個人生活 映画

(27.1.17) 「マッサン」のシャーロット・ケイト・フォックスさんは実に美しい!!

Dscf5281 

 やはりと言おうか美意識というものは時代と場所で異なるものだとしみじみ思ってしまった。
NHKの朝のテレビ小説「マッサン」を見ての印象である。
マッサンに出演している主演女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんのことで、私はこの女性がとても美しいと思っている。
シャーロットさんはアメリカ人だがスコットランドからの移民の孫だからイギリス系アメリカ人といえる。

 実を言うと私は朝のテレビドラマはほとんど見ない。「マッサン」も見ているわけではないのだがかみさんがこの番組のファンで毎日食い入るように見ているので私も何気なく場面場面を見ることになった。
もっとも真面目な視聴者でないから「これはどうやら日本で初めてスコッチウイスキーを作った人の話だな・・・ニッカウイスキーの創業者のことかしら・・・」ぐらいしか分からない。

 私はこの時間中学生に教える数学の問題集を解いているのだが、シャーロットさんが出る場面になると問題集を解くのを止めてじっと見入ってしまう。
見ていてシャーロットさんのしぐさが非常に日本人的なのには笑ってしまうが、それでもそのしぐさがとてもかわいらしい。
この女優は日本人に最も愛される外国人女優になりそうだな・・・・」そう思っている。

 私が時代によって美意識が異なることを思い知らされたのは奈良時代に描かれた正倉院にある鳥毛立女屏風図とりげたちおんなびょうぶず)を見た時で「奈良時代はこんなしもぶくれの目の細い女性がよかったのか」としみじみ思ってしまった。歌手の川中美幸さんタイプの顔だちだ。
平安時代の絵巻物を見ても相変わらずしもぶくれで細目タイプだったが、江戸時代になって美人のスタイルが激変した。
歌麿の浮世絵に出てくる女性はうりざね顔で目が細くおちょぼぐちと決まっていて、江戸時代の庶民がこうした細長い顔の女性が好きだったのかと驚いたものだ。

 場所が変わると全く美意識が異なることを思い知らされたのは高校生の時に見た映画エル・シドに出演したソフィア・ローレンさんを見た時だった。ソフィアさんが画面いっぱいにupされると、おそろしく大きな目と唇が目だって私は思わずのけぞってしまった。
とても美人とは思わなかったが映画では絶世の美人として登場しており、エル・シドを演じたチャールトン・ヘストンさんが「あなたは実に美しい」と連発するのを聞いて非常な違和感を持ったものだ。
しかしこのおそろしく大きな目と口はヨーロッパ人を魅惑するらしくその後もローレンさんはヨーロッパを代表する女優として存在し続けた。

 だから美意識とは時代と場所が異なればそれぞれ美しい基準があっていいということを知ったが、シャーロットさんを見てとうとう日本人好みの外国人女優が現れたと思って嬉しくなってしまった。
現在の日本人はあまり目鼻立ちがはっきりしているより少しぼわっとした輪郭で全体としてやさしさが伴った美人が好きだ。具体的には吉永小百合さんタイプで、私はシャーロットさんを見ると吉永小百合さんを思いだしてしまう。

 シャーロットさんの人気を見て「この女優を抜擢したディレクターの見る目は確かだ」と感心したが、ようやく日本人が日本人の基準で西欧人を見ることに成功した最初の事例となりそうだ。
21世紀は日本の美意識が世界に広まる世紀になる」と常日頃いっているのは日下公人氏だが、西欧人の美しさも日本基準ができそうでヨーロッパ人やアメリカ人に美の基準を教えられなくても済む時代がやってきた。
そう思いながらシャーロットさんをしみじみ眺めている。

 
 

| | コメント (0)

(23.9.22) 小栗康平監督作品 泥の川

23823_079  

 NHKのBSシネマで放映されている山田洋次監督が選んだ「名作100本、家族編」で小栗康平監督の「泥の川」が放映された。
私はこの作品を昔見てひどく感動をしたのを覚えているが、なぜあれほど感動したかを忘れていた。
今回この作品を見直して、この映画の時代背景が私の少年期のそれであり、この映画に出てくる少年・少女はまごうことなき自分であることを発見した。
主人公の少年二人は小学校3年生の年齢であり、私も当時小学校3年生だった。

