評論 世界経済 韓国経済

(29.6.13) どちらに転んでも崩壊目前の韓国  アメリカか中国か、それが問題だ!!

Dscf6500 

 韓国がますます絶体絶命に陥っている。パク・クネ氏が弾劾されて大統領を罷免され、サムスンの実質的トップが逮捕され、そして2か月後の大統領選挙で野党候補が勝利する勢いだ。
この野党候補のムン・ジェイン氏は日本でいえば社民党のような主張の持ち主でアンチアメリカで防衛システムサードの配置に反対している。
簡単に言えば北朝鮮・中国派だ。

 もしムン・ジェイン氏が大統領になると韓国政治の混乱はますます拡大する。
サード配置に反対すればアメリカが「ただではおかない」からで、在韓米軍の一斉引き上げも視野に入れなくてはならない。
在韓米軍約3万人のうち陸軍が2万人と圧倒的に陸軍のウェイトが高い。これは北朝鮮が38度線を突破して韓国に押し寄せたときに実質的に対抗する部隊としての展開で、日本の海軍と空軍中心の配備とは好対照だ。

 アメリカ陸軍が韓国から撤収すればその時が南進の最大のチャンスだから核戦力をもって軍事的に優位の北朝鮮が南進するのは確実だ。
だからムン・ジェイン氏がサード配置に通常は反対できないのだが、イデオロギッシュな左翼は現実を無視するし、共産党と聞くとそれだけで舞い上がってしまうので何が起こるかわからない。

 一方アメリカの要請を受けてサードの配置を続けると今度は中国が黙っておかない。中国がサードの配置に反対するのは中国の核攻撃力が半減してしまい、ICBMがことごとく撃ち落とされてしまう危険性があるからで、「これでは核を持っている意味がない」からだ。
今でも中国は韓国に対して陰湿な締め付けを行っているが、一番のいじめはサードの配置場所を提供したロッテグループに対する嫌がらせだ。
ロッテは中国に百貨店5店舗、ロッテマート115店舗を展開しているがひどい不買運動にさらされており、百貨店では閑古鳥が鳴いている。

 また中国旅行会社に韓国への旅行の自粛を指示しており、最大の中国人観光客が激減しつあり、また韓国化粧品に対するいちゃもんが続いている。
中国は韓国にとって貿易量の約25%を占めている最大のお得意先のため、どの企業も悲鳴を上げている。
日本人にとってはいつもの中国政府が糸を引いた不買運動だから「またか」程度だが韓国は初めての経験だからパニックだ。
中国のお妾さんになると頑張ってきたのにこの酷い仕打ちは何、ねえ習さん」前大統領のパク・クネ氏がほぞをかんでいる。

 今や韓国の内憂外患は深まるばかりだ。日本を相手の場合は常に強気一辺倒で中国を後ろ盾に日本バッシングを繰り返していたが、アメリカと中国が相手では対抗措置がとれない。
どちらに転んでも国の存亡にかかるから決断するのは大変だが、野党党首が大統領になればかつての日本の鳩山元総理並みのダッチロールが始まることは確かだ。

 ほんのしばらく前までは中国とアメリカを手玉に取るバランス外交が売りだったが、それはオバマ氏といった平和愛好家で武力行使を極端に嫌った弱腰外交のアメリカだからできたので、トランプ政権に対してはこの手は使えない。
嫌がるサードをすでに韓国に持ち込んでおり、後は設置だけの問題になっている。
韓国がアメリカと中国のはざまで茫然自失になるのは自ら招いたバランス外交の結果だから同情に値しないが、これからの朝鮮情勢には目が離せなくなっている。

| | コメント (1)

(29.2.24) 韓国財閥企業の黄昏 サムスンがこければ韓国がこける

2023_009 

 日本が70年前に経験した財閥解体が韓国でも始まりそうになってきた。
韓国の財閥のウェイトは圧倒的でありGDPに占める各財閥の割合はサスムンが約20%、現代、SK、LGがそれぞれ10%といわれており、この4社で韓国のGDPの約5割を稼ぎ出している。日本のトヨタが日本のGDP の約4%なのと比較すれば財閥比率が圧倒的なのがわかる。

 この財閥支配はパク・クネ大統領の父親の朴正熙氏が60年代から70年代にかけて推進した開発独裁で意図的に財閥企業を育成したことから始まり、その結果韓国は漢江の奇跡といわれるまでに大発展をした。
財閥企業はほとんどが一族企業であり、経営者はほとんど独裁的な権力を持っていたから、当時の韓国の独裁政権とちょうどハーモニーを奏でるように調和していた。

 簡単に言えば大統領と数人の社長が決定すればそれだけで韓国の政治・経済のほとんどが決定できた体制だった。
これがサムスン等が大飛躍した要因で、日本企業が取締役会での議論をしている間に世界の隅々まで韓国企業が進出し80年代から90年代にかけて日本企業を蹴散らしていた。
韓国人にとって財閥企業は誇りに満ちた存在ではあったが、一方でそうした財閥企業とは無縁の多くの国民からは憎悪の対象でもあった。
あいつらだけが政府と結託して儲けているが、俺たちは貧乏のままだ!!」

 韓国では政治と経済が癒着していて大統領は常に企業に金を要求し、一方企業はその見返りを要求することでますます財閥が肥え太る構造をしている。
今問題になっているサムスンのパク・クネ氏に対する贈賄とその見返り要求の問題は韓国の病巣ともいえる問題で、韓国の大統領の晩年が常に不幸で、自殺や逃亡や獄につながれるのは日常的に贈収賄が行われているからだ。
簡単に言えば大統領は必ず汚職まみれになり、財閥の幹部は一旦は必ず獄につながれる構造になる。

