歴史 郷土史

(24.5.4) 加曾利貝塚訪問 縄文時代最大の貝塚

Dscf5504

 私の住んでいるおゆみ野から直線距離で10km程度の所に加曾利貝塚がある。かつて2回ほど見に行ったことがあるが、最近この貝塚を世界遺産に登録しようとする運動があると聞いてびっくりしてしまった。
あの程度の規模の貝塚で世界遺産の登録が出来るのだろうか」という疑問である。
紹介した毎日新聞の記事では日本最大級の貝塚で縄文時代を代表する遺跡なのだそうだ。

よし、それなら本当に価値ある遺跡かどうかもう一度確認しよう
先日加曾利貝塚まで歩いていってきた。最近はどこに行くのも歩きだから縄文時代人とさして変わらない。

 ここには二つの大きな貝塚があり、北貝塚直径130mの環状型で、一方南貝塚は馬蹄形をした長径170mの貝塚である。
作られた年代が異なっており何世代にわたってここに住居があったが、いちどきに存在した住居の数は数世帯の規模で(20~30人程度)、こうした単位が村を形成していたのだと言う。

 貝塚博物館に入ろうとしたら縄文時代の服装をしたボランティアの案内人が近寄ってきて実に丁寧な説明をしてくれた。
発掘された土器の展示があったが初期の土器は厚手でとてもユニークな装飾が施されており、後期になればなるほど薄手で機能中心の土器になっていた。
初期には土器すらもなにか宗教的崇拝の対象だったが、後期になればなるほど単なる茶碗に変容しているようだ。

 展示品の中で最も驚いたのは漁業用の網で、これはもう現在の網と寸分違わないレベルに到達していた。網の繊維は野に生えている植物からとったものだと言うが現在でも十分使えそうだ。

 説明を聞きながら私が一番不思議に思ったのは、なぜ縄文時代が1万年の永きにわたって継続したかと言うことだった。
1万年とは実に長い。キリストの誕生から見ても2000年しか経っていないのにその5倍だ。
人口は最大でも30万人程度で何回かの増減があったが、おそらく気候変動の影響だろう。

 あまりに縄文時代が長いので土器の形態から6期に分けており、中学生時代縄文早期だとか中期だとか晩期だと教えてもらったが何のことかさっぱり分からなかった。
所詮は縄文式土器の時代だろう・・・・・
私には狩猟と採集の世界が延々と1万年も何も変わらずに続いたと言うイメージで、弥生と縄文を分ける稲作文化狩猟文化のような決定的な違いがないから土器が好きな人以外は縄文の時代区分があやふやになる。

 説明者が「縄文晩期になると貝塚が小さくなって縄文人がいなくなったことが分かる」と説明していたが、私が興味があるのはなぜ縄文人が最終的には東北北海道を含む)と沖縄と言った僻地にしか残らなかったかと言うことだ(DNAの鑑定をすると東北人と沖縄人のDNAは縄文人の特色を残している)。

 北部九州から中国、近畿、そして関東にかけては弥生人が席巻して縄文人を追い出している。
縄文人の一部は弥生人と混血したり山奥に逃げて山人になったり、あるいは弥生人と抗争して死に絶えたのだろう。
なぜ縄文人が弥生人に駆逐されたかの最大の理由は人口問題だと思っている。
縄文時代の狩猟と採集生活では最大でも30万人程度しか人口を養えなかったことに対し、米作集団の弥生人は人口が爆発的に増えたからと思う。
アメリカインディアンと西欧からの移民の増大のような関係だろう。

 特に縄文晩期の人口は10万人程度だったが弥生時代に入って60万人に増加しその後100万単位の人口爆発になった。
縄文晩期になぜ人口が急減したかはよく分からない。
おそらく弥生人に駆逐されたからだと思うが、説明者は「千葉県から東北地方に縄文人が逃げて東北には縄文時代が残った」と言っていた。
しかしこれは当時の交通手段から見てかなり難しく、千葉の縄文時代人は駆逐され、一方東北までは稲作が出来ず弥生人が進出しなかったので縄文人が生き残ったと私は思っている。

 いづれにしろ貝塚の訪問はなかなか面白く古代のロマンを想像するだけで楽しいひと時を過ごせるものだ。

なお郷土史に関する記事は以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43139758/index.html

