« (2.6.7) 人類衰亡史序説 中国 その12  君ね、露店を始めなさい!! | トップページ | (2.6.8) 人類衰亡史序説 世界その 2 世界がみんなでくるっている!! »

(2.6.8)  人類衰亡史序説 韓国 その12   北朝鮮スパイ事件に発展

22725_126

 元従軍慰安婦を自称するイ・ヨンス氏が支援団体正義連の元会長ユン・ミシャン氏を「元慰安婦をだますだけだまして、利用するだけ利用した」と告発して韓国中大騒ぎになっている。私は当初従軍慰安婦をかたるイ・ヨンス氏と、正義連という組織を使って金集めをしたユン・ミシャン氏の詐欺集団が金の分け前を巡って争っているのだと思っていたが、ここにきてユン・ミシャン氏は北朝鮮のスパイではないかとの疑惑が持ち上がっている。

  今問題になっているのはユン・ミシャン氏の夫とその妹が1993年に兄妹スパイ事件で逮捕された前歴があることと、ユン氏がかかわっている正義連の欧州支部にフランス人で高級官僚だったブノワ・ケネディ氏が出入りをしており、ケネディ氏はフランス当局から「北朝鮮に核関連情報を流失した疑い」で逮捕されている。
また正義連の幹部は統合進歩党の元幹部がなっているが、この政党は前のパク・クネ大統領時代に韓国政府の転覆をはかる革命政党として最高裁で活動停止を言い渡され解散を命じられている。
ユン・ミシャン氏の周辺はすべて北朝鮮人脈で固められている。

 イ・ヨンス氏の告発は韓国企業や個人から集めた支援金を元慰安婦には渡さず、ユン氏が勝手に流用していたということだが、流用先が北朝鮮でないかと韓国の保守派や保守系新聞が連日報道しており、一大スキャンダルに発展してきた。

最も文政権は明確な容共政権であり、おりあらば北朝鮮の支援に乗り出そうとしているから、正義連が文政権に代わって北朝鮮支援をしていることは願ったりかなったりでユン氏と正義連を懸命に擁護している。

 しかし問題の本質は元慰安婦を使って従軍慰安婦問題をでっちあげ、韓国の大企業から支援金をむしり取ってはひそかに北朝鮮に送金していたことになると、正義連の正義は一体どこにあるのだということになる。
金を出すほうが甘いのよ」とユン氏はほくそ笑んでいるだろうし、キム・ジョンウン氏は北朝鮮のスパイ網が韓国国内で素晴らしい実績を上げたことを称賛しているだろうし、文大統領は北朝鮮スパイ網を使って北朝鮮の支援ができたことに満足しているだろう。

 韓国では労働運動が過激になのも、北朝鮮のエージェントが労働組合の幹部になって意図的に争議をあおっているからで、文政権はそれを後押ししていて、いずれ韓国を北朝鮮に売り渡そうとチャンスを狙っている。

私は韓国が容共路線になっても少しも驚かないが、韓国がすでに北朝鮮によって内部から切り崩されていることは正確に認識しておく必要がある。今や韓国は日米韓連合の一員でなく、中北韓連合の一員で、日本に対しては常に敵対していることを忘れてはならない。

 

|

« (2.6.7) 人類衰亡史序説 中国 その12  君ね、露店を始めなさい!! | トップページ | (2.6.8) 人類衰亡史序説 世界その 2 世界がみんなでくるっている!! »

評論 人類衰亡史 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2.6.7) 人類衰亡史序説 中国 その12  君ね、露店を始めなさい!! | トップページ | (2.6.8) 人類衰亡史序説 世界その 2 世界がみんなでくるっている!! »