評論 世界経済 台湾経済

(28.1.18) 悪のトライアングルの崩壊 台湾で民進党の蔡英文氏が総統に!!

2039_055 

 山崎経済研究所の山崎所長が「悪のトライアングルがとうとう崩れた」と言っていた。
悪のトライアングルとは中国の習近平政権、台湾の馬英久政権、韓国のパク・クネ政権の枢軸ことである。
この中でとうとう馬英九政権が崩壊した。

 中国は21世紀になって帝国主義侵略を繰り返しているならず者国家で、南沙諸島に飛行場を建設したり、尖閣諸島の日本の領海内に艦船を遊弋したりして19世紀の砲艦外交を展開している。
この動きを見てすっかり舞い上がったのが台湾の馬英久氏と韓国のパク・クネ氏で「お願い、子分になるからわけまいちょうだい」とすり寄った。
馬英九氏は習近平氏の先兵になって「尖閣諸島は中国の領土だ」と大声を張り上げたが、もちろんその中国に台湾が含まれている。馬英九氏は台湾を中国に売り渡そうとしたのだ。

 馬英久氏の8年間はただひたすら中国にひれ伏して一緒になって日本バッシングを行っていたのだが、その心は「21世紀は中国の時代になるので、バスに乗り遅れるな。日本など目じゃない」という気持ちだった。
台湾企業は大挙して中国に進出していてホンハイなどは中国で約100万人の雇用をうんでいたが、最初こそウエルカムだったものの、中国経済が失速するにしたがって台湾企業の追い出しが始まった。
特にホンハイが狙われたのは中国がホンハイの仕事をすべて奪おうとしたからで、あまりの嫌がらせにねを上げたホンハイは中国市場を諦めてインドに主要な工場を移している。

注)ホンハイがどのような嫌がらせを受けて中国から追い出されているかの詳細は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-1547.html

 中国の台湾企業いじめはどんどんエスカレートしていくので、今では台湾企業は中国から撤退し、インドや東南アジアに拠点を移している。
だから馬英九氏がいくら習近平氏の腰ぎんちゃくになっても台湾企業にとっては全く無駄で、「いったい何のための中国詣でをしているんだ!!」と企業からもそっぽを向かれ始めた。
すっかり台湾の成長率は落ちてしまい、ここ数年は2~4%の間を行ったり来たりしていたが15年度はマイナス成長に近づいてきた。
中進国の経済成長率としてはほめられたものでない。

 こうした馬英九氏の中国一辺倒外交に台湾の国民がすっかりいやになってしまった。
なんで経済失速が激しい中国にばかり媚びを売るんだ
1月16日の総統選挙と議会選挙で台湾国民ははっきりと国民党馬英九政権にNOをたたきつけた。
総統選挙では民進党の蔡英文氏が総統に選ばれ、議会選挙では民進党が過半数を確保した。ほぼ地滑り的大勝といっていい。

 民進党は昔から台湾に住んでいた台湾人を地盤とする政党で日本に対するシンパシーが強い。一方国民党はもともとは国共内戦に敗れた蒋介石が中国から引き連れてきたならず者の軍隊を基盤とした政党だ。
日本統治が終わった1947年、国民党軍は台湾人の大粛清を行ったが、これを台湾では2.28事件といい、主として日本が育てたインテリやテクノクラート約3万人が殺害されている。
国民党はもともとは中国人の政権のため中国の習近平政権とは馬が合う

 だがここにきて馬英久氏のコバンザメ路線は親亀の中国経済がコケたので子亀になっていた台湾も同時にこけた。結局台湾は経営のノウハウだけを中国にとられ、「かったから、もう出て行ってくれ」といわれて夢から覚めた。国民党は敗北しこうして長く日本を苦しめていた悪のトライアングルの一角が崩れた。山崎所長が喜ぶのも無理はない。

 

| | コメント (1)

