評論 世界経済 外国為替・金

(25.1.13) 結局は金本位制度に戻るのだろうか? 金価格の高騰と擬似金本位制度の出現

250

 ここに来て再び金価格が上昇し始めた。昨年の8月から11月にかけて上昇局面があったのだが、その後一旦沈静化していたが再び上昇し始めている。
特に日本では国際価格の上昇に加えてアベノミクス円安が進んでいるからついに1980年以降の最高値になり、田中貴金属工業の1グラム当たり店頭価格は5067円11日)をつけた。
ようやく待ったかいがあった。5000円を越したので売り時だ」金の保有者がはしゃいでいる。

注)国際価格の推移、および国内価格の推移は以下参照。
http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/m-gold.php

 なぜ金の価格が上昇するかは明白で、アメリカ、EU、日本が競って金融緩和を行ってきたからだが、さらに今まで(本音では通貨価値を維持しようと努力してきた日銀が、安倍総理の軍門に屈して超緩和策に軸足を移したからだ。
円もとうとう落ちた。もう貨幣を持っていても無駄だ。これからは金の時代だディーラーがそう判断している。

 円は一斉に売られ円安が拍車をかけ、その分円表示での価格は上昇する。何しろここ一ヶ月程度の間にドルに対し約10%も円安が進んだのだから、最低でも10%は金は上昇する(石油や鉄鉱石が値上がりするのと同)。
私は1年前に「擬似金本位制度の時代」という記事を書き、当時信任できる通貨は円とスイスフランと述べたが、ついに残ったのはスイスフランだけになってしまった。

注)擬似金本位制度の記事は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/23825.html

 こうして再び資金が金に向かって流れている。一体どこまで金価格は上昇するのだろうか。現在はⅠトロイオンス、1700ドル台だが昨年つけた1923ドルまで一気に行きそうだ。
この影響は日本では円安でさらに加速されるから、金相場は5000円台を大きく上回るだろう。

注)特に各国の中央銀行とって通貨を持っていると減価するばかりだから、円などを売って金の積み増しを行う。結局準備通貨としては金が積みあがっていくが、これを私は擬似金本位制度と名づけることにした。

 こうした激変期には通常の経済センスの人は儲けるより資産分散をして損失を最小にする戦略をとるのが無難だ(儲けようとしても普通の人は売り時を失して再び氷付けになる)。
金投資に資産の一部を投資して通貨円で保有する資産の目減りを少しでも和らげる戦略が妥当だろう。

 私が生きている間に現在の管理通貨制度中央銀行が発行する通貨の価値を適切に管理しながら発行をコントロールする制度)が再び金本位制度に舵を変えるとは思いもしなかった。

注)なお「金」を含む外国為替の問題は以下に纏めて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43682270/index.html

(別件) これは本文とは無関係ですが最初にお礼を言わなければならないことが発生したので記載しております。

 何度も言いますが人生長く生きていると信じられないことが起こるものです。私は四季の道清掃と草刈を実施してきましたが、草刈には刈払機を使用していました。
農家の方が良く農道で草刈をしている時に使用しているあれです。
この刈払機は実は重要な注意が要って、特に旋盤を使用した刈払機では事故が起こるのと(だから私はビニール紐を使用しています)、あまり生産性が高くなく一日で刈れる範囲が100m × 10m程度なので四季の道全体をターゲットにできない悩みがありました。

 「何とか自走式の草刈機を手に入れられないだろうか。これだと安全だし刈払機の3倍程度は生産性が高いのだが・・・・・・・しかし高価すぎて駄目だろう」諦めておりました。
しかしこのたび私の苦境を見かねて、自走式草刈機の購入を支援してくださる方がいて、カンパをしてくださいました。

 これで一気に展望が開けた思いです。草刈のシーズンは春先だからそれまでに自走式の草刈機を購入して今シーズンに備えることができます。
人間悩んでいると助けてくれる方がいることをしみじみ感じております。
本当にありがたいことで心から感謝いたします。

 

 

| | コメント (0)

(23.8.25) 擬似金本位制度の復活 すべての資金が金に流れる

23823_014  

 私がトランスエゾ1100kmを走っている間に、世界経済には激震が走っていた。
金価格が急上昇していたのだが、世界の投資家がドルやユーロや株式を見限りもっぱら金に資金を移し変えていた。

