個人生活 樹木剪定問題

(25.6.2) 元気なケヤキの木が枯死し始めた。 原因は何なのだ?

___2  

(右のケヤキの木が枯死をはじめた。本来なら左のケヤキのように葉が青々と茂ってなくてはいけない

  実はここ1か月余り気もそぞろになってしまう出来事が発生している。
四季の道のケヤキの木のことだ。
このケヤキ並木は約4年ほど前に強剪定をして、ケヤキというより巨大サボテンの通りになってしまい、それ以降樹勢が回復するまでは剪定を控えることになっていた。

 当時おゆみ野には「おゆみ野まもり人」という団体があって、この団体と市とのあいだでの話し合った結果、樹勢が回復するまでは四季の道のケヤキの剪定を控えることになった。
私が「おゆみ野まもり人」のケヤキ担当で、以降このケヤキの木の回復を見守ってきた。

 さすがに4年たつと昔の樹形が戻ってきてここ四季の道を歩くにも実に気持ちがいい。
ところが信じられないことに小谷小学校からイオンに向かう太鼓橋の手前のケヤキの木が一本、なぜか葉っぱをつけず冬枯れのままの状態になっている。

 当初私は単に葉の生育が遅いだけでそのうちに他のケヤキの木と同様に青々と茂るだろうと思っていたが、5月が過ぎ6月になったというのに立ち枯れたままだ。
これはいくらなんでもおかしい。このケヤキの木に何か起こっているに違いない

 私はほぼ毎日清掃活動をしているからそのたびに見上げて確認しているのだが、外形は全く問題がない。
かつてよくあった強剪定した場所から腐朽菌が入り込んで中を腐らせているような状況はない。
いたって健康そうに見えるのだが、何しろ葉っぱをつけない。

 先日このケヤキの木をよくよくチェックして見た。すると上部は全く問題ないが根元に猿の腰掛のようなキノコがまつわりついていた
手で取ろうとしたが完全にへばりついているので素手ではとても取れない。
翌日スコップを持ってこのキノコを除去してみたが、根のかなり深いところまで菌糸がはびこっていた。

これはもしかしたらこのキノコがケヤキの体内に入っているか、または根を腐らせているのではなかろうか。人間でいえばがん細胞がはびこっているような状況になっているのではなかろうか・・・・・・・
考えてみたが私は専門家でないので推測の域をでない。

 写真を撮って市の担当者のところにとりあえず報告を入れることにした。
これではせっかく成長し樹齢も40年は経っていると思われるケヤキの木が死んでしまう。
今まではケヤキの枯死は剪定作業のミスだけが原因と思っていたが、それ以外に外形は全くなんでもないがキノコの菌糸が中に入り込み、ケヤキを枯らすことがあり得そうだ。

 もしそうなら根元にサルノコシカケのようなキノコが生えたら、根を消毒するような措置が必要になるのだろう。
いづれにしても私の手には余るので専門家の対処をお願いすることにした。

なお、ケヤキ選定問題にかかる過去の経緯は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat15469332/index.html

| | コメント (0)

(24.8.15) おゆみ野夏の道のケヤキの剪定問題について 過去の経緯と現在

 22429_047_2

強剪定された後のケヤキ並木。サボテンロードになってしまった

 おゆみ野夏の道のケヤキ強剪定されたのは平成20年の冬のことだが、あれからはや4年の歳月が経っている。
剪定後はメキシコのサボテンのような林になってしまい、私は驚いて担当の緑土木事務所に問い合わせを行ったが、「一部住民から落ち葉がトイに詰まったりテレビの映像が乱れるので剪定してほしいとの要請があった」との回答だった。

注)緑土木事務所とのやり取りは以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/20215_34bb.html

 剪定には強剪定弱剪定があり、前者は筒切りと言う方法で丸太を切るようにチエンソーでばっさりと切断する。一方弱剪定枝すきと言う方法で樹形を考慮しながら不要と思われる枝を梳いていく。
筒切りはまったく技術がいらずただチエンソーを扱える人なら誰でも作業ができるが、一方枝すきは職人芸であり植木職人が木を一本一本見ながら行う。
このため費用の面で筒切りは安価であり、一方枝すきには費用がかかると言う特色がある。

