« (2.12.2) 人類衰亡史序説 コロナ その3 コロナに便乗した詐欺が絶えない!! | トップページ | (2.12.4)  ブログの休載のお知らせ »

(2.12.3) 人類衰亡史序説 イギリス その    せめてワクチン接種だけは世界で最速になろう!!

286

 イギリスのジョンソン首相がコロナワクチンではしゃいでいる。来週から英史上最大のワクチン接種計画を実施するというのだ。
イギリスは米ファイザー社のコロナワクチンをさっさと承認し、来週から高齢者と医療従事者を中心にワクチン接種を開始するという。
実際はイギリスはファイザー社のワクチンについて自国ではほとんど治験をおこなわず、「アメリカが承認しているならそれでいいや」とばかり、承認に走った。
このイギリスの抜け駆けをEUは苦々しく思っており、欧州医療品庁(EMA)は「EUはイギリスが選択した緊急的な手続きよりも多くのエビデンスを要求しており、より適切な承認手続きを行う」と嫌味たっぷりなコメントをした。

 だがイギリスとってこのワクチン接種以外何もいいことがないジョンソン首相にとっては、国民の信頼を獲得する唯一の方法だから後へは引けない。経済は低迷などという生易しい状況でなく、EUからの離脱交渉は遅々としてすすまぬまま、正式離脱日の3年1月1日が目の前に迫ってきた。
なんでもめているのかはたから見たらよくわからないが、EUはイギリスにEUのルールを離脱後も守ることを要求し、一方イギリスはEUのルールを認めず独自ルールを作ると息巻いている。
なら条約なんか締結しない」EUはつむじを曲げてしまったため、イギリスは追い込まれている。

 ジョンソン首相としてはますます悪化するイギリス経済と、これまたますます悪化するコロナ感染、さらに展望が持てないEUからの離脱交渉と三重苦にあえいでおり、せめてワクチン接種だけでも早めに実施して得点を稼ぎたいのだろう。
それでもファイザーから提供されるワクチンは4000千万回、一人二度接種が必要だから2000万人分のワクチンを確保したことになる。
これでは足らないが、すぐにオックスフォードが開発したワクチンが出回るはずだからそれまでのつなぎよ!!」ということなのだろう。

 ヨーロッパで最もコロナ対策に失敗した国はイギリスで、すでに死亡者が6万人近くになっており、欧州最大の死者になっている。それならせめてワクチン接種だけでも世界に先行して実施し、他の国の人々のためにモルモットになろうという悲壮な覚悟だ。

 

 

|

« (2.12.2) 人類衰亡史序説 コロナ その3 コロナに便乗した詐欺が絶えない!! | トップページ | (2.12.4)  ブログの休載のお知らせ »

評論 人類衰亡史 イギリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.12.2) 人類衰亡史序説 コロナ その3 コロナに便乗した詐欺が絶えない!! | トップページ | (2.12.4)  ブログの休載のお知らせ »