(27.11.5) 中国組 台湾馬英九総統の最後のあがき 「習主席、助けて!!!」

 222111_008

 台湾の馬英九政権が進退窮まって習近平氏に泣きついている。
馬英九氏の人気は現在最悪で支持率は9%しかない。来年1月には馬英九氏の後任を決める総統選挙が行われるのだが、馬英九氏の国民党が敗退して野党の民進党の蔡英文氏が総統に選ばれる公算が高くなっている
まずい、なんとか支持率を上げなければ・・・・・ここは習近平氏に頼んで中台関係が盤石なところをアピールしよう・・・・民進党政権になれば中台関係が崩壊すると訴えるのが一番だ・・・・・・・」

この11月7日に49年ぶりの中台首脳会談がシンガポールで開催されることになった。

 馬英九氏は中国本土から逃れてきた外省人で生まれは香港のため香港に対して非常に強いシンパシーを持っており、台湾も香港のような一国二制度を採用したらいいと本音では思っている。
こうした中国本土に対するあこがれがあって、常に中国に対して協調的な態度をとり、その反面日本に対しては厳しい対応をしてきた。簡単に言えば習近平ジュニアだ。


注)馬英九氏の中国シフトの詳細は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/26121-1d1b.html

 尖閣諸島は台湾領土だと主張し、南京大虐殺があったとことあるごとにいい、さらに韓国の朴政権が進めている従軍慰安婦問題にエールを送っている。
韓国の朴大統領ほどには反日政策を口にしないが、それは台湾の約9割を占め本省人(昔から台湾に住んでいた人々)が親日的なため、朴大統領のように露骨に反日姿勢を明確にすると選挙で敗北するからだ。

 08年、馬英九政権が成立してから中国との経済的結びつきは格段に強化され、台湾からの投資も飛躍的に伸び、中台関係は切っても切れない仲になっていたが、ここに来て隙間風が吹き始めた。
ホンハイといえばいち早く中国本土に進出し100万の従業員の雇用をしていたが、中国経済の失速によってホンハイの追い出し作戦が始まり、ほとんど理由にもならない理由でホンハイは当局から糾弾されている。
あまりの馬鹿馬鹿しさにホンハイは中国からインドに投資先を変更したが、こうした動きは台湾の他のメーカーもとっており、経済界は中国離れが進んでいる。
台湾にとって中国が最適な投資先でなくなってきたのだ。

注)中国のホンハイ追い出し作戦の実態は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-1547.html

 このため馬英九政権の中国べったり政策も批判にさらされるようになり、特に最近はマイナス成長(15年第3四半期)に陥ったため、馬英九氏の中国シフトは全く魅力のないものにうつってきた。
今までは中国の尻馬に乗れば台湾の将来はバラ色と考えていた人も、中国経済の大失速を見て中国と一線を置くようになった。
完全にまずい、このままでは台湾経済は中国と道連れで大崩壊だ・・・・・・・・・」

 一方馬英九氏は自己の進めてきた中国のワンちゃん政策を今更ひっこめることもできず、支持率が低下した中でなんとか習近平氏に助けを求めようとしたのが今回の首脳会談の目的だ、
習近平親分、このまま行くと台湾は独立派に乗っ取られます。どうかあっしらを助けておくんなせい
馬よ、お前を助けたいのはやまやまだが、こっちらの経済も火を噴いていてとても子分のおめっちを助けている余裕はねえんだ。許してくんな!!」

 中国は丁度中内ダイエーの末期のような状態でいくら中内氏でもない袖は振れなかったが、馬英九氏も倒産前夜の中国にいくら頼んでも無駄で最後のあがきになってしまっている。

| | コメント (2)

(27.3.1) なぜ中国は台湾企業を追い出すのか 深圳市とフォックスコンのデスマッチ

Dscf6426

 台湾の企業が中国の深圳市(シンセンシ)からひどい嫌がらせを受けるようになっている。フォックスコンという企業だが日本ではホンハイと言った方がよく名前が知られている。一時シャープへ資本参加をするとの話があったあのホンハイである。
売上高10兆円と言われているが、もっぱらアップルやデルやHPやソニーといった世界的規模の会社の下請けを行っていて、自身ではこれと言った商品がないのであまり知られることがない。

 中国に早くから進出していて約100万人の雇用を生み出しているといわれ、特に深圳市には主要工場が2か所あって約20万人の労働者が働いていた。
この深圳市で過剰労働によって自殺者が次々に出ていると中国の新聞が騒いでいる。
私は最近になって自殺者が増えたのかと思ったら10年からだというのだが、10年に深圳市の工場で約10名の自殺者が出たそうだ。
中国の自殺率は10万人に対して約20名だから、20万人の工場で10人の自殺者が出ても全くおかしくないのだが、新聞ではフォックスコンの過重労働として大々的に報道された。