 市の財政事情は御世辞にもよいとはいえないので、剪定を行うとなるとできるだけ安価に行おうとするためどうしても強剪定を選択しやすい。
しかしこの強剪定には実に多くの問題がある。

① 景観を無視して行うのでケヤキ並木が一夜にして巨大サボテンの林に変わってしまう。これにより街のイメージが決定的に悪くなる。

② 強剪定はまったくの素人が行うので切断面が地面と平行になっていることが多い。こうすると雨水が切断面にたまりそこから腐食が始まって木が枯死する(
切断するにしても斜めにして水はけを良くしなければならない)。

注)なぜ強剪定がいけないかの詳細は以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/2267-e365.html


 強剪定をしたあとのケヤキをトレースしてきたが100本に1本程度の割合で切断面から腐朽菌がはいって木が枯死していた。
もともと弱い木もあってそうした木は静かに見守る必要があるのだが、一律に強剪定を行うので枯死するのである。

 私はこのケヤキの強選定問題はこのブログで何回も取り上げ、また緑土木事務所とやり取りをしてきたが、平成22年に入ってここおゆみ野に街づくり協議会が発足したことから、行政と住民との間で都合3回にわたり、街路樹問題が話しあわれた

注)街路樹問題の話し合いの経緯は以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/23117-5310.html

 その結果として夏の道のケヤキの見学会が開催され、また市のみどりの協会樹木医の中村さんに夏の道のケヤキの診断をしてもらった。
その経緯もブログで詳細に記載してあるがポイントは2つである。

① 樹勢が衰えているケヤキ2本の手当てを行う。
② 夏の道のケヤキについては樹勢の回復を待ってから剪定するのが良く3年程度回復期間を設けるべき。


注)見学会の模様と診断の模様は以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/221113-d2a6.html
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/221212-099b.html

 こうして夏の道のケヤキはその後剪定をやめていたが、中村樹木医がいった3年程度がこの25年の冬場に相当する。
私は従来からの経緯で剪定をするとしたら枝すきの方法を提案するつもりだが、予算の関係でふたたび筒切りになる可能性もあっておちおち眠れなくなってきた。
なんとか筒切りは止めさせたいが、私一人の力で可能なのだろうか」悩んでいた。

 幸い24年度に入りおゆみ野で「おゆみ野の緑を守ること」を目的に円卓会議が開催されることになり、行政と住民参加の会議が開催され、おゆみ野クリーンクラブにも参加の要請が来たので私が代表として参加している。
この円卓会議の趣旨である緑を守るために、「夏の道のケヤキ問題」を円卓会議の俎上に載せてもらうことにした。

注)円卓会議の模様は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-0e16.html

 この円卓会議を通して住民の意思として「夏の道の景観を守る」ことの提案を行政にしていくつもりである。
おゆみ野に住む住民の方にもともにこのケヤキの景観を守る運動に参加してもらいたいものだと心から思っている。

注)なお過去のケヤキ剪定問題については以下のカテゴリーに纏めてあります。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat15469332/index.html

 

| | コメント (0)

(23.6.4) 四季の道のケヤキとシラカシの剪定について 

 23515_001

 今年のおゆみ野四季の道夏の道ゾーンケヤキは元気だ。昨年はケヤキの剪定を行わないで様子を見ることにしていたが、そのかいあって芽吹きが昨年より半月も早かった。
今は葉が生い茂ってかつてのケヤキの樹形が少しずつ甦りつつある。

 昨年の秋千葉市みどりの協会の依頼で樹木医中村さんに夏の道ゾーンのケヤキのチェックをしてもらった。
3年ほど前に行った強剪定の結果ケヤキの樹勢が極度に弱っていたからだ
「2・3年剪定をしないで様子を見てみましょう
」中村樹木医の提案で、今年に冬場の剪定は行わなかった

 今日(2日)はその後のケヤキの様子と、昨年内部が腐っていたため手当てを行ったケヤキ2本の再生具合を見るために、中村樹木医、みどりの協会、おゆみ野地区の景観の会長の佐藤さん、それに私と地区の代表者が集まった。

 中村さんからチェック後の説明がされたが「もう1~2年程度剪定を行わずに様子を見れば樹勢は完全に回復し、樹形はケヤキ特有の樹形にもどる。その段階で強剪定でなく枝抜きの作業をすればいいでしょう」と言うことだった。
どうやら夏の道のケヤキ並木は往年の美しさを取り戻せそうだ。