 おかげで金価格は8月に入って急上昇をし始め、長らく1トロイオンス1500ドル前後だった金価格はとうとう1900ドルを突破してしまった。
8月だけの上昇率は16%UPだから半端ではない。
金のネックレスや地金を持っている人はここぞとばかり高値売却のために田中貴金属の店頭に並んでいる。

 なぜ金価格が上昇したかの理由はアメリカ経済の長期低迷が明確になり、FRBのゼロ金利政策が今後とも続くことが明確になったためである。
FRBはドルを垂れ流す。ドルを持っていても減価するばかりだ」と中国やロシアといったアメリカ国債の保有国がアメリカ国債の購入を控えて金の購入を始めた。

 金価格の上昇や下落に最大のインパクトを持つのは個人の金の購買ではない。また工業用金の需要も毎年ほぼ一定だから、もっぱら金価格の急上昇や下落は政府筋の大量の金の購入や売却による。
実際金価格は1980年から2000年の間に600ドルから270ドルまで下落したのだが、その最大の理由はヨーロッパを中心とする政府筋の金の売却が原因だった。

注1)世界の金の供給量は毎年4000トン前後と少ない。この少ない市場に100トン単位で金の購入や売却が行われると金相場の急上昇や急落が起こる。
そうしたプレーヤーは国家と国際機関しかない。


注2)なお現在の国家別金の保有量は以下の通り。
① アメリカ 8133トン、② ドイツ 3401トン、③ IMF 2814トン、④ イタリア 2451トン、⑤ フランス 2435トン、⑥ 中国 1054トン、⑦ 日本 769トン


 しばらく前までは中国を中心とする新興国の経済成長が世界経済の牽引役になると言われていたが、その前提条件はアメリカやEUもそこそこ経済成長が図られると思われていたからだ。
しかし明白になってきたことはアメリカもEUも日本の失われた10年と同じ状況に置かれ、日本と同様にまったく経済成長が望めない経済構造になっていることだ。

注)アメリカはサブプライムローンの重石が取れず、EUはサブプライムローンに加えて不動産投資の重石が取れない。これが解決しない限りアメリカもEUも経済成長は望むべくもない。

23823_013  

 こうなると中国やインドがどんなにがんばっても世界経済の牽引役としては不足だ。中国需要で引っ張られてきた石油も鉄鉱石からも資金が流出し、資金は金と通貨であれば円とスイスフランに向かっている。
円が買われるのはなんとも不思議だが、ここ20年間の間に金融機関の不良資産の償却が済んでいて腐った在庫が少ないことが評価されている。

 現在はアメリカを始めとする先進工業国の停滞、新興国の興隆といった世界経済のパラダイムの変換の時期なのだが、かといってアメリカに代わって中国が世界を取り仕切るほどの実力はない。
通貨であればドルに代わる通貨が存在しない
そのため最後の通貨と言われる金に資金が集中することになった。
なにか昔の金本位制度が復活したみたいな状況だ。

 今後とも金価格は傾向的に上昇するだろう。ドルに代わる通貨制度ができるまでは金以外に適当な通貨などないからだ。
こうした状態を擬似金本位制度と言い、21世紀のおそらく前半はこの擬似金本位制度の時代と言って良いだろう。

注)本来の意味の金本位制度はすべての通貨が金の裏付けの元に発行される制度で、通貨は兌換券と言われていつでも通貨と金の交換ができた。
一方現在の通貨は金とはまったく切り離されて発行されているが、あまりの通貨の下落に嫌気をさした資金が最後のよりどころを金に求める擬似的な金本位制度になっている。

 なお本件と関連する記事は「通貨の権威失墜と金相場の上昇」を参照。

 

 

 

 

| | コメント (4)

(23.4.27) 通貨の権威失墜と金相場の上昇

23423_017

 これほどまでに金相場が上昇するとは夢にも思わなかった。
直近では1トロイオンス=1500ドルとなっており、1年ほど前は1200ドル程度だったので年率で25%程度の上昇だ。しかもこの先どこまで上昇するのか分からない。

