | 評論 日本の政治 地方政治 大阪 | 評論 日本の政治 地方政治 東京 | 評論 日本の政治 学校問題・子育て | 評論 日本の政治 安倍内閣 | 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 | 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 | 評論 日本の政治 小沢裁判 | 評論 日本の政治 年金制度 | 評論 日本の政治 教育問題 | 評論 日本の政治 新聞報道 | 評論 日本の政治 普天間基地 | 評論 日本の政治 生活保護政策 | 評論 日本の政治 石原都知事 | 評論 日本の政治 確定申告 | 評論 日本の政治 航空行政 | 評論 日本の政治 菅内閣 | 評論 日本の政治 著作権法 | 評論 日本の政治 観光行政 | 評論 日本の政治 警察機構 | 評論 日本の政治 農業政策 | 評論 日本の政治 選挙制度 | 評論 日本の政治 野田内閣 | 評論 日本の政治 陸山会事件 | 評論 日本の政治 領土問題 | 評論 日本の政治 食糧問題 | 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の政治・経済 将来像 | 評論 日本の政治・経済 歴史 | 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 | 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 | 評論 日本の経済 JRの経営 | 評論 日本の経済 アクリフーズ | 評論 日本の経済 イオン | 評論 日本の経済 エルピーダメモリ | 評論 日本の経済 オリンパス | 評論 日本の経済 シャープの経営問題 | 評論 日本の経済 ソニー | 評論 日本の経済 ソフトバンク | 評論 日本の経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の経済 不動産価格 | 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 | 評論 日本の経済 外食産業 | 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 | 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 | 評論 日本の経済 家電業界 | 評論 日本の経済 就職問題 | 評論 日本の経済 日本再生 | 評論 日本の経済 為替相場 | 評論 日本の経済 経済成長 | 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 | 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 | 評論 日本の経済 自動車産業 | 評論 日本の経済 観光業 | 評論 日本の経済 証券市場 | 評論 日本の経済 詐欺 | 評論 日本の経済 財政金融政策 | 評論 日本の経済 野村証券 | 評論 日本の経済 金融機関 | 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害