 舞台は昭和30年の大阪の安治川である。
この川のほとりのほとんど河川敷と思われる場所で、安食堂を経営する夫婦(晋平と貞子)の息子・信雄とその対岸に一時的に接岸して売春をしている舟(廓舟と言う)の姉弟(銀子と喜一)との淡い友情を描いている。

注)姉弟の父親は腕の良い船頭だったが事故で死亡し、母親が廓舟で売春をしながら子供を育てている。この廓舟は真ん中で区切られていて、一方に子供達の生活をする場所があり、他方が姉弟の母親が商売をする場所になっており、入り口も異なっている。

 食道の主人・晋平を演じたのは06年に亡くなられた田村 高廣さんで、その奥さん・貞子藤田弓子さんが演じていた。
夫婦は当初廓舟の姉弟と息子の信雄が友達になるのを躊躇する。
廓舟と言うことを知らない信雄が二人の姉弟を家に呼びたいといったとき、動揺して拒絶しようとした貞子を制して晋平が言う。
子供は親を選んで生まれてきたわけではない

 実際に現れた姉弟は、信じられないほど素直で、特に姉の銀子は悲しいほど礼儀正しい。
貞子はすっかりこの姉が好きになり、たまたま家にあった洋服を銀子に着せて与えようとするが、銀子は喜んで着たものの帰る時には綺麗にたたんで洋服を返してしまう。
人から物をもらうと言うような親切な扱いを受けたことがないからだろう)。

 この映画は少年二人(信雄と喜一)の友情を縦糸に、廓舟の娘と言う薄幸な少女銀子や戦争で心に傷を持つ安食堂の主人晋平、そして晋平の二番目の妻となった(先妻は京都の病院で病床生活をしている)働き者で心の優しい貞子が横糸を織り成している。

 姉弟は母親が売春婦であることを知っているが、それが生活をするための已む終えない生き方だと母親の生き方を責めない。そしてこの姉弟は学校にも行っていない(廓舟は転々と場所を移動するため学校を特定できない)。

 姉弟と信雄が友達になり、
姉の銀子はこの安食堂が忙しい時に手伝いをするようになった。銀子が手伝いをしながらこの安食堂の米びつに手を差し入れて言った言葉が心を打つ。
冬の寒い時でもなあ、お米だけは温いねん・・・
お米がいっぱい詰まっている米櫃に手ぇ入れて温もっているときが、一番幸せや・・・」

 昭和30年、まだ日本が貧しかったころお米があったかく感じていたことを思い出した。
当時私の家も極端に貧しく、米びつにはほとんど米がなかった。
ある時米が完全になくなり10円玉一つを持ってコッペパンを買いに行ったのを覚えている。
このコッペパンが私の兄弟3人の残された食事だった。
私がそれを平等に三等分したのだが妹が「兄ちゃん、こっちのほうが大きよ」と言っていた。

 夏祭りの夜少年二人は母親の貞子から50円ずつをもらって祭りにいくのだが、そのお金を祭りの最中に落としてしまう。落胆した二人は気を取り直すため廓舟に戻って(夜は廓舟に行ってはいけないと信雄は言われていた)、喜一が仕掛けた蟹とり罠から蟹を引上げ、蟹を油につけてマッチで火をつける遊びを信雄に教える。
信雄は蟹を火で殺すのに耐えられず蟹を助けようとして船から身体を乗り出し、たまたま隣の部屋をのぞくと、姉弟の母親(加賀まりこが演じていた)が男とセックスしているところを見てしまう。
信雄は動揺し家に帰ろうとして橋の途中で銀子とすれ違う。
信雄がいつもの仕種と違うのを見て銀子は自分達の悲しい生活を信雄が知ったことを悟る。