 

 

| | コメント (2)

(23.9.10) 天平の甍(いらか) 上総国分尼寺

23_001_2  

(国分尼寺のミニチュア

 私の住んでいるおゆみ野から約10km程度はなれた場所に、上総国分尼寺の史跡がある。現在の市原市の市役所が置かれている場所を中心に、奈良時代上総の国府とそれに隣接して上総の国分寺と上総の国分尼寺が建立されていた。

 今から1250年の前の奈良時代の中ごろの聖武天皇天平年間のことである。
聖武天皇は特異なキャラクターを持った天皇であったらしい。なにしろ当時の日本は貧しくとても寺院を建立したりする財力は十分と思われなかったのに、中央には奈良の大仏、そして地方の約60箇所に国分寺と国分尼寺の建立を命じた。

 私が不思議に思うのは当時の農民はいわゆる掘っ立て小屋に住んでいて、食べ物にも苦慮していたのになぜこれほどまでに豪壮な寺院を建てさせたかと言うことだ。
今は礎石しか残っていないが国分寺には7重の塔が建立され、高さは60mを越えていたと言う。

 市原市のこの場所は高台にあり、遠くからも朱色に輝く7重の塔が見えたはずだが、確かに国府の権威はそれで大いに高まったが、建設費用は半端ではなかったはずだ。
国分寺国分尼寺の建設費用は上総の国の農民の負担だったから、農民は餓死寸前に陥ったのではなかろうか。

 しかし聖武天皇の意図は農民を苦しめることではなく、異常気象が続き作物が実らず、飢えや疫病に苦しんでいる農民を救うことにあったという。
国分寺と国分尼寺にはそれぞれ20名の僧侶と尼僧がいて、毎日鎮護国家のための読経をしていた。
こうした僧侶と尼僧の生活を支えるために多くの下僕がいたし、また経済基盤を支えるために口分田が割り当てられていた。

注)当時の僧侶と尼僧は国家公務員であり、食料や衣類等必要なものはすべて国府から支給されていた。イメージは国立大学の教授に近い。

23_011  

(国分尼寺の回廊

 今国分寺は礎石だけしか残っていないが、国分尼寺は市原市が平成2年から復元に着手して、かつての威容の一部を垣間見ることができる。
復元されたのは回廊と回廊の一部にある中門部分であり、金堂講堂は今現在礎石しか残っていない。
展示館の研究員と思しき人が「着手したのはバブル全盛時代だったので、すべての建物の復元を目指したが、その後予算がなくなり回廊部分しか復元できなかった」ととても残念そうに説明していた。

 確かにすべての建物が復元されれば、天平の甍が目の前に現れるのだから、見学者に強烈なインパクトを与えるに十分だったろうが、この回廊部分だけでも相当なものだ。
遠くから見ると朱がとても鮮やかなのだが、近づくとかなり剥げ落ちており、触ると朱が手についてしまう。
研究者の説明では「復元は過去の作業を正確に踏襲した」と言っていたので朱も当時のものと同じだろう。

そうか、朱も常時メンテをしないとペンキと同じで剥がれてしまうのか・・・・・」何か私の四季の道のベンチのペンキ塗りと同じレベルなのには笑ってしまった。
回廊は信じられないことにタイル張りだった。
農民が土の上にゴザを敷いて生活をしていた時代に、この国分尼寺の回廊やその他の建物の床はすべて20cm四方のタイルでひき詰められていた。
そうか、ここは当時の人にとって天国のような一般人は近づけない場所だったんだ・・・」納得した。

注)かつてトルコのローマ遺跡を尋ねたときも同じような気持ちを持った。野蛮人だらけの場所に都市計画された道路や上下水道や円形劇場がそびえていれば、誰でもローマになびく。同じように天にそびえる7重の塔や大伽藍があれば、大和朝廷の権威はそれだけで見るものを威圧しただろう。