 元々金は持っていても利息がつくわけではないからドルやユーロが健全であればドル預金やユーロ預金に資金が流れて、金の購入意欲が衰える。
しかしほぼ3年前に発生したリーマン・ショック以降世の中はすっかり変わってしまった。

 アメリカとEUと日本が競うようにして金融緩和を推し進めたため世界に資金が有余ってしまい、ドルやユーロや円をもっていても価値が下がるだけになってしまった。
ヘッジファンドも個人も通貨をすぐに希少性のある価値あるものに換えようとして貴金属や石油や鉄鉱石や食料に資金を移し換えている。

 昔ロシヤの友達がルーブル紙幣の給与をもらうと、即日闇市場でドルに交換していたが、そうでもしないとルーブルがたちまち紙切れになるから生活防衛のためにいたし方がない行為だった。
今はドルもユーロも円も信用を落としているので、誰もが通貨を持っているよりは貴金属等を持とうとする。

 この動きは通貨相互間の動きだけを見ていては良く分からない。実際は通貨のたたき売りがされていて、ドルもユーロも円も互いに弱さを競い合っているのが実情だ。

注)弱い通貨ほど輸出環境が好転するので、景気回復のためより通貨を弱める政策をとっている。確かに輸出は増えるが、入手する通貨の価値は下がっている。

 金は1971年ニクソンショックまでは1トロイオンス=35ドルだったので、FRBに35ドル持ち込めば金に交換できた。
あれから40年、金相場は40倍以上に上昇したが、見方を変えればドルは金に対して40分の1に減価したことになる。

 もっとも金価格は直線的に上昇したのではなく、1980年に約600ドルの値をつけてから長期停滞局面に入った。
その後は少し価格が上昇すると財政が厳しい国家筋から金売却があってすぐに価格が下がり、2000年前後までほぼ半値の270ドル程度になっていた。

 金は毎年の産出量が4000トン以下と少なく、そこに国家筋から100トン程度の金の売却が出るとすぐに価格が低下したからだ。
この金価格の低下にたまりかねて、ヨーロッパの11カ国が金の売却カルテルを結んだのは1999年で、年間の販売量を400トン以下、5年間の累計を2000トン以下と決めてから、金価格は上昇するようになった。

注)これを第一次ワシントン条約という。ワシントンと名がつくのはたまたま国際会議があってワシントンに集まっていた西欧諸国が、そこで金の販売カルテルを結成したのでこの名前がついた。
その後5年ごとにこのカルテルは更新されている。


 その後はカルテルのおかげでほぼ一本調子で上昇したが、本当に金価格が急上昇し始めたのはやはりリーマン・ショック後の金融緩和をうけてで、最近ではほとんど手がつけられないような上昇になっている。

注) 1トロイオンス当たり、06年 600ドル、07年 700ドル、08年 900ドル、09年 1000ドル、10年 1200ドル、現在 1500ドル

 リーマン・ショック以前の金価格の上昇は主として日本が低金利政策で放出した資金を利用した投機によるもので、リーマン・ショック以降はアメリカ、EU,日本が競って金融緩和策をとったことによる。
市場から見れば通貨の価値が競争するように低下しているので、貴金属を購入してヘッジしているだけに過ぎない。

注)投機筋が悪意を持って通貨の下落を操作しているような説明がよくあるが、実際は通貨当局が節操なく通貨の供給をするので、安くなった通貨を売って金等を購入する経済行為をしているにすぎない。

 ニクソンショックから40年、その間は管理通貨制度と呼ばれアメリカのFRBが責任をもってドルを管理している制度だったはずだが、リーマンショック以降は糸の切れたタコになってしまった。

 通貨の信任がなくなれば、後は最後の通貨と言われる(そして銀やプラチナ)がアンカーとして購入されるのは当然だ。
そしてこの金価格の上昇はドル管理制度に変わる新たな通貨管理制度ができるまで続きそうだ。

 新たな通貨管理制度とは、ドルだけでなく主要な通貨(ユーロ、円、元、ルピー、ルーブル等)をバスケットに入れて、各国の信任の総和(アメリカのドル一国支配の終了)で通貨価値を支えようとする新制度になるはずだが、そうした新通貨管理制度が構築されるまでは金価格の上昇傾向は続くだろう。

