« (2.8.31) 人類衰亡史序説 韓国 その21  韓国では慰安婦ビジネスが花盛り | トップページ | (2.9.2) 人類衰亡史序説 日本 その35  日本の首相決定プロセスの素早さ!!! »

(2.9.1) 人類衰亡史序説 中国 その19 中国の嘘に世界はいつまで振り回されるのだろうか?

20120614_140836

 中国共産党はひたすら嘘をつくことで延命している政権だとつくづく思う。
嘘は枚挙にいとまがないが、鉄道事故が起これば脱線して高架下に転落した車両を穴を掘って隠してしまい何事もないような顔をするし、コロナが武漢で発生しても知らぬ存ぜぬでとうして世界中の医療と経済を崩壊してしまった。
GDPなどは各国が30%前後の落ち込みをしているときに、一人中国だけがプラスだと言い張るが、これは習近平氏にはっぱをかけられた国営企業だけの数値を積み上げたものだ。実際は国内消費や貿易が全く振るわないのだが国家統計局が辣腕を振るって驚異的な回復を演出する。

 中国共産党の嘘には慣れっこになっているが、今回発表された農産物の夏季収穫量と早生米の統計には思わず笑いこけてしまった。
今年はまれに見る豊作だというのだ。揚子江流域が大洪水に見舞われて三峡ダムが決壊予防で水の放出量を増やしたため下流域は水浸しになっている。それだけでなく上流域では三峡ダムに流れ込む水量を減らすために、堤防をわざと決壊させ水を田畑に流れ込ましている
揚子江流域は中国の穀倉地帯だが、そこが水浸しになって穀物がほぼ全滅したのに、夏季収穫量はまれに見る豊作というのだからあきれる。
一体どこでその収穫量の増大があったんのですか?」小学生でも不思議に思うだろう。

 習近平氏が「食べ残し禁止令」を出したが、その本意は「中国には食べ残すような食料はない」と言っているので、実際7月10日から16日の間に、中国はアメリカから豚肉、トウモロコシ、大豆等を緊急輸入し、その金額は3.4兆円規模になっている。
大豊作なのになんで食べ残し禁止令を出したりアメリカから食料の緊急輸入をするのか全くつじつまが合わない。

 これは何度も言っているが中国共産党とは嘘を再生産する機構なのだ。習近平氏が「大増産」といえばあらゆる統計が大増産になってしまうが、もし習近平氏の意向に反して「いや今回の洪水で穀物生産はほぼゼロです」などと正直な数値を出せば、その幹部は共産党の序列から瞬く間にふるい落とされてしまい、場合によったら規則違反で監獄行だ。
だからどこの責任者も政府が発表する数値に合わせてすべての報告を修正しあげている。
政府が5%の成長というなら、報告は5%にしろ。わが省(あるいは国営企業)だけが目標未達成では俺の出世はあきらめなければならない。隣の省が5%成長なら、わが省も5%だ」こうしてみんなが嘘をついている。

 中国が発表する経済数字のほとんどが粉飾で、またコロナ関連の感染者数と死亡者数も粉飾され、今度は農業生産額を粉飾してきた。中国はただ国内向けに偽をついているだけかもしれないが、世界第二位といわれる経済大国の主要な統計がすべて粉飾されていては世界統計をまとめることもできない。IMF など思い余って「IMF方式で報告を上げるように」などと哀願していたが、中国がそれに応じることはない。おかげでIMFの全世界全体のGDP統計は実態からかい離し世界中から相手にされなくなったが、すべては中国のせいだ。

 中国共産党と虚偽は同義語で、世界中がこの中国の嘘に振り回されている。

 

 

|

« (2.8.31) 人類衰亡史序説 韓国 その21  韓国では慰安婦ビジネスが花盛り | トップページ | (2.9.2) 人類衰亡史序説 日本 その35  日本の首相決定プロセスの素早さ!!! »

評論 人類衰亡史 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.8.31) 人類衰亡史序説 韓国 その21  韓国では慰安婦ビジネスが花盛り | トップページ | (2.9.2) 人類衰亡史序説 日本 その35  日本の首相決定プロセスの素早さ!!! »