23_015  

復元された中門、回廊の真ん中に中門がある

 しかしやはり不思議に思うのは国分寺を建立するだけでも大変なのに、なぜ国分尼寺まで建立したかと言うことだ。
奈良時代は戦後の日本と同様に男女平等の世界だった、なんて話は聞いたことがないので、これは聖武天皇の皇后、藤原光明子の意志だったと思われる。
聖武天皇は非常な病弱でかつ精神的に弱く、さらにうつ病状態で、完全に妻の藤原光明子に頭を押さえつけられていた。

あなた、男寺だけでは鎮護国家はままなりません、是非女寺も必要です
でも、おまえ、そんな費用はいくらなんでも出ないだろう・・・
お黙りなさい、鎮護国家のためです。尼寺をお造りなさい」なんて感じだったのではなかろうか。

 しかしそのおかげで私達は天平の甍がどのようなものであったかを復元された回廊で見ることができる。
上総の国の国分尼寺は歴史に興味のある人は是非見ておきたい場所だ。

注)国分寺も国分尼寺も300年後には建物部分はなくなってしまった。理由は明白でないが戦乱か台風等で焼かれたか壊れてしまったものと推定される。
この平安中期になると国衙領はほとんど荘園に侵食されていたから、実際はこうした寺を維持するだけの人も費用もなくうち捨てられていたのだろう。

なお郷土史に興味のお持ちの方は、このブログのカテゴリー郷土史をご覧ください。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43139758/index.html

 

 

| | コメント (0)

(23.8.30) ちはら台発掘ものがたり 草刈遺跡群

23829_009  

 とても興味深い催し物がちはら台のコミュニティーセンター(コミセン)で行われていた。題して「ちはら台発掘ものがたり」という。ここちはら台地区はURが開発をした住宅地だが、開発に先立って大規模な発掘作業が教育振興財団のもとに行われた。
発掘作業そのものは平成10年には終了していたのだが、そのとき発掘された土器類等を整理・分類して今回コミセンで展示会が開かれたものである。

 私はここおゆみ野の地区で発掘事業が行われていたのはよく知っており、最近では大膳野南貝塚の発掘現場を見てきたばかりだ。
しかしちはら台についてはまったく知識がなかった。
今回の展示は主として草刈遺跡群と言って、現在の京成ちはら台駅周辺にあった遺跡から出た出土品からなる。

 最初に驚いたのはここ草刈遺跡旧石器時代から始まり、縄文、弥生、古墳、奈良・平安を経て中世の始まりごろまで使用されおり、実に長期間にわたる遺跡が存在していたことだ。
ここちはら台は昔は住居に最適な場所だったんだ」しみじみと感じた。

 ちはら台に人が住み始めたのは今から3万5千万年前からだと言うから実に古い。最もこの時期は定住していたわけでなく木の実や動物の捕獲ができる時期だけこの地にとどまっていたのだそうだ。
当時の遺物としては黒曜石の鏃やじり)がたくさん見つかっている。

 定住が始まったのは今から4700年前縄文中期中葉という)頃からで、突如ここ草刈遺跡に人が集団で生活するようになったと言う。
その頃は草刈遺跡のすぐ下まで海が迫っており干潟が広がっていたそうで、縄文人は貝や魚、ドングリや芋類、そしてイノシシや鹿の肉を食べて生活していたと言う。

 縄文土器を使った鍋料理でこうした腹を満たしていたと言うから相当グルメだ。
村にはリーダーがおり、腰に鹿の骨で作った腰飾りをつけていた。
東京湾の千葉県側にはこうした村が40箇所できていたそうだから、かなり人口密度の高い地域だったことになる。
各村の間には行き来があり、その結果この時代の遺跡はほとんど同じような遺物が出土すると言う。

23829_008  

 今から2200年ぐらい前になると房総半島に稲作作りが伝わってきたと言う。当初は内房地域の河川下流の低地に広がり、それが徐々に内陸方面まで広がっていったのだと言う。
私が一番分からないのはこの稲作つくりの伝播方法だ。
一体なぜ稲作つくりと言うような高度な知識がこの房総という当時では僻地と言ってよいような土地に伝わったのだろうか。

 これは私の想像だが当初は九州に上陸した弥生人が稲作を始めたのだが、その土地で食い詰めた(農地をあてがわれなかった)人々が当時縄文時代人が住んでいた東へ東へと移住して混血を繰り返したのではなかろうか。