 それでもこの財閥と大統領の癒着が繰り返されるのは韓国では企業といえば財閥企業しかなく、それも一族経営だから数人の経営者と大統領がすべての韓国経済を決定できる立場にあるからだ。
大統領、わが社の持ち株会社の第一毛織とサムスン物産を合併したいのですが,サムスン物産の株主のアメリカのファンドが大反対しています。何とかすぐに合併の承認をお願いします
副会長、それなら私の親友のチェ・スンシルの財団に100億円寄付して下さらない
統領、それは少し金額が大きすぎます、50億程度ならば考えましょう

 パク・クネ氏としては祈祷師に対する祈祷料をサムスンに支払わせ、その見返りが合併承認だったのだが、そうした贈収賄が表面化すれば上を下への大騒ぎになるのはいつものことだ。
韓国人は怨念を抱いて生きているから一旦癒着がばれるとまず大統領といえども逃げ切ることができず、最悪の場合は自殺をせざる得なくなるほど追い込まれる。

 だが、政治のほとんどの権力が大統領に集中し、一方経済はたった4つの財閥が国家の半分のGDPを支配していればサウジアラビアの族長政治と同じ様相を呈するのは当たり前だ。
数人が韓国国家を経営している構造は大統領とサムスンがこければ韓国がこけてしまうことになる。

 パク・クネ氏が獄につながれるようになれば次期大統領は野党から出ることは確実で、日本でいえば民主党(民進党)が政権をとったような状況になり財閥解体に乗り出すだろう。
韓国経済は長期低迷して二度と立ち上がれないが、一方で政治と経済の民主化は進むことが期待できる。
貧乏にはなったが金持ちの財閥は葬ってやった!!」韓国人が大喝采するだろう。

 

 

| | コメント (0)

(29.2.8) 中国の韓流禁止令 隙間風の中韓関係!!

22225_010 

 韓国が中国の禁韓令に悲鳴を上げている。
韓国がアメリカのミサイル防衛システムTHAADを正式に導入することを決めたことに対し、中国が執拗に妨害工作を展開している。
特に禁韓令というものを公布したのではないのだが、韓国のドラマ、俳優、化粧品等の使用が禁じられ、韓国旅行も20%程度削減された。
韓国の化粧品の最大のマーケットは中国だし、韓国ドラマの最大のマーケットも中国だ。そして旅行業界は中国観光客で持っている。
すべては共産党の上部組織から口頭で指示が伝えられ、そのために一層不気味さを漂わせており、これからどこまで拡大するかわからない恐ろしさを韓国に与えている。

 しばらく前までは韓国のパク・クネ大統領は中国のめかけ国家になることを何度も表明し「習ちゃんの鼻毛抜いちゃう」なんて言っていたので、中国と韓国はまさに一心同体のような間柄だった。
そこに隙間風が吹きすさぶようになったのは、いやいやながら韓国がTHAADの韓国配置に同意したからだが、これはアメリカの圧力に抗しきれなくなったからだ。
あんた、北朝鮮がアメリカ本国までとどくICBMの開発をしている以上、発射された段階で撃ち落とさなければアメリカの安全保障上の問題になる。同盟国ならば在韓米軍がTHAADの配備をすることを認めよ。拒否すらなら米国は韓国の安全について今後保証しない

 韓国はしばらく前まではバランサー外交と称して中国とアメリカを両てんびんにかけていると豪語していたが、実際はこの蝙蝠外交はアメリカが目をつぶっていた間だけ有効なものだった。
北朝鮮のICBMがアメリカ本国に届くほどに性能が向上すればアメリカの安全保障上座視できない。
しかも北朝鮮は国営テレビで「ワシントンやニューヨークを炎に包ませる」と何度も絶叫している。

 韓国はTHAADの設置場所を韓国ロッテのゴルフ場に決めたが、これを知った中国は頭にきてロッテの中国進出企業に嫌がらせの調査を繰り返し、実質的に操業できないように追い込んでいる。
中国を甘く見ると容赦しないぞ」ということだが、韓国はアメリカの顔を立てなければならず「習ちゃんの鼻毛を抜く」どころではなくなった。

 中国経済とともに歩むことが韓国の生きる道と判断し中国傾斜を進めたのがパク・クネ氏だが、その中国経済が急ストップしてしまい毎月のように輸出が減少している。
国内では造船や鉄鋼やアルミといった基幹産業がゾンビばかりになり、若者の就職先はますます狭められて失業率が上昇し、大統領は弾劾され国会は機能不全に陥りほとんど国家としての機能を停止して脳死状態になっている。

 そこにTHAADでアメリカと中国が角突き合わせているが韓国にはなすすべがない。20世紀初めの李氏朝鮮の蝙蝠外交と同様な国家喪失の危機に近づいてきた。

| | コメント (0)

(28.10.8) 日本と聞いてパブロフの犬になった韓国 「ロッテは日本の会社だと・・・すぐに韓国から追い出せ!!」

015 

 韓国人は日本が絡むと常軌を失するのだが、韓国のロッテグループに対する対応も常軌を失したものだ。
ロッテは実は日本と韓国をまたがるコングロマリットで、日本ではお菓子のメーカーとプロ野球のロッテとして知られているが、韓国においては規模5位の大財閥ロッテワールドというホテル、百貨店、遊園地、ショッピングセンターを併営した施設で知られている。
韓国全体の売り上げ規模約6兆円で、日本の菓子メーカーの売り上げが数千億円規模だからロッテといえば韓国のロッテだというぐらいに世界的には認知されている。

