« (2.10.9)  人類衰亡史序説  日本 その47 赤字国債が国を救っている。 | トップページ | (2.10.11) 人類衰亡史序説 北朝鮮 その11  ごめん、俺が悪かった。 金委員長謝る!! »

(2.10.10) 来年は北海道一周自転車旅行をしよう。

21_039

 年をとってからのスポーツとして自転車がこれほど素晴らしいものだとは長い間知らなかった。今は74歳だが60歳代の後半まではもっぱらマラソン人生を楽しんでいたので、自転車は一種の余暇程度にしか思っていなかった。しかしマラソンはあまりに走り過ぎて体の骨がすり減ってしまい脊椎間狭窄症と膝痛に常時悩まされるようになり、それ以降はもっぱら自転車一本に切り替えている。
現在は脊椎間狭窄症は手術をしたので全く腰は痛まなくなっているが、ひざ痛は相変わらずで歩くのもやや恐る恐るだ。

 しかし自転車は膝にかかる負担がマラソンの3分の1程度なため痛みは全く発生しない。最初はマラソンの代替程度に考えていたが今では自転車こそが人生になっている。
雨が降らなければ必ず自転車に乗っているが、ここ千葉では南部の山間に行くと自動車が少なくなり素晴らしい自転車道路が至る所にある。
大体3時間程度は乗るのだが、距離的には50km程度になっている。私は老人だから飛ばすわけでもなくまたコンビニでゆっくり昼飯などを食べるので適度な運動といえる。

 それでも片道25kmといえばかなりの行動範囲となり、千葉の南部の山村についてほとんどの場所を走破している。たまにわからない道に入ってもそのうち見知った道に出ることが多い。
自転車のおかげで体重は61kで全くと言っていいほどコンスタントに安定している。腹の周りの脂肪も取れ体つきだけを見ればほとんど若者だ。
毎日のトレーニングを欠かさないのは、来年また北海道に自転車旅行をしに行きたいからだ。北海道にはかつては毎年のように出かけていたが、このところご無沙汰気味で特に今年はコロナの関係で自粛をせざる得なかった。

 来年は北海道の海岸つたいに一周するプランを立てている。おそらく3週間はかかるだろうが人生の最後の大旅行として実施したいものだ。
北海道はかつてトランスエゾという縦断マラソンレースに出場し足で駆け回ったのだが、さすがにもう走ることは不可能なので自転車で回ることにする。人生の晩年を自転車旅行で暮らすというのは何とも楽しみなものだ。

|

« (2.10.9)  人類衰亡史序説  日本 その47 赤字国債が国を救っている。 | トップページ | (2.10.11) 人類衰亡史序説 北朝鮮 その11  ごめん、俺が悪かった。 金委員長謝る!! »

個人生活 自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.10.9)  人類衰亡史序説  日本 その47 赤字国債が国を救っている。 | トップページ | (2.10.11) 人類衰亡史序説 北朝鮮 その11  ごめん、俺が悪かった。 金委員長謝る!! »