 当時(フォックスコンたたきがあったのは12年)はまだ中国は経済成長のただなかにあったから確かに過重労働はあったかもしれないが、フォックスコンはその後労賃を大幅に上げ労働環境を大幅に改善して対応してきた。
12年のいわば労働争議深圳市のバックアップを受けた賃上げ闘争の一環だったといえる。
しかしその後は小康状態だったが、ここに来て再びフォックスコンの過重労働が地元政府からたたかれ始めた。

 だが今回はどうも様相が違う。最近はフォックスコンも中国経済の減速の影響を受けほとんど残業もなくなったような状況になっていたのに、再び過重労働でたたかれているのは奇妙だ。
今回は賃上げ闘争というよりは台湾企業追い出しの一環のように見える。
中国ではフォックスコンのような組み立て会社が成長してきたが、台湾企業にはかなわない。
特にフォックスコンは約100万人規模で中国で雇用をしている大企業だ。
下請け企業のノウハウは十分に吸収した。もはや台湾企業はいらない。中国から出ていってもらおう

 中国では韓国のサムスンがスマートフォンの技術をシャオミやレノボに盗まれはるかに低価格の商品を提供されて追い出されているが、今度はアップルやデルの実質的下請け会社のフォックスコンが同じ手口で追い出されようとしている。
中国経済が拡大成長にあれば台湾企業とも韓国企業ともそして日本企業ともウィンウィンの関係が築かれるが中国の成長は止まり、今はパイの分配をめぐる争奪戦に突入している。

 こうした時習近平指導部にとって外国企業は目障りでなんとか中国企業に代替させるにはいちゃもんをつけて追い出しを図るより手はない。
フォックスコンの過重労働はすでに解決されているのに再び地方政府がフォックスコンをやり玉に挙げたのはそのせいだろう。
こうした嫌がらせはいたるところで行われていてマクドナルドに鶏肉を出荷していたアメリカ資本の会社が地元メディアにたたかれたのも最近のことだ。
中国のメディアは完全に地方政府のスポークスマンだから、これは地方政府がその企業を追い落とそうとのメッセージだ。
フォックスコン深圳市との間でも同じパターンの闘争が始まっており、もはや中国が外国企業にとって楽園であった時代は終わったということだ。

| | コメント (0)

(27.1.27) がんばれ台湾新幹線 倒産するな!!

2039_132 

 私は台湾のファンだから台湾新幹線のニュースはとても気にかかる。倒産しそうというのだ。
台湾新幹線システムこそ欧州だが、車両と技術は日本製だから外見は日本の新幹線と何ら変わらない。
スケジュール通りに運行されるし車内の清掃は行き届いいているし、乗客も多いから「さぞ経営はうまくいっているのだろう」と想像してしまうが、実際は火の車なのだ。

注)台湾新幹線は当初フランス・ドイツ連合で受注が内定していたが日本が李登輝総統に泣きをいれ、李登輝総統の裁量で車両と技術を日本製にしたもの。

 営業利益率などは56%と日本の新幹線より稼いでいるが、借金の返済で収益はたちまちのうちに赤字になる。
台湾新幹線は約2兆円の投資案件だったがそれを民間の金融機関等から最大35年の償還期限で調達した。単純計算で毎年600億円相当の返済をしなければならないが、年間の営業利益は1000億円程度だから、新規投資や支払利息や減価償却費を考慮すると赤字になってしまう。
累積赤字は2000億程度になり、また優先株主からは償還の催促をされているが(現在裁判が行われている)手持ち資金がないため今年の3月にも破綻するのではないかと言われている。

 なぜこれほど資金計画が杜撰だったかというと、利用者の予想をおもいっきり大きくしてあたかもすぐに償却できるように計画を装ったからだ。
間違いありません。台湾の経済成長は6%は行くでしょうから毎日30万人の乗客は堅いです」なんて国会議員をけむに巻いて計画を了承させたのだが、経済成長率は5%程度だが時にひどく落ち込みがあったり、乗客数は13万人程度だから、償還計画は70年程度に設定しなければ経営が頓挫する構造になってしまった

