ボランティア おゆみ野の森

(24.1.17) 冬場は私も大忙しだ。 マラソン指導と森の活動

011

 私は普段はいたって暇人なのだが、この1月から2月にかけてはスケジュールが詰まっている。
2月に開催される四季の道駅伝の準備のためにマラソンの講習会を開催したり、その一環でもあるのだがおゆみ野南小学校の児童のマラソン指導を行っている。
またおゆみ野の森正月イベントもあり信じられないことに土曜・日曜のスケジュールが完全に詰まってしまった。

 手帳などなくても朝の清掃活動ブログ作成JOGだけの生活なのでまったく支障がなかったが、この時期だけはカレンダーに日程を記入してチェックしている。

 15日はことのほか忙しかった。この日の午前中はおゆみ野の森定期活動正月イベントがあり、餅つき大会を行った。
この餅つき大会は大変人気があり、また近くの扇田小学校に開催のパンフレットを配布したこともあって100人前後の人出になった。

 餅つき大会は実は準備が大変なのだ。餅つきの臼と杵を近くの刈田子の元農家から借りているのだが、臼が巨大なのでいつも男性3名程度で目いっぱいの力を出して運ばなければならない。
また餅米を事前に水に浸しておいたり、黄な粉やあんこを購入したりしなければならない。
それでもこうした準備が報われるのは参加した児童や親御さんがとても楽しげに餅つきをしてくれるからで、この日はおゆみ野の森の役員が全員で大会を盛り上げた。

038  


  この日の午後からは四季の道駅伝のマラソン教室のイベントがあって、餅つき大会は午前中に切り上げて1時からマラソン教室に参加した。
四季の道駅伝は今年で4回目だが、年々参加者が増えて、今年は713名の参加が予定されている。

 駅伝本番に備えて4回ほど講習会を開催しており、元実業団ランナーの小栗さんや、四季の道ランナーズのメンバーがこの講習会をサポートしていて私もその一員だ。
この日は午前中も午後もことのほか寒い日だったが、100名を越える児童が集まってくれた。

 ケーズ電気の近くの秋の道公園が会場で、駅伝の距離1kmの試走たすきリレーの練習を行った。
子供たちは実に元気に走っていたが、私自身は寒さに震えてしまった。
午前中は森で冷えてしまい、午後は私はあまり走らず指導者に徹しているのでからだが冷えきってしまうのだ。

 家に帰って風呂に入り衣類を着替えてコタツにもぐりこんだがなかなか寒気が去らない。
かつては体力だけが自慢で何をしても風邪などひくことがなかったが、寄る年波にはかなわない。
翌日(16日)もわずかに頭が重かった。
16日はおゆみ野南小で子供たちにマラソンを教えるのでなんとか体調を回復させたいが、寒さに身体が適応できなくなったのには当惑している。

なお四季の道駅伝の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47115562/index.html

またおゆみ野の森の記事は以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43732668/index.html

| | コメント (0)

(23.4.26) おゆみ野の森の植樹祭

23423_002

 この4月17日の日曜日、おゆみ野の森植樹祭が行われた。植樹祭はこの森で行っている定期活動の一環として実施したものだが、せっかく人に集まってもらうのだから東日本大震災の被災者への義援金も募集することにした。

 植樹祭をしようとしたのは、この「おゆみ野の森の活動」が、認められて「緑の都市賞」を受賞し、副賞として10万円の贈呈があったからである。
せっかくの10万円だ。この森に不足している木を植えて、実り豊かな森にしたらどうだろうか」とみんなで相談した。

 その結果柿ノ木を中心に実のなる木をこの森の入り口近くに植えることにした。この場所は笹が生い茂っていつも草刈をしていないとばさばさになってしまう場所で、そこを柿や栗のような果樹園に変えようと考えたのだ。

 こうした活動にとても熱心なOさんがさっそく苗木と苗木の根元に引く防草シートを約40セット手配してくれた。
これを子供達に植えてもらうのが今回の活動のメインになる。

 私の担当は草刈なので、前もって笹をできるだけ取り除いて植樹祭に備えておいた。
この日は50名から100名程度の参加者があったが、特に子供達が嬉々として苗木を植えるのには驚いた。

 まず穴を掘るのだがもともと笹が生い茂っていた場所だから、タフな根があちこちにはびこっている。
子供にこの笹の根を掘らせるのはとても無理で大人がまず大きなシャベルで掘って、その後を子供に大小のシャベルで掘らせた。

 私も5箇所程度穴を掘ってみたが、それだけでクタクタになってしまった。かつては疲れを知らない男とまで言われていたのに、今ではちょっとした穴を掘るだけで家に帰ったら寝込んでしまうほどだ。
しかし子供の前では弱音を見せられないので懸命に穴を掘った。

 この日40本あまりの苗木はすべて植えることに成功し、後は適切に水遣りだけすればよいような状態になっている。
コンサルタントの佐々木さんが「毎週1回は水遣りをしよう」と声をかけたので小太郎姉さんや散歩おじさんが手を上げた(私は時間のあるときだけ行うと停止条件をつけている)。

 今は苗木だがそのうちに柿木を始めとする実がなり、子供達が柿もぎに来てくれるだろう。私が生きているうちにぜひ実をならせてほしいものだ。
なお、義援金は約1万円が集まったので千葉市社会福祉協議会に届けておいた。

動画は以下のURLをクリックしてください。
http://www.youtube.com/watch?v=6S-k82pp-eQ

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害