 韓国人も長い間ロッテは韓国の企業体と思っていたが、昨年の長男と次男のお家騒動でロッテグループの持ち株会社ロッテHD日本の会社だということが知れ渡ってしまった。
なんだい、ロッテは日本の会社だったのかい。今までは韓国の会社と思っていたがだまされた。もうロッテのショッピングセンターで購入するのはやめよう」不買運動が起き、それだけでなく韓国の地検がロッテグループの要人をターゲットにした捜査を始めた。
日本の企業なら徹底的にしょっ引いてやる

  ロッテグループの創業者は重光武雄辛挌浩)氏だが、重光氏は日本のロッテで上がった収益で韓国に投資を繰り返してきた。その金額はおよそ2000億円である。
一方重光氏は韓国で上がる収益をまったく日本に還元せず韓国で再投資していたため、日本の国税当局がクレームをつけた。
あんた、韓国のロッテグループは高収益企業なのに配当が全くないなどというのはおかしいんじゃないですか。2000億円の投資に見合った配当があってしかるべきです
日本の税務当局から指摘されてたのがほぼ10年前だが、その後毎年20億円程度の配当ロッテHDに支払うようにしたが、これは投資額の2000億に対して約1%という低収益で、かつロッテグループの営業利益に対してもほぼ1%という低率のままだった。
まあ、日本国債に投資しているようなものですな

 重光氏としては利益は相変わらず祖国韓国にとどめてロッテグループの拡大を図り韓国経済に貢献することだけを願っていたといえる。
ところがロッテの持ち株会社が日本企業だと知ったとたんに、これほど韓国のために努力した重光氏に対する韓国民の対応がガラッと変わり、国賊扱いになっている。
ロッテは韓国から収益を収奪している企業だ!!」
実際は日本から収益を収奪して韓国に投資を行ってきたのだが、日本となると韓国人は理性を失うからいつもの非難の大合唱になってしまった。

 重光氏は前大統領の李明博氏に接近して急激に業容を拡大したのだが、韓国人はミニチュアの中国人ですべては賄賂でことを決するので、「よしロッテが日本企業ならこの検察に任せなさい。贈賄でしょっ引いて韓国から追い出してやる」と検察が張り切った。
すでに重光武雄氏の長女の英子氏が逮捕されており、また関係者数人が逮捕されているので昨年会長になった次男の昭夫氏の逮捕も時間の問題と思われていた。
韓国の要人で汚職をしていない人はいないからたたけばだれでも埃が出る。

 だがここにきて急転直下昭夫氏の逮捕は免れることになったのだが、それは韓国が北朝鮮向けに配備するTHAAD高高度防衛ミサイル)の配備場所にロッテグループのゴルフ場を提供したからだ。
国防に貢献したのだから逮捕するのはやめよう」ということだが、実際は重光一族は韓国経済のために多大の貢献をしてきた一族だから、日本と聞いて追い落としをするほうが間違っているのだ。
まことに韓国という国は理性を喪失した国でまともに付き合うとは絶対にやめるべき国であることはこのロッテ騒動でもわかる。


 

 

 

| | コメント (0)

(28.10.6) 人類に何ら貢献することなく退潮期に入った韓国 ノーベル賞の取れない国家の運命

221018_047 

 奪うだけで自らは何も人類に貢献しない国家の衰亡とはこんなに激しいものなのだろうか。隣の韓国のことである。
韓国の経済成長とは日本の技術を盗み、人材を引き抜いて日本を世界の工業国から引きずり下ろして実現したのだが、いまや盗むものがなくなるとただ衰退が待っていただけだった。
韓国が技術のさるまね国家だということは何より自然科学の分野でノーベル賞の受賞者がただの一人もいないことでわかる平和賞は金大中氏が受賞した)。
基礎研究などするな。応用研究だけしろ。それも自分でするのではなくぬすめ!!」

 現在の韓国経済の危機はそれは本当に言葉通りの危機なのだ。
韓国の自慢は輸出産業だが、中国経済の失速で世界経済が収縮し始めると韓国経済も収縮し、15年1月以降輸出は18か月連続で前年同月を下回り、8月にやっとプラスになったが9月は再びマイナスに転落した。
さらに実体経済を見ると特に海運と造船業が最悪でとうとう韓国の誇る海運会社韓進海運が倒産してしまった。
韓進海運は世界の海運業界で第7位の取扱量を誇っていたが、その荷物が世界中の港で滞っている。

注)韓進海運の倒産の実態については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-c564.html

 また韓国が世界に誇ったサムスン電子もここにきてひどいトラブルに見舞われている。アップルのアイフォーンの対抗機種として華々しく発売したギャラクシーノート7が世界中で火を噴いてしまい、世界中の航空会社から持ち込みを禁止されている。
駄目だ、時限爆弾と同じじゃないか
これではサムスンのスマートフォンがアップルに蹴散らされ、さらに中国のファーウェイにその地位を明け渡すのも時間の問題になってきた。

注)サムスンのスマートフォンのトラブルについては以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/pppp-1.html

 さらに現代自動車は世界で見ても最も強硬な労組をかかえており、現代自動車の販売が振るわないのにもかかわらず労組は高額のベアと一時金の要求をかざして一歩も後に引かない。
この労組は北朝鮮のシンパが主導権を握っているため、意図的に騒動を拡大して韓国社会に混乱を起こそうとしているため妥協の余地がないのだ。
駄目だ、全面ストだ。絶対に会社に妥協するな。現代自動車を倒産させて騒動を拡大させろ!!」北朝鮮からの指示を受けてますます強気な交渉をしている。

