« (2.8.9) 人類衰亡史序説 アメリカ その 17  選挙妨害が始まろうとしている!! | トップページ | (2.8.11) 人類衰亡史序説 日本 その30  安倍総理の足を引っ張ることだけが命 »

(2.8.10) 人類衰亡史序説 北朝鮮 その 8  犬まで食べてもまだ足りない!!だって、核兵器は食べられないじゃない!!

Dscf5511

 北朝鮮情報というものはいつも半信半疑の情報が多いが、今回は朝鮮日報が「北朝鮮の金委員長がペット禁止令をだし、現在飼っている犬は補身湯(犬料理)にしろ」との委員長命令を出したと報じた。
朝鮮半島では昔より犬を食料にしてきており、ソウルオリンピックの前に韓国政府は慌てて犬料理禁止令を出したりしていたが、北朝鮮では慢性的な食料不足で食べられるものはなんでも食べている。

  それがここにきて急にペット禁止令が出されたのは、朝鮮の上流階級はペットに犬を飼っており、食糧不足のおり人間でも不足している食料を犬に与えるわけにいかなくなったからだろう。
食料不足、コロナ危機、そして7月から8月にかけての洪水と北朝鮮経済は踏んだり蹴ったりの状況で、それでも核兵器の開発だけはやめることができないためせめて犬の食料を犠牲にしようとの苦肉の策だ。

 北朝鮮のコロナ患者はピョンヤンのWHO職員からの報告では4380人が隔離されているという。北朝鮮当局の発表では国内に一名もコロナ患者はいないことになっているが、最近韓国から密出国した北朝鮮人(いったん韓国に逃げてきていた)がコロナに感染していて、全員がその関係者だという。
北朝鮮のコロナ関連の発表は常に眉唾だからどこまで信用していいかわからないが、現在北朝鮮でも隔離政策が必要なほど感染症患者が増えていることは確かだろう。

 また洪水に関しては日本と同じで梅雨前線が停滞し、ここに太平洋高気圧からの暖かい空気が流れ込み、大同江やレソンガンといった河川が氾濫し、100名近い死者が出ている。またイムジン川については北朝鮮から韓国に流れ込むのだが、北朝鮮側のダムの水量が限界を越えそうになったため、大量の水を放水し韓国下流域が洪水に見舞われている。

日本と全く同様な洪水被害に見舞われており、こんなときに悠長に犬を飼っている者は国賊だということのようだ。

 日本で犬を食料にしたというようなことがあれば新聞種になり、動物愛護連盟あたりから猛烈な抗議が来るだろうが、北朝鮮では人間の飢えを緩和するためなら補身湯は致し方ないということのようだ。
日本でも明治以前の大飢饉の折は犬だろうが猫だろうがまた人間の死肉だろうが食べられるものはなんでも食べていたのであまり偉そうなことは言えないが、今北朝鮮は天明や天保の大飢饉のレベルにあるようだ。

 北朝鮮が核開発を止めるから人民を助けてほしいというならば、人道的支援をするのはやぶさかでないが、「日本の東京を焦土と化す」と脅されながらなおかつ人道支援を行うわけにはいかないので、人道支援は北朝鮮大好き人間の韓国の文大統領に任せておいた方がよさそうだ。

 

 

 



|

« (2.8.9) 人類衰亡史序説 アメリカ その 17  選挙妨害が始まろうとしている!! | トップページ | (2.8.11) 人類衰亡史序説 日本 その30  安倍総理の足を引っ張ることだけが命 »

評論 人類衰亡史 北朝鮮」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。