 姉弟の母親は信雄にその場面を見られたことから、この場所にいられないと判断し翌日には引き舟に引かれて川を遡っていく。舟が岸壁を離れたところを事情の知らない母親の貞子がみて、「挨拶もしないでなんで急に行ってしまうのだろうか」と不審に思う。
信雄は当初躊躇して動かなかったが、急に飛び起きてこの廓舟を追って岸壁をはしりながら「きっちゃん」と叫び続ける。何度も何度も「きっちゃん」と叫び続けながら舟を追うが廓舟からは何の返事がないところで映画は終わっていた。

 信雄が「きっちゃん」と叫び続ける場面は「シェーン」のラストシーンを髣髴とさせたが、この映画のトーンは「禁じられた遊び」に近い。
私はこの映画を見て泣いてしまった。止めどもなく涙が流れた。

 田村 高廣さんの演技は一世一代の名演技だ。
特に食堂にいた客の酒飲みが喜一をみて、「こいつは廓舟の子供じゃないか。客引きもしてると言うぞ」と言われた言葉に喜一がうなだれた時に、この酔客を追い出し、子供の気持ちを明るくするために手品を演じる場面は秀逸だ。
いつの間にか喜一は酔客から言われた言葉を忘れて手品に見入ってく。

 藤田弓子さんの演技も良い。この薄幸の少女に優しく接し一緒に風呂に入っているシーンがあった。銀子はほとんど笑わない少女なのだが、身体を洗ってもらいながら明るく笑っていた。
喜一が「あ、姉ちゃんが笑っている」と不思議そうにいう場面もいい。
藤田弓子さんは必ずしも美人女優ではなく、すでに身体の線が崩れていたがこの映画に出ている藤田さんはまばゆいほど美しかった。
美しさとは単に顔の造作だけではないことを私は藤田さんを見て知った。

 そして何よりも感動するのは姉の銀子の存在感だ。学校にも行かず(たぶん小学校5年生程度)母親の代わりに食事をつくり、そして悲しみをじっとこらえながら礼儀正しく生きていく少女の行く末を案じざる得なかった。
そして昭和30年代の貧しくとも懸命に生きなければならなかった日本を映像で残してくれた小栗康平監督に心から感謝しながらこの映画を見た。

注)なお「泥の川」の原作は宮本輝氏の小説で1978年の作。小説と映画では細部で相当内容が異なる。私の正直な印象は小栗康平氏の映画のほうがはるかに芸術性が高く、感動を与える。

 

 

 

 

  

| | コメント (0)

823.7.7) 刑事コロンボのピーター・フォークさんが亡くなられた。

2362_047  

 私の大好きだったテレビドラマ、「刑事コロンボ」の主人公を演じていたピーター・フォークさんがなくなられた。享年83歳だった。

 刑事コロンボがアメリカで放送開始したのは1968年だが、日本ではNHK1972年から放送を開始している。総本数は69本だそうだが、私はそのほとんどのシリーズを見ている。何か日本の「男はつらいよ」のアメリカ版みたいなテレビドラマだ。

 1972年は私がサラリーマンになって2年目頃のことであるが、そのドラマの作り方の新鮮さに度肝を抜かれた。それまでの刑事物やスリラー物は犯人は当初誰だか分からず、それを刑事や探偵が追い詰めていくという構図がほとんどだった。

 しかしこの刑事コロンボでは最初に犯人が完全犯罪をねらって周到な殺人を犯し、アリバイ工作もばっちりと固めているのだが、それをコロンボが些細な相手のミスを見つけて精神的に追い詰めていき、犯人がボロを出して自滅すると言う構図をとっていた。

 このシリーズが大ヒットした理由に「犯人は大抵がアメリカ社会の上流階級であり、それをさえない中流以下に見えるコロンボが追い詰めるという構図」が、特にそうした立場に有るアメリカ人の溜飲を下げたからだともいわれていた。
確かにそうした面はあったかもしれないが、本当の面白みは完全犯罪を暴いていくコロンボの手腕だったと思う。

 捜査方法のなかで犯人と想定される人物にしつこく付きまとって質問を繰り返し、相手がイラついて怒りに任せて犯行を自供してしまうような場面は特に秀逸で、人間心理の研究に役立つ。