 韓国企業はサムスンや現代自動車や一部企業を除くとすべて赤字企業で、いわゆるゾンビ状態なのだが、今まで優良企業とみられていたサムスンや現代まで坂道を転がりだしたらもうとどまるところを知らない。
政治はパク・クネ大統領と議会が角突き合わせているので何ら有効な対策は打てないが、危機になるとかえって内部分裂するのは朝鮮の伝統だ。

注)19世紀後半から20世紀初めにかけて韓国はただ政争に明け暮れ最終的には日本の植民地になった。

 結局韓国は日本から技術と人材を盗んだだけの国家で、さらに仏像や島までぬすみ人類に何ら貢献することなく人類史から退潮する国家のようだ。

 

 

| | コメント (0)

(28.9.16) サムスンのスマートフォンの爆発と韓国経済の炎上

 Dscf5258

 韓国経済の背骨が砕けそうになっている。韓国経済はサムスングループで成り立っているが、その中での中核中の中核はサムスン電子である。
何しろサムスングループ全体で韓国のGDPの約2割から2割5分を稼ぎ出し、さらにそのその半分をサムスン電子が稼ぎ出している。
だから韓国経済とサムスングループサムスン電子)は表裏一体でありサムスンがこければ韓国経済もこけるという構造になっている。

 現在韓国経済は絶不調になっており、大げさに言えばサムスン電子以外は赤字のゾンビ企業だらけといっていい。サムスンだけが約3兆円前後の営業利益を出して頑張ってきており、これはトヨタの2兆円の営業利益を上回っている。
韓国の経済記事を見ていると「サムスンありがとう。サムスンだけが韓国経済の救世主だ」といった記事ばかりで、韓国最後のアンカーがサムスンであることがよくわかる。 

 だがそのサムスンに激震が走った。サムスン電子の売り上げの約半分がギャラクシーシリーズのスマートフォンの売り上げで、サムスン電子はギャラクシーで世界を席巻してきた。
しかしここ1~2年は中国市場で中国のファーウェイとアメリカのアップルに追い上げられ大苦戦を強いられており、統計が出るたびに順位を落としていた。
そこで起死回生の商品としてこの8月からギャラクシーノート7をアメリカをはじめとする全世界に向けて発売したが、9月に入り全世界的規模で発火事故が発生し特にアメリカで大々的にとりあげられている。

 正式に認識されている発火事故は40件弱だが、インターネットで子供が遊んでいるときに発火した映像が流れたりして、騒ぎは拡大の一途をたどっている。
当初サムスンは一部の例外として個別に対応しようとしたが、アメリカの連邦航空局や安全委員会がギャラクシーノートの使用について、「安全性が全くなくすぐさまコンセントを抜いてその場を離れるように」との勧告を出したので、爆発物みたいな取り扱いになってしまった。

 数年前にトヨタのレクサスがほとんど難癖と思われるようなバッシングをされたが、今サムスンがそのまな板の俎上に載せられている。
アメリカにはトヨタやサムスンを苦々しく思っているグループがいて、事故が起こるとそれを120%以上利用して反トヨタ、反サムスンのキャンペーンが繰り広げられる。
簡単に言えばGMとアップルのためにプロパガンダが炸裂するのだ。

 サムスンはアップルと中国市場や先進国市場で激突しており、この事故は最大限にアメリカで取り上げられ、サムスンは俎板の鯉だ。
ギャラクシーノート7はアップルがこの秋に発売する新アイフォーンの対抗機種だったが出足でひっ転んでしまった。
販売予定台数は1200万台だったが8月に売り出した製品の交換で大わらわになっており、とても販売促進に移るというような体制ではない。

 顧客から苦情が殺到し特に交換が販売した販売店でないと受け付けないのが最大の苦情になっている。イギリス人などは香港で購入するのが安いためインターネットや出かけて行って購入したのだが、商品を航空便で送り返したりまた香港まで出向かなければならずひどいブーイングだ。
今は日本人でもインターネットを利用して海外から商品を購入しているが、返送となると電子部品など相応の箱等を用意しなければならず素人はうんざりするような作業だ。

 損害規模は2000億円から4000億円規模と見積もられており、3兆円の営業利益を稼ぎ出すサムスンの許容範囲だが、今回の事故でサムスン商品のイメージが大幅に悪化したことと、これを機会にファーウェイやアップルがサムスンの追い落としにかかっているので、この事故はボデーブローのように効きそうだ。

 サムスンが日本の電機産業や液晶産業や携帯産業を追い落としたのが1990年代だったが、あれからほぼ15年たって今度はサムスンが世界市場から追い落とされる番になった。
栄枯盛衰は世の習いだが、韓国の屋台骨といわれるサムスンの衰退は同時に韓国経済の衰退であり、韓国が経済で世界のプレーヤーだった時代が終焉しつつある。

 

 

 

 

| | コメント (0)

(28.9.14) 朝鮮半島波高し 火薬庫に火が付きそうだ!!

