« (2.7.20)  人類衰亡史序説 ロシア その4 シベリアが熱波に襲われている | トップページ | (2.7.22) 人類衰亡史序説 日本その27 人は病院を敬遠するようになった!! »

(2.7.21) 人類衰亡史序説 韓国その18  日本とは絶対にスワップ協定を結ばない、絶対にだ!!

Dscf5597

 韓国の自慢は外貨準備高4000億ドルである。これだけあればよもやデフォルトになることはないし、当然日本とのスワップ協定など必要ないというものだった。しかもアメリカとの間で600億ドルのスワップ協定を結びすでにFRBから600億ドルの調達を実施している。
これだけあれば万全だ。憎きウエノムとのスワップ協定など全く必要ない」と文大統領は胸を張っていた。

 しかし文大統領は全く理解してないが、外貨準備が4000億ドルあっても、それがすぐに使用できる状態でなく、ほとんどの場合は何らかの有価証券等の投資に回されている。物によってはすぐに売却できないし売却すると含み損が一挙に出てしまう有価証券も少なくない。4000億円のうちすぐにドルになる準備金はいくらかが問題なのだ。
中国などは3兆ドルの外貨準備があるが、これをアフリカや中南米の独裁政権の資源開発に投資していたりして、実際に外貨準備として利用できる外貨はほとんどないような例もある。

 韓国は9か国とスワップ協定を結んであるが、実際にスワップとして有効なのはアメリカとの600億ドルのスワップだけだ。しかもこのスワップは韓国がコロナ禍で一挙に資金繰りが厳しくなりデフォルトでもしたら世界経済に及ぼす影響が甚大なので、アメリカが9月という期限を限って締結したもので、9月には返済しなければならない。

 そうこうしている間に韓国輸出入銀行が非常に不思議な資金繰り対応をした。外平債15億ドルを発行し、それをサムスンに買い取らせたという。輸出入銀行の外貨が枯渇し、サムスンが保有している外貨を召し上げたというのが実体だが、なぜそうまでして外貨調達に走るのか不明だ。
韓国には4000億ドルの外貨準備があるのだから韓国銀行から外貨を調達すればよさそうなものに、そうせずサムスンの虎の子の外貨を召し上げるとは尋常でない。しかも韓国銀行にはアメリカとのスワップで入手した600億ドルの現金もあるはずだ。

 韓国銀行のアメリカとのスワップ600億ドル、輸出入銀行の外平債での調達15億ドル等を見てみると、どうやら韓国のすぐに使用できる支払い準備はかなりて薄いということが想定される。
かつて日韓スワップ協定が存在していたころスワップ枠は700億ドルだった。日本は心根がやさしいから韓国がドル不足に陥ったときはすぐさまドルの供給をしたが、韓国は「あんなもの本当はいらないのに日本がぜひともというから借りてやったんだ」とうそぶいていた。
日本の行為はすべて悪意にとるのが韓国流だから仕方ない点はあるが、すっかり日本も韓国を支援する気持ちが失せた。

 今韓国では経済界を中心に日韓スワップ協定の再締結を望む声がかまびすしいが、当然のことに文政権は一笑に付している。
すぐには使えないが我が国には4000億ドルの外貨準備がある。またアメリカとの間に600億ドルという9月期限のスワップ協定もある。
外貨がなくなればサムスンを脅して外貨を巻き上げることもできる。なんで日本とのスワップ協定が必要なんだ
資金繰りが詰まるときは一気に来るが、金融について無知な文大統領はこの辺の機微がわからない。金融当局は気が気でなく外貨をかき集めているが、青瓦台は韓国銀行や韓国輸出入銀行のこうした行為を全く理解できないでいる。

|

« (2.7.20)  人類衰亡史序説 ロシア その4 シベリアが熱波に襲われている | トップページ | (2.7.22) 人類衰亡史序説 日本その27 人は病院を敬遠するようになった!! »

評論 人類衰亡史 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.7.20)  人類衰亡史序説 ロシア その4 シベリアが熱波に襲われている | トップページ | (2.7.22) 人類衰亡史序説 日本その27 人は病院を敬遠するようになった!! »