 こうしたバブル計画はどの国の公共工事にもつきもので、私の住んでいる千葉市ではモノレールが走っているがこの計画でも乗客予想を3倍程度見積もって破綻してしまった。バブル時代に建設されたテーマパークなどはディズニー等の一部を除いてすべて倒産したのを見ても計画時の誇大利用客予想は常套手段になっている。

注)千葉県が建設(その後千葉市に移管)した千葉モノレールの現状は以下参照。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/21613-21b6.html

 台湾新幹線も予想の半分以下の乗客だが、日本の東海道新幹線ですら一日40万人だから人口が2300万日本の約6分の1)の台湾で30万人の利用客予想をするのは無茶だ。
国会議員を始め誰もがそんな計画は嘘だと知っていたがだまされたふりをして新幹線建設にまい進した。
まあ、いつか必ず返済計画に破綻が発生するが、その時はその時だ!!」
開業したのは2007年だがあれからほぼ10年で返済計画がとん挫してしまった。

 業績は十分だが借金を返済できるほどは稼げないこの新幹線を台湾はどのようにするのだろうか。
一旦倒産させて借金の棒引きと返済計画の繰り延べを行って立ちなおさせるのだろうか。
何かJALの倒産劇を見るようだが営業そのものはしっかりしているのだから資金計画さえ変更されれば日本のJR同とじように好業績企業になることは間違いない。
現在の馬英九政権はこの問題を解決する熱意が不足しているものの(
選挙に負けてすっかり政治力をなくし茫然自失の状態になっている)いづれ政治決断をせざる得ないだろう。

 

 

 

| | コメント (0)

(26.12.1) 台湾馬英九政権の敗北と中国シフトの終わり

Dscf5983 

  ただひたすら中国政府に媚を売っているだけの台湾国民党馬英九政権が台湾国民からNOをつきつけられた。
この29日に行われた統一地方選で大敗北を喫したからだ。
特に重要だったのは直轄市の選挙で日本で言えば東京都や大阪市の選挙のようなものだが、6つの直轄市のうち1つしか確保できなかった。4つは民進党、1つは無所属候補の勝利である。
だからこれは東京都知事も大阪市長も失ったようなもので、馬英九政権としては支持者に合わせる顔がなくなっただけでなく北京政府に対しても顔向けができなくなった。

注)詳細な結果は以下の通り。
直轄市6市を含む22の県・市で、中国国民党は15席から6席となり、民進党が6席から13席に倍増、無所属も1席から3席に増加。

 台湾の政治については日本人はほとんど無関心だが、国民党と民進党はまったく成立の基盤が異なる。国民党は中国の内戦に敗れた蒋介石が台湾に逃げてきて居座った政権で、はっきり言えば中国人だ。
一方民進党の支持者は日本統治下の時代から台湾に住んでいた台湾人で、李登輝氏が典型的にそうであるように日本語を流暢に話し日本の大学出身者も多い。

 このため国民党は北京政府と馬が合い,一方民進党は日本と馬が合う
ここ数年は中国経済の大成長によってもっぱら国民党支持の企業(中国人企業)は中国に大進出して経済的には中国と一体化していた。したがって馬英九政権はこの流れを後押しして、将来的には香港と同じ一国二制度による統合を本心では目指していた。
これからは中国の時代よ。日本なんか目じゃない!!」

 その具体的表れがこの4月に学生の国会占拠にまでなった中台サービス貿易協定で、これは中国と台湾を経済的に統一してしまおうと言う企てだったので台湾の学生が大反対した。
そんなことをされては中国の優秀な学生が台湾にやってきて経済をすべて牛耳ってしまうではないか。俺たちは永久に二等国民か」と言うせっぱ詰まった反対である。

注)中台サービス協定に反対した学生運動については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-f815.html

 この中台サービス貿易協定は学生の反対や世論に押されて馬英九氏が締結を一旦取りやめたのだが、この頃から国民党は完全にレームダックになっていた。そして今回の大敗北で後1年半の任期を残して馬英九氏は政治的実権を失うことになった。