次郎、三郎、おめえたちの耕す農地はここ筑後川の流域にはもうねえ、東に行って農地を見つけて稲作をしろ
しかし一郎兄ちゃん、あっちには縄文時代人と言うおっかねえ連中がいて、弓矢で狩をしているよ
大丈夫だ、あいつらは低地には住まねえ。川の下流域はイノシシもドングリもないからだ。お前たちは下流域で稲作をして、できた米を縄文時代人に分けてやれば、あいつらも喜んで迎えてくれる。それに縄文時代人の女子(おなご)はほりが深くてべっぴんだぞ
なんて感じではなかったかと想像している。

 弥生時代に入るとここちはら台の人口は急増し、1000軒以上の家の跡が発見されており数千人規模の人々が住んでいたと言うから半端ではない。
こうなると現在の村程度の規模だし、当然村長は必要だし、占いのぼっ骨も発見されているから、当然占い師もいたことになる。
ほとんど邪馬台国の卑弥呼の世界で、「実は魏志倭人伝の世界は北九州でも大和でもなく、ここちはら台にあった」と言う新説を立てたくなるような規模だ。

23829_010  

 古墳時代になるとちはら台はさらに発展することになる。すでに古墳時代の初め3世紀中ごろには青銅製の鏡や鏃が多く出土しており、その多くがちはら台から出ているのだと言う。
また5世紀ごろにはカマドが伝播し、今日と同じような様式で料理ができるようになったのだと言う。
さらに最先端技術である鉄器製作のための鍛冶屋がこの頃から存在し、古墳の数も180基に達すると言う。

 私がとても不思議に思うのはどのような経路で鏡が伝えられ、又カマドや鍛冶屋や古墳が作られるようになったのだろうか。
パンフレットを見ると「1600年前のニュータウン」がちはら台に存在したと言うのだが、ニュータウンを支えた技術群はどの様にして伝えられたのだろうか。

もうしあげます、大和と称するところから変な光るものや、ハウスキッチンや非常に硬い刀剣を持った使節団と称するものが来ていますが、どのような対応をすればよいでしょうか
まあ、何か知らないが遠くから来たと言うのだから会うだけは会ってみよう


わが大和の大君がちはら台の大君に鏡と刀剣とグルメ料理を授けるように私、大和の臣たけるに命じて派遣したのでございます
大和か何か知らないが、この鏡と称する光るものと刀剣はすばらしいものじゃの。これをもらってもいいのか
はい、一つだけお約束いただければ
約束とはなんじゃ、早く申せ

今後は大和政権の一員として国造(くにのみやっこ)となり、争いごとが発生したときは大和の一員として共に戦うことをお約束ください
国造なんて称号がなくても俺は一向に構わないのだが、もし断ったらどうする
そのときは隣のおゆみ野の族長次郎に国造になっていただきます。ちはら台の族長がおゆみ野の族長の下になってもよろしいのですか
何でもいいのだが、次郎に負けるのだけは嫌だ。なら大和の国造になろう
なんて感じだったのだろうか。

 その後、奈良・平安時代になっても規模は縮小されたがここ草刈遺跡には人がすみ続け、ここは草刈村と言われていたと言う。
主な産業は農作業の他に屋根瓦を製造するための瓦窯が有ったと言うから相当先進的な地域だ。
この瓦は上総国分寺屋根瓦を飾っていたと言う。

 そしてここちはら台の高台は中世になると人々がより便利な平地に降りていってしまったため、うち捨てられ再び脚光を浴びたのは平成のURによる住宅開発までほぼ1000年の眠りについたことになる。

注)なお、おゆみ野大膳野南貝塚遺跡については以下参照http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/2337-3bf6.html

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

(23.3.7) 大膳野(だいぜんの)南貝塚の発掘調査  おゆみ野縄文文化の興亡

2336_002
(大膳野南貝塚の全景

 私がかねがね残念に思っていたことは、ここおゆみ野が昔から単なる野原で戦国時代の居城や戦場とはまったく無縁の場所だということだった。
江戸時代もここは雑草地で周囲の農民が共同の入会地として薪や牛の餌の草を求めていたところだから、なんとも歴史的華々しさがない。