2195_020 

 ここにきて朝鮮情勢が一気にきな臭くなってきた。9日に第5回目の核実験を北朝鮮は実施したのだが、実験間隔が従来は2年に1回程度だったものが半年に1回程度の頻度になっている。
韓国国防筋によればさらに6回目の実験を準備中というからこの頻度は尋常ではない。
ここにきてキム・ジョンウン氏がなぜここまで実験に執着するのかは、ICBMに搭載できる核弾頭の小型化にあと一歩のところまで来たからだとアメリカの軍事関係者は分析している。

 すでにICBMの実験ではアメリカのグアムやアラスカまで到達できる能力を示したが、それに搭載可能な核弾頭の小型化はまだできていなかった。
ロケットだけなら落ちてもヒットラーのV2ロケット程度の損害しかない
アメリカも本心ではたかをくくっていたが、ここにきて真剣に危惧するようになった。

 アメリカは過去に何回も北朝鮮の核施設の破壊を検討したが、そのリアクションが大きすぎ特に韓国のソウルが北朝鮮の砲兵隊により「火の海」になる可能性があるため実施してこなかった。
友好国を犠牲にできない」という判断だったが、ICBMが本国まで届きさらに核弾頭の小型化まで可能になると、これはアメリカ直接の脅威になる。
特にあのキム・ジョンウンは何をしでかすかわからないお坊ちゃんだ・・・・・
アメリカ政府と軍関係者の間に北朝鮮への懸念が広がり、ひそかに核施設とキム・ジョンウン氏の抹殺計画が検討されている。

 一方キム・ジョンウン氏もそうしたアメリカの意図を中国を通じて十分認識しているから、実戦配備可能な核弾頭の開発に血眼になっている。
一日でも早く核を搭載したICBMを配置しなければならない。今までは単なる脅しだったが核搭載が可能になれば脅しではなく本当のパワーゲームになる。アメリカと対等になれるのだ

 現段階で搭載可能なほどの核弾頭の開発に成功したかどうかはわからないが、その可能性はますます高くなっている。
北朝鮮をたたくのは今をおいてほかにないのではないか」アメリカ政府も追い詰められてきた。
核弾頭がまだ開発できていないか、あっても1から2発程度であれば簡単に叩き潰せるが、これが数百発程度になればもうどうにもならない。

 アメリカの軍部は今が最後の北朝鮮への空爆のチャンスだと判断しているが、アメリカ政府としたら韓国や日本への影響を考えて決断を下せずにいる。
まず韓国のソウルは砲撃で灰燼に帰すと思わなくてはならない。日本も東京にノドンレベルのミサイルが撃ち込まれるが,これは安倍が何とか防ぐだろう。韓国に対する影響が大きすぎるがどうしたものか・・・・・・・

 朝鮮半島が東アジアの火薬庫と称されてひさしいが、一発触発の状況になっており何かの偶発的事故でいつでも戦争状態になる可能性がある。
来月10日から米韓合同演習が行われ、空母ロナルド・レーガンも出動し、韓国にはアメリカの誇るB1爆撃機が配備された。
最も緊張が高まる合同演習の1週間が始まろうとしている。

 

| | コメント (0)

(28.9.12) 韓国海運業界の崩壊と韓国経済の凋落

Dscf5634 

 韓国経済
はこれはというような状況になって来た。韓国海運業界が大崩壊し始めたからだ。韓国には韓進海運という世界第7位~8位に相当する海運会社が存在するが、8月末に突然倒産してしまった。
それまで銀行管理に入っていたので業況が悪化していたのは確かだが誰もが倒産するとは思っていなかった。
韓国最大の海運会社だし、貿易立国韓国を象徴するような会社だから銀行団か政府が救済していくに違いない」  

 だが韓国人は協調精神が薄く、共同で会社を守ろうという精神はない。親会社は赤字企業ばかりを抱えて完全にお手上げだし、銀行団もゾンビ企業に対する融資の継続にうんざりしていた。
政府は政争が激しく一企業に対する援助はすぐさま野党から贈収賄の嫌疑がかけられる。
三者が三すくみになっている間に資金繰りがひっ迫して止むなく会社は法定整理を申請した。
誰も助けてくれないなら倒産しか残された道はない!!

 だがこの突然の倒産に世界中が腰を抜かしパニックになってしまった。韓進海運は141隻のコンテナ船とバルク船を保有しているのだが世界中の港で入港を拒否されている。
韓進海運さん、だれが入港料と荷役料を支払ってくれるのですか。もし支払ってもらえないなら入港は認めません。先にお支払いください。現金払いです!!
現在23か国の港で79隻の船舶が入港を拒否されている。
ほとんどが韓国の輸出品を運搬している船だから韓国経済に対する影響は甚大だ。
サムスンは輸出の40%を、LG電子は20%を韓進海運で運搬していたから韓国輸出産業の屋台骨を揺るがしている。
その積み荷の総額は約1兆4000億円規模だというが、この積み荷が宙に浮いてしまった。

 「仕方ない、船をすべてプサン港に引き帰らせて他の船に積み替えて輸出するより手はない。呼び返せ
しかしプサン港に戻っても他の韓国の海運会社も倒産直前だから、代替する海運業者を見つけるだけでも手間暇は膨大になる。
なんで引き返すのだ。その運賃は払わないぞ。それに遅延した賠償も払ってもらう」荷主は切れてしまっているが、外国の港に入国拒否されている以上これ以外の措置はない。
韓国の海運物流が完全に崩壊してしまった。

 通常会社整理を申請し会社を立て直す意思がある場合、事前に支援企業や金融団が必要資金を用意して、「大丈夫です。会社整理を行っても我々が支払いを保証します」などとアナウンスメントして混乱を避けるものだが、今回の倒産では一切そのような措置は取られていない。
簡単に言えば関係者全員がふてくされて「もうどうにでもなれ倒産」を容認したわけだ。

 なぜこれほどまでの混乱になったかというと現在のパク・クネ政権が完全に統治能力を失って、野党との政争と日本蔑視政策に明け暮れていたからだ。
あたしゃ、従軍慰安婦問題しか興味はないの。経済はあんたたち経済閣僚の仕事よ。しっかりしてもらわなければだめじゃない!!」  