 これは日本にとっては実に喜ばしいことだ。馬英九氏が総統になってから台湾の日本離れが急速に進んでいたがここに来て一変にゆり戻しが起こっている。やはり一番の原因は中国経済の大失速で中国に頼っていれば万々歳だとの判断が崩れたことによる。
中国本土に進出した台湾企業はその賃金の上昇や労働争議、それと役人のわけの分からないリベートの要求にほとほと嫌気をさし、日本企業と同様に工場を東南アジアにシフトしている。

 こうなると中国にばかり顔を向けている馬英九政権は経済界にとってもうっとおしい存在になり、完全に支持を失う羽目になってきた。
中国の躍進は約30年間続いたがついにピークアウトし後は衰退の一途をたどると目の肥えた台湾経済人は想定しているから、この台湾の中国離れは加速していくだろう。
ここでも安倍政権は思わぬ追い風を受けたことになる。

| | コメント (0)

(26.5.19) ドキュメンタリーWAVE 「アジアの黒衣動く」 ホンハイの挑戦

22522_027 

 「ほんとかいね!!
思わず目を見張ってしまった。
NHKのドキュメンタリーWAVEで放送したアジアの黒衣動く」という番組で、台湾のEMS受託生産会社)大手ホンハイが独自技術として有機ELのディスプレーの開発に乗り出し、その技術陣が元シャープや日立やソニーの腕利きの日本人だと伝えたからだ。

 有機ELは次世代のディスプレーと言われ、液晶より薄く鮮明で折り曲げることができるため、今までは不可能だった腕に巻いて映像を見ることもできる装置である。
しかしこのディスプレーの量産には多くの課題があり液晶より鮮明にすることが難しかったり、歩留まりが大型になればなるほど悪く経営的になりたたないことだった。
日本メーカーはソニーも東芝もこの開発から手を引き、韓国のサムスンとLG電子が手掛けているが、あまりの高価格に全く販売が不振を極めている製品である。

注)最近になってサムスンが有機ELから実質的に手を引いたことは前に記載した。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-2b28.html

 「サムスンが諦めた技術をホンハイは本気でやろうとしているのかい!!驚きだ。
ホンハイは世界最大規模のEMS企業で、今までは独自のブランドは一切持たず、アップルやソニーや任天堂と言ったブランド製品をひたすら製造してきた会社だ。
全世界(と言っても中国が主だが)に約100万人の従業員を持ち、主力工場の中国の深圳には14万人規模の工場を持ち、世界中のタブレット端末やスマートフォンを制作してきた。
そして2年前にシャープが倒産しそうになったとき、その支援を表明した会社で特に日本では有名だ。

注)ホンハイのシャープ支援措置については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-4512.html

 しかし今ホンハイは従来のビジネスモデルのEMSから独自技術を持った企業に生まれ変わろうとしている。
その理由はEMSを支えてきた安価な労働力を中国に求めることが不可能になってきたことと、同業者のEMSの台頭でコスト削減を常に強いられ収益力が低下してきたからだ。
たとえば深圳ではここ10年間に賃金は3倍に上がったが、それでもなお新たな従業員を確保するのが難しくなっている。
中国の労働者は賃金に敏感で少しでも高い賃金が示されると大挙して高賃金企業に移ってしまうためホンハイでさえ従業員不足に悩まされている。

 これではEMSに未来がない。独自技術を持った企業に脱皮しないといけないが、そのためには日本の最高の技術者を引き抜いて有機ELの開発競争に打って出よう」ホンハイの郭台銘オーナーが動いた。
シャープから亀山工場の元工場長を引き抜き日立から茂原工場の液晶部門の責任者を引き抜いたりして、大阪にホンハイ大阪事務所を設立した。

 このチームのミッションは有機ELディスプレーをサムスンにもLG電子にも負けないほど鮮明でしかも採算ベースに乗せられるほどの技術力を確保することだ。
このチームの検討でそうした技術のめどがたてば郭オーナーは中国に大規模な工場建設を行い、世界の有機EL生産を完全にリードしたいと考えていた。
韓国の上を行く技術開発を日本の技術陣に任そうということだ。