注)近くに生実(小弓)城跡があるが、おゆみ野の街の外側になる。

名所旧跡と無関係でおゆみ野を宣伝することもできない」そう思っていたがこれがまったくの誤解であることが分かった。
この一帯は縄文時代には多くの人々が住んだ文化の中心地のひとつだったからだ。

 おゆみ野地区は今はUR都市機構によって平らな住宅地に変貌しているが、かつては小高い丘と谷津が入り組んだ変化に富んだ地形だった。
栗や胡桃も豊富でイノシシも多くいたし、さらに多くの貝を収穫することができた。

2336_001_2  (説明会の模様

 そうした場所の一つとして現在の農業試験場がある小高い丘の付近一帯に縄文前期から縄文後期5500年前から4000年まえまで)にかけて多くの縄文時代人が住んでいた住居跡が発掘された。
大膳野だいぜんの南貝塚で、ここから約20体の人骨や鹿やイノシシの獣骨が発見され、さらに漆喰で地面を固めた住居跡まで見つかり一躍脚光を浴びることになった。

 5日、ここ大膳野南貝塚の発掘現場を一般公開していると教えてくれたのは地区の情報に詳しいKさんで、KさんはNHKの地方版を見てこの情報を入手した。
3時まで説明会をしていますよ」さっそく自転車で出かけていった。

 私はこの発掘現場はJOGコースなのでよく知っていたが、いつもの住宅地を整備する前の形式的な発掘だろうぐらいに思っていた。
しかし今回の発見でこの地帯が縄文時代を代表する遺跡の一つになるかもしれないという事実に驚いた。
大発見」なのだ。

 この場所は村田川の支流に向かってなだらかに傾斜している南斜面で、夕方になると富士山が赤く染まって見えるビュウポイントの一つである。
発掘を担当した考古学者の一人が「縄文時代人はいつも富士山を眺めては日々の労働にいそしんでいたはずで、富士山がすきなのは日本人のDNAに刷り込まれた性格だ」と説明していた。

2336_007_2
発見された人骨

 私が特に感動したのは今から4000年前の埋葬された人骨が発掘現場で見ることができたことだ。
ほとんど現代人と変わらない体格の人骨が足を伸ばし、手を胸の前で組んで埋葬されていた。
通常人骨は酸性土壌では100年程度で土に帰るそうだが、ここは貝塚になっており貝殻がアルカリ性のためいつまでも人骨が残るのだという。

 この場所は当時は海から約3km程度奥まったところだったから、東京湾岸の貝塚としては海から最も離れている。
当時の縄文時代人はアサリを取りに集団で海まで行き、取ったアサリを村田川沿いに小型の船のようなもので引っ張ってここまで運んだのだろう」と説明者が言っていた。

 そのアサリのおかげで私は4000年前の人骨と対面できたのだが、NHKがかつて放映した西域楼蘭の皇女をみたような気持ちになってしまった。

2336_006_2
住居跡

 今まではおゆみ野の歴史性のなさにがっくりしていたが、今回の発掘調査結果を見て認識を新たにした。
ここは縄文時代は文化の中心地だったのだ。青森の三内丸山と同じじゃないか・・・
勝手に舞い上がってしまったが、自分が住んでいる場所にこうした遺跡が発見されると愛着心がますます高まってしまう。

注)縄文時代には多くの人が住んでいたのに、その後この地区は文明の中心から外れる。その最大の原因は農耕に適さないからで、村田川や養老川の河口付近に稲作を中心とする弥生文化が花開くとおゆみ野縄文文化は廃れた。

なお、本件と関連有るブログは以下の通り
http://yamazakijirou1.cocolog-nifty.com/oyuminoshikinomichi/cat43042375/index.html


 