 私がこのシリーズの中でもっとも好きな一本は第19作目の「別れのワイン」で日本では1974年に放送され、その後何回か再放送されている。
今回ピーター・フォークさんの死去を悼んでNHKが「人気の高かった番組」の再放送をしたが、そのうちの1本の中にこの「別れのワイン」が入っていた。

2362_046_2  

 「別れのワイン」がなぜ評判の1本になったかは理由がある。
他の作品に出てくる犯人は大抵が強欲な人か、過去に傷を持つゆすられていた人で当初から完全犯罪を目指す。
しかし「別れのワイン」の主人公はワイン生産に一生をささげている誠実な企業家で、一方殺された主人公の弟は金使いの荒いプレーボーイで、金のためにこのワイン工場を売り払おうとしているトンでもない男との設定になっている。

 主人公の兄は25年間に渡りこのワイン工場の社長をしていたが、実際のオーナーは殺された弟で、弟は地味な商売をするのが嫌で、この工場を兄に任せて本人は自動車のレーサーやスキューバダイビングを楽しんでいた。
そして工場に現れては兄に金の無心をしていたが、今度は「工場を他の安ワインを製造している会社に売り渡す」といったために、兄が衝動的に弟の頭を殴打する。

 弟は気を失っていただけだったので、会社に有る最高級ワインの貯蔵庫に手足を縛って弟を閉じ込め、空調をとめることによって窒息死をはかり(死ぬのに2日間ばかりかかった)、その間兄はニューヨークに出張してアリバイ工作をする。
そして窒息死した弟にスキューバ・ダイビングの装備を着せて海に放り投げることによってアリバイが成立したことになっていた。

 「別れのワイン」がとても感動的なのは殺人者の兄が誠実な企業家で殺された弟が強欲であることと、コロンボが犯人を追い詰めていく過程でコロンボ自身もワインの専門家顔負けの知識を有して犯人と対等に渡りあうやり取りに有った。
最後はコロンボが主人公を高級レストランに招き、特別高級なワインを注文する。
それが40度を越える猛暑の中に置かれていたため酸化してしまっているワインであることを、犯人である主人公が見抜いて怒りに震える場面がこの映画の見所で、これで主人公が犯人と分かってしまうと言う筋立てだった(普通の人は酸化がわからない)。

 このワインは実は主人公の酒蔵に有った一品で、それをコロンボがくすねて(これは犯罪ではなかろうか)、高級レストランのワイン担当と示し合わせてそれを主人公に飲ませるトリックだった。
弟を窒息死させるために酒蔵に手足を縛っておいて空調を止めたために、その間に40度を越す高温の日があって主人公のもっとも大事なワインコレクションがすべてが酸化し無駄になっていたからだ。
失意の主人公がそれを海に捨てているところで、コロンボが現れ自供する筋立てになっていた。

 主人公のワインを愛する気持ちがひしひしと伝わってきて、コロンボも主人公に対して尊敬と易しさを持って接しており、私もこの主人公に感情移入した。
最後にコロンボと主人公がコロンボの用意した最高級ワインを「別れのワイン」として飲むシーンで終わっていた。

 私が見たアメリカ映画のシリーズでは、この「刑事コロンボ」が一番好きだ。
就職してから引退した今までこの映画はいつも楽しませてくれた。
ピーター・フォークさんのご冥福を祈りたい


なお最近書いた他の映画評論「岳」は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44036154/index.html



 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

(23.5.19) 「岳」 よくがんばったね

22725_086

 評判の映画「」を見てきた。北アルプスでテント生活している島崎三歩という山岳救助ボランティアを主人公にした映画だ。
この映画の原作はビックコミック・オリジナルに2003年から掲載されていて、私はオリジナルのファンだから毎回読んでいた。
原作者は石塚真一と言う漫画家だ。

 漫画が掲載された当初の印象は「絵は下手だがよく登山のことを知っている人だ」と言うものだった。
日本のコミックは手塚治虫氏石の森正太郎氏さいとうたかを氏と言った世界最高峰の漫画家によって支えられてきたのだが、そうした人の描く漫画に比較するとなんとも画が下手くそなのだ。