 
韓国海運がどんなに炎上してもパク・クネ氏にはそれがわからない。最近では自重しているもののあいも変わらない対日蔑視政策しか頭にないから、韓国経済は奈落の底に落ちていく。
日本はいい。たとえどんなに愚かな宰相が出ても鳩山総理のように1年で変えられる。しかし韓国の大統領は5年変えることができない。これでは鳩山が5人いるようなものだ
韓国経済がピークを打った時にパク・クネ氏という韓国史上最も愚かな大統領が国政を担当し韓国経済をさらに凋落させている。
韓国が世界のプレーヤーだった時代は完全に終わってしまった。


 

| | コメント (0)

(28.9.4) 行くも地獄退くも地獄 韓国経済の実態 東洋のギリシャになりつつある韓国経済

Dscf5613_2 

 世界経済が急速に収縮
しつつある。15年度の世界貿易額は輸出額ベースで12.7%縮小したが、今年に入ってもこの傾向は続いている。
今後とも輸出が拡大する要因がなく、毎年1割の水準で世界貿易は縮小していきそうだ。
グローバリズムの波に乗って輸出が拡大していた時代は14年夏の中国経済の急ストップで終焉してしまった。 
今ではローカリズムが世界を席巻し貿易という言葉がむなしく聞こえるほどだ。 

 この影響を最も深刻に受けている国の一つが韓国で、韓国の輸出依存度はGDPの約5割と言われているが(日本の依存度は約1割)、この輸出が19か月連続で縮小している。
韓国にとって輸出は生命線だが、最大の貿易相手(約25%)の中国経済の失速で対中貿易にひどい影響がでており、サムスン以外の企業はほとんどが赤字経営に陥ってしまった。
特にひどいのが造船や海運で、貿易が縮小すれば船を建造することもないし、また海運業は運ぶ荷物がなくなってしまう。

 韓国の大手海運会社は世界第8位の韓進海運と15位の現代商船だが、赤字経営が続いていたためいづれも銀行管理に置かれていて、このたび韓進海運が法定管理を申請して正式に倒産した。日本でいえば会社更生法の申請を行ったことになる。
金融団はこれ以上韓進海運の面倒を見切れないので、倒産させて会社整理を行うのだという。

 韓国の海運業界は20世紀後半に日本の海運業界が凋落した後を受けて世界で存在感を増していたが、ここにきて韓国経済の凋落で運ぶ荷物がなくなってしまった。
もうだめだ。海運業界を支えても将来性はない。貿易は年々縮小するだけだ」金融団がさじを投げたのだが、これに対して韓国国内で喧々諤々の議論が出ている。
デンマークや、ドイツやフランスや中国が国家資金を導入して支えているのに、我が国はやすやすと倒産させるのか。これでは我が国の商船隊は全滅ではないか

 世界の商船業界はパイが縮小する中で、M&Aでの生き残りをかけており、世界的にデンマークのマークス、スイスのMSC,フランスのCMA-CGMといったビックスリーに集約されつつある。
問題はそうしたM&Aが吹くすさぶ中で、韓国の韓進海運や現代商船は赤字額が大きいため相手にもされず、このままいけば韓国海運業界そのものが消滅しそうになっている。
これが貿易立国韓国の実態か!!!」毎日のように韓国メディアではため息ばかりだ。
さらに問題なのは商船業界だけでなく造船業界も赤字体質が寝づいてしまい、現代重工業や大宇造船など今にも倒産しそうな状況だ。

 韓国メディアは「このままいくと日本の停滞の二十年に入ってしまう」と大騒ぎしているが、実態は中国経済がピークアウトした14年夏から停滞の二十年に突入しており、すでに2年が経過して状況はますます悪化している。
最大の理由は韓国が貿易立国であることで、国内消費の割合は日本が約6割なのに対し韓国は約5割と国内市場が小さい。
海外はさっぱりだが、国内市場も大したことがなく一体どうすりゃいいんだ・・・」泣き言ばかりだ。

 中国ではGDPの5割を占める国営企業がほとんどゾンビ企業になっているが、韓国はサムスンを除くとこれもほとんどゾンビ企業になっており、親亀がこけたら子亀がこける構造になっている。
私、本当に習さんのお妾さんになるつもりだったのに、最近はお手当もさっぱりだし旦那をオバマおじさんや安倍おじさんに乗り換えようかしら・・・
パククネ氏が今まで安倍おじさんの悪口ばかり言っていたのに最近は秋波を送るようになった。

 だがいくら秋波を送っても韓国の実態は変わらない。もはや輸出立国で生きるすべもなくそれに代替する国内産業はない。
中国とともに日本蔑視政策をとって意気軒高だったが、中国の凋落に合わせて自身も凋落し21世紀経済のお荷物に成り下がってきた。
残ったのは景気のいいときに借りまくった過剰な借金だけでヨーロッパのお荷物ギリシャにそっくりになっている。

 

 

| | コメント (0)

(28.8.29) 日本には詫びを入れずにスワップ協定をむしり取れ!! 韓国の新たな戦略

22725_086 

 「今までの非礼は詫びないが助けてほしい」と韓国がなきを入れてきた。
韓国経済が凋落して資金繰り倒産の懸念が出てきたため日本にスワップ協定の再締結を提案してきたのだ。
15年2月には「わが国には中国との間で8兆円規模のスワップ協定があるので、日本とのスワップ協定は一切必要ない」と言って日本とのスワップ協定を打ち切ったが、あれから一年半たち中国とのスワップ協定が全く役立たないことに気が付いた
韓国の資金繰りがもし一気に悪化するとその時に必要な決済資金はドルで、中国元ではないからだ。