23516_007 

 今回はこの夏の道ゾーンのケヤキだけでなく、秋の道ゾーンの常緑樹シラカシにつても中村樹木医に見てもらった。
今年の3月に強剪定をしたのだがその後の回復がはかばかしくなくとても心配していたのだ。

 私が特に心配していたのは最近まで新しい芽が出ず、一方昨年まで残っていた葉も落ちそうになっていたからだ。
このような剪定をして大丈夫でしょうか」聞いてみた。
シラカシのような常緑樹の剪定は通常今頃が最適で、寒い時期に行うと寒さに弱く新しい芽を出すことができないのです。ですから芽が出てきた段階で枝すきを行うのが一番です
今は枯れ枝等が相当有りますが、それでも3年程度このままに放っておけば、前の姿に戻ると思います

 私はまったく知識がなかったがケヤキのような落葉樹は冬場に、そしてシラカシのような常緑樹は夏になる直前の今頃が剪定の最適期で、その時期をはずして強剪定を行うと樹勢が弱ることを知った。
そうか、予算措置の関係で3月に常緑樹の強剪定を行ったのが問題だったのか・・・・・」納得した。

 最近になってシラカシの新芽が出てきたので私が当初心配したような半分程度全滅すると言うことはなさそうだ。
それでも何本かは枯れてしまいそうだ。

 樹木には元々自己剪定という能力があり、不要な枝は自分で枯らして樹形を維持している。剪定もその樹木の性質に準じて枝抜き等の弱剪定による剪定をして樹木を枯らすことだけは避けてほしいものだと思う。

ケヤキ等の剪定問題の記事は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43992470/index.html

 

| | コメント (0)

(23.5.17) 樹木医奮闘記 シラカシを助けることができるか?

23516_010
四季の道の秋の道ゾーン

 やはりと言おうか当然と言おうか緊急事態が発生した。
四季の道の秋の道ゾーンのシラカシやそれに似た樹木が次々に枯れ始めたのだ。
この秋の道のシラカシは昨年の冬から3月にかけて強剪定をした。
私はケヤキの強剪定がどのような状況になるのかはトレースしていたので知っていたが、シラカシについては知識がなかった。

こんなに切っても大丈夫だろうか?シラカシは丈夫なのだろうか?防腐剤ぐらいは塗ったほうがいいのではなかろうか?」
悶々としたがそのまま放って置いた。

23516_006
(強剪定とはこの用に大きな枝をばさばさと切っていく

 しかし春先になって驚くべき状況になってしまった。昨年まで有った葉を残して新芽が生えてこないのだ。しかも昨年までの葉っぱも息も絶え絶えで今にも枯れそうだ。
まずい、これではシラカシは全滅してしまう

 何度もこのブログで記載しているが樹木の強剪定は人間で言えば大手術で手足を切っているようなものだ。本来樹木には自己剪定の機能があり、放って置いても不要な枝や重くなりすぎた枝を適当に枯らして樹形を維持している。
だから人間の行う剪定はこの樹木の自己剪定に習ってできるだけ木に負担をかけない程度に抑えるべきだ。

 強剪定された樹木を見れば分かるが、きられた枝がむき出しになってそこから水分が蒸発してしまって若芽に水分が行き渡らない。このため昨年からある葉を残して新芽は全滅し、そのうちに古い葉も散ってしまうので木が枯死してしまう。
秋の道ゾーンのシラカシは今そのような状況になっている。

23516_007
この二本の木は葉をつけるともほとんどできなくなっている。おそらく枯死するだろう

樹木医として今このシラカシを助ける方法はないものだろうか
悩んだ末、防腐剤を切られた断面に塗る措置をとりあえずしておくことにした。
この措置でケヤキの木が甦っていたからだ。

 この防腐剤を塗る措置は、シラカシが強剪定された後すぐに行えばよかった。人間で言えば止血止めのようなもので、それだけで水分の蒸発が抑えられて木に対するダメージが少なくて済む。
まずったな、やはり昨年中に行っていればこんなことにはならずに済んだものを」悔やんだが後の祭りだ。