 しかしこれは石塚真一氏の経歴を見ると理由が良くわかる。氏は高校卒業後アメリカの大学に約5年間在学していたが 、その間ロッククライミングに明け暮れ、帰国後漫画家のトレーニングを始めたのが28歳の時だと言うから驚く。
しかも漫画の教習本を購入して独学で漫画家を目指したと言う。

 実は日本の漫画界においては石塚氏があらわれるまでは山岳物はほとんどがヒットしていなかった。
理由は登山家の漫画家がいなかったからである
それまで描かれていた登山漫画は他にモデルがいてその自叙伝等を読んだ漫画家が絵にしていた。

 日本漫画界において始めて登山漫画を書ける作者があらわれ意義は大きい。私のような登山好きの人間でも十分に耐えうる内容になっており、2008年には漫画大賞を受賞している。

 この映画は原作をかなり忠実に再現している。登場人物もその性格付けも原作の通りだ。やや椎名久美という女性隊員のウェイトが高くなっていて、映画ならではの色取りを添えているのが違いと言えば違いだ(映画では美しい女性は必須の要素だ)。

 この映画の山の画面が実に美しい。私は何回も穂高に登っているので景色については知悉していると思っていたが、空撮された映像には目を見張った。
穂高はヒマラヤやヨーロッパアルプスに比較すると決して高い山ではない。
せいぜい3000m前後の山並みが連なっているだけだが、空撮や望遠レンズを駆使した映像は今まで見たこともないような迫力があった。
いやー、日本の山もなかなかのものじゃないか

22725_045

 この映画のテーマは長野県警の山岳遭難救助隊とボランティアの島崎三歩が協力して穂高周辺で遭難した遭難者の救助に当たるという内容である。
三歩はいつも穂高に暮らしているので誰よりも先に遭難者を救出してしまう。

注)アメリカ映画だとボランティアの三歩と正式な山岳遭難救助隊の隊長との確執があるのだが、日本映画らしく三歩と隊長は高校の登山仲間で実に仲がいい。

 穂高は夏山でかつ登山ルートを通っているかぎりは決して危険な山ではない。
今では50歳台から60歳台の老人が好んで登る山になっている。
しかし冬場は様相が一転してよほどの熟練者でないと登山をするのは危険だ。この映画の救助場面もほとんどが冬場のシーンになっていて、荒れ狂う穂高山頂付近での遭難者の救助場面が良く撮れていた。

 ロッククライミングのシーンはCGコンピュータ・グラフィックス)を駆使していたがなかなかの迫力だった。何か滝谷屏風岩を本当に登っているように見えるのだからたいしたものだ。
日本のCG技術の水準の高さに驚く。

 一つだけ残念だったのは真冬の氷点下のシーンでクレパスの底に遭難者と救助隊員が落ちてしまったと言う場面があったが、息が白くならないのには笑ってしまった。
山岳映画の冬場のシーンでは今までの映画で息が白かったのを見たことがない。白い息を吐くというのはCGでも不可能なのだろうか。そこまでいけば臨場感満点なのだがと残念に思った。

 映画では島崎三歩の果敢な救助を縦糸に、新人隊員椎名久美と言う女性隊員が救助隊員として成長していく横糸で構成されている。
三歩と久美の恋愛物と言うよりは、久美が三歩を目指してがんばると言う構成だ。
三歩は常に明るくそして救助をした人に対して「よくがんばったね」と声をかける青年で、この「よくがんばったね」が交響曲のテーマのように随所に語られている。
そしてもう一つ「山で捨ててはならないものはゴミと命だ」と三歩は言う。

 正直言えば映画そのものはそれほど感動的とは言えないが(漫画で事前に筋を知っているせいかもしれない)、穂高の美しさと救助の困難さやロッククライミングの醍醐味は良く伝わってきた。

 見ても損はしない実に美しい映像の山岳映画だ。

なお過去の映画評論は以下の通り
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat36842745/index.html

別件)カウンターを10000アップしました(「おゆみ野四季の道」「おゆみ野四季の道 その2」のカウンターを加算したもの)

 

 

 

 

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害