注)郭台銘オーナーは外省人で蒋介石に従って台湾にやってきた人の子孫。もともと中国人だから中国とのパイプが深い。

 有機ELの画質は発行体のピクセルの量によって決まるのだが、問題はこの発行体をどこまで小さくできるかの技術にかかっている(基本は液晶と同じ)。
マスクというものに穴をあけて、その穴からレーザー光線を照射して赤・青・緑の発行体をフィルムに焼き付けるのだが、現在の技術はその穴が0.1mm程度であるという。
ホンハイの日本人技術陣はその穴をさらに細かくして0.05mmであける装置を探していた。
日本国内には世界に冠たる装置メーカーがあって、信じられないようなレーザー光の技術力を持っている。
それをホンハイの生産能力と販売力に結び付ければ韓国勢に負けない製品ができるはずだという。

 日本技術陣のテスト結果を見て郭オーナーは中国に有機ELの工場を建設することを決断し、その工場の責任者としてシャープ亀山工場の元工場長を充てることにしていた。
このホンハイの挑戦は成功するだろうか。
ホンハイはサムスンやLG電子に変わって、世界のディスプレー市場を押さえることができるのだろうか。
まことに興味ある挑戦で、サムスンを打ち負かせるほどになればそれこそ奇跡だが、こうした工場を中国本土に建設したらやはりEMSと同様に中国の高賃金に悩まされるのではなかろうかと私には思われた。

別件)1名生徒を追加募集します。
以下の条件に合致した場合はメール機能を使用して連絡ください。面接いたします

① おゆみ野在住者(遠距離ではやってこれない)
② 中学生、または小学高学年
③ 今教えられる時間帯は金曜日の5時からと、日曜日の9時からのみ
④ 
特に数学の特訓を受けたい人を歓迎します

募集の趣旨は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-e7bf.html


 

 

 

 

| | コメント (0)

(26.5.12) 台湾における24日間の学生反乱 中台サービス貿易協定の頓挫

2252_002 

 日本人は通常台湾の政治について関心を持たない。それは韓国や中国と異なり日本との政治的対立がほとんどなく、言ってみればよき友人だからあえて関心を持つことがないからだ。
その台湾で立法院議会)が24日間にわたって学生数百名に占拠され国会運営が全くできなくなっていたことにはさすがに驚いた。この3月18日からの24日間である。

 問題になったのは中国と台湾の間で取り交わされた中台サービス貿易協定の締結をめぐって立法院が批准をしようとしたところ学生が押し掛け議会を占拠したのだ。
この協定は国民党の馬英九総統が中国との一層の経済協力を図ろうとして13年6月に締結したものだ。
馬政権は2008年に民進党から政権を奪い返すと、直ちに中国との関係改善に乗り出し、それまで制限していた中国への投資を大幅に緩和し、船舶の直接の乗り入れ(それまでは許可されていなかった)や中国との航空路の増設等を図って貿易額や観光客の誘致に成功していた。

 経済立て直しの切り札は中国との経済関係の改善ということだが、一方で香港の一国二制度について好意的な評価を下すなど、台湾の中国化に拍車をかけていた。
その極め付けがこの中台サービス貿易協定で互いのサービス業を中心に市場を開放しようというもので銀行業から飲食業や美容院と言ったようなほとんどすべてのサービス産業で相互乗り入れを図ろうとしたものだ。

注)馬英九氏の経済政策については前にも詳細に記載してある。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-656c.html

 この政策は台湾の大手企業からは支持されており特に銀行業などはこれを機会に中国への積極的な参入を図ろうとしていたが、一方で飲食業や美容院と言った中小企業が反対していた。
日本でもアメリカとのTPP協定をめぐって生産性の低い農業団体が反対しているがちょうどそれと同じ構図だと思えばいい。

 しかし国民党は立法院で過半数を占めているのだからこの協定は易々と承認されるものと思っていたが、国民党内の内紛が思わぬ飛び火をしてしまった。
立法院議長の王金平氏は馬英九氏の政敵で、馬氏は王氏の追い落としを図ろうと司法に不法介入したためすっかりへそを曲げた王氏は国会運営をサボタージュしてしまった。

