« (2.10.23) 人類衰亡史序説 航空業界 その2 航空業界はいつまで生き続けられるかの我慢比べ!! | トップページ | (2.10.25) 人類衰亡史序説 日本その 49   財政緊縮論者の敗北 赤字国債こ打ち出の小づち »

(2.10.24) 人類衰亡史序説 航空業界 その3 飛ぶことがなかった三菱ジェットの悲しき中断

221018_064

 もはやどうしようもないところまで追い込まれてしまった。三菱重工業と通商産業省が国家の命運をかけて開発してきた国産ジェット、スペースジェット(旧MRJ)のことである。
当初計画では2013年にはANA等に納入していたはずだったが、型式証明をとるための設計変更を繰り返し、今までに6回の納期延長を図ってきたがもはや後がなくなった。

 1兆円余りの資金を投入し中型機の世界で存在感を高める予定が、全く商業飛行をできぬまま開発の中断に追い込まれてしまった。
最大の原因はコロナで、世界中から航空需要がなくなり、特に国際便などは対前年比較で9割の激減に見舞われている。航空各社は赤字に追い込まれ、いつ倒産するかわからないような状況で、生き残りのため現在手持ちの航空機を半減しようとしている。
新たな航空機需要などどこをさがしても存在せず、整理された中古の航空機が市場にあふれかえっている。

 スペースジェット開発の前提条件は常に増大する旅客需要だったが、その前提条件が崩壊している。いまではだれも新規の航空機を購入しようとしないのだから、スペ-スジェットがどんなに効率的で燃費が良くても、無用の長物だ。。
ボーイングもエアバスも政府の資金支援でかろうじて生き延びている状況だし、公的支援がなくなれば即倒産だ。

 コロナの収束はいくら早くても2024年といわれており、LCCや国際便だけの航空会社(キャセイ航空やシンガポール航空)は政府支援が終わった段階で次々に倒産に追い込まれる。人々は静かに国内にとどまり、海外はコロナウイルスばかりだと旅行を控えている。
21世紀に入り、急速に地球は分裂し始め、自国以外のことを考えることをしなくなった。
人々は自身の住んでいる住宅近辺をさ迷い歩くが、それ以上の遠方まで出かけていく気力を失っている。もはや飛行機をつくること自体が無駄な作業となっている。

 

|

« (2.10.23) 人類衰亡史序説 航空業界 その2 航空業界はいつまで生き続けられるかの我慢比べ!! | トップページ | (2.10.25) 人類衰亡史序説 日本その 49   財政緊縮論者の敗北 赤字国債こ打ち出の小づち »

評論 人類衰亡史 業界 航空業界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.10.23) 人類衰亡史序説 航空業界 その2 航空業界はいつまで生き続けられるかの我慢比べ!! | トップページ | (2.10.25) 人類衰亡史序説 日本その 49   財政緊縮論者の敗北 赤字国債こ打ち出の小づち »