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

NHK NHK特集 超常現象 NHK クローズアップ現代 NHK コズミックフロント NHK BS世界のドキュメンタリー NHK ミクロの大冒険 NHK NHK特集 NHK NHK特集 ヒューマン NHK NHK特集 病の起源 NHK ためしてガッテン NHK ためしてガッテン 老化予防法関連 NHK ためしてガッテン 認知症関連 NHK ハイビジョン特集 NHK プロジェクトWISDOM NHK ワールド・ウェーブ システム facebook システム Twitter システム You-Tube システム ウィニー システム グリーティングカード システム サイバー戦争 システム スマートフォン・タブレット KDP システム スマートフォン・タブレット・テレビ システム ネット社会 システム ブログ ココログ シナリオ ぼくが生きた時 シナリオ ハバロフスク シナリオ 友よ風に向かって走れ シナリオ 忠助 シナリオ 桃ノ木栗の木左遷の木 スポーツ アメフト スポーツ サッカー スポーツ リオオリンピック スポーツ ロンドンオリンピック スポーツ 大相撲 スポーツ 平昌オリンピック スポーツ 東京オリンピック スポーツ 野球 ボランティア おゆみ野の森 ボランティア おゆみ野の森 活動の交流 ボランティア おゆみ野クリーンクラブ ボランティア 地域活動 円卓会議 ボランティア 教育指導 数学・理科・英語 マラソン マラソン ちはら台走友会  マラソン ちはら台走友会 登山 マラソン ウルトラマラソン マラソン ハーフマラソン開催 マラソン 四季の道駅伝 リメイク版 夏休みシリーズ 23年 リメイク版 夏休みシリーズ 24年 リメイク版 夏休みシリーズ 25年 リメイク版 夏休みシリーズ 26年 リメイク版 夏休みシリーズ 27年 事件 中学生誘拐事件 個人 アーカイブス 個人生活 ヨガ 個人生活 同窓会 個人生活 失敗記 個人生活 学校 個人生活 家族 個人生活 山崎書店 個人生活 散策 個人生活 数学 個人生活 文学入門 個人生活 日本人論 個人生活 映画 個人生活 映画鑑賞 個人生活 樹木剪定問題 個人生活 歩く会 個人生活 水泳 個人生活 演歌 個人生活 登山 個人生活 私の人生観 個人生活 自転車 個人生活 陸ガメ 健康 健康 坐骨神経痛 健康 眼病 健康 精神性胃炎 健康 老化対策 健康 難聴 旅行 サンチャゴ巡礼 旅行 ネパール 旅行 ロドリゴとイェティ 旅行 勝浦ビッグ雛祭り 旅行 北アルプス縦断 旅行 自転車周遊記 旅行 蝦夷地周遊記 歴史 ローマ史 歴史 世界史 歴史 中国史 歴史 日本史 歴史 郷土史 災害 東日本大震災 災害 東日本大震災 ひたちなか便り 災害 東日本大震災 メガクエイクⅢ 災害 東日本大震災 地震保険 災害 東日本大震災 心に与える影響 災害 東日本大震災 政治 災害 東日本大震災 東電の経営問題 災害 東日本大震災 汚染水問題 災害 東日本大震災 経済 災害 熊本大地震 評論 世界 国連 評論 世界 地球温暖化 評論 世界 文明論 評論 世界 水資源問題 評論 世界 科学 評論 世界 自然保護 評論 世界政治 評論 世界経済 評論 世界経済 EU 評論 世界経済 アフリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 評論 世界経済 アメリカ経済 アフガン戦争 評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル 評論 世界経済 アメリカ経済 トランプ大統領 評論 世界経済 アメリカ経済 社会問題 評論 世界経済 イギリス経済 評論 世界経済 イタリア経済 評論 世界経済 インドネシア経済 評論 世界経済 インド経済 評論 世界経済 ウクライナ経済 評論 世界経済 オーストラリア経済 評論 世界経済 カナダ経済 評論 世界経済 カンボジア経済 評論 世界経済 ギリシャ経済 評論 世界経済 サウジアラビア経済 評論 世界経済 シンガポール経済 評論 世界経済 スペイン経済 評論 世界経済 タイの政治・経済 評論 世界経済 トランプ現象 評論 世界経済 トルコ経済 評論 世界経済 ドイツ経済 評論 世界経済 ネパール経済 評論 世界経済 バングラディシュ経済 評論 世界経済 フィリピン経済 評論 世界経済 フランス経済 評論 世界経済 ブラジル経済 評論 世界経済 ベトナム経済 評論 世界経済 ポルトガル経済 評論 世界経済 ミャンマー経済 評論 世界経済 ヨーロッパ経済 評論 世界経済 ロシア経済 評論 世界経済 ロシア経済 プーチン 評論 世界経済 中国経済 