 しかししないよりはマシなので今日(16日)夏の道ゾーンのシラカシの切られた断面に防腐剤を塗っておいた。本当は上部の切断面にも塗りたかったが、あいにくととどかないので下部の大きな切断面に対する処置だけになってしまった。
これでシラカシは甦るだろうか?」そうなってほしいが私の見たてでは約半分のシラカシは枯死しそうだ。

 

 

| | コメント (1)

(23.5.16) 樹木医奮闘記 ケヤキは丈夫になったけれど

23515_001
今年の夏の道のケヤキ。樹勢が戻っている

22429_0491
昨年のほぼ同時期の夏の道のケヤキ

 こういうのを喜び半分悲しみ半分と言うのだろう。
喜びはおゆみ野夏の道ケヤキが元気なことだ。
昨年「おゆみ野の街路樹を考える会」がたちあがり、その作業の一環として樹木医の中村さんに(千葉市のみどりの協会が依頼して)、夏の道のケヤキの現状を診断してもらった。

 私もこの調査に同席したのだが、中村さんに「夏の道のケヤキが強剪定されたあと元気がなくなり、ほとんど巨大サボテンのようになっている」ことを訴えた。

そうですね、1~2年程度剪定をやめて様子を見るのがいいでしょう」中村さんの診断だ。緑の協会はその診断にしたがって昨年は剪定を行わなかった。

 今年の夏の道のケヤキの芽吹きは昨年に比べると約半月早かった。若芽も十分茂って今年のケヤキは元気だ。元のケヤキの十分に末広がりに広がったスタイルまでは戻ってないが、それでも巨大サボテンではない。

 私が強剪定を繰り返すことに反対するのは樹勢がそのたびに弱るからである。芽吹きが剪定されていないケヤキに比較して遅くなり、そして秋にはささっと葉が散ってしまう。そして約100本に1本程度の割合で枯死する
木にも弱い木とそうでない木があるのだが、一律に強剪定するため弱い木が死んでしまうのだ。
よかった、今年はケヤキをみんな救うことができた

 とても満足しているのだが、再び今年強剪定をすると元に戻ってしまう。
そうなっては大変で通常は枝抜きや透かしと言った弱剪定の技法で、樹形を保ちながら少しずつ剪定する必要がある。
油断できないぞ、ケヤキ並木が元に戻るまで監視しよう」決心した。

23515_015
強剪定されたナンキンハゼ

23515_012_2
剪定されなかったナンキンハゼ 本来はこうなっている

 実は私が心配し悲しんでいるのは昨年強剪定された京成おゆみ野駅近くのとびっきり葉の美しいナンキンハゼが、5月中旬だと言うのに新芽がほとんど出てこないのだ。
道路を挟んで植えられている同種類の木は青々と茂っているのにである。
一難さってまた一難だ。
ナンキンハゼは秋になると美しく紅葉するすばらしい木だ。

 最近の樹木の剪定は乱暴すぎる。木にとって強剪定は外科手術と同じでこれをすると体力の弱い木はほとんどが枯死する。
理由は切り口から水分が蒸発して葉に水分が十分到達しないために葉が枯れ、結果として木が死んでしまう。

 特に今回はこの道路側のナンキンハゼが軒並み強剪定されて、ハゲ坊主になっている。
この木がみんな枯れてしまったらどうしよう」心が落ち着かない。

 元々樹木は自身が不要な枝を落として自己剪定をする性質がある。原生林や鎮守の森の樹木が有る一定の大きさ以上に大きくならないのはこの自己剪定の結果だ。
したがって黙っていても剪定はされるのだから、人が樹木を剪定する場合もこの樹木の性質に合わせた弱剪定をするのが適切だ。

 ところが最近は樹木の剪定はほとんどが強剪定だ。理由は弱剪定は技術がいることと費用がかかることである。
金がないいんだ、いいから切ってしまえ、枯れても文句の言うやつなんてイネイヨ」そんな感じだ。

 ケヤキは今年は救うことができたが、反対に京成おゆみ野駅のこの美しいナンキンハゼは息も絶え絶えになっている。
自称樹木医の私はこの状態に心を痛め、とても悲しんでいる。はたして他の方はナンキンハゼの状況に平静でいられるのだろうか?

なおケヤキ剪定問題の一連の記事は以下のURLを参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat15469332/index.html

  

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害