 中国元を入手してもそれをドルに交換しなければならないが、現在8兆円規模の元をドルに交換できる市場などどこにもない。
数日待っていただければなんとか調達は可能かと思いますが・・・・・・」などという状況で、一方資金繰りのひっ迫は最大で1日、場合によったら数時間しか余裕がなく時間との勝負だ。
だからそのような中国元ではいざというときに全く役に立たない。
ここは仕方ない。日本に頭を下げないで、もう一度日本にスワップの再締結をしてもらう以外に手はない

 韓国政府は今まで日本に対する敵対政策を継続してきており、李明博大統領は「日本は弱くなったので何を言ってもしてもいいんだと豪語して竹島に上陸したし、パク・クネ大統領は存在もしなかった従軍慰安婦問題で日本バッシングだけが政治だと思っていた。
あたしは日本を1000年間許さないの。世界中の街角に従軍慰安婦像立てて、日本が世界の笑いものになるまで止めないわ!!」と言っていたが、韓国経済の凋落でそうもいっていられなくなってきた。   

 頼みの輸出はすでに19か月も前年割れだし、造船や鉄鋼といった主要産業は赤字を垂れ流してゾンビ企業になってしまうし、まだまともなのはサムスンだけという状況に陥っている。
韓国経済は中国に全面的におんぶにだっこという状況だったが、その中国が14年夏以来経済が急ストップした関係で韓国経済も急停車してしまった。
なんでこんなに急激に中国経済が悪化するの・・・・。中国についていきさえすれば韓国は安泰だと思っていたのに、習さんたら経済政策が大失敗で頼りないと言ったらありゃしない
パク・クネ大統領が臍を嚙んでいる。  
おかげで虫唾の走るほど嫌いな安倍とスワップ協定の交渉をしなくてはならないし、従軍慰安婦像が世界の街角から消えてしまうなんて歴史に対する冒とくじゃない・・・・

 パク・クネ大統領は歴史に残る暗愚の大統領で経済政策など全く眼中になくひたすら日本を貶めることだけに生涯をかけてきた人で、これほどの暗愚な指導者は他に日本の鳩山由紀夫氏しかいない。
日本と韓国の貿易量は毎年のように減少していて韓国とのかかわりは低下傾向にある。
山崎経済研究所の山崎所長は「隣に住んでいるからと言ってやくざと付き合うのはやめたほうがいい」と言っていたが、日本のアルカポネの麻生財務相は馬が合うのか韓国との交渉に応じるようだ。

 韓国は経済が好転すればまた日本たたきを始めるから、交渉などに応じずに経済が悪化したままにさせておくのが日本の最善の策だ。これは意地悪で言っているのではなくやくざ対策としての常識だ。

あねさん、ここはしばらく日本バッシングは控えておくんなせい。その間にスワップ協定を締結してまた日本のケツの毛をむしってきますんで・・・

 