評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計 評論 世界経済 中国経済 政治情勢 評論 世界経済 中国経済 社会問題 評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島 評論 世界経済 中国経済 鉄道建設 評論 世界経済 北朝鮮経済 評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢 評論 世界経済 台湾経済 評論 世界経済 外国為替・金 評論 世界経済 石油問題 評論 世界経済 石油問題 イラン関連 評論 世界経済 経済成長 評論 世界経済 金融問題 評論 世界経済 韓国経済 評論 世界経済 韓国経済 社会問題 評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦 評論 世界経済 食糧問題 評論 中東・アフリカ アラブの春 評論 中東・アフリカ アラブの春 エジプト 評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア 評論 日本の政治  八ツ場ダム 評論 日本の政治 ノーベル賞 評論 日本の政治 人口問題 評論 日本の政治 公共事業 評論 日本の政治 内部告発者保護法 評論 日本の政治 加計学園 評論 日本の政治 医療行政 評論 日本の政治 危機管理 評論 日本の政治 原子力行政 評論 日本の政治 地方政治 評論 日本の政治 地方政治 大阪 評論 日本の政治 地方政治 東京 評論 日本の政治 大学入試改革 評論 日本の政治 天皇制 評論 日本の政治 学校問題・子育て 評論 日本の政治 安倍内閣 評論 日本の政治 安倍内閣 TPP交渉 評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策 評論 日本の政治 官僚機構 評論 日本の政治 小池都知事 評論 日本の政治 小沢裁判 評論 日本の政治 年金制度 評論 日本の政治 教育問題 評論 日本の政治 新聞報道 評論 日本の政治 普天間基地 評論 日本の政治 東京オリンピック 評論 日本の政治 森友学園 評論 日本の政治 生活保護政策 評論 日本の政治 石原都知事 評論 日本の政治 確定申告 評論 日本の政治 航空行政 評論 日本の政治 菅内閣 評論 日本の政治 著作権法 評論 日本の政治 観光行政 評論 日本の政治 警察機構 評論 日本の政治 農業政策 評論 日本の政治 選挙制度 評論 日本の政治 野田内閣 評論 日本の政治 陸山会事件 評論 日本の政治 領土問題 評論 日本の政治 食糧問題 評論 日本の政治 24年度衆議院選挙 評論 日本の政治 29年度総選挙 評論 日本の政治・経済 評論 日本の政治・経済 将来像 評論 日本の政治・経済 歴史 評論 日本の政治・経済 高速鉄道 評論 日本の経済 AIJ、MRI詐欺事件 評論 日本の経済 JRの経営 評論 日本の経済 アクリフーズ 評論 日本の経済 イオン 評論 日本の経済 エルピーダメモリ 評論 日本の経済 オリンパス 評論 日本の経済 シャープの経営問題 評論 日本の経済 ソニー 評論 日本の経済 ソフトバンク 評論 日本の経済 デパート業界 評論 日本の経済 トヨタ自動車 評論 日本の経済 マクドナルド 評論 日本の経済 不動産価格 評論 日本の経済 仮想通貨 評論 日本の経済 医療分野 iPS細胞、STAP細胞 評論 日本の経済 外食産業 評論 日本の経済 宇宙ビジネス 評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策 評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策 評論 日本の経済 家電業界 評論 日本の経済 就職問題 評論 日本の経済 日本再生 評論 日本の経済 日立製作所 評論 日本の経済 旭化成建材 評論 日本の経済 東芝 評論 日本の経済 海運業界・造船業界 評論 日本の経済 為替相場 評論 日本の経済 石油元売り 評論 日本の経済 経済成長 評論 日本の経済 経済成長 医療分野 評論 日本の経済 経済成長 観光産業 評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測 評論 日本の経済 統計 評論 日本の経済 総合商社 伊藤忠商事 住友商事 評論 日本の経済 自動車産業 評論 日本の経済 航空機産業 評論 日本の経済 証券市場 評論 日本の経済 詐欺 評論 日本の経済 財政金融政策 評論 日本の経済 野村証券 評論 日本の経済 金融機関 評論 日本の経済 金融機関のシステム障害