 あれやこれやでサービス貿易協定は店ざらしになり、すっかり馬政権は人気を落として最近の世論調査の支持率は10%程度になっている。
そこに学生が国会を占拠したのだが、王氏はこれを強制排除せず学生との話し合いに応ずるとの態度を示し、馬政権に更なるゆさぶりをかけた。
馬が困ることならなんでもOKだ

 学生の要求は「中台協定チェック制度」の創設だが、もともとは国会がそのチェック機能を持っているのだが、それとは別個のチェック機能を作れとの要求だ。
信じられないことに王氏はこの要求に応じ、チェック組織が機能するまでは国会は「中台サービス貿易協定」の審議は行わないと表明し、学生の24日間にわたる占拠を終わらせた。
国民党は実質的に二つに割れている。

 すっかり王氏は人気者になったが、一方で馬総統はとんださらし者になり、ますます立場を悪くした。これで馬総統が進めようとした中国との一国二制度による一体化政策はとん挫することになり、台湾の中国シフトに黄色信号がともっている。

別件)1名生徒を追加募集します。
以下の条件に合致した場合はメール機能を使用して連絡ください。面接いたします

① おゆみ野在住者(遠距離ではやってこれない)
② 中学生、または小学高学年
③ 今教えられる時間帯は金曜日の5時からと、日曜日の9時からのみ
④ 数学または英語でつまずきを感じている児童

募集の趣旨は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-e7bf.html

 

 

| | コメント (0)

(24.1.18) 馬英九氏の勝利と台湾経済の行方

028

 やはりと言おうか当然と言おうか、台湾の総統選挙は国民党の馬英九氏が民進党の蔡英文氏を破って再選を果たした。
経済は順調に推移し、中国との関係もまったくと言っていいほど問題がないのだから馬英九氏が敗れるほうがおかしいのだが、選挙は接戦だった。

 馬英九氏の得票率は51.6%蔡英文氏の得票率は45.7%だったから、約6%の差をつけて馬英九氏が勝利したことになる。
しかし4年前の選挙では馬英九氏58%の得票率だったし、立法委員日本で言えば衆議院)選挙では国民党が大きく議席を減らしている(前回81議席、今回64議席)。

 馬英九氏としては薄氷を踏む思いの選挙だったようだ。
なぜ馬英九氏がこれほど苦戦を強いられたかの理由は、貧富の差が大きく開いた結果のようだ。
中国に進出した企業関係者や、中国への輸出で富をなした企業家は国民党との関係が深く、一方貧しく取り残された人々は台湾人が多い。

 国民党とはもともとは中国本土から毛沢東に追われて台湾に逃げ込んできた中国人で、元から台湾に住んでいた台湾人と異なる。
国民党員は元々中国人だから中国における商売は心得ているし、はっきり言えばやり手だ。
一方元からの台湾人は国民党員のような世知辛い生き方とは無縁な人々が多く、結果的に経済成長から取り残されてしまった。

 この取り残された人々が蔡英文氏を支持しており、事前の支持率では馬英九氏を上回っていた。
驚いたのは中国で「なんとしても馬英九を当選させろ、手段は問わん」と激を飛ばした。
中国には約100万人の台湾人が仕事で出張していて、ほとんどの人が国民党系なので中国政府は飛行機と航空券を用意して台湾人を一時帰国させた。
なんとしても馬英九に投票しろ、もし投票しなければ二度と中国の土地は踏ませない、いいか!!」

注)今回の得票差は約80万票だったから、中国在住台湾人の帰国政策は馬英九氏の勝利に貢献したと言える。

 なぜ中国は馬英九氏を支持するかと言うと、「中国はひとつ」という原則を表明しているからである。
もっともひとつと言う意味は同床異夢で中国は「共産党支配下の統一」だし、馬英九氏は「国民党支配下の統一」を意味しているが、人口13億の中国と2300万人の台湾では選挙をおこなえば中国の勝利は間違いないから、「中国はひとつ」で中国は満足している。

 一方蔡英文氏は台湾独立派だから、「トンでもないやつ」で中国としては蔡英文氏が勝利した場合はミサイルを台湾海峡にぶっ放し、自慢の海軍を遊弋させることになるからアメリカとの関係が一挙に緊迫してしまう。
中国としてもことさらアメリカを刺激することは避けたいので馬英九氏が勝利したことでほっと胸をなぜ下ろした。