注)なお金の上昇が一本調子に上昇することはない。アメリカやユーロや円が引締めに入って国債の利回りが上昇したりすれば、資金は当然国債等に流れる。上記の金価格の上昇傾向とは長期トレンドを意味して、短期トレンドの説明ではない。

 

 

 

 

 
  

| | コメント (0)

(23.4.22) 世界の為替相場  弱い者競争の行方

23416_033

 このところの外国為替の動きを見るとほとんど笑ってしまいたくなる。
世界の経済の中で誰が一番弱いのかのコンテストをしているようなものだからだ。

 現在の外国為替のメインプレーヤーはドルユーロで、これ以外の通貨はほとんどが中国のがそうであるようにドルにペッグしているのでドルとなんら変わらない。
リーマン・ショック前まではポンドもメインプレーヤーだったが、今では落ちぶれてしまった。

 このドルとユーロと円の競争は「どれが強いか」ではなく、「どれが弱いか」の競争だ。
どの通貨当局も目一杯資金の垂れ流しをしており、市場はその推移を見ながら外国為替の売り買いをしている。

 愉快だったのは日本の大震災直後に円が大幅に値上がりして76円台になったことだ。
このときほど金融が実体経済と遊離し、金融の論理だけで動いていることを示す事例はなかった。
大変だ。円資金が引き上げられてしまう」日本経済の崩壊ではなく円資金の引き上げを恐れたのだ。

 その後は日本経済が大震災で甚大な影響が出ることが分かり、特に輸出に急ブレーキがかかることが明白になって、じりじりと円安に振れ86円近くになった。
やはり為替相場は実体経済を反映するのか」と思っていたらまた雲行きが変わった。

 EUのポルトガル支援で、EUの一員のフィンランドがNOという可能性が出てきたからだ。
最近行われた選挙で国内重視派(反ユーロ派)の政党が大躍進した。
ポルトガル支援なんてトンでもない。自己努力をせよ」フィンランド政府がもしそう言えばポルトガルの金融支援は覚束なくなる。

 元々ヨーロッパの経済はひどい軋みが発生しており、ギリシャ、アイルランド、ポルトガル、スペインとリーマン・ショック以前のバブルを清算できない。そこにリビア問題がのしかかって青息吐息だ。
やはり、ヨーロッパのほうが原発の日本より経済は悪いのではないか・・・、なんとなく・・・・・123円まで上昇したユーロが119円台とユーロ安に向かい始めた。

 一方このところ経済が順調だと見られていたのはアメリカで、失業率も低下し住宅着工件数も上向きになっていた。しかしここは共和党とオバマ政権の財政赤字削減策ですったもんだのドタバタ劇が始まっている。

 ひどいにらみ合いの結果、連邦政府職員の給与も支払われなくなりそうになってようやく妥協が成立したが、格付会社S&Pは「アメリカ国債の格付を将来引き下げる可能性があるネガテュブ」と発表したので市場は大騒ぎになってしまった。
やはりドルは売りだ、円を買え、ユーロも買だ」となってふたたび82円台になってきた。

 ひどい為替相場の推移だ。どこかの通貨に悪材料が出るとすぐ売られるが、本質的には通貨の信頼が地に落ちているからだ。おかげで最後の通貨と呼ばれている金相場だけが傾向的に上昇している。

 ニクソンがドルと金の交換を停止したのが1971年で、それ以降は管理通貨制度と呼ばれ、FRBがドルを適正に監理する制度といわれていた。
しかしFRBが最低限の節度を持ってドルを管理していたのはリーマン・ショックまででそれ以降は糸の切れたタコになってしまった。
こうなりゃ、矢でも鉄砲でももってこい。ドルなどいくらでも印刷してやる

 とうとう管理通貨制度も40年で実質的に崩壊し通貨への信任がなくなってしまった。人々は右往左往して最後の価値あるものを求めている。
「ドルもユーロも円もだめ、後は金だけよ
資金は金に集中し人々は金塊を溜め込んでいる。こんな世界に誰がしたといいたくなるような惨状だ。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害