 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 | NHK クローズアップ現代 | NHK コズミックフロント | NHK BS世界のドキュメンタリー | NHK ミクロの大冒険 | NHK NHK特集 | NHK NHK特集 ヒューマン | NHK NHK特集 病の起源 | NHK ためしてガッテン | NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 | NHK ためしてガッテン 認知症関連 | NHK ハイビジョン特集 | NHK プロジェクトWISDOM | NHK ワールド・ウェーブ | システム facebook | システム Twitter | システム You-Tube | システム ウィニー | システム グリーティングカード | システム サイバー戦争 | システム スマートフォン・タブレット KDP | システム スマートフォン・タブレット・テレビ | システム ネット社会 | システム ブログ ココログ | シナリオ ぼくが生きた時 | シナリオ ハバロフスク | シナリオ 友よ風に向かって走れ | シナリオ 忠助 | シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 | スポーツ サッカー | スポーツ リオオリンピック | スポーツ ロンドンオリンピック | スポーツ 大相撲 | スポーツ 東京オリンピック | スポーツ 野球 | ボランティア おゆみ野の森 | ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 | ボランティア おゆみ野クリーンクラブ | ボランティア 地域活動 円卓会議 | ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 | マラソン | マラソン ちはら台走友会  | マラソン ちはら台走友会 登山 | マラソン ウルトラマラソン | マラソン ハーフマラソン開催 | マラソン 四季の道駅伝 | リメイク版 夏休みシリーズ 23年 | リメイク版 夏休みシリーズ 24年 | リメイク版 夏休みシリーズ 25年 | リメイク版 夏休みシリーズ 26年 | リメイク版 夏休みシリーズ 27年 | 事件 中学生誘拐事件 | 個人生活 ヨガ | 個人生活 同窓会 | 個人生活 失敗記 | 個人生活 学校 | 個人生活 家族 | 個人生活 山崎書店 | 個人生活 散策 | 個人生活 数学 | 個人生活 文学入門 | 個人生活 日本人論 | 個人生活 映画 | 個人生活 映画鑑賞 | 個人生活 樹木剪定問題 | 個人生活 歩く会 | 個人生活 水泳 | 個人生活 演歌 | 個人生活 登山 | 個人生活 私の人生観 | 個人生活 自転車 | 個人生活 陸ガメ | 健康 | 健康 坐骨神経痛 | 健康 眼病 | 健康 精神性胃炎 | 健康 老化対策 | 健康 難聴 | 旅行 サンチャゴ巡礼 | 旅行 ネパール | 旅行 ロドリゴとイェティ | 旅行 勝浦ビッグ雛祭り | 旅行 北アルプス縦断 | 旅行 自転車周遊記 | 旅行 蝦夷地周遊記 | 歴史 ローマ史 | 歴史 世界史 | 歴史 中国史 | 歴史 日本史 | 歴史 郷土史 | 災害 東日本大震災 | 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ | 災害 東日本大震災 地震保険 | 災害 東日本大震災 心に与える影響 | 災害 東日本大震災 政治 | 災害 東日本大震災 東電の経営問題 | 災害 東日本大震災 汚染水問題 | 災害 東日本大震災 経済 | 災害 熊本大地震 | 評論 世界 国連 | 評論 世界 地球温暖化 | 評論 世界 文明論 | 評論 世界 水資源問題 | 評論 世界 科学 | 評論 世界 自然保護 | 評論 世界政治 | 評論 世界経済 | 評論 世界経済 アフリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 | 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 | 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル | 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 | 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 | 評論 世界経済 イギリス経済 | 評論 世界経済 イタリア経済 | 評論 世界経済 インドネシア経済 | 評論 世界経済 インド経済 | 評論 世界経済 ウクライナ経済 | 評論 世界経済 オーストラリア経済 | 評論 世界経済 カナダ経済 | 評論 世界経済 カンボジア経済 | 評論 世界経済 ギリシャ経済 | 評論 世界経済 サウジアラビア経済 | 評論 世界経済 シンガポール経済 | 評論 世界経済 スペイン経済 | 評論 世界経済 タイの政治・経済 | 評論 世界経済 トランプ現象 | 評論 世界経済 トルコ経済 | 評論 世界経済 ドイツ経済 | 評論 世界経済 ネパール経済 | 評論 世界経済 バングラディシュ経済 | 評論 世界経済 フィリピン経済 | 評論 世界経済 フランス経済 | 評論 世界経済 ブラジル経済 | 評論 世界経済 ベトナム経済 | 評論 世界経済 ポルトガル経済 | 評論 世界経済 ミャンマー経済 | 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 | 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン | 評論 世界経済 中国経済 | 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 | 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 | 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 | 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 | 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 | 評論 世界経済 台湾経済 | 評論 世界経済 外国為替・金 | 評論 世界経済 石油問題 | 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 | 評論 世界経済 経済成長 | 評論 世界経済 金融問題 | 評論 世界経済 韓国経済 | 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 | 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 | 評論 世界経済 食糧問題 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 | 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト | 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア | 評論 日本の政治  八ツ場ダム | 評論 日本の政治 ノーベル賞 | 評論 日本の政治 人口問題 | 評論 日本の政治 公共事業 | 評論 日本の政治 内部告発者保護法 | 評論 日本の政治 医療行政 | 評論 日本の政治 危機管理 | 評論 日本の政治 原子力行政 | 評論 日本の政治 地方政治 | 評論 日本の政治 地方政治 大阪 | 評論 日本の政治 地方政治 東京 | 評論 日本の政治 大学入試改革 | 評論 日本の政治 天皇制 | 評論 日本の政治 学校問題・子育て | 評論 日本の政治 安倍内閣 | 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 | 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 | 評論 日本の政治 官僚機構 | 評論 日本の政治 小池都知事 | 評論 日本の政治 小沢裁判 | 評論 日本の政治 年金制度 | 評論 日本の政治 教育問題 | 評論 日本の政治 新聞報道 | 評論 日本の政治 普天間基地 | 評論 日本の政治 東京オリンピック | 評論 日本の政治 森友学園 | 評論 日本の政治 生活保護政策 | 評論 日本の政治 石原都知事 | 評論 日本の政治 確定申告 | 評論 日本の政治 航空行政 | 評論 日本の政治 菅内閣 | 評論 日本の政治 著作権法 | 評論 日本の政治 観光行政 | 評論 日本の政治 警察機構 | 評論 日本の政治 農業政策 | 評論 日本の政治 選挙制度 | 評論 日本の政治 野田内閣 | 評論 日本の政治 陸山会事件 | 評論 日本の政治 領土問題 | 評論 日本の政治 食糧問題 | 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 | 評論 日本の政治・経済 | 評論 日本の政治・経済 将来像 | 評論 日本の政治・経済 歴史 | 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 | 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 | 評論 日本の経済 JRの経営 | 評論 日本の経済 アクリフーズ | 評論 日本の経済 イオン | 評論 日本の経済 エルピーダメモリ | 評論 日本の経済 オリンパス | 評論 日本の経済 シャープの経営問題 | 評論 日本の経済 ソニー | 評論 日本の経済 ソフトバンク | 評論 日本の経済 デパート業界 | 評論 日本の経済 トヨタ自動車 | 評論 日本の経済 マクドナルド | 評論 日本の経済 不動産価格 | 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 | 評論 日本の経済 外食産業 | 評論 日本の経済 宇宙ビジネス | 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 | 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 | 評論 日本の経済 家電業界 | 評論 日本の経済 就職問題 | 評論 日本の経済 日本再生 | 評論 日本の経済 日立製作所 | 評論 日本の経済 旭化成建材 | 評論 日本の経済 東芝 | 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 | 評論 日本の経済 為替相場 | 評論 日本の経済 石油元売り | 評論 日本の経済 経済成長 | 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 | 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 | 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 | 評論 日本の経済 統計 | 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 | 評論 日本の経済 自動車産業 | 評論 日本の経済 航空機産業 | 評論 日本の経済 証券市場 | 評論 日本の経済 詐欺 | 評論 日本の経済 財政金融政策 | 評論 日本の経済 野村証券 | 評論 日本の経済 金融機関 | 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害