 しかし馬英九氏の支持率は明らかに下降局面に入った。中国に進出した企業の中で中小企業は賃金上昇に悲鳴を上げだしている。今までのような中国一辺倒ではとてもやっていけなく、賃金が5分の1程度のベトナムカンボジアミャンマーに工場を移転しなければならないのは日本と同じだ。

 対中国輸出が40%と圧倒的なシェアだが、このことは中国経済の減速をモロに受けてしまうことを意味している。
中国に行きさえすれば儲かった時代が今急速に終わろうとしているのだから、馬英九氏の支持率もそれに応じて低下していくのは止むおえないと思われる。

なお台湾経済については以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44242038/index.html

 

 



 

 

| | コメント (0)

(23.6.6) 台湾経済の繁栄 どこにも欠点はみあたらない

22620_019_2 

 台湾はとても親日的な国だ。私が台湾に旅行したのは20年ぐらい前のことで、台北から基隆に向かうバスに乗っていたのだが、後ろの席から日本の軍歌が聞こえてきた。
思わず振りかえると老年の台湾人の夫婦が互いに知っている軍歌を歌いあっていた。
それも一つではなく次々に歌うものだから私の方が驚いてしまった。

 台湾の親日ぶりは今回の東日本大震災の日本に対する義援金でも際立っていたし、又元総統の李登輝氏などは日本人以上に流暢に日本語を話す。

 しかしこと経済に限ると台湾経済はほとんど中国経済と一体化したのではないかと思われるほど中国との関係が深い。
5万社以上の台湾企業が中国に進出して、100万人の台湾人が中国に常駐していると言われている。

 台湾のメーカーは日本やアメリカから注文をとってそれを中国本土で生産して販売するスタイルがほぼ定着している。
エイサーアスースといった世界に誇るIT産業もほとんどがそうした生産形態をとっており、中国は台湾の工場みたいだ。

 おかげで台湾は中国経済の発展を完全に取り込んでGDPは毎年6%前後の伸び率だし、外貨準備は中国、日本についで世界第3位だ。
物価も安定していてまったく問題はなさそうだが、ここも少子高齢化の人口問題が将来の不安材料になっている。

 台湾はほぼ韓国と同様な人口動態推移をたどっている。高齢化率は10%を越え、いわゆる出生率は日本より低く韓国といいとこ勝負だから、高齢化の速度は日本を上回ることは確かだ。

 現在の推定では高齢化率が14%(これを高齢社会と呼)を越えるのは2018年頃と予測されているが、ここでも予測値を実績が上回っているから韓国と同様に2015年ごろには高齢社会に突入しそうだ。

 問題は高齢社会になると福祉予算や医療保険が増大し、一方で働く若者が少なくなって社会が停滞するのだが、台湾の場合はどうなるのだろうか。
台湾社会の特色は日本と異なり家族福祉が基本となっており、一方で公的保険制度が遅れていることに有る。

 老人は子供が面倒を見るのが当然で年長者は相対的に敬われて、子供との同居率も約6割と高く、子供が働くようになると親はさっさと働くのをやめてしまう。
なにしろ65歳以上の就業者は10%程度だが、これは韓国の40%程度、日本の30%程度に比較すると極端に少ない。
息子が働いてくれるから後は日本軍歌でも歌って余生を過ごそう

 台湾経済は現状順風漫歩というところで、ほとんど問題は見られない。
台湾ドルはドルにペッグしているが為替操作を中国や韓国のようにはしていないから日本円に対して25%程度の値下がりに止まっている。
株式市場もリーマンショック前まで戻っており、経済の順調さを反映している。

 少子高齢化といっても家族福祉が中心だから、公的資金は相対的に少なくて済むので財政事情の悪化もマイルドになるだろう。
どう見ても台湾経済に弱点は見られないが、あえていえば中国の景気減速が台湾経済にも影響が出ると言ったところだろう。

 日本と北朝鮮以外のアジア経済はどこもかしこも元気いっぱいと言った感じだ。

注)リーマン・ショック直後の台湾経済の状況については以下の記事参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/201219-78aa.html

 

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害